映画通信シネマッシモ


映画通信シネマッシモは、2018年4月をもって、終了しました。

ブログ終了にあたり、たくさんのあたたかいコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました。
皆さまの映画ライフに少しでもお役に立てたならこれほど嬉しいことはありません。
長い間のご愛顧に心より感謝いたします。

セス・ローゲン

テイク・ディス・ワルツ

テイク・ディス・ワルツ [DVD]テイク・ディス・ワルツ [DVD]
人妻の心の空白と孤独を静かな演出で描く「テイク・ディス・ワルツ」。ミシェル・ウィリアムズの虚ろな表情がすべてを物語る。

フリーライターのマーゴは、料理のレシピ本を作る夫ルーと幸福に暮らしている。結婚5年目を向かえ、恋愛時代のような刺激は薄れたものの、穏やかな愛に包まれる日々だ。そんなある日、マーゴは旅先でダニエルという情熱的な青年と出会い強く惹かれるが、彼が偶然にも家の向かいに住んでいると知り、動揺してしまう。結婚していることをダニエルに告げるが、意図せずにダニエルと過ごす時間が増え、夫ルーとは全く違うタイプの彼に惹かれる気持ちを抑えられなくなっていく…。

カナダ出身の女優サラ・ポーリーは監督第一作「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」で、老夫婦間に生まれる緊張と寂寞を描いて、ただならぬ手腕をみせたが、本作でもまた、繊細で鋭い人間心理をすくい取っていて、このまだ若い女優は監督としても一流で、年齢とは不釣合いなほど老獪な演出力を持っていると確信した。物語は、平凡だが幸せな日々を送る人妻が、不倫に走るという一見他愛無いものだが、単なる浮気話とは一線を画している。ミシェル・ウィリアムズ演じるヒロインが、時折みせる虚ろな表情。これが本作のキモだ。幸福なはずなのに、何か満ち足りない。優しい夫に不満などないのに、憂鬱で孤独を感じる。そんな漠然とした思いを、ウィリアムズの茫然自失の顔つきと、昼下がりの午後のけだるい光のようなカメラワークが絶妙に物語る。穏やかな日々にひそむ空虚のブラックホールに堕ちたヒロインは、それに気付かないふりをする周囲の空気を感じつつも、ある結論に達する。ウィリアムズは脱ぎっぷりのいい女優で、本作でも惜しみなく裸体をさらして熱演するが、あどけない少女のような雰囲気と不思議な色香が同居するウィリアムズの存在そのものがエロティックだ。コメディが得意のセス・ローゲンやサラ・シルヴァーマンをシリアスな役で起用するなど、キャスティングも上手い。冒頭、お菓子を焼きながらふとその場にしゃがみこむマーゴ。その虚脱感は、ラストにも登場し、終わりなき欠落感は、凡百のホラー映画よりよほど戦慄を覚える。本能とモラル。そのどちらにも“永遠”などあり得ない。よくある浮気話にみえて、なかなかシビアで深い映画だ。
【65点】
(原題「TAKE THIS WALTZ」)
(カナダ/サラ・ポーリー監督/ミシェル・ウィリアムズ、セス・ローゲン、ルーク・カービー、他)
(空虚度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
テイク・ディス・ワルツ@ぴあ映画生活

50/50 フィフティ・フィフティ

50/50 フィフティ・フィフティ [Blu-ray]50/50 フィフティ・フィフティ [Blu-ray]
クチコミを見る
難病ものなのに、ドライなユーモアが漂うハートフル・ドラマ「50/50 フィフティ・フィフティ」。いざというとき心の支えになるのは、本音で接してくれる友人なのだ。

酒もタバコもやらない真面目な青年アダムは、ある日突然、ガンで余命わずかと宣告される。5年生存率は50パーセントと聞き、本人はもちろん周囲は激しく動揺する。恋人は闘病を支えると言いながら心が離れ、過保護な母親は心配のあまり同居すると言い出し、友人たちはみな腫れ物にさわるようにオドオドと接する。そんな中、女好きで能天気な親友カイルだけは、病気をネタにナンパをしかけようと提案したり、いつもと変わらず明るく接してくれた。新米セラピスト、キャサリンの助けを借りて“ガン”の日々と向き合うアダムだったが…。

この物語は、脚本家のウィル・レイサーが実際にガンを宣告され闘病の末に病気を克服した体験に基づいているそうだ。ガンという非常事態に陥ってみて、はじめて自分自身と周囲が見えてくる。ポイントは、自分にとって何が本当に大切なのかということだ。なんといっても主人公を演じるジョセフ・ゴードン=レヴィットの独特の柔らかさがいい。あくまでも真摯に病気と向き合いながらも、過剰に悲壮にならず、それでいて周囲の変化を確実に感じ取っている。本作の製作にも名を連ねるコメディ俳優のセス・ローゲンが、確信犯的な下品さでアダムを励ます悪友カイルを演じているが、この二人の男の友情がチャーミングで、作品にあたたかいユーモアを漂わせた。恋人の不実とは対照的に、頼りなくみえたセラピストのキャサリンの誠実さがジワジワと伝わる展開もいい。ガンというトンデモない悲劇を描くが、すべてのキャラクターの性格描写や恋愛感情がおさえ気味で、そこが好感が持てる要因だ。そんな中、唯一、感情を爆発させるように、庭に持ち出した絵にモノを投げつけるシーンは、ちょっとした爽快感がある。生と死を静かに実感した青年が、50パーセントの確率の中で、自分自身と向き合うこの物語、シリアスとユーモアのブレンド具合が絶妙で、小さいが美味しいスイーツのような後味がある。
【65点】
(原題「50/50」)
(アメリカ/ジョナサン・レヴィン監督/ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン、アナ・ケンドリック、他)
(ハートフル度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

50/50 フィフティフィフティ@ぴあ映画生活

映画レビュー「グリーン・ホーネット」

グリーン・ホーネット [Blu-ray]グリーン・ホーネット [Blu-ray]
◆プチレビュー◆
鬼才ミシェル・ゴンドリーが往年のヒーローものを再構築。凸凹コンビの正義の定義がビミョーで可笑しい。 【60点】

 父の死によって、新聞社の二代目社長になった遊び人のブリットは、父のお抱え運転手で、発明の天才にして武術の達人カトーと知り合う。ひょんなことから友情が芽生えた彼らは、謎のヒーロー“グリーン・ホーネット”を名乗り、街の犯罪者退治を始めるのだが…。

 異色ヒーロー“グリーン・ホーネット”は、1930年代にラジオのドラマ・シリーズとして誕生。その後、映画シリーズ、コミック、1960年代にはTVドラマ・シリーズ化された、有名キャラだ。映画ファンの間では、60年代のTVドラマ・シリーズで、主人公ブリットの相棒カトーを、あのブルース・リーが演じて、スターダムにのしあがったことで知られている。ブルース・リーの伝説的な人気はさておき、これらの作品の本当の主人公は、お坊ちゃん育ちのブリットを助ける、武術の達人カトーその人だ。それは、今回のリメイクでより明確になり、おバカ社長ブリットとのデコボコぶりがより際立っている。

 グリーンのスーツとマスク、スーパー・ハイテク・カー“ブラック・ビューティー”を駆り、正体を隠して悪を一網打尽にする。一見、バットマン風のこの2人組ヒーローは、実はかなり屈折したキャラクターだ。何しろ、悪人退治をするために、自らが悪人のふりをする。その理由は、犯罪者と思われた方が正義を貫けるという理屈。悪を装い悪を刺すグリーン・ホーネット(緑のスズメバチ)というわけだが、その実情は、生まれて初めての人助けで調子に乗ったブリットが、思う存分“おイタ”をして楽しむためなのだ。悪人ならば、ヒーローのように清廉潔白である必要もない。さらに、極悪人を装うことで、本当に強いのはカトーだけで、自分はヘナチョコなのだとバレずにすむという姑息な思惑も。こんなヒーロー、見たことがない。ヘンな立ち位置のせいで、本物の極悪人である暗黒街の王チュドノフスキーの怒りを買うハメになる。

 そんな「ダメな2代目社長」と「イケてるおかかえ運転手」の物語のおかし味は、ちょっぴりズレたキャスティングによるところが大きい。日本ではイマイチだが、アメリカで超人気のコメディアンのセス・ローゲンと、台湾のミュージシャンで俳優としても活躍するジェイ・チョウという意外な組合せもさることながら、美人秘書のレノアが、恋愛モードになるわけでもない、単なる添え物扱いなのに、演じるのは、スター女優のキャメロン・ディアスという贅沢さ。加えてオスカー俳優クリストフ・ヴァルツを「イングロリアス・バスターズ」を彷彿とさせる、どこかネジがユルんだ暗黒街のボス役で起用。節操のないキャスティングが不思議な高揚感を醸し出して、なかなか楽しい。

 新聞社の偉大な創業者であった父の、思いがけない秘密を知り、さらにその秘密の裏側にあったもうひとつの真実を知ったことで、ブリットはついに“本気モード”に。そんな時でもボケてしまう彼の闘いぶりと、どこまでもクールでタフなカトーの秘策とは?!映像派ミシェル・ゴンドリーらしいセンスは、超絶的な武闘家カトーが持つ“カトー・ビジョン”に集約されている。ゆっくりと時間を遅らせてアクション映画の中にタメをつくるユニークな感覚が、ミュージック・ビデオ出身のゴンドリーらしい。おとぼけバディであるブリットとカトーは、主従関係とも、対等な相棒とも、ましてやライバルでもない、微妙な関係。何をしでかすか分からないところに面白みがある。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)ノーテンキ度:★★★★☆

□2010年 アメリカ映画 原題「THE GREEN HORNET」
□監督:ミシェル・ゴンドリー
□出演:セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス、他


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


映画レビュー用BRバナー

←応援ポチ、よろしくお願いします!


グリーン・ホーネット@ぴあ映画生活

グリーン・ホーネット(DVD) ◆20%OFF!

グリーン・ホーネット(DVD) ◆20%OFF!
価格:1,184円(税込、送料別)

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ