王になった男 プレミアムBOX [Blu-ray]
朝鮮王朝に実在した暴君の影武者を描く歴史フィクション大作「王になった男」。イ・ビョンホンが一人二役で対象的なキャラを熱演している。

1616年、李氏朝鮮第15代王で、暴君と恐れられる光海君は、権力争いの中、毒殺に怯える日々を送っていた。ある時、光海君が突然の病に倒れ、重臣たちは、王に容姿がそっくりな道化師ハソンを王に仕立て上げる。王は偽物ではないかと疑う家臣や、王の変化にとまどう王妃の追求をかわしながら影武者を務めるハソンだったが、偽の王として振る舞ううちに民を苦しめる政治の腐敗を知り、やがて操り人形ではない真の王として周囲を魅了していく…。

光海君は実在の王だが、物語は「もしも…だったら」というフィクション。歴史書の中に記された「隠すべき事は、残すべからず」というわずかな一文から、大きく想像をふくらませた物語である。突然病に倒れた権力者の身代わりを立てるという筋書きはアメリカ映画「デーブ」にそっくりだ。さらに影武者がリーダーシップを発揮して、本物にはない温かさと誠実さで周囲を魅了し、良き指導者となっていくことや、心が通わなくなったファースト・レディーの存在なども同じ。「デーブ」がコメディなのに対し、本作はシリアスな歴史ものだが、そこは韓国映画、サービス精神を発揮して、笑いと人情、アクションまで盛り込んで楽しませてくれる。何より、絢爛豪華な朝鮮王朝の宮廷生活や衣装、家具調度品を再現した美術が素晴らしい。影武者は、その存在そのものが非公式なので、どうにでも料理できる素材だ。暴君と言われる光海君は、近年の研究では、国防を強化し庶民の税負担を軽くするなどの実績が再評価されているそう。自分が病に伏せっていた15日間にハソンが行った言動の記録を読む光海君の表情は、“正しい指導者”そのもの。この物語では、光海君の隠れた資質として、ハソンの持つ優しさを描いているように思う。影武者を描いた多くの作品がそうであるように、一人二役で演じる俳優の芝居のメリハリが映画の質をあげるのだが、初の時代劇挑戦というイ・ビョンホンは、孤独で猜疑心が強い暴君と、心優しい道化を見事に演じ分けている。
【60点】
(原題「MASQUERADE」)
(韓国/チュ・チャンミン監督/イ・ビョンホン、リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、他)
(リーダーシップ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
王になった男@ぴあ映画生活