映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

ソフィア・コッポラ

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ

Beguiled/ [Blu-ray] [Import]
南北戦争中のアメリカ南部・バージニア州。世間から隔絶された女子寄宿学園には、園長のマーサ、教師のエドウィナ、生徒のアリシアら、美しい7人の女性たちが生活していた。ある日、生徒の一人が負傷した北軍の兵士マクバニーを助け、学園内にかくまうことに。男子禁制の学園に突如紛れ込んだ美しい男性に、女性たちはときめき、虜になる。学園の秩序が乱れていく中、ある事件が起こるが…。

南北戦争時代、男子禁制の女子学園に北軍負傷兵が紛れ込んだことから起こる女たちの愛憎劇「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」。クリント・イーストウッド主演作「白い肌の異常な夜」の原作となったトーマス・カリナンの小説を、女性視点で描いたのは、ガーリー・ムービーの旗手ソフィア・コッポラ監督だ。耽美的映像や繊細な心理描写、女性視点という現代性が評価され、第70回カンヌ映画祭で監督賞を受賞している。世間知らずの女たちの中に放り込まれた男性という異物は、すさまじい異化効果を発揮。女たちの嫉妬や欲望、けん制は、やがてある恐ろしい出来事を経て、狂った審判を招くことになる。まるで、美しくも残酷なおとぎ話のようだ。

ニコール・キッドマン、キルステン・ダンスト、エル・ファニングといったコッポラ監督好みの美しい女優たちが多数出演し実に豪華だが、彼女たちが演じればその深い闇さえも優雅に思える。自然光を多用した昼間の映像や、ランプやロウソクの光の夜間の描写は、絵画のようで、閉ざされた学園の鬱屈した空気の中によどむ狂気を照らし出してる。「白い肌…」がサイコ・ホラーだとしたら、本作は心理スリラーの趣だ。好みは分かれるかもしれないが、女性たちのダークサイドを覗きたいなら、断然こちらがおすすめである。
【70点】
(原題「THE BEGUILED」)
(アメリカ/ソフィア・コッポラ監督/ニコール・キッドマン、キルステン・ダンスト、エル・ファニング、他)
(耽美度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ブリングリング

ブリングリング [Blu-ray]
実際に起こったティーンによるセレブ豪邸窃盗事件を描く「ブリングリング」。優等生のイメージのエマ・ワトソンの“イケナイ子”が新鮮。

セレブの豪邸が立ち並ぶLAの高級住宅街。転校生のマークは仲良くなったレベッカと同級生の留守宅で盗みを働く。華やかな生活に憧れを抱くニッキーらも加わり、窃盗団を結成。ネットでパリス・ヒルトンらセレブの住所と予定を調べ、彼らの豪邸に忍び込んでは、高級ブランドの服やバッグ、現金やジュエリーなどを盗みまくる。だが無軌道な彼らの行動はやがて明るみに出ることになる…。

2008年から09年にかけて、ハリウッド・セレブの豪邸が少年少女の窃盗団に荒らされた実話をベースに描く異色の青春犯罪映画だ。タイトルはロサンゼルス・タイムズ紙が10代の窃盗団につけた“キラキラしたやつら”の意味。そのまぶしいほどの輝きは見事なまでに偽物なのだが、女の子たちに罪の意識はない。それどころか、夢も野心も何もなく、ただひたすらに物欲と快楽を追い求めるのだから、これはもう現代社会の罪の落とし子といってもいい。モラルを知る前に自己顕示欲に支配された彼らは、盗みの実態をSNSに書き込み、パーティで友人に自慢げに話す。脇が甘いのか、おバカなのか、あどけないのか、もはや判別不能だ。警察につかまっても「これは学びの場だったんだと思うの」と悪びれずに言ってのけ、リアリティ番組で自分のサイトを宣伝するしたたかさも。黒一点のマークの素顔は、事件によってFacebookで大勢の友達申請が来たことを喜んでいるシャイな少年だ。被害総額3億円にも上る窃盗事件は確かに問題だが、現代社会の情報過剰な大海原は万人の前に等しく広がっている。少女たちの刹那的な犯罪という意味では、ハーモニー・コリン監督の「スプリング・ブレイカーズ」の方が明らかに出来はいい。だが底知れない空虚さでは本作がはるかに上だ。何よりセレブ・カルチャーをスタイリッシュに活写する映画はおしゃれアイコンであるソフィア・コッポラだからこそリアルに描ける世界である。それにしても、パリス・ヒルトンやリンジー・ローハンら、セレブリティの防犯意識の低さにはあきれてしまう。鍵は安易に玄関マットの下に置き、窓は開けっ放しでは、豪邸も入り放題だ。さらに住所はネットで公開しているし、スケジュールもオープン状態。盗む方も盗む方だが、盗まれる方も盗まれる方なのだ…。おっと、これは庶民のやっかみか。
【65点】
(原題「THE BLING RING」)
(米・仏・英・日・独/ソフィア・コッポラ監督/エマ・ワトソン、ケイティ・チャン、タイッサ・ファーミガ、他)
(刹那的度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ブリングリング@ぴあ映画生活

SOMEWHERE

SOMEWHERE [DVD]SOMEWHERE [DVD]
映像センスには定評があるソフィア・コッポラらしいドライな感覚の人間ドラマだ。映画業界ならではのセレブな空気と、そこに潜む孤独には、巨匠フランシス・フォード・コッポラの娘として業界のド真ん中で育ったソフィア自身の体験が色濃く反映されている。

人気映画俳優のジョニー・マルコは、パーティ三昧の生活を送っている。ハリウッドの伝説的ホテル、シャトー・マーモントに住み、高級車を乗り回す派手な暮らしを送っているジョニーだったが、同時に彼には常に空虚な感覚がつきまとっていた。ある時、別れた妻と暮らす11歳の娘クレオをしばらくの間預かることになる。自堕落な生活は一変し、クレオとの穏やかな日々が始まった。自分が失くした大切なものに気付きはじめたジョニーだったが、やがて父娘には別れの日がくる…。

センチメンタルなのにどこか乾いた空気が、ソフィア・コッポラならではのテイストで、それは自伝的要素の強い本作でも強く感じられる。主人公は、成功した俳優で、華やかに見えるが、携帯に次々に送られてくる名無しのメールには彼を罵る内容ばかり。これらを無表情にみつめるジョニーの横顔が、彼の人生の空虚さを如実に表していた。一方、天使のように純真な11歳のクレオは、ピュアな性格だが、親の都合であちこちに移動させられ、誰かに対して怒りや反抗の気持ち持つことなど忘れたかのような女の子。こちらも経済的に豊かだが満たされない人生なのだ。そんな二人がかけがえのない時間を過ごす様子が、切なくもいとおしい。なんだかヘンテコなイタリア旅行、午後のまどろみ、たわいないおしゃべり。キャンプに持っていく持ち物を決めるだけでも楽しくてたまらない。さりげない感情のうつろいを、センスのいい音楽にのせてスケッチするのがいかにもソフィア・コッポラらしい。セレブ生活の狂乱もことさら責めるわけでもなく淡々とつづるので、まるでガラス越しに見る風景のようである。実際に、われわれ庶民にとってソフィアが育ってきた世界は、遠くでみつめるだけの世界なのだ。自分の人生のむなしさに気付いたジョニーに待っている結末とは? ラストがまた、いかにもソフィアらしい。ダコタ・ファニングの妹エル・ファニングの透明感あふれる姿が美しく、スケートを披露する場面は心にしみた。一見にぎやかで華麗だが、あくまで借り住まいのホテル暮らしが、物悲しさを醸し出している。第67回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作。
【65点】
(原題「SOMEWHERE」)
(アメリカ/ソフィア・コッポラ監督/スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、他)
(物悲しさ度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
SOMEWHERE@ぴあ映画生活

【送料無料】 DVD/洋画/SOMEWHERE/TCED-1282

【送料無料】 DVD/洋画/SOMEWHERE/TCED-1282
価格:3,990円(税込、送料込)

映画レビュー「マリー・アントワネット」

マリー・アントワネット (通常版) [DVD]マリー・アントワネット (通常版) [DVD]
◆プチレビュー◆
ポップな音楽にキャンディーのようなパステルの色彩。まさにガーリー・ムービーの王道だ。10代の女の子のとらえどころのなさとコスプレの楽しさが良く出ている。 【65点】

オーストリアとフランスの同盟ともいえる政略結婚で、14歳のマリーはヴェルサイユ宮殿へ。孤独で窮屈な宮廷生活の中で、彼女は徐々に浪費に走る。ドレス、靴、スイーツ、そしてパーティにギャンブル。幼い王妃は享楽の生活を送り続ける。数年後、子どもが生まれてからは徐々に落ち着いていくが、彼らの背後にはフランス革命の影が迫っていた…。

日本では「ベルばら」でおなじみの、断頭台の露と消えた悲劇の王妃マリー・アントワネット。監督のソフィア・コッポラは、彼女を10代の悩める女の子として描ききった。重厚でシリアスな歴史映画を期待した人は、冒頭からド肝を抜かれるはず。歯切れのいいロックで始まり、シャーベットやマカロン色の洪水のような映像があふれ出る。さらに、本物のヴェルサイユ宮殿で贅沢に撮影された映像には、ただただ圧倒されるばかりだ。

映像的な充実感とはうらはらに、人間描写やドラマ性の深みはほとんどない。ヒロインは18世紀最大のセレブにしてファッション・リーダー。おしゃれに目がなく、時にはばかげたことを流行らせた少女なのだ。深い思考よりも感覚的なタイプだったに違いない。コケティッシュな魅力のキルスティン・ダンストの演技が、少女の頼りなさと無邪気さを表して、今までにないマリー像を作り出した。

贅と特権の象徴のヴェルサイユ。だが、マリーにとって、そこはさしずめハイ・スクールだ。ひとりぼっちはイヤ。ヘンな噂が立てば不安になる。何でもないことで笑い転げ、ショッピングに夢中。でも、何をやっても満たされない気持ちは、ティーン・エイジャー特有のもの。彼女の享楽と浪費が前向きに描かれることは今までなかったので、このアプローチはとても新鮮だ。これをプラスに感じることが出来るかどうかが、この映画の評価の分かれ目になろう。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)ガーリー度:★★★★★

□2006年 アメリカ映画 原題「MARIE ANTOINETTE」
□監督:ソフィア・コッポラ
□出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツ、ジュディ・デイヴィス、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ