映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

ジャン・レノ

THE PROMISE 君への誓い


1914年のトルコ南部。オスマン帝国の村出身のアルメニア人青年ミカエルは、医学を学ぶために首都コンスタンチノープル(現イスタンブール)の大学に入学する。彼はフランスから帰郷したアルメニア人の美しい女性アナと心を通わせるが、アナはアメリカ人ジャーナリストのクリスという恋人がいた。やがて第1次世界大戦が勃発しトルコが参戦すると、アルメニア人への不当な弾圧が始まり、ミカエルも問答無用で徴兵され強制労働を強いられる。ミカエルは、なんとか脱走を図り故郷へ戻るが…。

20世紀初頭にオスマン帝国が行ったアルメニア人大虐殺・追放事件を、運命に翻弄される3人の男女の姿を通して描く社会派ドラマ「THE PROMISE 君への誓い」。ナチス・ドイツによるホロコーストの約20年も前に起こったこのジェノサイドでは、150万の尊い命が奪われた。事件については、アルメニア系カナダ人のアトム・エゴヤン監督の「アララトの聖母」やトルコ系ドイツ人のファティ・アキン監督の「消えた声が、その名を呼ぶ」などで描かれている。また本作の劇中にチラリと登場する、修道士で作曲家コミタスの生涯を描いた映像詩の映画「コミタス」(ドン・アスカリアン監督)もある。だが、一般的にはあまり知られていないこの事件の全容を、正面から詳細に分かりやすく、有名スターを多く起用して描いたという点では本作が初だろう。ミカエルとアナ、クリスの三角関係のメロドラマは、決して物語を通俗化していない。時代と運命に翻弄されながら生き抜こうと奮闘する姿からは、悲しみだけではなく、人間が持つ生命力を感じさせる。

国家の都合で、ひとつの民族を、理不尽に抹殺しようとした歴史は、無慈悲な暴力そのもので、言葉を失ってしまう。知られざる歴史の悲劇に光を当てることは映画の使命のひとつだ。地味で暗い内容ながら、各国のスター俳優が集っているのも、そんなメッセージに賛同してのことだろう。「ホテル・ルワンダ」のテリー・ジョージ監督は、実在の人物をからめて虐殺事件の真実を描きながら、同時に民族や国境を超えた友情や愛情が存在したことを描くのも忘れていない。今もトルコ政府が事件を公式には認めていないことから、現地での撮影許可が下りず、映画は、3つの国約22ヶ所をめぐってロケを行うなどの逆境を乗り越えて作られたそうだ。想像を絶する体験から時に復讐の思いに駆られるミカエルに、アナが言う「生き残ることこそが復讐なのよ」との言葉があまりにも重かった。
【65点】
(原題「THE PROMISE」)
(スペイン・米/テリー・ジョージ監督/オスカー・アイザック、シャルロット・ル・ボン、クリスチャン・ベイル、他)
(歴史秘話度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

しあわせはどこにある

しあわせはどこにある [Blu-ray]
精神科医のヘクターは、美人でしっかり者の恋人クララと、ロンドンで何ひとつ不自由なく、幸せに暮らしていた。だが毎日患者たちの悩みを聞いているうち、自分自身の人生に幸福を感じられなくなってしまう。“幸せとはいったい何なのか?”その答を探しに、ヘクターは中国やアフリカ、ロサンジェルスなど、世界中を旅することに。波瀾万丈の旅は、次第にヘクターの心を変化させていくが…。

満ち足りているはずなのにふと空しくなったイギリス男が世界を旅して幸せの意味を探る「しあわせはどこにある」では、サイモン・ペッグがタンタンに憧れる中年男をユーモラスに演じている。今回は珍しく社会的に地位があってリッチな役だが、心は大人になりきれていない半人前という、ペックがこれまで多く演じてきた、見慣れたキャラクターだ。物語は、幸福の意味を求めて世界を旅し、自分が享受していた人生のありがたさを知るという、手垢がついたもの。それでも、中年男の迷いを茶目っ気たっぷりに演じるのがサイモン・ペッグだと、なんとなく許せてしまう。原作は精神科医が書いたベストセラーだそう。何も世界中を旅しなくても答はみつかりそうなものだが、そこはリッチなお医者様なので幸せ探しと自分探しも壮大になる。行く先々で顔を出す俳優が、実に豪華キャストで驚いた。特に元恋人役のトニ・コレットは抜群にいい。どこか綺麗事のような中年男の成長物語だったが、後味はさわやかで悪くない。
【65点】
(原題「Hector & the Search for Happiness」)
(英・独・カナダ・南ア/ピーター・チェルソム監督/サイモン・ペッグ、ロザムンド・パイク、トニ・コレット、他)
(幸せ探し度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
しあわせはどこにある@ぴあ映画生活

シェフ!〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜

シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~[初回版] [DVD]シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~[初回版] [DVD] [DVD]
目にも美味しい料理の数々を味わえるグルメ系フレンチ・コメディ「シェフ!〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜」。最近、他国に押され気味の仏料理界へのエールが聞こえるようだ。

若き料理人のジャッキーは、才能はあるのに、生意気な性格と料理への過剰なこだわりのため仕事が長続きしない。一方、一流レストランのベテランシェフのアレクサンドルはスランプで、新作料理のアイデアが浮かばない。偶然出会ったジャッキーの才能に気付いたアレクサンドルは彼をスカウト。ジャッキーはあこがれのシェフの元で無給で働くことを承諾する。アレクサンドルは前々から対立していたレストランのオーナーから、次の審査会で三ツ星を守れなければクビと言い渡された。ジャッキーと一緒に何とか新作料理を完成するが、星取りを左右する批評家の来店の日に、とんでもないアクシデントが起こってしまう…。

料理はフランスが誇るアートのひとつだ。だが、最近では料理界をリードする一流シェフはフランスからは生まれていない。このフレンチ・コメディでは、レストランの格付け“星取り”の実情と、星取りに右往左往する料理人、レストラン、批評家たちの姿をチクリと批判・風刺する。生意気だが天才的な舌を持つジャッキーは、ベテランシェフ、アレクサンドルのレシピは本人より熟知していて、彼の料理に、新たなアレンジや大胆な改革を提案する。それは、完璧なレシピを愛しながらも、それをさらに発展させたいという料理への深い愛情のなせる技だ。フランス映画らしく、恋愛もからむが、基本は、“料理命”の男たちの奮闘物語である。劇中に登場する見事な料理は、著名なシェフであるブノワ・ボルディエが手掛けたレシピ。伝統的なフランス料理から、アヴァンギャルドな分子料理まで、現代の料理事情が垣間見える。2人のシェフは、伝統と革新をミックスすることで料理に新たな道を見出したように、実生活では、仕事に情熱を傾けつつ、恋人や娘を愛する気持ちを思いだす。料理も人生も、大事なのは、大切な人を幸せにしたいと願う気持ちなのだ。ライバルシェフの店を偵察するため、変装するのが「いまどきそれはないだろう!」と言いたくなるような、サムライとゲイシャ姿。日本人としては脱力するが、科学か何だか知らないが、料理の本質を忘れたかのような嫌味なライバルを手玉に取るのは痛快だった。
【50点】
(原題「THE CHEF/COMME UN CHEF」)
(フランス/ダニエル・コーエン監督/ジャン・レノ、ミカエル・ユーン、他)
(グルメ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!
人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
シェフ!〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜@ぴあ映画生活

黄色い星の子供たち

黄色い星の子供たち [DVD]黄色い星の子供たち [DVD]
クチコミを見る
ナチス・ドイツ支配下のパリで行われた、仏政府による史上最大のユダヤ人一斉検挙“ヴェル・ディヴ事件”を描いた歴史秘話。悲痛な内容だが、忘れてはいけない事実を正面から描いている。

1942年ナチス占領下のパリ。ユダヤ人たちは胸に黄色い星を付けて不自由な日々に耐えていたが、11歳のジョーはそれでも優しい両親や隣人たちと楽しい日々を過ごしていた。しかし、7月16日に突如として政府がユダヤ人の一斉検挙を行う。およそ1万3000人もの人々がヴェル・ディヴ(冬季競輪場)へと集められ、非人道的な扱いの末に、ロワレ県の収容所へと送られる。非ユダヤ人の看護師アネットは懸命に彼らを助けようとするが…。

長い間、仏政府が公に語らなかったユダヤ人一斉検挙は、レジスタンス活動でナチズムと闘ったことが誇りのフランスにとって汚点ともいえる事件だ。映画は、看護師アネットの視点から描くことで、政府が政治的取引で行った暴挙を告発する一方で、名もないパリ市民の中には人間性を失わなかった人々が大勢いたことを知ってほしいと訴えている。ジョーとその家族を襲う運命は、あまりに残酷なもので、最終的に全員が、死を意味する国外の強制収容所へ向かうと知るだけに、時に明るく、時に無邪気な彼らの言動が悲劇を際立たせる。監督のローズ・ボッシュは3年に渡るリサーチで、生き残ったわずかな人々の証言を集め、物語として構築したという。一連の事件を、誇張でも美談でもなく、ただ事実として伝えるべきという作り手の意識の表れか、過剰な演出は抑えられている。それでも、すでに死亡した母に会えると思い込みまっさきに収容所行きのトラックに向かう幼い少年ノノの姿には涙した。フランス映画界の若き演技派メラニー・ロランと、ベテランのジャン・レノが、歴史の悲劇を真摯に演じきっている。原題は「略奪」の意味。輝かしい未来を奪われた人々のことを忘れてはいけないとのメッセージだ。
【70点】
(原題「LA RAFLE」)
(仏・独・ハンガリー/ローズ・ボッシュ監督/メラニー・ロラン、ジャン・レノ、シルヴィ・テスチュー、他)
(歴史教育度:★★★★☆)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

黄色い星の子供たち@ぴあ映画生活

バレッツ

バレッツ [DVD]バレッツ [DVD]
仏映画伝統のフィルム・ノワールだが、犯罪組織が幅をきかすマルセイユの街が、移民問題を持て余し、汚職にまみれている実態を皮肉を込めて盛り込んでいる。俳優で監督のリシャール・ベリは、前作「ぼくセザール10歳半 1m39cm」で可愛らしい作風の好編を作ってみせたが、今回はうってかわって激しいバイオレンス映画に挑んだ。かつてマルセイユの街を支配するマフィアのボスだったシャルリは、今では引退し、愛する家族と平穏な生活を送っていた。しかしそんな彼を突然銃撃が襲う。全身に22発もの銃弾を受けながらも一命を取りとめた彼は、自分を襲ったのが固い友情を誓いあった古い友人ザッキアだと知るが、復讐は全面戦争につながることから、報復を思い止まる。だが、その判断のため仲間が犠牲になり、幼い息子が誘拐されたことで、シャルリは遂に立ちあがることに…。

実在のギャングの大物ジャッキー・アンベールをモデルにしたこの物語には、日本の任侠ものと、フランス映画が得意とする乾いたフィルム・ノワールのムードが混在している。ジャン・レノ扮する主人公シャルリは、常に寡黙で、無駄な殺傷沙汰は好まない男だ。だが強烈なカリスマ性があり、そのことが、引退しても、見えない影響力を暗黒街に及ぼしてしまう。彼を襲撃した友人ザッキアは、マルセイユ警察も追っている大物で、警察や政界ともつながっていて容易には逮捕できない人物。事なかれ主義で虚栄心の強い上司に悩まされながら、シングルマザーの刑事が懸命にザッキアを追う。敵である警察側のこの女刑事が、次第にシャルリの人柄や知性に惹かれていくように見えるのは、シャルリが根本的にスジを通す、自分なりの“正義”のルールに従って行動している男だからだ。マルセイユ警察の上層部にはすでにこんな人物は見当たらないのだろう。シャルリを追うザッキアとの攻防戦は、常にシャルリが一歩リードしていて、このあたりは都合が良すぎる展開なのだが、シャルリの冷静沈着な殺人と、無関係の部下や幼い子供までも狙うザッキアの見境のない殺戮とがくっきり対比している。アラブ系らしい華やかな婚礼、バイクを使ったカーアクション、壮絶な暴力描写と、なかなか手堅いが、何分、昔の日本の任侠映画のような古臭さは否めない。映画は、報復殺人と家族愛とが両立してしまう、主人公の矛盾した人物像が危うい魅力になっている。ジャン・レノがハマリ役だ。
【55点】
(原題「L'IMMORTEL」)
(フランス/リシャール・ベリ監督/ジャン・レノ、カド・メラッド、ジャン=ピエール・ダルッサン、他)
(家族愛度:★★★★☆)

人気ブログランキン  グ←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ピンクパンサー2

ピンクパンサー2 (特別編) [ザ・ベスト・アニメーション ( ピンク・パニック編)付] (初回生産限定) [DVD]ピンクパンサー2 (特別編) [ザ・ベスト・アニメーション ( ピンク・パニック編)付] (初回生産限定) [DVD]
「クルーゾー警部が帰って来るーぞ」とは、宣伝担当の美女N嬢が試写室でかましたおやじギャグ。思わずズッコケたが、これが公式のキャッチなのだからなす術もない。高価なダイヤ・ピンクパンサーを狙う大泥棒トルネードを逮捕するために、世界精鋭チームが結成される。なぜか参加したクルーゾーは珍騒動を起こしながらも、大活躍する。豪華キャストがバカをやる様子が笑えるが、身体をはったアクションもあり、なかなかの労作だ。ベタな笑いとテンポの良さがこのシリーズのいいところ。とはいえ、ラストの謎解きの部分があまりに雑なのはちょっと惜しい。アイロニカルでひねりを効かせたセラーズと違い、マーティンのクルーゾーは分かりやすい笑いが持ち味だ。
【55点】
(原題「THE PINK PANTHER 2」)
(アメリカ/ハラルド・ズワルト監督/スティーヴ・マーティン、ジャン・レノ、アンディ・ガルシア、他)
(ノーテンキ度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

フライボーイズ

フライボーイズ プレミアム・エディション [DVD]フライボーイズ プレミアム・エディション [DVD]
国や名誉のために戦う意義が見出せた第一次世界大戦を背景にした、大らかな戦争映画だ。志願兵として仏軍に参加した米国の若きパイロットたちが主人公。騎士道にも通じる敵への敬意や、互いの顔が見える距離感は、のんびり感を醸し出すが、実際には兵士の生存率は非常に低かった。仏娘とのロマンスは中途半端だが、CGを駆使した空中戦は大迫力。ただし反戦の志は全くなく、なぜ今作るのか?との疑問はぬぐえない。
【65点】
(原題「FLYBOYS」)
(アメリカ/トニー・ビル監督/ジェームズ・フランコ、ジャン・レノ、マーティン・ヘンダーソン、他)
(反戦メッセージ度:★☆☆☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ