映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ワイルド・スピード ICEBREAKE」「無限の住人」「帝一の国」etc.

ダン・スティーヴンス

美女と野獣

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック<英語版[1CD]>
ある城に魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった、一人の美しい王子が住んでいた。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。希望を失いかけたその時、美しい村娘のベルが城に現れる。聡明で進歩的な考えを持つベルは閉鎖的な村になじめず悩みながらも、人と違うことを受け入れる女性だった。そんなベルと触れ合ううちに、外見に縛られて自分の価値を見出せずにいた野獣の心は変化していく。互いに惹かれあう二人だったが…。

アニメーションとして初のアカデミー賞作品賞にノミネートされたディズニー・アニメの不朽の名作を実写映画化したラブ・ストーリー「美女と野獣」。近年のディズニー・アニメの実写化では、おとぎ話を現代的な解釈で再構築するのがコンセプトだったが、本作は、1991年のアニメ版をほぼ忠実に実写化しているので、ストーリー的な驚きはほとんどない。だがその分、実写ならではの絢爛豪華な美術、衣装などのきらびやかな映像と、抜群に芸達者な俳優たちの素晴らしい歌声で、観客の心を鷲づかみにしてくれる。もともとはフランスの民話なので、フランスで何度かの実写化がなされているが、本作はアニメ版はもちろん、1946年のジャン・コクトー版へのリスペクトが見て取れる。「ドリームガールズ」のビル・コンドンはミュージカルが得意な監督で、本作でも美しく繊細、かつスピード感あふれる演出が冴えていた。ベルと野獣のダンスシーンは有名な主題歌“美女と野獣”も含めて最高にロマンチックだし、ベルを迎えて城の住人(ポットや時計、燭台たち)がファンタジックな大騒ぎを繰り広げる“ひとりぼっちの晩餐会”の躍動感は、近年のミュージカルでは出色の楽しさだ。そして、自分の輝きを信じること、本物の美しさは外見ではなく内面に宿るという、いつの時代も変わらない「美女と野獣」の普遍的なメッセージが、しっかりと伝わってくる。アニメ版に忠実すぎる実写化という点は、賛否が分かれるかもしれないが、完成度が極めて高いエンタテインメントを見る幸福感に素直に酔いしれたい。
【80点】
(原題「BEAUTY AND THE BEAST」)
(アメリカ/ビル・コンドン監督/エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、他)
(エンタテインメント度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
美女と野獣|映画情報のぴあ映画生活

誘拐の掟

誘拐の掟 [Blu-ray]
(ショートバージョン)
1999年、ニューヨーク。NY市警の元敏腕刑事マット・スカダーは、妻を誘拐された夫から犯人探しの依頼を受ける。その犯人は身代金を奪い人質を惨殺するという猟奇殺人犯だった。新たに一人の少女が誘拐され、スカダーは交渉役として凶悪犯と対峙していく…。

ローレンス・ブロックの傑作ミステリーで“マット・スカダー”シリーズの「獣たちの墓」をベースにしたクライム・サスペンス「誘拐の掟」。最近すっかりアクション俳優として認知されているリーアム・ニーソンだが、こちらアクション映画というよりかなり本格的な推理ドラマだ。主人公のマット・スカダーは無免許の私立探偵。ある事件で、心に傷を負った彼はアルコールに溺れ過去を悔いているという、どこか「ラン・オールナイト」とカブる設定だ。酔いどれ探偵は刑事時代の経験と知恵、スキルを駆使して、14歳の美少女を誘拐した犯人を追いつめていく。サスペンスなので詳細は明かせないが、やさぐれ探偵の頼れる相棒でコンピューターオタクの黒人少年TJがいい味を出している。まだコンピューターが一般に普及していない1999年で、すでに事件解決の重要なツールになっているのだ。それにしても随分早く犯人の顔をさらす映画だなぁ…。謎解きよりも主人公が過去から立ち直るドラマを重視したのかもしれない。暗い映画だがリーアム・ニーソンはハマリ役。リアルな交渉術など見どころも多いので、シリーズ化もアリだ。
【60点】
(原題「A WALK AMONG THE TOMBSTONES」)
(アメリカ/スコット・フランク監督/リーアム・ニーソン、ダン・スティーヴンス、ブライアン・ブラッドリー、他)
(ハードボイルド度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
誘拐の掟@ぴあ映画生活

ザ・ゲスト

ザ・ゲスト [Blu-ray]
突然現れた訪問者の恐るべき正体を描くサスペンス「ザ・ゲスト」。田舎町全体を巻き込む銃撃戦に唖然。

ハロウィーン間近のある日、イラク戦争で長男ケイレブを亡くしたピーターソン一家に、ケイレブの戦友で、彼の最後の言葉を伝えにきたという青年デイヴィッドがやってくる。礼儀正しく謙虚で容姿端麗な彼は、瞬く間に一家に溶け込み、家族が抱えるさまざまなトラブルを解決するのだった。一家は皆デイヴィッドに好意的だが、娘のアナだけは、時にその穏やかな姿とは裏腹に過激な言動をみせるデイヴィッドの正体に疑いの目を向ける。ネットで彼の過去を調べると、予想もしない衝撃の事実が。だが時すでに遅く、静かな田舎町に武装した特殊部隊が現れ、町全体を巻き込む銃撃戦が始まる…。

非の打ちどころのない美しい青年の恐るべき正体とその目的は、常人が予想もしないものだった。SF映画かと思いきや、映画のジャンルはむしろ社会派アクションのそれだった。デイヴィッドがあっという間に一家に溶け込むのは、実質的に家を取り仕切る母親の信頼をまず得る抜け目のなさがあったから。息子の死の悲しみを抱える母親には、理想的な青年の姿に、亡き息子を重ねるという予想も計算のうちだったのか。その完璧さの隙間にふと見せる暴力的な顔が、薄気味悪いのだが、ネットで簡単に素性が分かる時代に、彼の存在はやや曖昧すぎる。娘のアナだけがその矛盾に気付くというのもちょっと不自然だ。だが秘密を抱える青年デイヴィッドを演じる英国人俳優ダン・スティーヴンスの、静かな狂気の迫力は圧倒的だ。美しい容姿の裏側の冷徹な暴力、さらには常識を超えた戦闘能力は、彼の秘密を聞けば納得するが、思えばこれはアメリカ映画が昔から描いてきた権力者側の暴挙なのだ。見知らぬ訪問者(ゲスト)の恐るべき正体というモチーフも、これまた過去の名作へのオマージュを感じさせた。
【50点】
(原題「THE GUEST」)
(アメリカ/アダム・ウィンガード監督/ダン・スティーヴンス、マイカ・モンロー、ブレンダン・マイヤー、他)
(破壊力度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ザ・ゲスト@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
トラックバック(承認済)
午後8時の訪問者 (映画的・絵画的・音楽的)
午後8時の訪問者
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ