映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ゲット・アウト」「ブレードランナー 2049」「先生」etc.

チェイサー

チェイサー



シングルマザーのカーラは、いつも訪れている公園で一瞬だけ目を離したすきに、4歳の息子フランキーを何者かに連れ去られてしまう。車で必死で追いかけるが、犯人は誰かわからず、まともに取り合ってくれない警察は当てにならなかった。息子を絶対に取り返すと誓ったカーラは、たった一人でフランキーを探し出し、取り戻そうと決意する…。

アメリカで社会問題になっている児童誘拐を題材にしたアクション・スリラー「チェイサー」。子どもを誘拐された親がどんな犠牲を払っても我が子を取り戻すというストーリーは「96時間」に似ているが、本作の母親カーラは、元凄腕スパイや元CIA特殊工作員などではない、平凡なウェイトレスなのだ。だが我が子を愛する気持ちと絶対に取り戻すという強い決意は「96時間」の最強の父親に勝るとも劣らない。息子を乗せた犯人の車を自分の車でひたすら追いかけるだけという展開は、一見メリハリがないように思えるが、次から次へとトラブルが巻き起こり、一瞬も目が離せなくなる。このテの追跡劇では必須の小道具のスマホを使わせない設定が、なかなか新鮮で、まさに身一つでの戦いだ。

オスカー女優でボンドガールも務め、ゴールデンラズベリー賞も受賞するという変幻自在(?)の美女ハル・ベリーも50歳を超えてさすがに老けたが、それでもほぼノーメイク、鬼の形相でも、やっぱり美しく、狭い車内での一人芝居に近い演技も迫力たっぷりだ。犯人はいったい何のためにカーラの息子を奪ったのか。その理由は、終盤に明かされる。アメリカでは18歳未満の児童誘拐事件は、年間約80万人、1日当たり2000人超ともいわれているそう。ヒロインの受難は、誰にでも起こりうる身近な出来事なのだということを知れば、アメリカの闇ともいえるその恐怖はリアルなものになる。カーラが地元の警察で、沢山の行方不明になった子どもの顔写真を見て絶望の表情を浮かべた後に、愛する息子を守るためには自分が動くしかないと決意する一瞬に、母の強さを見た。
【65点】
(原題「KIDNAP」)
(アメリカ/ルイス・プリエト監督/ハル・ベリー、リュー・テンプル、セイジ・コレア、他)
(母は強し!度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

チェイサー

チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]
怖いほど閉塞感を感じるクライム・サスペンスの秀作だ。韓国で実際に起こった猟奇殺人事件をベースにしているこの物語は、元刑事でデリヘルを経営するジュンホが、良心のかけらもない猟奇殺人鬼を追い続ける追走劇。詰めが甘い警察、頼りにならない法律、犯人の底知れぬ心の闇と、どれをとっても脚本に無駄がない。

韓国映画特有の過剰な暴力描写にはマイるが、犯人に翻弄される主人公の焦燥がヒリヒリするほど伝わってきて目が離せない。囚われた女性が携帯に残した伝言が、恨みごとではなく「この仕事はもう辞める。怖くてたまらない」と絶望感に満ちているのが、安易なヒューマニズムを拒否し、悪意に満ちた社会の闇の存在を感じさせる。こんな秀作でデビューする映画人がいるのだから、韓国映画のポテンシャルの高さは疑いのないところだ。
【75点】
(原題「追撃者/THE CHASER」)
(韓国/ナ・ホンジン監督/キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ソ・ヨンヒ、他)
(犯人が憎い!度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ