映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ラ・ラ・ランド」「トリプルX 再起動」「彼らが本気で編むときは、」etc.

トム・ハンクス

王様のためのホログラム

王様のためのホログラム
大手企業を解雇され、車も家も妻さえもなくしたアランは、何とか再就職したIT企業で、業務を言い渡される。それは、アメリカから遠く離れた国サウジアラビアで、国王に最先端の映像装置・3Dホログラムを売りつけるというもの。さっそく砂漠に到着するが、オフィスはただのボロテント、エアコンは壊れ、Wi-Fiはつながらず、ランチを食べる店さえない。抗議しようにも、担当者は不在で、国王がいつ現れるかもわからない。上司からのプレッシャーと慣れない土地でのストレスで、アランはついに体調を壊してしまう。そんなアランを助けたのは、予想もしない人物だった…。

異文化の中で奮闘する中年男の危機と再生を描くドラマ「王様のためのホログラム」。中東で欧米人が孤軍奮闘するといえば「砂漠でサーモン・フィッシング」が思い浮かぶが、本作の原作はデイヴ・エガーズ。むしろ、現実と幻想が溶け合う「かいじゅうたちのいるところ」や、エリートの都会人が農民相手に悪戦苦闘する「プロミストランド」との共通点が透けて見える。主人公アランがやってきたのは砂漠のド真ん中。それまでの常識や既成概念はいっさい通用しないイスラム文化とのカルチャー・ギャップに、身も心もヘトヘトだ。うまくいかない仕事のストレスを、一杯のアルコールで癒そうにも、ここはアルコール禁止のイスラム圏(実は、隠れて飲んだりしている)。ついに背中にできたしこりが悪化してしまい…という展開から、それまでビジネスライクだった物語が、一気に恋愛へと傾くのはご愛敬だろうか。最新鋭のテレビ会議システムである“3Dホログラム”を売るという興味深いビジネスの行方をもっと突き詰めてほしかった気もするが、すったもんだの末に主人公がみつけるのは人生の輝きだ。目が覚めるように青い海がスクリーンに広がって、幸福感を感じてしまう。通常のサクセス・ストーリーとは一味違う物語で主人公に希望を与えるのは、ウォシャウスキー監督との共作「クラウド・アトラス」でもハンクスと組んだトム・ティクヴァ監督だ。あくまでも小品だが、芸達者なハンクスの軽妙な演技を楽しめるほか、異文化や相互理解といった、タイムリーな素材をコメディ・タッチでサラリと描いた佳作である。
【60点】
(原題「A HOLOGRAM FOR THE KING」)
(アメリカ/トム・ティクヴァ監督/トム・ハンクス、アレクサンダー・ブラック、ベン・ウィショー、他)
(再出発度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
王様のためのホログラム|映画情報のぴあ映画生活

インフェルノ

インフェルノ (初回生産限定) [Blu-ray]
宗教象徴学者のロバート・ラングドン教授は、記憶喪失状態でフィレンツェの病院で目覚める。おぼろげな意識の中に浮かぶのは、地獄のイメージ。理由もわからず病院で命を狙われたラングドンは、医師のシエナの助けで何とか逃げ延びる。世界的な大富豪で生化学者ゾブリストが、人口増加問題の過激な解決策として伝染病を利用した人口淘汰を目論み、殺人ウィルスの拡散計画を目論んで、ラングドンに挑戦状を突きつけたのだ。ゾブリストは、詩人ダンテの叙事詩「神曲」の地獄篇(インフェルノ)に暗号を隠し、ラングドンは、人類滅亡を阻止するため、その謎を解きながら、フィレンツェ、ヴェネツィア、イスタンブールへと向かう…。

ダン・ブラウン原作の“ロバート・ラングドン”シリーズの映画化最新作で「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続く第三弾「インフェルノ」。今回は対処法のない殺人ウィルスの拡散を阻止するため、敵も味方も、皆がラングドンを追いかける。そのラングドンは、頭部を強打し負傷したことが原因で記憶が曖昧という設定が効いていて、彼の見る幻覚と、恐ろしい地獄のイメージがまるでホラー映画のように重なっている。中世の疫病の地獄絵と、現代の風景がミックスされたそのヴィジュアルは、まさに世界の終わりという様相だ。誰が敵で誰が味方なのかがわからない状況もこの恐ろしさに拍車をかけている。例によって博識のラングドン教授が、一般人では知りえないような、宮殿や大聖堂といった宗教建造物の抜け道や秘密の扉や天井裏の構造まで熟知していて、次々にあらわれる暗号の謎を瞬時に解きながら、警察や敵の包囲網をすんなりとくぐり抜ける。この展開があまりにも早業すぎて、見ている観客は、謎を考えたり、首をひねったりするヒマさえないという有様だ。ラングトンの“走り”についていくだけで精一杯なのだが、何しろフィレンツェのヴェッキオ宮殿、ヴェネツィアのドゥカーレ宮殿、イスタンブールのアヤソフィア大聖堂という壮麗な歴史建造物を背景にしているので、知的好奇心をたっぷりと刺激される。思いがけない人物の思いがけない行動も含めて、あっという間に駆け抜ける2時間だった。
【65点】
(原題「INFERNO」)
(アメリカ/ロン・ハワード監督/トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、オマール・シー、他)
(スピード感度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ドラゴン・ブレイド@ぴあ映画生活

ハドソン川の奇跡

ハドソン川の奇跡 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
2009年1月15日、厳冬のニューヨーク。160万人が暮らすマンハッタン上空850メートルで突如、前方からの鳥の衝突が原因で航空機事故が発生する。全エンジンが完全停止し、制御不能となった旅客機が高速で墜落を始める中、ベテランの機長サレンバーガーは、必至の操縦により、70トンの機体を目の前を流れるハドソン川に着水させる。乗客乗員155名全員無事という奇跡を成し遂げたサレンバーガー機長は、たちまち英雄としてマスコミに取り上げられる。だがその裏では、機長の判断を巡って、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われていた…。

実際に起こった航空機事故とその後の顛末を描く人間ドラマ「ハドソン川の奇跡」。2009年1月15日に起こった航空機事故で、乗客全員が生還した奇跡的な出来事は、当時、日本でも大きく取り上げられた。だが、クリント・イーストウッド監督は、この実話を凡百の感動作には描かない。人命を救った英雄であるはずのサレンバーガー機長が“容疑者”として厳しい追及を受けていたという知られざる事実を描いて、英雄的行為の代償を描くドラマに仕上げた。川に着水したのは本当に正しい判断だったのか。空港に引き返す選択肢もあったのでは。だとしたら、サレンバーガー機長がしたことは、高額の航空機を破損させ、乗客の命を危険にさらしたことになる。航空会社と国家運輸安全委員会が、機長に対してこんな理不尽な追求を行っていたことは、この映画を見るまでまったく知らなかった。名優トム・ハンクス演じる機長は、常に冷静沈着だが、一人になったときや眠ったとき、もし最悪の結果を招き人命を損なったとしたら…という悲惨な悪夢に苛まされていた。さらにプロ意識に徹して誠実に仕事をこなしてきたとはいえ、表舞台にでることがなかった自分が、突然マスコミによって英雄に祭り上げられてしまうとまどいもある。そんなサレンバーガー機長のプレッシャーと苦悩が痛々しい。だがパイロット歴40年のベテラン機長は、航空会社が、コンピューターによるシミュレーションで機長の判断ミスを実証しようとする中、コンピューターの計算では決してはじきだせない人間の感情を武器に戦ってみせるのだ。そこには初めて経験する危機を前にした生身の人間の焦りや逡巡、その中から生まれる最善の選択がある。チェスや囲碁の世界でも機械が、人間の能力に追いつき追い越そうとしている現代社会。名匠イーストウッド監督は、生と死のギリギリの状況の中でこそ、人間らしさが必要で、それは単純な計算では決して生まれない強さなのだと訴えている。いくらでも冗長にできる物語を、約90分にキリリとまとめてみせた編集が潔く、緊張感を持続させてくれる。いい意味での古風な人間讃歌を作るイーストウッド監督らしさが出た良作だ。
【75点】
(原題「SULLY」)
(アメリカ/クリント・イーストウッド監督/トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、他)
(人間性度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ハドソン川の奇跡|映画情報のぴあ映画生活

ブリッジ・オブ・スパイ

ブリッジ・オブ・スパイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
アメリカとソ連が冷戦下だった1950〜60年代。保険関連の敏腕弁護士ドノヴァンは、実直な人柄と堅実な仕事ぶりでキャリアを積み重ねてきたベテランの弁護士だ。ある日、彼は、米国が身柄を拘束したソ連のスパイ、アベルの国選弁護人をほぼ強引に委ねられる。周囲の冷ややかな視線にさらされながらも、どんな人間も正当な裁判を受ける権利があると信じるドノヴァンの弁護により、アベルは死刑を免れる。数年後、ドノヴァンは、CIAから、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイとアベルの交換を成し遂げる大役を任されることに。それは米ソの全面核戦争を阻止するという、世界平和を左右する重大な任務だった…。

東西冷戦下の1960年に実際に起きた、ソ連による米国偵察機撃墜事件“U-2撃墜事件”の舞台裏を描くヒューマン・ドラマ「ブリッジ・オブ・スパイ」。監督スピルバーグ、主演トム・ハンクス、実話の映画化とくれば、オスカー狙いがミエミエの感動作、社会派ドラマかと思うだろう。たしかにそういう側面はあるが、本作は、思った以上にサスペンス色が濃いエンタメ作品だ。同時にとぼけたユーモアやアイロニーまであって、これまでのスピルバーグ作品とはちょっと印象が異なる。それは間違いなく、脚本を担当したコーエン兄弟のカラーが反映されているからだろう。実直な弁護士ドノヴァンは、たとえ米国中から憎まれている敵国のスパイでも、きちんと弁護する、法に忠実な愛国者。一方、ソ連のスパイのアベルもまた、決して祖国を裏切らない。自分の信念に忠実な二人の間に生まれる奇妙な友情は、本作の見所のひとつだ。映画後半、東ベルリンでのスパイ交換のプロセスは、息詰まるサスペンスで、ブルーグレーの画面の中でのスリリングな演出はさすがである。良き夫、良き父、良き市民として、平凡な人生を歩んできた男が、全力で不可能に立ち向かった知られざる実話は、見応えたっぷりのドラマだ。主演のハンクスはもちろん、アベルを演じた英国俳優マーク・ライアンスの抑えた演技が素晴らしい。何より、人と人とのつながりを肯定するメッセージが感動的で、期待通りの秀作に仕上がっている。
【85点】
(原題「BRIDGE OF SPIES」)
(アメリカ/スティーヴン・スピルバーグ監督/トム・ハンクス、ビリー・マグヌッセン、マーク・ライアンス、他)
(ヒューマニズム度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ブリッジ・オブ・スパイ@ぴあ映画生活

キャプテン・フィリップス

キャプテン・フィリップス [Blu-ray]
海賊に襲撃され人質となった船長の緊迫の4日間を描く実録サスペンス「キャプテン・フィリップス」。名優トム・ハンクスのラストの熱演に息を呑む。

2009年4月、コンテナ船アラバマ号は、ベテランのフィリップス船長やクルーたちと共に航行していたが、ソマリア沖で武装した4人の海賊に襲われる。非武装の船は簡単にのっとられてしまい、フィリップス船長は20人の乗組員の命と引き換えに、自ら人質となる。事件は世界中を駆け巡り、米国のオバマ大統領は国家の威信をかけて人質奪還を命じる。海軍特殊部隊ネイビー・シールズ、救出作戦実行チームのスナイパーらが出動する中、フィリップス船長はソマリア人の海賊と息詰まる心理戦を繰り広げ、何とか生き延びる道を探っていた…。

海賊に人質にとられ、死の恐怖にさらされながら最後まであきらめず勇気と執念で戦った船長リチャード・フィリップスの実話をベースにしたノンフィクション・ドラマだ。 何しろ、全編にわたる緊迫感がすさまじい。冷静で経験豊富、だが特殊能力があるわけでも武器を持つわけでもない、平凡な主人公を、オスカー俳優トム・ハンクスが熱演する。この稀代の名優に、素人俳優の未知数の演技をぶつけたのが面白い効果を挙げていて、不穏な緊張感をかもし出しているのだ。乗組員の命を守るために人質にとられてからは、狭い救命艇の中で4人の海賊を相手に心理戦を繰り広げるが、ハンクス演じるフィリップス船長はもとより、海賊たち4人の人生や性格描写まで的確、丁寧に描き分けている点は感心する。何とか現状を打破しようと隙を見て反撃を試みる主人公の行動には手に汗を握るが、圧巻はクライマックスのハンクスの演技だ。緊張感がマックスに達し、二度と会えないかもしれない家族への思いや、恐怖心が爆発するその場面には圧倒された。やはりトム・ハンクスという俳優は凄い。ポール・グリーングラス監督お得意のグラグラ揺れる手持ちカメラは、今回はただでさえ海上という不安定な状況のため、さほど必要性は感じないのだが、それでも結末が分かっている物語をハンクスという極太の柱を中央に据えて全方向性の心理アクションとして描ききった手腕は見事だった。
【75点】
(原題「CAPTAIN PHILLIPS」)
(アメリカ/ポール・グリーングラス監督/トム・ハンクス、キャサリン・キーナー、マックス・マーティーニー、他)
(緊張感度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

キャプテン・フィリップス@ぴあ映画生活

クラウド アトラス

クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]クラウド アトラス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray] [Blu-ray]
6つの物語がシンクロする壮大な物語「クラウド アトラス」。今まで見たことがないような構成にびっくり。ウォシャウスキーが兄弟ではなく“姉弟”になったことに驚いている場合じゃない!

1849年、太平洋上の船の上で、瀕死の青年弁護士が悪徳医師のえじきになろうとしていた。その後、1936年のスコットランドでの幻の名曲“クラウド アトラス”の誕生秘話にはじまり、6つの異なる時代、異なる場所での物語が綴られる。そして、地球が崩壊した未来で、一人の男が、壮絶な己の物語を子供たちに語っていた…。

ややこしくて難しくて長い。前評判はすべて正しいが、不思議な感動を覚える映像叙事詩だ。原作は、デヴィッド・ミッチェルの同名ベストセラー小説で、それをアンディとラナのウォシャウスキーとトム・ティクヴァの3人の監督が、豪華スターに一人6役を演じさせ、6つの物語を並行して語るという驚異的な脚本で映像化している。描かれるのは、波乱万丈の航海物語、幻の名曲の誕生秘話、原子力発電所の陰謀、人殺しの人気作家と編集者の関係、伝説となるクローン少女の自我の発露、そして崩壊後の地球の戦い。それぞれの物語の主人公たちを関連付けながら語るテーマは、輪廻転生だ。だが宗教臭さは微塵もない。何度も過ちを繰り返す人間を描きながら、死を終わりではなく、未来への希望ととらえている。それぞれに興味深いエピソードだが、ネオ・ソウルでのクローン少女が管理社会の中で、感情に目覚め、大きな変革をもたらす存在になるストーリーは、アクションありラブストーリーありで、最も印象に残る。演じるペ・ドゥナもまた素晴らしい。一人6役といっても言われなければ分からない特殊メイクのものも。エンドクレジットですべて明かされるので、それもまたお楽しみだ。時空を越えてつながり、性や種族を越えて生まれ変わるのは、愛するものに再び巡り合うためだろうか。その目印がほうき星の痣だとしたら、これはまた随分とロマンチックな物語である。こんな壮大なストーリーをイマジネーション豊かな映像で構成する本作、今まで見たどんな映画とも異なる質感だ。3時間という長尺にひるまず、ぜひ体感してほしい。
【70点】
(原題「CLOUD ATLAS」)
(アメリカ/ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー監督/トム・ハンクス、ハル・ベリー、ジム・ブロードベント、他)
(壮大度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
クラウド アトラス@ぴあ映画生活

幸せの教室

幸せの教室 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]幸せの教室 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
クチコミを見る
トム・ハンクスの監督第2作「幸せの教室」。ハリウッドお得意のウェルメイドな作品で、安心してハッピーになれる。

地元の大型スーパーで同僚や常連客からも親しまれているベテラン従業員ラリーは、ある日突然、大学を出ていないという理由でリストラされてしまう。仕事が大好きだったラリーは落ち込むが、気を取り直して、心機一転、地元の大学に通うことに。年齢も境遇も異なる生徒が集まるキャンパス・ライフを満喫するラリーだったが、そんな彼が選択したスピーチクラスの教師のメルセデスは、私生活のトラブルもあり、教えることへの情熱をすっかり失った教師だった。ラリーとメルセデスの出会いは、やがてお互いの人生を大きく変えていくことになる…。

トム・ハンクスが1996年の「すべてをあなたに」以来の監督に挑んだ本作は、彼が短期大学に通った経験から着想を得たという。主人公が通うことになるコミュニティ・カレッジ(通称CC)とは、18歳以上で高校を卒業してさえいれば、誰でも入学できる米国の大学システムのひとつ。入学試験はないが、学生は自分の目的をしっかりと持って、さまざまなクラスを選択して単位を取得する。ラリーは経済学とスピーチクラスを選び、リストラ後の再就職に役立てようという考えだ。仕事のためのステップアップは、やがて元来前向きなラリーが、自分自身の可能性を再発見することにつながっていく。トム・ハンクスほど善人が似合う役者はそうはいないが、本作でも彼の好感度がストーリーに大きな説得力をもたらしている。仕事熱心で、逆境にもメゲす、新しい仲間たちと共にさっそうとスクーターを飛ばす前向きなラリーを見ていると、いつも仏頂面でアルコール片手に暴言を吐くメルセデスが、次第に教えることへの情熱を取り戻すのが自然に思えてくるのだ。トム・ハンクスとジュリア・ロバーツはかつて「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」で共演し、今回も息があったところをみせる。物語は決して大それた成功物語ではない。失敗や悔いがある過去を美化もせず、否定もしない。欠点だらけの、でも愛すべき人間が、新しい自分に気付き、明日を信じるストーリーなのだ。ラリーとメルセデスの間に芽生えるロマンスも、控えめで上品。これから先の幸福を想像させる終わり方がさわやかで、余韻を残してくれた。
【60点】
(原題「LARRY CROWNE」)
(アメリカ/トム・ハンクス監督/トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、ブライアン・クラストン、他)
(健全度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

幸せの教室@ぴあ映画生活

映画レビュー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
クチコミを見る
◆プチレビュー◆
心のロード・ムービー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」。国家的で特殊なトラウマの克服を、一人の子供の視点で描くスタイルが素晴らしい。  【85点】

 大好きな父を9.11同時多発テロで失った少年オスカーは、父の死を受け入れられず、傷ついた心を抱えて一人悩んでいた。そんな時、父が残した1本の鍵とブラックと書かれたメモを見つける。謎の鍵に合う鍵穴と“ブラックさん”を探してNY中を奔走するオスカーだったが…。

 少年にとって、大好きな父親はヒーローで世界のすべてだ。だが、9.11はそんな父を何の理由もなく奪った。この理不尽をオスカーは理解できず、遺体がない空っぽの棺の葬儀も、まやかしとしか思えない。これは、愛する者を奪われ、取り残された少年が、悲しみとどう折り合いをつけ、どう立ち直るかを描く、ユニークでスリリングな旅の物語である。

 父からのメッセージを探そう。そう思いつめたオスカーの冒険は、それでもどこか楽しさにあふれていた。危険な街へ繰り出す覚悟は子供ながらに出来ていて、毎日訪ねる様々な人との出会いは、オスカーを少しずつ成長させていた。だからこそ、ついに鍵の秘密を握る人物に出会ったとき、オスカーは自分がとった取り返しのつかない行動を口にすることができる。オスカーが父の死を引きのばしていたのはなぜか。彼の苦悩に誰もが涙するだろう。

 子役のトーマス・ホーンは、演技はほとんど未経験だそうだが、その自然で繊細なたたずまいは天性のものだ。不安な気持ちをタンバリンで鼓舞し、472人のNYのブラックさんを探す綿密な計画を立て、街を駆け回る彼の奮闘に、私たちは寄り添わずにはいられない。特に、言葉をいっさい発しないマックス・フォン・シドー演じる老人との“会話”は味わい深い。心に傷を負う者同士の哀しみと思いやり。本作が映画デビューの少年がこれほどの感動をもたらすとは。

 さて、少年と父親の絆の前で、母親はどうしていたのか。夫の死を嘆き、息子と上手く接することが出来ずにいる無気力な母リンダの存在感はあまりに薄い。だが、終盤、彼女は“大逆転”を演じることになる。どれほど悲しみに打ちひしがれようと、子供を愛し守ることを決して止めない母の強さに私たちはノックアウトされる。そしてこれが、少年の心の再生をみつめると同時に、母の限りない愛を描いた物語であると分かり、ふくよかな感動に包まれるはずだ。少年の軌跡がやがて人々をつなぐ温かい輪となるこの傑作、トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、監督スティーブン・ダルドリーと、映画界の才能が集結しているだけのことはある。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)ミステリアス度:★★★★☆

□2011年 アメリカ映画 
□原題「EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE」
□監督:スティーヴン・ダルドリー
□出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、他
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@ぴあ映画生活

映画レビュー「トイ・ストーリー3」

トイ・ストーリー3 [DVD]トイ・ストーリー3 [DVD]
◆プチレビュー◆
おもちゃの再出発というエモーショナルな展開で大人を泣かせる傑作。さよならの涙はこんなにも温かい。 【85点】

 おもちゃの持ち主アンディは大学生に。屋根裏に行くはずだったおもちゃたちは、手違いで託児施設に寄付されてしまうが、そこは凶暴な子供たちがいるトンデモナイ場所だった。カウボーイ人形のウッディはアンディの元に帰ろうとするが、残ったバズやジェシーら仲間たちに危機が迫っていることを知る…。

 おもちゃの世界の住人たちの冒険と友情を描いて大ヒットした「トイ・ストーリー」は、世界初の全編フルCGの長編アニメ映画だ。もともとは「ティン・トイ」という短編映画で、そのクオリティの高さから長編映画として再構築されたものである。奇想天外で楽しいおもちゃたちの世界や、人間とのかかわり、おもちゃ同士のライバル心や友情など、どれをとっても視点が新しく、傑作揃いのピクサー作品の中でも特別な存在だ。本作は3部作の最終章を飾るもの。テーマは“別れ”だというから、見る前から切なさがこみ上げた。

 そういえば、子供の頃、お気に入りだった人形やぬいぐるみは、どうしたっけ? ちゃんとお別れを言ったかしら? 映画は人間から遊んでもらえなくなったおもちゃの運命はどうなるのかという、思いもよらない問いを真剣に考えながら、人とおもちゃの両方の旅立ちを描くものだ。冒頭から、躍動するおもちゃたちの大活劇が登場し、観客の心をわしづかみにする。その後、おもちゃで遊ばなくなったアンディとの別れや、あるおもちゃによる陰謀がうずまくサニーサイド保育園での試練と脱出のサスペンス、ついにはゴミ捨て場での大アクション劇へとなだれこみ、一瞬も目が離せない。加えて今回は、バービーとケン、ひょんなことからラテン系になったバズの情熱的な恋というロマンスも。相変わらず、ピクサーのエンタメ度はおしゃれで手堅い。だが、シリーズ最高傑作と確信する本作の最も素晴らしいエッセンスは、最後の最後にやってくるおもちゃの運命の顛末にある。これには泣かされた。上手い。上手すぎる!
 
 もしや、私たち人間は自分が世界の中心だと思っている傲慢な存在なのか。その罪は、人間からひどい扱いを受けたおもちゃの歪んだ悲しみという形で跳ね返ってくる。兇暴な幼児が暴力そのものなら、陰謀を企むおもちゃの悪意の裏側には深い人間不信が。バズたちを罠にハメた彼らのことを単純に憎めないのはそのためだ。そして、懸命に主人のアンディを信じ続けるウッディの健気な思い。胸が締め付けられる。「僕らはアンディのおもちゃなんだ!」。その言葉は、おもちゃと人間という“種の違い”を越えた尊い絆と信頼の証だ。

 「トイ・ストーリー」はピクサー/ディズニーにとって、原点であり頂点でもある。おもちゃにとっての幸せとは? という問いかけは、結局は人間にとっての幸せとは? ということ。アンディとおもちゃとの別れには、子供が巣立っていくときの親の心情までもが浮かび上がる。必ずやってくる“さよなら”の時を受け止めることで、思い出は永遠のものに。ラスト、次世代に続くおもちゃの居場所には温かい未来と希望が用意され、大きな感動を届けてくれるはずだ。ピクサーアニメが世界を魅了するのは、映像のクオリティの高さと共に、物語が素晴らしいからというのは、言い尽くされた褒め言葉かもしれないが、あえてここでも繰り返して言おう。ストーリーが本当に素晴らしい。ジプシー・キングスが歌う「君はともだち」のメロディが流れれば、私たちは皆、おもちゃたちと過ごした幸福なあの頃へと戻ることができる。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)感動度:★★★★★

□2010年 アメリカ映画 原題「Toy Story 3」
□監督:リー・アンクリッチ
□出演:(声)トム・ハンクス、ティム・アレン、ジョーン・キューザック、他

  映画レビュー用BRバナー

←応援ポチ、よろ しくお願いします!

映画レビュー「天使と悪魔」

天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]
◆プチレビュー◆
前作以上の謎とスピード感で描く歴史犯罪ミステリー。駆け足の謎解きを重厚な背景がサポートする。 【65点】

 宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン教授は、秘密結社イルミナティが復活したことを知り、教皇が急死したヴァチカンへと向かう。次期教皇候補の暗殺を阻止するべく、ガリレオの暗号コードの解明に挑むが…。

 もしも映画というメディアの定義を、物語の内容を分かり易く視覚化した娯楽と解釈するならば、この作品こそ王道と呼ぶにふさわしい。宗教学、歴史学、科学と膨大な知識を必要とする内容を、美しい映像とスピード感たっぷりの演出で活写する。これぞエンタテインメント。予備知識のない人間をも楽しませ、知的好奇心をくすぐるお得な内容だ。「天使と悪魔」は、映画では「ダ・ヴィンチ・コード」の続編になるが、原作はこちらが先に出版されている。

 テーマは宗教と科学の対立。敵役は、16〜17世紀に科学者たちが設立した秘密結社イルミナティだ。映画は、信仰の邪魔になるという理由で迫害された天才たちの集団が現代に復活したという設定だが、蘇ったイルミナティが行なう処刑の方法は、残虐かつ意味深い。宗教と芸術と科学に目配せしながらの復讐は、仕掛けも実に手が込んでいる。広範な教養がないと謎解きは難しい。

 そこで登場するのがラングドン教授なのだが、今回要求されるのは、頭脳と共に体力だ。次期教皇を選ぶコンクラーベの日に次々に起こる暗殺とその後の惨劇を阻止せねばならない。タイムリミットは24時間。時間と戦いながら、時に窒息しそうになり、時に水に飛び込む大奮闘でローマ市内を駆け巡る。そのためか、難解な符合が示されても、彼はあっという間にその意味を理解して次へ進む。「○○とは何だ?」と首をひねってから「あっ、そうか!」とひらめくまでの平均時間は約2秒。トントン拍子とはこのことだ。主人公が披露するうんちくに耳を傾け、じっくり味わう余裕がないのが玉にキズである。

 謎解きが駆け足なのは否めないが、ヴァチカンをはじめ、イタリアの壮麗な文化遺産が背景のせいか、不思議と軽く見えない。これが歴史の底力というものだろう。耳慣れないキーワードも、スムーズなセリフで解説してくれるので特に問題ないはずだ。それでも、教皇の侍従で、教皇不在時の最高権力者であるカメルレンゴという役職はしっかり覚えておこう。あらゆる局面で事件の鍵を握るカメルレンゴを演じるユアン・マクレガーが、トム・ハンクスに「あなたは神を信じていますか」と問うシーンは、思わず居住まいを正しそうになった。物語は二転三転し、思いがけない動機と真犯人が現われることに。それに一役買うのが、宗教と対立するはずの科学の要素・テクノロジーなのだ。

 派手なアクションや大爆発も用意され、典型的なハリウッド大作には違いないが、宗教象徴学者があらゆるシンボルの意味を解きながら、知的で大胆な仮説を打ち出すのがこのシリーズの醍醐味である。信仰は尊いが、宗教、特に権力や政治と結びついたそれは、うさんくさく血生臭い逸話にこと欠かない。歴史を紐解けばいくらでもネタはあろう。さらに、信仰が狂信へと変わり他者を排除する暴挙は、いつの時代も無縁ではない。映画のラストに印象深いセリフがある。「宗教には欠点があるが、それは人間に欠点があるからだ」。宗教と科学の善良な側面を見据えて融和をはかる“シンボル”を見逃してはならない。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)スピード感度:★★★★★

□2008年 アメリカ映画 原題「ANGELS AND DEMONS」
□監督:ロン・ハワード
□出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、他

映画レビュー用BRバナー
←応援ポチ、よろしくお願いします!

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ