映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ジャスティス・リーグ」「火花」「ギフテッド」「光」etc.

ジム・ジャームッシュ

パターソン

Paterson (Blu-ray + Digital HD)
ニュージャージー州パターソン。街と同じ名前のバスの運転手、パターソンは、毎日を規則正しいリズムで暮らしていた。早朝、隣で眠っている妻ローラにキスをし、朝食を食べて出勤、業務をこなして帰宅する。妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。馴染みのバーに立ち寄り一杯だけ飲んで帰宅した後は、妻の横で眠りにつく。そんな変わり映えのしない日々の中、パターソンは秘密のノートに、心に浮かぶ詩を書き留めていく…。

バスの運転手で詩人である主人公の一週間を淡々としたタッチで描く「パターソン」。市井の人々の、平凡な日常を丁寧に描く作風は、NYインディーズ映画の雄と呼ばれるジム・ジャームッシュ監督の初期の作品群にとてもよく似ている。バスの運転手のパターソンが作る詩は、どれも身の回りの物事を描写する静かな作品ばかりだ。映画で描かれる1週間には、内向的なパターソンの心を少しだけざわつかせる“事件”が起こったりはするが、外交的で活発な妻ローラのあたたかい励ましもあり、パターソンは詩作に励むことができる。バスの窓から見える風景や車内の乗客のとりとめのない会話、無邪気な狂気を感じさせるローラへの変わらぬ愛。そんな日常に目を凝らし、耳を澄ますパターソンは、毎日は1日として同じ日はないことを知っている。そのことがワーキングクラスの彼をアーティストにしているのだ。

繰り返し登場する双子、バーの常連客の痴話喧嘩、ローラのモノトーンへのこだわりなど、どうでもいいけれど愛おしいディテールは、日常からインスピレーションを得るパターソンの詩の得がたい味わいの糧なのだろう。ハリウッド大作からインディーズ作品まで神出鬼没のアダム・ドライバーの独特のたたずまいが素晴らしい。終盤に登場する日本の詩人役の永瀬正敏の存在感もまた印象的だ。この穏やかな映画は、平凡な日常の美しさと奥深さをつかめたなら、人生はきっと豊かなものになると教えてくれる。イングリッシュ・ブルドッグの名演と、まったりと流れる音楽が隠れた魅力だ。
【70点】
(原題「PATERSON」)
(アメリカ/ジム・ジャームッシュ監督/アダム・ドライヴァー、ゴルシフテ・ファラハニ、永瀬正敏、他)
(原点回帰度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ギミー・デンジャー

ギミー・デンジャー~ストーリー・オブ・ザ・ストゥージズ
1967年にミシガン州で結成されたロックバンド、ザ・ストゥージズ。イギー・ポップら4名で結成されたバンドは、過激なライブ・パフォーマンスと、ジャンルをクロスオーバーした実験的な音楽でロック・シーンをけん引した。だが74年、様々な問題をはらみ、バンドは自然消滅する。監督のジム・ジャームッシュは、メンバーと、彼らに本当に近しい関係者のみに取材を行い、イギーを中心に当事者たちの言葉によって、華々しくも混乱に満ちたストゥージズの歴史を振り返っていく…。

伝説的バンド、ストゥージズの真実を描く音楽ドキュメンタリー「ギミー・デンジャー」。ロック界のカリスマ、イギー・ポップが属したストゥージズは、実に興味深いバンドだ。ステージ・ダイブなどの過激なパフォーマンスと、サイケやフリー・ジャズなど、多くの異なる要素を融合させた実験的サウンドは、当時は受け入れられず、評論家からは、下品で退廃的と叩かれる。しかし、その型にはまらない音楽は、後に多くの名だたるバンドが影響を公言した。音楽、映画、美術など、時代によって評価が真逆に変わる芸術は多くあるが、共通するのは、未来を先取りした尖鋭性を持っていることだ。

元々音楽へのこだわりが強く、過去にも音楽ドキュメンタリーを撮ったことがあるジャームッシュは、自他ともに認めるストゥージズの大ファンで、特にイギー・ポップとは親交が深く、役者として「デッド・マン」「コーヒー&シガレッツ」で彼を起用しているほどだ。ただ、イギーはバンドのフロントマンで一番知名度がある人物だが、彼がソロになってからのエピソードは本作には含まれない。なぜならこれはストゥージズのドキュメンタリーだからだ。そんな公平なスタンスがあったからこそ、メンバーであるロンとスコットのアシュトン兄弟らも、当時の自分たちをストレートに語ってくれたのだろう。首輪のエピソード、デヴィッド・ボウイとの出会い、デトロイトへの愛…。多くの愚行と共に、彼らの唯一無二のスタイルが浮かび上がる本作には、ストゥージズへの愛があふれていて、監督自ら“ストゥージズに宛てたラブレター”と表現しているのも納得できる。残したアルバムはわずか3枚。アシュトン兄弟やスティーヴ・マッケイら、メンバーの3人はすでにこの世にはいない。映像資料としても貴重な1本となった。
【65点】
(原題「GIMME DANGER」)
(アメリカ/ジム・ジャームッシュ監督/イギー・ポップ、ロン・アシュトン、スコット・アシュトン、他)
(ストゥージズ愛度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ



21世紀を生きる吸血鬼の男女の奇妙なラブ・ストーリー「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」。音楽を重要な脇役にするあたり、ジャームッシュらしい。

アメリカ・デトロイトの寂れた屋敷に隠れるように暮らすアダムは、表舞台には姿を現さないが、どんな弦楽器も引きこなすカリスマ・ミュージシャン。実はアダムは何世紀も生き続けている吸血鬼で、純粋な血液を病院からひそかに調達して生きている。その一方で、堕落し蛮行を繰り返す人間たちに眉をひそめていた。ある時、何世紀も恋人として愛し合ってきた同じ吸血鬼の恋人のイヴがモロッコのタンジールからアダムに会いにやってくる。甘い時間を過ごす二人だったが、そこにイヴの妹で型破りな性格のエヴァが現れたことから、彼らの運命が狂いはじめる…。

オフビートな作風が魅力のジム・ジャームッシュの新作は、吸血鬼映画。昨今流行のファンタジーやアクションものとは一線を画す、アンニュイなラブ・ストーリーだ。何世紀も生きている吸血鬼の恋人同士の名前がアダムとイヴとは随分と古典的だが、アダムが天才ミュージシャンという設定がいかにも音楽好きのジャームッシュらしい。夜のドライブではジャック・ホワイトの生家、元ミシガン劇場の跡地などを巡ってみせる。財政破綻して寂れたデトロイトの夜景は不思議なほど魅力的だ。だが街の荒廃が自己破壊的な人間の姿に重なり、高潔な吸血鬼がそれを嘆くという構図や、吸血鬼が人間をゾンビと呼ぶなど、随処にシニカルな視点がうかがえる。アダムとイヴがあたりかまわず人間を襲って血を吸ったりせず、病院で調達する“上物の血液”しか飲まないのは、人間を軽蔑しているからなのだ。イヴの妹で少々問題児のエヴァは運命を転がすトリックスターで、彼女の登場でアダムとイヴは、デトロイトを離れざるをえなくなる。だが頼りにしていた、キットこと異端の作家クリストファー・マーロウは、汚染された血をうっかり飲んで死に至る。この世はもはや吸血鬼が生きるにはあまりにも汚れた世界なのか。しかし衰弱していく恋人たちが選択する道は、原初的な欲望に立ち返るものだ。原点回帰こそ生きる活路ということだろうか。吸血鬼カップルを演じるのは、不健康な美しさが持ち味のトム・ヒドルストンとティルダ・スウィントン。知的で獰猛、エレガントでスタイリッシュな吸血鬼役は、あまりにもハマッていた。
【65点】
(原題「ONLY LOVERS LEFT ALIVE」)
(米・英・独/ジム・ジャームッシュ監督/トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、他)
(シニカル度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

21世紀を生きる吸血鬼の男女の奇妙なラブ・ストーリー「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」。音楽を重要な脇役にするあたり、ジャームッシュらしい。 アメリカ・デトロイトの寂れた屋敷に隠れるように暮らすアダムは、表舞台には姿を現さないが、どんな弦楽器も引きこなすカリスマ・ミュージシャン。実はアダムは何世紀も生き続けている吸血鬼で、純粋な血液を病院からひそかに調達して生きている。その一方で、堕落し蛮行を繰り返す人間たちに眉をひそめていた。ある時、何世紀も恋人として愛し合ってきた同じ吸血鬼の恋人のイヴがモロッコのタンジールからアダムに会いにやってくる。甘い時間を過ごす二人だったが、そこにイヴの妹で型破りな性格のエヴァが現れたことから、彼らの運命が狂いはじめる…。 オフビートな作風が魅力のジム・ジャームッシュの新作は、吸血鬼映画。昨今流行のファンタジーやアクションものとは一線を画す、アンニュイなラブ・ストーリーだ。何世紀も生きている吸血鬼の恋人同士の名前がアダムとイヴとは随分と古典的だが、アダムが天才ミュージシャンという設定がいかにも音楽好きのジャームッシュらしい。夜のドライブではジャック・ホワイトの生家、元ミシガン劇場の跡地などを巡ってみせる。財政破綻して寂れたデトロイトの夜景は不思議なほど魅力的だ。だが街の荒廃が自己破壊的な人間の姿に重なり、高潔な吸血鬼がそれを嘆くという構図や、吸血鬼が人間をゾンビと呼ぶなど、随処にシニカルな視点がうかがえる。アダムとイヴがあたりかまわず人間を襲って血を吸ったりせず、病院で調達する“上物の血液”しか飲まないのは、人間を軽蔑しているからなのだ。イヴの妹で少々問題児のエヴァは運命を転がすトリックスターで、彼女の登場でアダムとイヴは、デトロイトを離れざるをえなくなる。だが頼りにしていた、キットこと異端の作家クリストファー・マーロウは、汚染された血をうっかり飲んで死に至る。この世はもはや吸血鬼が生きるにはあまりにも汚れた世界なのか。しかし衰弱していく恋人たちが選択する道は、原初的な欲望に立ち返るものだ。原点回帰こそ生きる欲望ということだろうか。吸血鬼カップルを演じるのは、不健康な美しさが持ち味のトム・ヒドルストンとティルダ・スウィントン。知的で獰猛。エレガントでスタイリッシュな吸血鬼役は、あまりにもハマッていた。【65点】(原題「ONLY LOVERS LEFT ALIVE」)(米・英・独/ジム・ジャームッシュ監督/トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、他)(シニカル度:★★★★☆)

リミッツ・オブ・コントロール

リミッツ・オブ・コントロール スペシャル・エディション [DVD]リミッツ・オブ・コントロール スペシャル・エディション [DVD]
映画は論文ではないのですべてを説明する必要はない。語られない部分に対して想像力を刺激してくれれば、その作品は十分に魅力がある。ジャームッシュのこの新作はまさにそんな1本だ。“孤独な男”というコードネームの殺し屋が、ある任務を遂行するためにスペイン中をさまよう。その任務とは「自分こそ偉大だと思う男を葬れ」というもの。そんな彼の前にさまざまな仲間たちが現れては消えてゆくが、彼らは一様に謎めいた言葉を残していく。

主人公はジャームッシュ作品の常連のイザック・ド・バンコレだが、彼の周囲をビル・マーレイ、ガエル・ガルシア・ベルナル、ティルダ・スウィントン、工藤夕貴ら、国際俳優たちが豪華に彩る。トレンチコートやカウボーイハットなどで、映画ジャンルを睨んだ演出を施しているので深読みしたくなるが、これはジャームッシュの遊び心だろう。物語は、暗殺という衝撃的な結果に向かって進むが、会話や行動は犯罪とはほとんど無関係。美術館の絵はヒントだが、それも決して答えではない。ストイックに任務を遂行した主人公は再び空港から旅立つが、宇宙には中心も端もないという映画冒頭のセリフのように、この物語も男の意識の流れの中のある部分を切り取ったにすぎない。決して分かりやすい映画ではないので誰にでもは勧められないが、物語として納得したいのなら、心の旅ととらえてみるのもいいだろう。現実と非現実が交差する光景を色彩豊かに写したクリストファー・ドイルの映像が魅力的。何より、不可思議な幻想世界を漂う感覚が、ジャームッシュ好きにはたまらなく快感なのである。
【70点】
(原題「The Limits of Control」)
(スペイン・アメリカ・日本/ジム・ジャームッシュ監督/イザック・ド・バンコレ、ティルダ・スウィントン、工藤夕貴、他)
(夢うつつ度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

コーヒー&シガレッツ

コーヒー&シガレッツ [DVD]コーヒー&シガレッツ [DVD]
◆プチレビュー◆
まさに“おしゃれな映画”と形容したい。11編の中では「カリフォルニアのどこかで」と「いとこ同士」がお気に入り。

11本のオムニバス作品の共通のテーマは、タバコとコーヒー(時には紅茶)とさりげないおしゃべり。どこか居心地悪そうなロベルトとスティーブン。双子は変な店員に付きまとわれる。禁煙を破る勝手な説を唱えるイギーとトム。「問題なし」の押し問答や、ヘンテコな共鳴体の実験、カフェでバイト中のビル・マーレイ…。クセがあって、どこかかみ合わない会話が、多くの男女によってカフェで淡々と繰り返される。

モノクロ映像でつづる11編は“物語”と呼ぶのもためらわれるような、何気ないひとこまだ。特にオチがあるわけでもなく、教訓めいた含みがあるわけでもない。だが、これがオムニバスの名手のジム・ジャームッシュの手にかかると、何ともイイ感じにまとまってしまうから不思議。まったり、ゆったり、リラックス。カフェインとニコチン並みに、病みつきになる。

日本公開は05年だが、これらの作品はジャームッシュが18年かけて少しずつ撮り貯めていたもの。サイド・ワークとしてコツコツと築いてきた愛しい作品たちだ。中には世界の有名映画祭での受賞作もあり、短いながらにジャームッシュの美意識と実力が反映されている。ケイト・ブランシェットやアルフレッド・モリーナなど、出演俳優も豪華で、その俳優たちのほとんどが本人の役をやっているのが妙に笑える。

無関係なようでいて、11本がちょっとずつ係わりをもっていることや、過去の作品にも目配せしていることに、ファンならきっと気付くだろう。明確なストーリーらしきものがないので、時には退屈するかも。だが、このグルーヴ感がジャームッシュ独特の空気なのだ。人に勧めるのは難しい。でも自分さえこの映画の素晴らしさを堪能できればそれでいい。そんな身勝手な気持ちになるほど、最高に気に入っている。

□2004年 アメリカ映画  原題「Coffee & Cigarettes」
□監督:ジム・ジャームッシュ
□出演:ロベルト・ベニーニ、ケイト・ブランシェット、ビル・マーレイ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ジム・ジャームッシュ

ジム・ジャームッシュ インタビューズ―映画監督ジム・ジャームッシュの歴史
スタイリッシュな作品を多く作り出す、現代アメリカを代表する監督。どこかずれたリズムを持つオフビートな映画を得意とする。ハスキー・ボイスのトム・ウェイツの音楽を好んで使用する。

代表作:ストレンジャー・ザン・パラダイス、ダウン・バイ・ロー、ミステリー・トレイン・ナイト・オン・プラネット、デッド・マン、ゴースト・ドッグ、イヤー・オブ・ホースetc.

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ