映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

ゴジラ

GODZILLA 怪獣惑星

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』オリジナルサウンドトラック
半世紀にわたる巨大生物“怪獣”とその怪獣さえ駆逐する究極の生物“ゴジラ”との戦いの末、敗走を続けた人類は、2048年、ついに地球を脱出する。だが、人工知能によって選別された者たちが恒星間移民船でたどり着いた星は、人類が生存できる環境ではなく、人々は再び地球を目指すことに。移民船に乗る青年大尉ハルオは、幼い頃に目の前でゴジラから両親を殺され、20年間、地球に戻ってゴジラを倒すことだけを考え続けてきた。だが危険な長距離亜空間航行を決断してまで帰還した地球は、既に二万年もの歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界になっていた…。

日本で生まれ世界中から愛される“ゴジラ”を初の長編アニメーションで描く「GODZILLA 怪獣惑星」。今まで多くの作品で描かれてきたゴジラとはまったく違う、予想もしない進化を果たしたゴジラは、かなり衝撃的だ。世界観もビジュアルも、過去のどの作品とも異なり、本作に登場する地球はもはや人類のものではない。そんな絶望的な状況の中、ゴジラに復讐を誓うハルオを主人公に、過去に地球に飛来した異星人種たちや、旧世代から新世代への交代を目論む司令官、学者や戦闘のスペシャリストなどが入り乱れて、まるで太古の世界のような地球を舞台に、超進化生命体ゴジラに対峙、激しい戦闘を繰り広げる。

ゴジラといえば、特撮映画。そのゴジラをアニメで見るという体験そのものが新鮮なのだが、人類、異星人、ゴジラの三つ巴の状態で進むストーリーは、かなりシリアスでハードなものだ。随所に驚きの設定があって、それは映画を見て確かめてもらいたいが、本作は、全3部作の第1章に当たるので、物語はまだまだ未完の部分が多い。圧倒的な存在であるゴジラとはいったい何かという問いの答えも、先に持ち越されている。正直、この第1章は、ゴジラファン、アニメファンの両方にとってかなりフラストレーションがたまる内容なのだが、次章以降、“シン・ゴジラからアニゴジへ”のキャッチコピーに違わぬ、アニメならではの展開に期待したいところだ。
【50点】
(原題「GODZILLA 怪獣惑星」)
(日本/静野孔文、瀬下寛之監督/(声)梶裕貴、櫻井孝宏、杉田智和、他)
(新鮮度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ゴジラ映画に思うこと

ひとりごと7月29日(金)の「シン・ゴジラ」の公開を前にして、世の中はゴジラ一色!ケーブルテレビでは過去のゴジラ映画を特集し、美術館でのゴジラ展や、各種イベントなどもにぎやかに開催されている。改めてその人気ぶりに驚くばかりだ。

そもそもゴジラって何?という映画ファンも多いと思うので、さわりだけ解説しておくと、ゴジラは、架空の怪獣。海底に潜んでいた怪獣ゴジラは、度重なる水爆実験によって目を覚まし、日本に現れて破壊の限りを尽くすというのが物語の大筋だ。1954年の第1作「ゴジラ」は、日本映画屈指の名作とされている。古いモノクロ映画で、現代の高度なCGを見慣れた目にはミニチュアによる撮影は稚拙に思えても、特撮という特異なジャンルの傑作であることは間違いない。

ビキニ環礁での核実験、第五福竜丸の被爆事件など、世界での核の脅威を怪獣という形で視覚化したことが、まずは特筆だ。劇中に登場する、死を覚悟した母親が子どもに「お父さんのところに行くのよ」というせりふは、戦争で命を落とした人々の記憶がまだしっかりと焼き付いている世相を表している。空襲、原爆を経験した日本人は、圧倒的な脅威の前では都市など簡単に破壊されてしまうことを知っているのだ。現実世界で味わった戦争の恐怖が、一見荒唐無稽に思えるゴジラ映画には色濃く反映されている。

そうした本多猪四郎監督の演出と共に、特撮監督・円谷英二や作曲家・伊福部昭など、才能ある人々の仕事ぶりも評価が高い。その後、日本映画界では、多くのゴジラシリーズや怪獣ものが作られたが、やはりこの第1作に勝るものはないだろう。ハリウッドでもゴジラは映画化されたが、首をかしげたくなるような珍作もあれば、2014年のギャレス・エドワーズ監督による力作も。いずれにしても、ゴジラの世界規模での人気を裏付けている。

クジラのように巨大で、ゴリラのように恐ろしいもの。それがゴジラだ。時代によって恐怖の対象は変わってくる。今、私たちが最も恐れるべきものは何だろう。改めて考えてみるためにも、圧倒的な人気を誇るゴジラ映画の原点を知るためにも、本多猪四郎版1954年の「ゴジラ」にぜひ出会ってほしい。



(出演:宝田明、志村喬、河内桃子、他)
(1954年/日本/本多猪四郎監督/原題「ゴジラ」)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ