映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

ジェイミー・ドーナン

ルイの9番目の人生

ルイの九番目の命 (ソフトバンク文庫)
ルイは生まれてから毎年、命にかかわるような危険な事故に遭い続けている。9歳の誕生日、彼は崖から海に転落し、奇跡的に命をとりとめたものの、こん睡状態に陥ってしまう。ルイを目覚めさせようと、担当医のパスカルはあらゆる手を尽くすが、ルイの病状は変わらなかった。一方で、ルイの父親ピーターが行方不明になり、母親ナタリーには警告文が届く。パスカル自身も悪夢にうなされ不可解な出来事が続くようになる。すべての事情を知るルイが眠り続ける中、パスカルはかつてルイのセラピーを担当した精神科医ペレーズを訪ねるが、次第に衝撃的な事実が明らかになる…。

9年間で9度死にかけた少年の秘密を描くサスペンス「ルイの9番目の人生」。原作はリズ・ジェンセンによるベストセラーで、人間の心に宿る闇を描く小説だ。全身骨折、感電、食中毒などなど、毎年遭う事故は死に直結する危険なものばかり。そんな数奇な運命の少年ルイの精神世界と、こん睡状態のルイを見守る大人たちの現実世界が交錯しながら物語は進んでいく。悪意を持つ何者かの仕業か。でもいったい誰が? もしやこの世のものではない力が働いているのか。 それはいったい何? ルイを特別な子として溺愛する母親が引用するのは「猫には9つの命がある」という言葉。すでに8つの命を使ってしまったルイは、最後の命をつなぎとめるために、夢の中で奮闘中というわけだ。

担当医と美貌の母親との恋が意外な方向へと向かう中、事故多発少年ルイの秘密にも思いもよらない展開が。荒唐無稽な物語が、真相を露わにするとき、立ち上ってくるのは、人間は根源的に愛されたいと願う生きものなのだという事実だ。悲しみと諦観に満ちた美少年ルイが選んだその道は、納得できないかもしれないし、ご都合主義とも思えるラストに首をかしげる人もいるだろう。それでも、海や水族館、ルイの夢の中の深海など、繰り返し描かれる水のモチーフとゆっくりと海に沈んでいくような感覚は、決して不快ではない。メガホンをとったのは、フランス出身でホラー映画の旗手、アレクサンドル・アジャ監督。本作は流血描写の代わりに、シュールでファンタジックな要素が組み込まれているが、見終わると、ゾクッとする怖さも。それは、子どもの心の中の傷みに気付かない身勝手な大人への警告なのかもしれない。
【65点】
(原題「THE NINTH LIFE OF LOUIS DRAX」)
(カナダ・英/アレクサンドル・アジャ監督/ジェイミー・ドーナン、サラ・ガドン、アーロン・ポール、他)
(ダーク・ファンタジー度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

ハイドリヒを撃て! 「ナチの野獣」暗殺作戦 [Blu-ray]
第2次世界大戦下の1942年。ナチス高官でトップクラスの実力者ラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握り、その冷酷さから“金髪の野獣”と呼ばれていた。彼の暗殺を企てたイギリス政府とチェコスロバキア亡命政府は、ヨゼフやヤンら、暗殺部隊をチェコ領内に潜入させる。プラハの反ナチス組織や現地のレジスタンスと協力し、無謀ともいえる暗殺は実行されるが、ハイドリヒ暗殺に激怒したナチスは、壮絶で残虐な報復に乗り出した…。

ラインハルト・ハイドリヒ暗殺作戦とそのてん末を史実に基づいて描くサスペンス「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」。ナチスが欧州のほぼ全土を占領していた中、実行されたナチス高官ハイドリヒの暗殺は、エンスラポイド作戦の名で知られ、映画では「死刑執行人もまた死す」「暁の7人」の題材となったことで知られる。ナチスに立ち向かった若きエージェントやチェコスロバキア国内のレジスタンスのメンバーが命懸けで決行したミッションは、確かに英雄的な行為なのだが、その代償はあまりに大きかった。複数の村を完全に破壊し、立てこもった教会では激しい銃撃戦を行うなど、虐殺行為は常軌を逸するほどすさまじい。ハイドリヒ暗殺のせいで国内で多くの市民が犠牲になったのもまた事実なのだ。

映画は、雪深いプラハの森の寒々しい風景や、恐怖政治に怯える市民、ロンドンから送り込まれたエージェントたちと国内レジスタンスとの考え方や立場の違いなどを、緊張感あふれる演出で描いていく。結果は歴史が示しているので分かっているとはいえ、あまりの理不尽と残酷さに言葉を失ってしまった。ハイドリヒ暗殺はチェコ(スロバキア)史上、最も悲劇的な抵抗運動で、映画はその全貌を、冷酷なほど克明に描き切った。監督は英国人のショーン・エリス。「フローズン・タイム」や「ブロークン」など、おしゃれでスタイリッシュな作風が印象的な、ファッションフォトグラファー出身の監督だが、本作では民族の誇りと愛国心には、時に、多大な犠牲を必要とするという容赦ない歴史の真実を突きつけて、新境地を開いている。
【65点】
(原題「ANTHROPOID」)
(チェコ・英・仏/ショーン・エリス監督/キリアン・マーフィ、ジェイミー・ドーナン、シャルロット・ルボン、他)
(理不尽度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

フィフティ・シェイズ・ダーカー

フィフティ・シェイズ・ダーカー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット) [4K ULTRA HD + Blu-ray]
恋愛未経験で純粋な女子大生だったアナは、大企業の若きCEOで大富豪のクリスチャン・グレイと出会い、互いに強く惹かれあうが、アナはクリスチャンの歪んだ愛を受け入れられず、別れを告げる。卒業して出版社に勤務するアナは新生活を始めるが、彼女の前にクリスチャンが現れ関係の修復を望む。密かにクリスチャンを想い続けていたアナは喜びをかみしめながらも、ある条件を要求する。再び刺激的な日々が始まるが、二人の前に、その恋を邪魔する人物が現れる…。

官能ラブ・ストーリー「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編「フィフティ・シェイズ・ダーカー」では、再会したアナとクリスチャンは、新たなルールでの恋愛をスタートする。二人の恋の障害となる男女といえば、クリスチャンの過去の“服従者”の女性はまるで幽霊のようだし、アナに執拗に接近する上司はストーカー状態と、かなり戯画化されている。そこに「ナインハーフ」で官能的な役を魅力的に演じたキム・ベイシンガーが登場。クリスチャンをSMの世界へと誘った年上の美女役で、時代の流れを感じさせる。それにしても問題はアナのキャラクターだ。「今度は私のルールで恋愛を進める!」と要求を出しておきながら、あまりにも受動的。公私ともに問題山積だが、それをすべて解決してくれるのは、クリスチャンの財力なのだから、失笑してしまう。クリスチャン・グレイがアナのどこに惹かれたのかをもっとしっかり描くべきなのではないのか? ただ、ダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナンの二人は相変わらずビジュアル的に完璧だ。特にドン・ジョンソンとメラニー・グリフィスの間の娘であるダコタ・ジョンソンは、いつもは少女のようにあどけないのに、黒やシルバーのドレスでドレスアップすると、目を見張るほどゴージャスに変身。スレンダーなボディは、大胆できわどいシーンを演じてもちっとも下品にならず、美しいからさすがだ。どうやら、次回作もあるようなのでファンには喜ばしいことだろう。“ハンサムでリッチ、心に傷を抱えたイケメン男性の運命の女性はこの私”。今さら感が漂うこの妄想ストーリーは、それでもハリウッドが作れば、薄っぺらいお話もゴージャスな雰囲気に仕上がるという好例だ。
【50点】
(原題「FIFTY SHADES DARKER」)
(アメリカ/ジェームズ・フォーリー監督/ダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナン、キム・ベイシンガー、他)
(障害度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
特異な性癖を持つ若きCEOと恋愛経験のない女子大生の官能的な恋を描く「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」。巨大な黒丸が一番の存在感。

地味で平凡な女子大生アナは、学生新聞の取材で、若くして大成功を収めた巨大企業CEOグレイを訪ねる。会話するうちに親密になった2人だが、グレイは「恋愛はしない。私に近づくな」と突き放す。実はグレイは過去のある経験から女性を愛することができず、他人とは違う性癖を持っていたのだ。危険な香りを漂わせるグレイは初めて男性を愛したアナに契約書を渡し、ルールに従って自分に従うように要求する…。

ロンドン在住の一般女性が趣味でネットに投稿した官能小説が世界的な大ヒット。これぞサクセス・ストーリーだが、本作は3部作のうちの序章を映画化したものだ。アメリカでは倫理団体から猛抗議があったそうだが、騒ぐほどのモンじゃないというのが正直な感想である。若くてハンサムで大金持ちの男性クリスチャン・グレイが、地味でドジで奥手な女の子アナを見染めて、官能的な禁断の世界へと誘うストーリーは、いわば、おしゃれなソフトSM。アナが、初めての愛した男性を必死に理解しようと奮闘する一方で、支配者と従属者という特異な関係でしか女性を愛せないグレイはアナに対して今までにない感情が沸き起こり苦悩するという展開だ。支配者はグレイ、従属者はアナという形から、次第にアナがやんわりと主導権を握っていく。官能の世界に目覚めるアナは、なるほど魅力的だし、素朴で内気なアナを演じるダコタ・ジョンソンの脱ぎっぷりも潔い。しかし!この程度の官能ドラマは、ネット時代の今ではむしろ純愛ものの範疇ではないだろうか。ルールや契約書で愛を定義するグレイがあっさりとルールを破り、性格がブレまくるのがどうにも気になる。それ以上に気になるのは、今どき珍しいボカシの入れ方だ。21世紀のこのご時世に、真っ黒でドでかい黒塗り修正ってどういう感覚なのか。ときにはグレイ氏の顔や身体がすっぽり隠れてしまうほどの黒丸が、終わってみれば一番記憶に残るという珍作になってしまった。
【50点】
(原題「FIFTY SHADES OF GREY」)
(アメリカ/サム・テイラー=ジョンソン監督/ジェイミー・ドーナン、ダコタ・ジョンソン、ジェニファー・イーリー、他)
(禁断の愛度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ@ぴあ映画生活
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ