映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ワンダーウーマン」「エル」「関ケ原」「ボブという名の猫」etc.

ダニエル・ブリュール

ヒトラーへの285枚の葉書



1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリンで慎ましく暮らす労働者階級の夫婦、オットーとアンナのもとに、最愛の一人息子ハンスの戦死の報が届く。夫婦は悲しみのどん底に沈むが、ある日、オットーはペンを取り「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」とヒトラーへの怒りのメッセージをポストカードに記し、それをそっと街中に置いた。街のあちこちにポストカードを置くささやかな活動は、二人の魂を少しずつ解放させていくが、やがて、ゲシュタポの捜査が二人に迫る…。

ペンと葉書でナチス政権に抗った平凡な夫婦の実話を描く「ヒトラーへの285枚の葉書」。原作はドイツ人作家ハンス・ファラダの小説「ベルリンに一人死す」だ。最愛の一人息子の戦死をきっかけに反ナチの運動を始めた夫婦の運動は、あまりにもささやかなものだ。だがオットーは、筆跡を変え、指紋も残らないようにするなど、かなり周到で、抗議文を書いて街に置く、地味だが危険な行為を長期に渡って続けていく。この間、夫妻が住む団地内での密告騒ぎや、夫妻を追い詰める捜査官の警部の心の揺れ、ナチス高官の理不尽な暴挙などが描かれる。やがて、思いがけない出来事から事態が急変していく。一種のサスペンスともいえる展開だが、物語の語り口はあくまでも淡々としたものだ。

監督のヴァンサン・ペレーズは、「インドシナ」や「王妃マルゴ」などに出演した俳優としても有名だ。スイス出身で、母はドイツ人。叔父がガス室で亡くなるなど過酷な体験をした親戚を多く持つという。本作は監督3作目だが、エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソンといった名優の渋い演技で、小市民の精一杯の正義を、静かに描き出した。ポストカードにヒトラーへの抗議文を書いて街に置くというのは、ネットやSNSを使いこなす現代から見れば、あまりに微弱だし、夫婦のそれは、志の高い抵抗運動というよりも、悲しみや不満の発露に近い。ダニエル・ブリュール演じる捜査官の最後の行動にも、少々疑問が残る。それでも、平凡な労働者階級の夫婦が、見て見ぬふりや、権力に迎合することを拒み、人間の尊厳を守ろうとする姿には心を打たれた。日本での原爆体験同様、ナチスに関わる歴史を知る人々の高齢化が進む今、一般市民の勇気ある行動を語り継ぐ意味でも、意義深い作品だ。
【65点】
(原題「JEDER STIRBT FUR SICH ALLEIN/ALONE IN BERLIN」)
(独・仏・英/ヴァンサン・ペレーズ監督/エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソン、ダニエル・ブリュール、他)
(勇気度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

二ツ星の料理人

二ツ星の料理人 [Blu-ray]
一流の腕を持つ料理人のアダムは、パリの二ツ星レストランのシェフだったが、トラブルを起こし、料理界から姿を消していた。3年後、起死回生を狙ってロンドンの友人のレストランのシェフに強引に収まると、かつての同僚ミシェルや、女性料理人エレーヌら、実力あるスタッフを集めて店の新装オープンに備える。だが天才肌で完璧主義のアダムは何かとスタッフと衝突し、さらにパリ時代のトラブルがアダムの前にたちはだかる…。

料理の腕は完璧だが人生は挫折続きのシェフの再起をかけた奮闘を描く「二ツ星の料理人」。芸術的でおいしそうな料理は登場するが、本作はグルメ映画というより、むしろ、自己中心的で欠点だらけの人間が周囲の声に耳を傾け、レストランで料理を作る上で大切なチームワークを学んでいく人間ドラマだ。アダムが天才シェフであることは自分自身も周囲も知っている。だが、戦場のような厨房で働きながらスタッフをまとめ、料理評論家を納得させるには、人間的な成熟こそが必要なのだ。ここまでミシュランの星に執着する思いは、欧米の料理人でないと、正直、実感がわかないのも事実。ただ、厨房での無駄のない動きや真剣なまなざしに、料理にかける熱い思いが伝わってきた。アダムの過去のトラブルの顛末や、娘の誕生日にさえ休みを与えないアダムになぜかエレーヌが惹かれていくなど、ストーリーとしては少々ご都合主義が目につく。はたしてアダムの店は三ツ星を獲得できるのか? それは映画を見て確かめてもらうとして、ライバルの声に耳を傾け、スタッフが作るまかない食を素直に食べるアダムに、シェフとしてだけではなく、人間としての成長がうかがえるラストは、悪くない。今が旬のイケメン俳優ブラッドリー・クーパーが主役であることに加え、国際派俳優のダニエル・ブリュールやオマール・シー、オスカー女優のアリシア・ヴィキャンデル、エマ・トンプソンら共演者が非常に豪華なことも見逃せない。
【60点】
(原題「BURNT」)
(アメリカ/ジョン・ウェルズ監督/ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、オマール・シー、他)
(グルメ映画度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
二ツ星の料理人|映画情報のぴあ映画生活

黄金のアデーレ 名画の帰還

黄金のアデーレ 名画の帰還 [Blu-ray]
アメリカ・ロサンゼルスでブティックを営みながら暮らす82歳の未亡人マリア・アルトマン。彼女は、グスタフ・クリムトが描いた“オーストリアのモナリザ”と呼ばれる名画「黄金のアデーレ」の返還を求め、駆け出し弁護士ランディの助けを借りて、オーストリア政府相手に訴訟を起こす。マリアは、叔母アデーレを描いたこの名画を取り戻す法廷闘争を戦いながら、ナチスに翻弄された自分自身の運命を振り返っていた…。

クリムトの名画にまつわる実話を映画化した「黄金のアデーレ 名画の帰還」は、ナチスによってすべてを奪われた女性が、オーストリア政府を相手に訴訟を起こすという驚きの実話だ。世界で最も有名な絵画の一つにこんな劇的な歴史秘話があったとは。過去の物語は、ナチスの迫害を逃れ命からがら祖国から脱出した裕福なユダヤ系一族出身のマリアが、両親を置き去りにせざるを得なかった深い悔恨に満ちた悲しい歴史だ。一方、現代の物語は、ナチスによって奪われた個人所有の絵画「黄金のアデーレ」を国の宝として、正当な持ち主マリアに返そうとしないオーストリア政府とのガチな法廷闘争である。ここには、どこか頼りない新米弁護士のランディの成長物語も描かれる。ランディは、自分とルーツが同じで縁があったマリアの裁判に携わることで、仕事への情熱と誠意に目覚め、一見勝ち目のない裁判にも知恵と勇気で立ち向かう一人前の弁護士へと変わっていくのだ。過去と現代と結びつけるこの構成が巧みで、祖母と孫ほどに年が離れているマリアとランディの凸凹コンビを、思わず応援したくなるだろう。コスメのエスティ・ローダーの会長ロナルド・ローダーとマリアがどういう経緯で知り合ったのかが少し分かりにくいが、「誰もが鑑賞できるよう、常時展示すること」を条件に、「黄金のアデーレ」こと「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」は、ローダーが高額で買い取り、現在、NYのノイエ・ガレリエに所蔵されている。今まで避けてきた悲痛な過去に向き合いながら、裁判を戦い抜くマリアの姿は、実にりりしい。シリアスな中にも、そこはかとないユーモアを感じさせる演技は、さすがは名女優ヘレン・ミレンである。
【70点】
(原題「WOMAN IN GOLD」)
(米・英/サイモン・カーティス監督/ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、他)
(再生度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
黄金のアデーレ 名画の帰還@ぴあ映画生活

天使が消えた街

天使が消えた街 [DVD]
2011年。気鋭の映画監督トーマスは、2007年にイタリアの古都シエナで起きた殺人事件の映画化をオファーされ、そのリサーチのためイタリアに到着する。アメリカ人ジャーナリストで事件のノンフィクション作家シモーンと会い、リサーチを始めるが、事件に対するマスコミの報道は扇情的なものばかりだった。被告のアメリカ人留学生は本当に犯人なのかも分からず、訳知り顔の人気ブロガーや勝手な憶測で騒ぎ立てる世論に、トーマスは翻弄されるが…。

イタリアで実際に起こった女子留学生殺人事件を扱った「天使が消えた街」は、謎解きやサスペンスというより、映画監督が自らの内面と芸術家としての葛藤に苦悩する姿を主軸にしたドラマだ。舞台はシエナに置き換えられているが、モデルは、世界的なスキャンダルと化した“ペルージャ英国人女子留学生殺害事件(アマンダ・ノックス事件)”である。容疑者が若くて美しい女子学生だったために、メディアが加熱し、スキャンダラスに報道された事件だ。本作では映画監督のトーマスがこの事件を映画化するにあたり、有名女優を使うサスペンスとして撮ってほしい製作側の意向とは裏腹に、関係者たちの心理を掘り下げようと、苦悩する姿を描く。怪しげな人物や迷宮のような古都シエナの街、別れた妻や離れて暮らす娘への思いが悪夢のように交錯する中で、トーマスにまっすぐなまなざしを向けるピュアな女子学生の存在が彼にかろうじて理性を保たせるという構図だ。混沌とした中でもがく主人公は、アートの生みの苦しみの象徴だろうか。映画としては何ともすっきりしないのだが、これが芸術家の苦悩なのだと言われれば、納得してしまう。
【55点】
(原題「THE FACE OF AN ANGEL」)
(英・伊・スペイン/マイケル・ウィンターボトム監督/ダニエル・ブリュール、ケイト・ベッキンセイル、カーラ・デルヴィーニュ、他)
(混沌度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
天使が消えた街@ぴあ映画生活

コッホ先生と僕らの革命

コッホ先生と僕らの革命 [DVD]コッホ先生と僕らの革命 [DVD] [DVD]
ドイツ・サッカーの誕生秘話を描く「コッホ先生と僕らの革命」。国際的に活躍するドイツ人俳優ダニエル・ブリュールが主人公を好演している。

19世紀末、帝国主義下のドイツでは反英感情が強く、英国生まれのスポーツであるサッカーは“反社会的”なものとされていた。そんな中、英国留学から戻ったコンラート・コッホが、英語教師として名門校に赴任する。生徒たちは大人たちによって抑圧され、英語に偏見を持っていた。だがコッホが授業にサッカーを取り入れると、生徒たちはたちまち夢中になる。階級意識や差別の壁をサッカーによって少しずつ取り払い、次第に自立していく生徒たちだったが、コッホのそんな教育方針を街の有力者は快く思っていなかった…。

欧州を代表するサッカーの強豪ドイツ。だが19世紀には勝利の概念が強いサッカーは不良がやる反社会的なゲームで、規律と服従こそが美徳とされた当時のドイツの教育現場では軍隊式の器械体操や行進が中心だった。コンラート・コッホは実在の人物で、ドイツ・サッカーの父と呼ばれているが、物語は実話をベースにしたフィクションとなっている。コッホ先生は生徒が英語に興味を持ちやすくするためにサッカーを取り入れるが、同時に、仲間を大切にするチームプレー、そして敵にも敬意を払うフェアプレーの精神を教えていく。その意識改革は、若者たちにとってはまさに“革命”と呼べるものだ。名門校に試験的に入学していた労働者階級の少年ヨストはいじめられっ子からサッカーの上手さで一目置かれるようになる。地元の名士の息子のフェリックスは父親の影響で差別意識が強かったが、サッカーをすることで、身分違いの恋を意識するように。さらに、スポーツ用品メーカーの息子は軽くてはずむボールを作って商才を発揮する。友情、恋愛、自由、自立。それらすべては青春映画のスタンダードなアイテムだ。やがて、教育のパイオニアであるコッホは、有権者たちの策略で、生徒のために自ら学校を去る決意をするが、そこでコッホを慕う生徒たちはある奇跡を起こすことに。コッホ先生が言う「服従するな」という言葉は、単に大人に反抗するという意味ではない。それは苦境や逆境にあっても、自分の意志を見失うなという強いメッセージだ。素晴らしい教師よって若者が成長する物語には、新味やひねりはないが、その分、いい意味での安定感がある。最後の最後まで決してあきらめない“ゲルマン魂”の源を見た思いだ。
【70点】
(原題「DER GANZ GROSSE TRAUM」)
(ドイツ/セバスチャン・グロブラー監督/ダニエル・ブリュール、ブルクハルト・クラウスナー、トマス・ティーマ、他)
(青春映画度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
コッホ先生と僕らの革命@ぴあ映画生活

グッバイ、レーニン!

グッバイ、レーニン! [DVD]グッバイ、レーニン! [DVD]
◆プチレビュー◆
ドイツ映画も変わってきたなぁとしみじみ感じる。これがオスカーにノミネートさえされなかったとはなんとも不満。劇中で語られるW杯は、西ドイツが優勝した1990年イタリア大会だ。「ルナ・パパ」のチュルパン・ハマートバが可愛い。

東ドイツのベルリン。熱烈な愛国者である母クリスティアーネが心臓発作で倒れる。8ヶ月後に奇跡的に目覚めた時には、ベルリンの壁は崩壊、国家は激変してしまっていた。もう一度強いショックを与えたら母にとって命取り。その日から、息子のアレックスは、以前と何も変わらないフリを装うために涙ぐましい奮闘をすることに。

にせものの世界を作り上げる話は、今までもなかったわけではない。コンピューターによる仮想現実、TV放送のための偽りの人生…。しかし、こんなにも可笑しくて、哀しいニセモノ世界は始めてだ。この物語は、世界史上の大事件を必死で隠そうとする孝行息子の、心優しいマトリックスなのだ。

自宅療養中の母の部屋に、今はもう無くなってしまった社会主義ワールドを作り出すため、あの手この手で奮闘する姿が笑える。ゴミ箱からピクルスの瓶を拾って中身を詰め替え、昔のダサい服を無理やり姉に着せて母親の周辺の日常を取り繕う。傑作なのは、ニセのTV中継だ。ニュース番組で手作りの東ドイツの栄光を伝えるアレックスは、いつしか自分が作り上げた世界に夢中になっていく。

母を失いたくない一心でウソがエスカレートしていき、遂に収拾がつかなくなる日がやってくる。この時観客は、新しい世界を受け入れられなかったのは、病気の母親よりもむしろ息子の方だったのではないのかと気付くだろう。悪しき時代として語られる社会主義は、ここではノスタルジーを誘う懐かしい世界として描かれる。壁の崩壊も東西ドイツの統一も歴史的大事件。だが、激流の渦中にいても市井の人々にとっては、愛する家族とともに生きていくことが何よりも大切なのだ。

自由の空気は、タンス貯金を紙くずにしてしまったが、憧れの宇宙飛行士に会い、母の思わぬ告白で父親の亡命の真実を知る。世界を止めたつもりでも、やはり時は流れていくのだ。サッカーW杯のドイツの優勝から東西ドイツの統合へ。母は、はたして真実に気付いていたのだろうか。平凡で愛すべき人々のそれぞれのいたわりが伝わってきて、温かい気持ちになる。家族の絆は極上の笑いの中に刻みこまれていた。

□2003年 ドイツ映画  原題「GOOD BYE LENIN!」
□監督:ヴォルフガング・ベッカー
□出演:ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、チュルパン・ハマートバ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ