映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

ディーン・フジオカ

鋼の錬金術師



幼い頃から天才的な錬金術の才能をみせる兄・エドワード(エド)は、弟・アルフォンス(アル)と共に、亡き母を生き返らせようと、人体錬成という錬金術最大のタブーを行う。しかし錬金術は失敗し、その代償としてエドは左脚を、アルは体全体を喪失してしまう。瀕死のエドは、とっさに自らの右腕と引き替えにアルの魂を錬成し、近くにあった鎧に定着させた。数年後、エドは失った右腕と左脚に鋼鉄の義肢、オートメイル(機械鎧)を装着し、国家錬金術師となる。アルの失った体を取り戻す手がかり“賢者の石”を探す旅を続けるエドは、人々から“鋼の錬金術師”と呼ばれていた。一方、固い絆で結ばれるエドとアルを、謎のホムンクルス(人造人間)たちが狙っていた…。

天才錬金術師が弟の体を取り戻そうと奮闘するファンタジー・アクション「鋼の錬金術師」。原作は、荒川弘の大ヒットコミックで、通称ハガレンと呼ばれている、世界的ベストセラーだ。錬金術とは、物質の構成や形状を変化させ、新たなものに作り替えること。魔法のように思えるが、厳正な科学に基づいている。一番の特徴は、等価交換というルールだ。何かを得ようとすれば同等の代価が必要というもので、作品全体を貫いているこの等価交換という概念が、ハガレンに、単なるヒーローものやアクションものとは一線を画す深みをもたらしている。

人気コミックの実写化は、映画界の大きな潮流で日本映画もまたその流れに乗っている。しかし、ファンの目は厳しく、かなりハードルは高い。特にこのハガレンは、登場人物の名前や舞台は欧米風(イタリア・ロケ敢行)なのに、日本人俳優と日本語のせりふという作りなので、どうしても違和感を覚えてしまう。しかし、これを否定してしまっては、本作は成り立たないので、ここは慣れるしかない。VFXを駆使したアクションシーンはなかなかの出来栄えで、さすがは日本でも指折りのCGの使い手の曽利文彦監督だ。特に冒頭のド派手なシークエンスは興奮必至だが、個人的には、真理の扉にまつわる、静かな“スペクタクルシーン”のスピリチュアルな美しさを評価したい。もっとも、兄弟の絆、仲間との友情、それぞれが抱える葛藤や心の闇、さらには人間の定義など、描く内容が多すぎて、せりふが説明調に傾いたのは残念なところだ。原作は壮大な広がりを持つストーリーで、映画で描かれたのはその一部。どうやらエドとアルの旅はまだ続くようだ。
【60点】
(原題「鋼の錬金術師」)
(日本/曽利文彦監督/山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカ、他)
(スペクタクル度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

結婚

結婚 Blu-ray豪華版
結婚詐欺師の古海健児は、小説家、空間コーディネーターなど、さまざまな職業に成りすまし、その端正なルックスと知的で優しい話術で女性たちを翻弄していた。ある日、彼に騙された女性たちが偶然つながり、古海のことを調べて行方を探し始める。彼女たちは探偵を雇い、元々は古海の被害者の一人だったが、後日、彼の相棒となった女・るり子の存在にたどりつく。古海にはたいした儲けにはならない結婚詐欺を繰り返す理由があった…。

結婚詐欺師と彼に騙された女たちの姿を通して人間の業を描く「結婚」。原作は直木賞作家・井上荒野の長編小説だ。スラリとした長身に端正な顔立ち、知的で上品な話術、匂い立つような色気。これらは結婚詐欺師・古海の武器だ。彼の元被害者で、ほぼ強引に“ビジネスパートナー”になったるり子が、何のために結婚詐欺などしているのか尋ねると「女たちの嬉しそうな顔を見るのが好きなんだ」と真顔で答える。実際、古海にプロポーズされたときの女たちの顔は幸福感に満ちているし、騙されて金を奪われても、悔しさと同時に彼に対して執着心を見せる。古海はと言えば、自分は営業の仕事をしていると偽って妻の初音と幸せに暮らしているのだ。この物語には、実は大きな仕掛けがある。それは古海が大事に持っている古い写真や、彼の言動に微妙な違和感があることから、薄々察しがつくかもしれない。詳細は明かせないので言及できないが、この詐欺の描写そのものがツメが甘く、探偵を使って真実を探ったり、彼を意外な形でフォローする大富豪の女性の調査を待つまでもなく、やがては破綻する素人レベルの犯罪なのだ。物語の核心は、詐欺そのものではなく、詐欺行為を繰り返す主人公の背景と心情にあるということだろう。朝の連続ドラマでブレイクした、イケメン俳優のディーン・フジオカありきの映画だが、彼の新たな一面が発見できるので、ファンは見逃せない。
【50点】
(原題「結婚」)
(日本/西谷真一監督/ディーン・フジオカ、柊子、中村映里子、他)
(切なさ度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ