映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

トッド・ヘインズ

ワンダーストラック

Wonderstruck /
1977年のミネソタ。事故で母を亡くした12歳のベンは、母の遺品から、会ったことのない父の手がかりを見つける。それは「ワンダーストラック」というニューヨーク自然誌博物館の本で、本に挟まっていた書店のしおりを頼りに、ベンは父のことを探し始める。1927年のニュージャージー。厳格な父に育てられたローズは生まれた時から耳が聞こえず、孤独を抱えていた。ある日、ふたりはそれぞれの思いを胸にニューヨークへと向かうが…。

時代も場所も異なるところで生きる少年と少女が不思議な運命で結びつく壮大でミステリアスな愛の物語「ワンダーストラック」。1977年のミネソタのベンは、会ったことがない父を探すうちに落雷に遭い、その影響で耳が聞こえなくなってしまう。1927年のニュージャージーのローズは、生まれた時から聴覚に障害があった。共に音を失くしているという設定は、脚本の上手さのおかげで、最小限のせりふと忘れがたい映像美を生み出し、観客を魅了する。とりわけローズの幼い頃を無声映画で表現した描写は効果的だ。ベンとローズは、不思議な絆に導かれ旅をすることになるが、行く先々で驚きと幸せに出会うことになる。

原作は「ヒューゴの不思議な発明」で知られるブライアン・セルズニック。ファンタジックな作風だけにトッド・ヘインズ監督との組み合わせは正直、意外だったが、ニューヨークの街の全貌や歴史を教えてくれるジオラマの使い方などを見れば、納得がいく。さらに、自分の居場所と愛する人を失くして彷徨いながら、自ら壁を乗り越えていくという主人公たちの生き様は、ヘインズ監督がこれまで「キャロル」や「エデンより彼方に」で描いてきたテーマと合致するものだ。孤独を抱えていたベンとローズの“冒険の旅”は、最後に思いがけない形でつながり、人生のきらめきを見せてくれる。自身も聴覚に障害を持ちながら圧倒的な存在感を示したローズ役の天才子役ミリセント・シモンズの演技が心に強く焼き付いた。
【75点】
(原題「WONDERSTRUCK」)
(アメリカ/トッド・ヘインズ監督/オークス・フェグリー、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、他)
(ミステリアス度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

アイム・ノット・ゼア

アイム・ノット・ゼア [DVD]アイム・ノット・ゼア [DVD]
ここまで個性的でシュールな伝記映画は珍しい。現役のトップ・ミュージシャン、ボブ・ディランを、人種、年齢、性別までもバラバラの6人の俳優が演じ分ける。これはディランの多面性の表現形態だ。6人全員が名演だが紅一点のブランシェットの存在感は群を抜く。ただ役名や時系列もバラバラなので非常に難解で手強い作品なのは確か。ディランの歩みを予習しておくと多少は判りやすいが、この個性にただ身をゆだねるのもお勧めの映画体験だ。
【75点】
(原題「I'M NOT THERE」)
(アメリカ/トッド・ヘインズ監督/ケイト・ブランシェット、クリスチャン・ベイル、リチャード・ギア、他)
(ユニーク度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ