映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ジャスティス・リーグ」「火花」「ギフテッド」「光」etc.

ジェマ・アータートン

人生はシネマティック!

Their Finest
第2次世界大戦中のロンドン。コピーライター部の秘書だったカトリンは、情報省映画局特別顧問のバックリーから、映画の脚本家としてスカウトされる。仕事は、戦意高揚を目的としたプロパガンダ映画の制作で、フランスのダンケルクから撤退時に、兵士を救出した双子の姉妹の感動秘話を映画化することだった。早速、脚本執筆にとりかかるが、政府や軍部からの横やり、わがままなベテラン俳優や演技力ゼロの新人などに振り回され、脚本は二転三転し、さまざまなトラブルに見舞われる。それでもカトリンは、戦争で足を負傷した夫に代わって家計を支えるため、創意工夫で頑張り続ける。やがて撮影は最終段階を迎えるが、同時に戦況も激しさを増していった…。

執筆経験ゼロの女性が映画の脚本家として奮闘する姿を描くヒューマン・ドラマ「人生はシネマティック!」。ノーラン監督の「ダンケルク」が先に公開されているので、裏ダンケルクのようなイメージで見られているが、本作ではダンケルク撤退作戦の話はあくまでも脇役。働く女性が自立していく成長物語であり、映画製作の内幕を描く映画愛に満ちた爽快な物語なのである。ちょっともどかしいが、ロマンスだってちゃんとあるのだ。戦時下という設定上、むごく悲しい出来事も起こるが、喜怒哀楽のどれもが、とても奥ゆかしいのがいかにも英国風だ。

カトリンが、女性ならではの柔らかい感性で、さまざまなトラブルを解決しながら脚本を書き進め、映画を完成に導くプロセスが何よりも痛快だ。まずは乱雑な部屋をすっきりと片付けて作業の効率化を図る。わがままな老俳優をうまく“ノセて”その気にさせ、米国の参戦を促すためにアメリカ人を出して活躍させろと言われれば、これまた鮮やかなアイデアで実現する。脚本の才能を開花させるカトリンの存在感は映画作りの現場でも増す一方で、平行して、劇中劇の女性がどんどん活躍するようになるのも嬉しかった。コメディタッチの描写で笑わせると同時に、常に戦争の恐怖にさらされていた一般の人々の暮らしにもきちんと寄り添っている。劇中劇がそうであるように、この映画の主人公は、一人の突出したヒーローではなく、市井の、とりわけ普通の女性たちの勇気なのだ。数多くのトラブルや悲劇を乗り越えて出来上がった映画には、どんな状況であろうとも良い作品を作りたいという映画人たちの情熱が感じられて目頭が熱くなった。ヒロインを演じるジェマ・アータートンが好演で、ベテランのビル・ナイもいい味を出している。虚構である映画をなぜ人々は愛し、求めるのか。その答えは本作の中にある。映画を愛し、人生を愛することを教えてくれるこの作品が、たまらなく好きになった。
【75点】
(原題「THEIR FINEST」)
(イギリス/ロネ・シェルフィグ監督/ジェマ・アータートン、サム・クラフリン、ビル・ナイ、他)
(映画愛度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ボヴァリー夫人とパン屋

ボヴァリー夫人とパン屋 [DVD]
フランスのノルマンディー地方でパン屋を営むマルタンは、平和だが単調な日々の中、文学だけを心の拠り所に暮らしている。特にノルマンディー地方を舞台にしたフローベールの「ボヴァリー夫人」を愛読していた。そんなある日、隣の農場に英国人のチャーリーとジェマ・ボヴァリー夫妻が引っ越してくる。マルタンは官能的なジェマに魅了されるが、彼女が夫以外の男と浮気していることを知る。ジェマが「ボヴァリー夫人」と同じ運命をたどるのではないか、と心配になったマルタンは、次第に頭の中で小説と現実が入り混じっていくが…。
文学好きのパン屋の恋の悲喜劇をコミカルに描く「ボヴァリー夫人とパン屋」は、ギュスターヴ・フローベールの名作小説「ボヴァリー夫人」をモチーフにした英国のグラフィックノベルが原作。「ボヴァリー夫人」を愛読するパン屋のおやじの妄想が炸裂する異色の官能コメディだ。顔つきだけで笑いを誘うファブリス・ルキーニの軽やかな雰囲気と、不倫に身を焦がすというよりスポーツでも楽しむようにアバンチュールに精を出すジェマ・アータートンの健康的なお色気のおかげで、深刻さは皆無。自分が焼いたパンをおいしそうに食べてくれるジェマが、ボヴァリー夫人のような悲劇に見舞われないようにと、余計なお世話を焼けば焼くほど、事態はややこしいことになるのが可笑しい。さらにジェマの天然のお色気がマルタンの妄想に拍車をかけるからたまらない。文学好きといえば聞こえはいいが、主人公がやっていることはアニメキャラに萌えるオタクのストーカー行為に近いのだ。ネタバレは避けるが、ラストまで、ちょっとした文学的いたずらが効いている。仏文学から露文学まで、不倫ものは世界中に山ほどあるのだから、今後も大いに妄想してほしいものだ。
【60点】
(原題「GEMMA BOVERY」)
(フランス/アンヌ・フォンテーヌ監督/ファブリス・ルキーニ、ジェマ・アータートン、ジェイソン・フレミング、他)
(艶笑度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ボヴァリー夫人とパン屋@ぴあ映画生活

ビザンチウム

ビザンチウム [Blu-ray]
人間からも吸血鬼からも疎まれる女性ヴァンパイアの運命を描く「ビザンチウム」。永遠の思春期を生きるヒロインのはかなさが印象的だ。

英国の港町に流れ着いた16歳の少女エレノアと8歳年上のクララ。二人は200年以上もひそかに生き永らえてきたヴァンパイアの母娘だ。二人は“ビザンチウム”という名のホテルで暮らしはじめる。難病で余命わずかな孤独な青年フランクと知り合ったエレノアは恋に落ちるが、それはヴァンパイアの掟にそむく行為だった。自分たちの秘密をフランクに話したエレノアに、クララは、彼を殺すしかないと言い放つが、一方で、エレノアとクララの二人には、遠い過去からの追跡者が迫っていた…。

ニール・ジョーダン監督がヴァンパイアを描くのは「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」以来のことだ。永遠の命に苦しむヴァンパイアと人間の恋というホラー・ファンタジーにして禁断のラブ・ストーリーは、実はフェミニズム映画でもある。19世紀初頭、クララはまだ少女だった頃に、悪い男に騙され娼婦に身を堕とすが、ある時、機転で謎の地図を奪い、孤島での儀式を経てヴァンパイアになった。実はこのヴァンパイア集団は秘密組織で、その同盟には男しか入会できないというルールが。この差別的な設定はありそうでなかったもので、妙に新鮮である。女の身でヴァンパイアになったクララは最下層として虐げられ、やがて組織から追われる身になる。人間からは異形として恐れられ、同属のヴァンパイアからは女だからと虐げられる。クララが生に執着するのは女としての精一杯の抵抗でもあるのだ。一方、クララは自分の子であるエレノアにも秘密裏に儀式を受けさせ、逃避行を続けながら、母娘で永遠の時を生きている。だがエレノアそんな自分自身の存在に良心の呵責を感じているのだ。だからこそ、掟を破ってまで、フランクに自分の物語を語ってしまう。彼女の罪悪感は、鋭い牙で血を吸うのではなく、親指の爪で余命わずかな人間の喉をそっと切り「私がすることを許して」といいながら血をすする描写からも見て取れる。人間以上に繊細で傷つきやすい少女の恋の行く末は、意外な方向へ。そこには切ない愛と、はかない希望が待っている。ビザンチウムの点滅する黄色いネオン、灰色によどんだ浜辺、漆黒の闇と鮮血の儀式。現実と幻想を織り交ぜた、ニール・ジョーダンらしいスタイリッシュな映像が見所だ。
【65点】
(原題「BYZANTIUM」)
(英・アイルランド/ニール・ジョーダン監督/シアーシャ・ローナン、ジェマ・アータートン、サム・ライリー、他)
(女性映画度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ビザンチウム@ぴあ映画生活

アリス・クリードの失踪

アリス・クリードの失踪 [DVD]アリス・クリードの失踪 [DVD]
クチコミを見る
登場人物はわずか3人だが、濃密なドラマが展開し、脚本の上手さが光る1本。冒頭の、スピーディーな誘拐準備のシークエンスからグッと引き込まれる。

中年男と共犯の若い男の二人は、綿密に計画した誘拐を決行。富豪の娘アリス・クリードを連れ去り、密室に監禁する。男たちは刑務所仲間で、新聞で目星をつけたアリスを誘拐し、父親から身代金をせしめようというのだ。手足を縛られたアリスは首謀者らしき中年男が外出中に反撃を試みるが、若い男は驚くべき告白をする…。

物語の大半はアリスが監禁されている部屋という、いわゆる密室劇だ。しかし、犯人と人質の、さらには犯人二人の意外な関係が明るみに出るあたりから、物語は思わぬ方向へ転がっていき、まったく飽きさせない。疑心暗鬼や駆引きは心理戦で会話が中心、その一方で、一発の銃弾や拾い忘れた薬莢、携帯電話という小道具を使った演出は、実に巧みで、リズミカルなものだ。英国出身のジェイ・ブレイクソン監督は本作が長編デビューだが、長時間かけて脚本を練り上げたというだけあって、極限状態に放り込まれた男女3人のねじれた関係は、観客を驚愕させる。無駄な説明はバッサリと省き、アリスの父親や警察の描写もいっさいない。この潔さが作品をシャープにした。3人の男女の力関係は幾度となく逆転。嘘と攻防の果てに待つ結末とは? 失踪とは人が行方をくらますことだが、その意味が、寂寥感漂うラストに込められている。小粒だがピリリと辛い山椒のような、英国発のクライムサスペンスだ。
【70点】
(原題「THE DISAPPEARANCE OF ALICE CREED」)
(イギリス/ジェイ・ブレイクソン監督/ジェマ・アータートン、マーティン・コムストン、エディ・マーサン、他)
(心理戦度:★★★★☆)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

映画レビュー「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 [DVD]プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 [DVD]
◆プチレビュー◆
古代ペルシャ版「グリーン・ゾーン」はド派手なアクション・アドベンチャー。ギレンホールの肉体改造が見ものだ。 【55点】

 孤児のダスタンはその度胸を見込まれペルシャ帝国の王の養子となる。勇猛な若者に成長したダスタンは、叔父と二人の義兄と共に聖地アラムートを制圧。だが進軍は父王の怒りを買った上、王が毒殺されダスタンが疑われてしまう…。

 やんちゃだが誰よりも勇敢なダスタンが、父王殺しの真実を暴く旅に出ることから冒険がスタートする。彼が攻め落としたアラムートの姫で、伝説の“時間の砂”の守護者の末裔のタミーナも旅に同行。目的は、ダスタンが戦利品として持つ、時間の砂を収めた短剣を守ることだ。時間の砂を使えば、時を戻して過去を変え、強大な力を得ることが可能になる。誰が何のために時間の砂を狙うのかは、すぐに察しがつくだろう。物語は、さしずめダスタンとタミーナの丁々発止のバディ・ムービーで、無論そこにはロマンスの気配も漂っている。
 
 そんなお気楽なファンタジーのくせに、妙に生臭いのは、事の発端の聖地アラムート侵攻のいきさつが、あまりに現実にリンクしているためだ。何しろ、敵国へ武器を供給しているらしいという未確認情報だけで、大国が小都市に攻め入るのだ。武器提供の真偽を知るものも知らないものも、聖地を踏みにじることに変わりはない。これは誰が見ても、大量破壊兵器がある!と言い張って米国が強行した、イラク侵攻そのものだから苦笑するしかない。

 こんな内容をゴリ押しのように埋め込んで、ド派手なCGてんこ盛りの娯楽映画を作ってしまうとは。大量破壊兵器のガセネタで世界を混乱させた失態を、エンタメ映画で遊び倒す手腕は、商魂たくましいハリウッドの真骨頂だ。ベースがアクション・ゲームというだけあり、物語のスピード感はジェットコースター並み。冒険、ロマンス、謎の伝説。観客を一瞬たりとも飽きさせない展開は、過去のジェリー・ブラカイマー作品を総動員したかのようである。コミカルなダチョウレースに不気味な暗殺軍団との死闘など、アクションも満載だ。過剰なまでのサービス精神でラストまで突っ走る。
 
 それにしてもジェイク・ギレンホールの変貌ぶりはどうしたことか。ナイーブで繊細なイメージをかなぐり捨てて、マッチョな肉体派に大変身。ビルドアップした肉体は、最初は違和感があるが、映画が終わる頃にはすっかり見慣れた。だが、役者の華やかさは今一つ。原因は、勝気な美女タミーナを演じるジェマ・アータートンのオーラ不足だ。エキゾチックな冒険ものはハリウッドの古典ジャンル。ここはもうワンランク上の女優が欲しかったところである。

 クライマックスは、CG技術では水と並んで最も高度とされる砂の乱舞の描写で、見応えがある。だが残念ながら、現実世界には時を戻す魔法の砂は存在しない。取り返しのつかない過ちは、過去に戻るのではなく、未来できっちり清算するしかないのだ。時間の砂のオチはご都合主義だが、「もし…だったら」を具現化できるのが映画の特権だ。人間ドラマの名手マイク・ニューウェルが監督する作品かどうかはさておき、この物語のカタルシスは、映画ならではの、時間と空間を操るヴィジョンにあるといえようか。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)アクション度:★★★★★

□2010年 アメリカ映画 原題「PRINCE OF PERSIA:THE SANDS OF TIME」
□監督:マイク・ニューウェル
□出演:ジェイク・ギレンホール、ジェマ・アータートン、ベン・キングスレー、他

映  画レビュー用BRバナー
←応援ポチ、よろしくお願いします!

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ