映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ワンダーウーマン」「エル」「関ケ原」「ボブという名の猫」etc.

ゾーイ・サルダナ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス オーサム・ミックス・VOL.2(オリジナル・サウンドトラック)
スター・ロードことピーターをリーダーとする落ちこぼれヒーロー軍団“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”は、宇宙の平和を守るために、今日もノリで奮闘中。小遣い稼ぎに引き受けた仕事でトラブルを起こした彼らは、黄金の惑星の無敵艦隊から総攻撃を受け、宇宙船ミラノ号は壊滅寸前になってしまう。間一髪のところで、ピーターの父親を名乗る謎の男エゴに助けられる。仲間からの忠告にも関わらず、ピーターは次第にエゴに魅了されていくが、その姿を目にしたチームの間には、亀裂が生じてしまうのだった。そこへピーターの育ての親ヨンドゥ率いる宇宙海賊の襲撃が始まる。さらに、銀河全体を脅かす恐るべき陰謀が交錯し、ピーターの出生の秘密と共に、チームの絆が試されることになるが…。

懐かしい70年代のヒット曲に乗って異色の落ちこぼれヒーローたちが大活躍するSF活劇の続編「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」。チームのメンバーは、リーダーのピーター、銀河一凶暴な毒舌アライグマのロケット、マッチョな巨漢ドラックス、セクシーなツンデレ暗殺者ガモーラなど、刑務所で偶然出会った宇宙のはみ出し者たちだ。彼らの絆はすでに前作で出来上がっているが、今回は、ピーターの父の登場で、SFではテッパンの父と息子のドラマが展開する。父親エゴ役で、神がかるカート・ラッセルもすごいが、育ての親ヨンドゥを演じる、ジェームズ・ガン作品常連のマイケル・ルーカーこそが、本作の影の主役だ。ヨンドゥの男気に思わず涙する人もいるだろう。永遠の思春期を生きるピーターは、生みの親と育ての親の間で苦悩し、葛藤するが、ノリはあくまでも軽い。そしてチームの秘密兵“木”のベビー・グルートが、超絶的にキュートで最高だ。本作は、おバカ映画のふりをしながら、ヒーローの資質を問い、欠点だらけの人間(動物も含む)の存在を全力で肯定するなど、なかなかスミに置けないメッセージを隠し持っている。もっとも、コ難しい理屈抜きにして単純に楽しめる点が何よりも魅力的だ。エンドロールまで、たっぷりと楽しんでほしい。
【70点】
(原題「GUARDIANS OF THE GALAXY VOL. 2」)
(アメリカ/ジェームズ・ガン監督/クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、ヴィン・ディーゼル、他)
(父子愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

スタートレック BEYOND

スター・トレック BEYOND ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
エンタープライズ号のキャプテン・カークは、未知の星に不時着した宇宙船を救出する任務に出発する。カークは、このミッションを最後にするという決断を胸に秘めていた。しかし、到着直前に、謎の異星人クラールが率いる無数の飛行物体から急襲を受け、エンタープライズ号は撃破、仲間は散り散りになってしまう。見知らぬ土地に投げ出されたカークは、離れ離れになったクルーたちを捜索する中で、ジェイラという女性戦士に出会う。彼女に案内された場所には、およそ100年前に消息を絶った艦隊の英雄エディソンが乗艦していたフランクリン号の姿があった。一方、クラールは、宇宙基地・ヨークタウンへの攻撃を開始しようと動きだしていた…。

エンタープライズ号クルーによる宇宙での戦いを描く人気SFアクションの最新作「スタートレック BEYOND」。長く人気を誇るSFシリーズは、J.J.エイブラムス監督によりリブートされ新たな魅力を放っているが、本作ではエイブラムスは製作にまわり、代わって、「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リン監督がメガホンを取っている。宇宙で敵と戦うというストーリーはいつも通りだが、今回は、クルーたちがバラバラになってしまうという非常事態だ。バラバラといっても、2人一組のような形で窮地を乗り切りながら、もう一度チームとしてまとまろうとする。この構成のおかげで、今回は一人一人のキャラクターの個性がはっきりと出ているのが嬉しい。意外な組み合わせでサバイバルする掛け合いがコミカルで、これまた楽しい。それまではカークとスポックが中心だったが、作り手が、チェコフ、ボーンズ、スコッティらクルーそれぞれをいかに大切に思っているかがわかる。そのため、エンタープライズ号クルーの個性と信頼関係がくっきりと浮かび上がった。謎の異星人クラールの正体とその目的には、大きな秘密が隠されている。終盤のアクションはもちろん、未知の星での個性豊かなアクションシーンは見所。まさかSFの「スタトレ」でド迫力のバイクアクションを拝めるとは!仲間との絆と友情は「ワイスピ」にも共通するテーマで、ジャスティン・リン監督の“らしさ”が出た。急逝した若き演技派でチェコフ役のアントン・イェルチンの遺作となった本作、エンドロールでは「アントンに捧げる」との言葉が入り、物語のクルーたち同様、本作のキャスト、スタッフの絆も垣間見える。
【70点】
(原題「STAR TREK BEYOND」)
(アメリカ/ジャスティン・リン監督/クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、他)
(友情度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
スター・トレック BEYOND|映画情報のぴあ映画生活

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
個性豊かなアウトサイダーたちが宇宙の危機を救う異色SFアクション「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」。こんなヒーロー映画を待っていた!

幼い時に何者かによって地球から誘拐されたピーター・クイルは、成長して、トレジャー・ハンターになっていた。ある時、パワーストーン“オーブ”を盗み出すが、無限の力を持つその石を狙う闇の存在から命を狙われたあげく、警察に逮捕される。銀河一危険な刑務所で出会ったのは、セクシーな暗殺者ガモーラ、復讐に生きる破壊王ドラックス、凶暴な賞金稼ぎのアライグマのロケットと、その相棒で樹木型ヒューマノイドのグルード。彼らは成り行きから、宇宙を守る“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(銀河の守護者たち)”を結成し、強大な闇の存在と戦うことになるのだが…。

異色のスペース・オペラである本作は、とかく暗い昨今のヒーロー映画とは真逆。「スター・ウォーズ」にも通じるユーモアと、抜群に立ったキャラ、さらには70年代のノスタルジーまで味わうことができる、稀有な痛快作だ。物語は、およそヒーローとは程遠いものたちが、正義や大義のためではなく、それぞれの事情から戦うハメになる過程で、自由を愛する共通の思いから強い絆で結ばれていくというもの。最新型のハイテク武器を駆使する主人公ピーターは、亡き母親の思い出がつまったカセットと旧式のウォークマンを愛用していて、70年代のヒット曲を愛聴しているところがポイントだ。登場人物はピーター以外は、アライグマや樹木などという異形のものばかりだし、基本的に地球とは無関係のこの冒険に、いつしか共感してしまうのは、カセットから流れる懐かしのBGMのおかげである。ならず者たちは、目的も価値観もバラバラなのだが、友情や正義や家族愛というストレートな感情は、ダメ人間(人間以外が大半だが)をいつのまにかヒーローにしてしまうのだ。ロケットとグルードの熱い友情に涙しつつ、ピーターとガモーラの淡いラブに期待しながら、誰もが望むハッピーエンドまで、アクションとドラマを存分に満喫できるのが嬉しい。マニア好みの小粒な小品のイメージのジェームズ・ガン監督がこれほどうまく大作をまとめるとは!どこか印象が薄いクリス・プラットがこれほどヒーローものの主役にハマるとは!いい意味で期待を裏切られた。どうやら続編も決定しているようだし、はみ出し者たちの冒険はまだまだ続きそうである。
【85点】
(原題「THE GUARDIANS OF THE GALAXY」)
(アメリカ/ジェームズ・ガン監督/クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、ブラッドリー・クーパー(声)、他)
(チームワーク度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー@ぴあ映画生活

コロンビアーナ

コロンビアーナ [Blu-ray]コロンビアーナ [Blu-ray]
「レオン」と「ニキータ」を足して2で割ったような女殺し屋の物語「コロンビアーナ」。ゾーイ・サルダナがしなやか!

1992年、南米コロンビア。9歳の利発な少女カトレアは、麻薬組織から目の前で両親を惨殺される。命がけで、アメリカ・シカゴに住むギャングで、叔父エミリオのもとへとたどり着いた彼女は、両親を殺した組織のボス、ドン・ルイスとその片腕マルコへの復讐を胸に誓う。15年後、凄腕の殺し屋になったカトレアは、叔父の依頼の仕事をこなしながら、意図的に現場にカトレアの痕跡を残して、復讐相手の出方を伺っていた。一方で画家である恋人ダニーとは身分を隠しながらも、安らぎのひと時を過ごすカトレア。叔父エミリオはそんな彼女を心配するが、組織、そしてFBIの捜査の手が迫り、新たな悲劇が起こってしまう。悲しみをこらえ、すべてに決着をつける決心をしたカトレアだったが…。

コロンビアの国花である豪華な蘭・カトレア。美しい花の名前を持つ少女が凄腕の殺し屋になるストーリーの脚本は、名作「ニキータ」と「レオン」への愛着を隠そうとしないリュック・ベッソンが手がけている。カトレアの殺し屋修行がほとんど描かれないのは残念だが、彼女の少女時代を演じる子役アマンドラ・ステンバーグが確実にその素地をうかがわせてとても魅力的だ。もちろん成長したカトレア役のゾーイ・サルダナもまた美しくしなやかである。ターゲットを殺すため留置所にわざと入り、まるで忍者のようないでたちで仕事をやりとげるエピソードは、実際、痩身のゾーイの体操選手のような動きに見惚れてしまうほど。ただ、物語はというと、何だか不自然なストーリーなのだ。敏腕殺し屋になった彼女はカトレアの花のイラストを現場に残してチャンスをうかがうという設定なのだが、復讐すべき相手が分かっているのに、そんな必要があるのだろうか?! さっさと目的地に行って、そのパーフェクトなスキルで仕事を成し遂げればいいものを。叔父のエミリオは裏社会の人間だが、彼女に復讐させたいのか思いとどまらせたいのかはっきりしないのもマズい。コロンビアの犯罪組織と米国が実はつながっていて…という、さしたる驚きもない展開の果てに、とうとうクライマックスがやってくる。もちろん結果は承知だが、最後に相手にとどめをさすやり方が、なかなか上手い。「イート(お食べ)!」。カトレアは自らの手は汚さないのだ。
【55点】
(原題「COLOMBIANA」)
(米・仏/オリヴィエ・メガトン監督/ゾーイ・サルダナ、ジョルディ・モリャ、レニー・ジェームズ、他)
(しなやか度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
コロンビアーナ@ぴあ映画生活

スター・トレック

スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]スター・トレック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
過去のシリーズを知るファンには懐かしく、初めて見る観客には新鮮な驚きを提供する人気SFアドベンチャーは、予想を上回る出来の良さだ。若き日のカークとスポック、クルーたちの出会いを描く本作は、副題こそないが、いわば“ビギニング”。J.J.エイブラムスらしいエネルギッシュな演出で、イキのいい若手俳優たちが宇宙を舞台に大活躍する。無鉄砲な日々を送っていたカークがどさくさに紛れて惑星連邦軍戦艦・USSエンタープライズ号に乗り込み、さまざまなトラブルや冒険を経て成長する青春物語だ。今の時代だからこそ可能な迫力のVFXが魅力的で、宇宙空間の壮大な美しさには思わず興奮する。

人間描写は概ね浅いが、例外として、スポックの性格が深く掘り下げられているのは収穫。論理的な彼が感情をむき出しにする様子は、若さと共に彼の根底にある愛すべき人間性を感じさせ、非常に好感が持てた。時空を超える敵との強引な展開も、宇宙での大バトルの激しさと作品の勢いの良さで補っている。“長寿と繁栄を”のキメ台詞が嬉しい。
【75点】
(原題「Star Trek」)
(アメリカ/J.J.エイブラムス監督/クリス・パイン、ゾーイ・サルダナ、ザッカリー・クイント、他)
(迫力度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ