映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ジャスティス・リーグ」「火花」「ギフテッド」「光」etc.

トム・ハーディ

ダンケルク

DUNKIRK
1940年、英仏連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。背後は海。陸も空も敵が迫っていた。若き兵士トミーとその仲間らはそれでも生き抜くことをあきらめてはいない。一方で、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間の救出に、民間船までもが動員されることになり、船長のドーソンらは危険を顧みずダンケルクへと向かう。英空軍のパイロットのファリアもまた、圧倒的に形勢不利な状況の中、出撃。こうして、命懸けの救出作戦が始まった…。

第2次世界大戦中に約40万人もの兵士を救った史上最大の救出作戦を描く戦争スペクタクル「ダンケルク」。斬新な世界観で観客を魅了してきた俊英クリストファー・ノーラン監督が初めて実話の映画化に挑んだ力作だ。ダンケルクの撤退は、過去にも何度か映画化されていて、民間人が命がけで兵士を助けたということもあり、美談として語り継がれている。結果が分かっているスタンダードな史実だが、ノーラン監督の手にかかると、驚くほどの緊迫感で迫りくる戦争叙事詩となる。映画を見る観客は、そのまま曇天のダンケルクの戦場へと放り込まれ、すさまじい映像体験に圧倒されるはずだ。

ノーラン監督らしい演出は、時間と場所をシャッフルして描いたことだろう。陸・海・空の3つのパートに分かれているが、構成は極めて緻密だ。一見、3パートは同時進行しているように見えるが、ダンケルクの浜辺の陸上は1週間、民間船がダンケルクへと向かう海は1日、戦闘機が舞う空の戦いは1時間の出来事なのだ。その3つが最後には同じ瞬間に向かって収束していくストーリー展開は、見事というしかない。圧倒的な迫力の映像や、トム・ハーディやキリアン・マーフィ、ケネス・ブラナーら、名優たちの競演も素晴らしい。同時に、兵士のPTSD(心的外傷後ストレス障害)や仲間同士の諍いなどの極限状態のドラマも織り交ぜている。そんな中、マーク・ライランス演じる民間船の船長と息子の、毅然とした行動には心を打たれた。一致団結して戦った名もない人々の自己犠牲と勇気のおかげで、今の私たちがある。メッセージが明白だからこそ、華々しい勝利の戦いではなく、生き残りをかけた大撤退が、胸に迫ってくるのだ。くどくどと説明などせず映像で勝負する潔い演出で、上映時間はキリリと短い106分。無駄なシーンは何一つない。圧巻の臨場感を体験するためにも、ぜひ大スクリーンで見てほしい。
【90点】
(原題「DUNKIRK」)
(米・英・仏・オランダ/クリストファー・ノーラン監督/トム・ハーディ、キリアン・マーフィ、ケネス・ブラナー、他)
(愛国心度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

レジェンド 狂気の美学

レジェンド 狂気の美学 コレクターズ・エディション [Blu-ray]
1960年代初頭のロンドン。双子のギャング、レジーとロンのクレイ兄弟は、暴力で対立組織を潰すなど、手段を選ばない方法でのし上がっていく。さらにアメリカのギャングと手を組み、有力者やセレブとも密接な関係を築く等、イギリス社会に大きな影響を及ぼしていた。そんな中、レジーは部下の妹である可憐な美女フランシスと恋に落ちて結婚。彼女の願いで堅気になろうとするが、精神を病んだロンと兄弟の母親がフランシスを嫌い、家族間に不協和音が生じてしまう。さらに、組織内での対立、警察の執拗な調査などで、クレイ兄弟は追い詰められていく…。

実在した双子のギャングのクレイ兄弟の半生を描く「レジェンド 狂気の美学」。2人は一卵性双生児、つまり切りたくても断ち切れない関係を持つ運命共同体だ。兄レジーは、ハンサムで頭が切れ、人望があってビジネスの才覚もある男。タフガイだが、まっとうな商売で生きようと試みるのも愛する女性のためという純情も併せ持つ。では弟で片割れのロンはどうか。ぽっちゃりした体形、薬が必須なほど情緒不安定、凶暴で残虐、同性愛者であることを公言する。組織を揺るがすトラブルを何度も起こし、レジーの妻フランシスのことも嫌悪している。結局、レジーは、組織、ロン、フランシスの板挟みになるのだが、頭では何が最善の選択なのか理解していても、生まれる前から結ばれている絆は断ち切れず、自分の肉体の半身であるロンを見捨てられずに悲劇的な運命をたどることになる。一卵性の双子の性(サガ)とは、他人にはうかがい知れないほど特別なのだろう。語り部はフランシスなので、どうしてもレジー寄りになってしまう物語の性質上、ロンの内面に深く踏み込んでないのは惜しいが、双子を一人二役で演じ分けるトム・ハーディの名演があまりにも秀逸だ。もともと上手い役者で、なりきり型のカメレオン俳優だが、今回はまるで自分自身と共演するのを楽しんでいるかのよう。正反対のようでいて、暴力性や狂気という点では結局は共通している双子の潜在的な性質、レジーとロンのどこか笑いを誘うような掛け合い、流行のスーツを着こなし高級車であらわれるさっそうとした美しさと、ハーディの魅力が全開だ。スウィンギング・ロンドンの時代の空気も上手く描き込まれている。実録クライム・サスペンスにして、デフォルメされた伝説、そして残酷なおとぎ話のようなテイストも兼ね備えている異色作だ。
【75点】
(原題「LEGEND」)
(英・仏/ブライアン・ヘルゲランド監督/トム・ハーディ、エミリー・ブラウニング、ポール・アンダーソン、他)
(確執度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
レジェンド 狂気の美学|映画情報のぴあ映画生活

レヴェナント:蘇えりし者

レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
1820年代、西部開拓時代のアメリカ。探検隊のガイドを務める凄腕ハンター、ヒュー・グラスは、ハイイログマに襲われ喉を引き裂かれる重傷を追う。探検隊チームメンバーの一人、ジョン・フィッツジェラルドは、隊長から瀕死のヒューを看取って手厚く埋葬するように命じられたのに、ヒューを見捨てた上に彼の息子を殺して去ってしまう。奇跡的に生き延びたヒューは、ジョンへの復讐を決意。厳しい冬の寒さに耐え、交戦中の部族の熾烈な襲撃をかわしながら、約300キロの過酷なサバイバルの旅に出る…。

19世紀のアメリカを舞台に、極寒の荒野に置き去りされた実在のハンターの壮絶なサバイバルと復讐を描く「レヴェナント:蘇えりし者」。本作でレオナルド・ディカプリオが悲願のオスカーを獲得したことが最大の話題だが、監督のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは2年連続の監督賞、名カメラマンのエマニュエル・ルベツキにいたっては3年連続の撮影賞を受賞するという、究極の“いい仕事”が合体している。大自然そのものが主役ともいえる壮大な物語には、誰もが魅了されるはずだ。極寒の地を這うようにしてサバイバルを続ける主人公ヒューは、復讐を糧に、生きることを決してやめようとしない。ヒューはすでに自然の一部と化しているかのようだが、そこに時折、亡き妻や息子の幻影が映り込むことで、幻想的な趣を醸し出している。実際、レオの必死すぎるサバイバルは熱演すぎて引いてしまうこともあったが、彼の入魂の演技なくしてはこの映画はなりたたない。さらに、すべて自然光で撮影したという名撮影監督エマニュエル・ルベツキの仕事ぶりは、神がかっている。生への執念にとりつかれた人間を俯瞰でとらえるカメラワークは、どこまでも冷徹で崇高だ。尊い自然への畏敬の念が、この壮絶なサバイバル劇を貫き、すべてが終わった後に魂の救済へと至る物語は、観客を大きな感動で包み込んでくれるだろう。2時間37分と長尺だが、退屈とは無縁の傑作だ。
【90点】
(原題「THE REVENANT」)
(アメリカ/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督/レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、他)
(生命力度:★★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
レヴェナント:蘇えりし者@ぴあ映画生活

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 [DVD]
大手建設会社のエリート社員アイヴァンが、妻子が待つ家に帰るため愛車に乗り込むと、そこに1本の電話がかかってくる。それを機に、彼は自宅ではなくロンドンへと車を走らせながら、翌日に控えた大切な仕事を一方的にキャンセルし、妻には家に戻れないと告げる。ある理由のため、一刻も早くロンドンへと向かおうとするアイヴァンだったが、次々にかかってくる電話によって人生のすべてが狂っていく…。

異色のワンシチュエーション映画「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」は、登場人物は車を運転する主演のトム・ハーディただ一人(他出演者は声のみ)。ドラマの進行や人物の背景を説明するのはすべて電話での会話のみ。場所は車という密室。特異な状況設定ながら、一瞬も飽きさせず緊張感が持続する演出が見事だが、それもそのはず、監督のスティーヴン・ナイトは秀作「イースタン・プロミス」などの脚本家なのだ。主人公がなぜ家族や仕事を放りだしてまで、ロンドンへと車を走らせているかは、会話によって次第に明らかになる。ネタバレは避けるが、過去のある過ちや自分の生い立ちから、主人公自身が決めたことを実行しようとしているのだ。その是非はさておき、主演のトム・ハーディが抜群にいい。「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」が動なら本作はさしずめ静。1本の電話によって人生から転がり落ちる焦燥を、表情や声だけで演じきった。全編車の中でドラマが進むのに、映像には映らない状況や過去を明白に想像できるのは、映像的な“行間を読む”感覚がある。一種の実験作だが、この映画、なかなかの拾い物だ。
【75点】
(原題「LOCKE」)
(英・米/スティーヴン・ナイト監督/トム・ハーディ、ルース・ウィルソン、オリヴィア・コールマン、他)
(実験的度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分@ぴあ映画生活

チャイルド44 森に消えた子供たち

チャイルド44 森に消えた子供たち [Blu-ray]
猟奇殺人事件を巡って社会主義国家の闇と闘う捜査官を描く「チャイルド44 森に消えた子供たち」。最近のトム・ハーディ映画にハズレなし!

スターリン政権下のソ連。幼い子供ばかりを狙った連続猟奇殺人事件が発生するが、国家は社会主義国家に犯罪は存在しないという建前から、事件をすべて事故として処理しようとする。秘密警察の捜査官レオは真相を追いはじめるが、国家の妨害と部下の策略によって、不当なスパイ容疑をかけられた妻ライーサとともに窮地に追い込まれる…。

原作はトム・ロブ・スミスのベストセラー小説。ウクライナ出身の猟奇殺人鬼アンドレイ・チカチーロ事件をモデルにした世界的ベストセラーだが、旧ソ時代の闇を描いたとしてロシアでは発禁本、現時点で映画の上映予定もないのだそうだ。物語は、殺人事件が発端ではあるが、映画は事件の犯人探しやミステリーには重点を置いていない。描きたいのは、社会主義政権が掲げた欺瞞と権力の腐敗。何しろ、社会主義国家は楽園(パラダイス)なので、犯罪など起こるはずがない、犯罪は堕落した西側資本主義の賜物だという見地から、犯罪の真実を追うものを迫害するのだから、もうむちゃくちゃだ。国家に必要とされない障害者などを無理やり犯人にして事件そのものを闇に葬る倫理観の欠如に、背筋が凍る。映画は犯人探しよりも、偽りの理想国家を装う権力側のグロテスクな側面と、当時の相互不信に満ちた人間関係を浮き彫りする社会派ドラマなのだ。同時に、実は愛がなかったレオとライーサ夫婦が、共に巨大な敵と戦う過程で絆と愛が芽生え、真の夫婦になっていくという人間ドラマも見ごたえがある。「マッドマックス」の快演といい、昨今のトム・ハーディの活躍ぶりは目覚ましいが、本作では薄暗い画面の中でどっしりとした存在感を示して好演だ。主人公が左遷された先の警察署長を演じるゲイリー・オールドマンの複雑な立ち位置が、いい隠し味になっている。
【70点】
(原題「CHILD 44」)
(アメリカ/ダニエル・エスピノーサ監督/トム・ハーディ、ゲイリー・オールドマン、ノオミ・ラパス、他)
(サスペンス度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
チャイルド44 森に消えた子供たち@ぴあ映画生活

マッドマックス 怒りのデス・ロード

マッドマックス 怒りのデス・ロード 3D&2Dブルーレイセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
荒廃した世界をさまようマックスの新たな死闘を描く「マッドマックス 怒りのデス・ロード」。あぁ、最高の映像体験で、私、幸せ(笑)!

水や石油などの資源が尽き荒廃した近未来。元警官のマックスは妻子を殺されて絶望し、ただ本能だけで生きながらえていた。資源を独占し人々を恐怖で支配する凶悪なジョーの軍団に捕えられたマックスは、深い傷を負う。ジョーに反逆を企てる女隊長フュリオサ、全身白塗りの謎の男ニュークス、さらにジョーと敵対する勢力…。マックスは生き残るため、彼らと手を組み、ジョーの軍団に挑んでいくが…。

メル・ギブソンをスターにしたシリーズだが、トム・ハーディを新たな主役に据えての新シリーズのスタートだ。マックスとW主演ともいえるタフな女リーダーのフュリオサが、超大型戦闘車、ウォー・タンクに乗ってからは、ほぼノンストップのアクションが続くので、息つくヒマもない。生きる意欲のないものは容赦なく淘汰されるクレイジーな世界観は、完璧に突き抜けていて、これが70歳をこえるジョージ・ミラー監督の仕事とは!と恐れ入った。過去作でも監督を務めたミラーだが、明らかに本作の方が、自由で過激でマッド。「正気を失ったのは俺か、世界か?」のモノローグを聞いたときから、この映画の虜になる。様式美に満ちたアクションと、恋愛や友情などバッサリ切り捨てた潔いストーリー、CGに頼らない本物のカースタントの迫力。これほど圧倒的な刺激に満ちた映画なら“ランボー”チックでダサい副題のことは許す!過激な冒険活劇を褒めちぎるのはちょっと照れるが、映画館の大スクリーンで見るのに、これほどふさわしい映画があろうか。つべこべ言わずに劇場へGO!だ。
【85点】
(原題「MAD MAX: FURY ROAD」)
(オーストラリア/ジョージ・ミラー監督/トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、他)
(ハイテンション度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
マッドマックス 怒りのデス・ロード@ぴあ映画生活

Black & White/ブラック&ホワイト

Black&White/ブラック&ホワイト エクステンデッド・エディション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定 [Blu-ray]Black&White/ブラック&ホワイト エクステンデッド・エディション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定 [Blu-ray]
クチコミを見る
CIAの腕利きコンビが一人の女性を奪い合うドタバタ劇「Black & White/ブラック&ホワイト」。単純で軽いラブコメと割り切れば楽しめる。

CIAの腕利きエージェントで、親友でもあるFDRとタックは、悪徳闇商人ハインリヒの逮捕でミスし、謹慎処分の憂き目にあう。ヒマを持て余したタックは恋人紹介サイトで出会ったローレンに惹かれるが、偶然にもFDRもレンタルビデオ店でローレンをナンパし、夢中になる。紳士的なタックとロマンチストなFDRの間でローレンは揺れ動くが、FDRとタックの2人は、大親友から一転、恋のライバルに。彼女の心をゲットするために、お互いの精鋭チームとハイテク兵器を駆使した大バトルが勃発する。そんな中、取り逃がした闇商人の魔の手がローレンに迫り…。

何といっても監督が「チャーリーズ・エンジェル」のマック・Gなので、細かい設定よりノリで勝負!だ。ノーテンキな笑いと派手なアクションを楽しむラブ・コメディである。FDRはロマンチストでイケメンのプレイボーイ、一方、タックは知的な紳士で心優しい純情派と、キャラは立っている。そんな超一流の男性二人に想いを寄せられるのは、ラブ・コメの女王という冠は、年齢的にそろそろキビしくなってきたリース・ウィザースプーンだが、はつらつした美女はこの人の得意とするところだ。だが、なんとなく二股をかけたあげく、どちらかを選ぶそのプロセスにいまひとつ説得力がない。さらにCIAの武器と情報を個人的な恋愛に職権乱用するというトンデモない設定が面白いのに、盗聴、麻酔銃、カーアクションに銃撃戦と、こちらもいまひとつ工夫に欠ける。相手の妨害にしてもローレンとのデートにしても、これぞCIAの特権というぶっ飛ぶアイデアがほしかったところだ。終盤には、闇商人とのバトルが用意され、一度は仲違いしたCIAコンビが協力して大活躍するという、安心感と分かりやすさ満載の展開に。ローレンがどちらを選ぶか、あるいは選ばないかが、ちょっとした謎といったところか。ラブコメとしてもアクションとしても何だか中途半場でパッとしない出来栄えが残念だが、ローレンの親友で毒舌家のトリッシュが言う「いい男を選ぶんじゃなく、いい女にしてくれる男を選んで」のセリフはなかなか良かった。
【50点】
(原題「THIS MEANS WAR」)
(アメリカ/マックG監督/クリス・パイン、トム・ハーディ、リース・ウィザースプーン、他)
(職権乱用度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

Black & White/ブラック&ホワイト@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ