映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

サクラダリセット

サクラダ リセット 後篇

サクラダリセット 後篇 [DVD]
特殊能力を持つ人々が住むサクラダ(咲良田)の街では、過去のすべての出来事を記憶する浅井ケイらが暮らしていた。ケイは、自らの記憶保持の能力と、時間をリセットする春埼の能力とを組み合わせて、死んだ同級生・菫を蘇らせようと奮闘する。一方で、サクラダでは、いたるところで能力の暴発事件が発生していた。強大な権力を持つ管理局が、サクラダの能力を一掃するという重大な計画をひそかに進めていることを知ったケイは、仲間の能力を組み合わせて、何とかそれを阻止しようとする…。

特殊能力を持つ者たちが暮らす街で繰り広げられる攻防を描く青春ミステリー2部作の完結篇「サクラダ リセット 後篇」。命を救えなかった菫を蘇らせようと奔走するケイは、仲間が持つ、ものを消す能力や、声を届ける能力、記憶操作、さらに、過去に体験したすべての記憶を保持する自らの能力と、リセットで世界を最大3日分巻き戻せる春埼の能力を使って、サクラダの能力を一掃しようとする管理局の計画の阻止を図る。この計画が複雑すぎて、混乱するのだが、そこは能力者である少年少女たちの奮闘として理解しておこう。ケイを巡っての菫と春埼のマイルドな三角関係や、ケイと母親との関係性など、この後篇では、心理描写もそこそこ描かれる。だが問題は、後篇こそは、彼らの特殊能力のパワーがさく裂するのかと思いきや、管理局の室長や彼の補佐であるキーパーソンとのバトルが、実際はバトルでもなんでもなく、話し合い…というより説得…というより会話になってしまっていることだ。無論、ハリウッド大作などに匹敵する迫力など期待してはいないが、単なる言葉のやりとりでは、特殊能力者である必要性も薄くなる。ストーリーとは関係ないが、前篇の不評からか、後篇の公開日を変更する劇場まであったと聞くと、そもそも、2部作という公開スタイルが間違っていたのでは…と思ってしまう。物語の性質上、かなりややこしい展開なので、一気に見る方がスッキリするはずだ。「泣いている人を見たらリセットしてしまう」という優しさの本質の是非と、悲しみや後悔があるのが人生だということを、彼らが本当に学んでいくのは、年齢を重ねてから。サクラダで生きると決めた主人公ケイに、静かな覚悟を感じた後篇だった。
【50点】
(原題「サクラダ リセット 後篇」)
(日本/深川栄洋監督/野村周平、黒島結菜、平祐奈、他)
(複雑度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
サクラダリセット 後篇|映画情報のぴあ映画生活

サクラダ リセット 前篇

サクラダリセット 前篇 [DVD]
住民の多くが特別な能力を持つ咲良田市。高校生のケイは記憶をすべて保持する能力を、同級生のハルキは世界を最大3日分巻き戻せるリセットの能力を持つ。彼らの持つ力は「管理局」と呼ばれる公的機関によって慎重に監視・制御されていた。だがケイとハルキには、かつてリセットの影響を受けて命を落とした同級生・相麻菫を救えなかったという過去があった。ある日、ケイが所属する高校の奉仕クラブに「写真に入る能力」を奪われた老人から能力を取り戻してほしいという依頼が舞い込む。さらに未来を知る力を持つ“魔女”と呼ばれる老女と出会う。ケイは、一見関連がないように見えたそれらから、菫を蘇らせる可能性に気付くのだが…。

特殊な力を持つ高校生たちが、その力によって死んでしまった同級生を救おうと奮闘する青春ミステリーを2部作で描く前篇「サクラダ リセット 前篇」。原作は河野裕の同名小説シリーズだ。特殊能力を持つ者の力や葛藤を描くのは「X-MEN」シリーズや「SPEC」シリーズと共通するが、本作の主人公ケイは、世界を救ったり破壊したりの、大きなコトを成し遂げようとするわけではない。自分の能力を静かに受け止め、それを持つことを許すサクラダという街を愛している繊細な少年だ。そのため、特殊能力というSF的要素はあるものの、スケール感は小さいし、青春学園ドラマとしての魅力が全面に出ている。ケイたちは、死んでしまった同級生・菫を蘇らせるため、さまざまな能力を組み合わせながら作戦を練るのだが、それはほとんど裏技のようで、説明されれば「なるほど」とは思うが、何だか都合が良すぎる気も。さらに、2部構成で描く前篇なので、状況説明や登場人物たちの能力の説明が多く、物語はさほど進まないし、サクラダや能力に対する決まり事、能力を組み合わせる構成などがややこしく、ストーリーがモタついてしまっているのが気になる。そんなモヤモヤの解決は、ひとまず後篇までお預けということだ。周囲が記憶を失くしても、自分だけがすべてを覚えている孤独と悲しみを背負うケイを演じる野村周平の、終始憂いを含んだ表情が印象的だ。
【50点】
(原題「サクラダ リセット 前篇」)
(日本/深川栄洋監督/野村周平、黒島結菜、平祐奈、他)
(煩雑度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
サクラダリセット 前篇|映画情報のぴあ映画生活
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ