映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週末の公開映画から オススメの1本! ◎
チリ他合作映画「ナチュラルウーマン」

トワイライト・サーガ

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1

ブレイキング・ドーンPart1 / トワイライト・サーガ [Blu-ray]ブレイキング・ドーンPart1 / トワイライト・サーガ [Blu-ray]
クチコミを見る
禁断のラブ・ストーリーの最終章パート1「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1」。クライマックスに向かってまずはウォーミングアップだ。

数々の困難を乗り越えて、ついに結ばれたヴァンパイアのエドワードと人間の少女ベラ。ベラはエドワードと同じヴァンパイアになり永遠の時を生きる決意をする。今もベラを愛する、オオカミ族のジェイコブに別れを告げて、二人はハネムーンへと旅立つ。南米の島で二人だけで至福の時を過ごすが、ベラが妊娠。急激に成長する“その子”は、人間とヴァンパイアの間に生まれる禁断の子で、ベラはみるみる衰弱していく…。

トワイライト・サーガもいよいよ佳境。まずは最終章・二部作の前編だ。今回のメインは、ベラが禁断の子を身ごもることだが、映画の半ばまではロマンチックな結婚式とハネムーンで占められている。なんだか手抜きな気がするが、それでも純白のウェディング・ドレス姿のベラはあくまでも美しく、南米の島のリゾートはどこまでもリッチでロマンチックだ。前半はほとんどファンサービスである。しかし、後半は急転直下。監督が「ドリームガールズ」のビル・コンドンなので、話の展開はスピーディで、転がりだしたら待ったなしだ。妊娠してから急激に衰弱するクリステン・スチュワートの形相はなかなかの迫力。出産するのは命懸けだが、ここではもうすでに赤ん坊を守る母親の決意がみなぎっている。ベラの命を守ること、そして禁断の子の誕生をめぐって、ヴァンパイアとオオカミ族の間で新たな対立が起こり、後半は熾烈な戦いになっていく。カレン家の運命を握るヴァンパイア族の頂点ヴォルトィーリ家の思惑を匂わせ、物語はひとまず終了。何とももったいつけたパート1だが、ベラの瞳のドアップで終わるラストはちょっと興奮する。すべてが明らかになるパート2のクライマックスに向かって、ヒートアップは必至だ。
【55点】
(原題「THE TWILIGHT SAGA:BREAKING DAWN-PART1」)
(アメリカ/ビル・コンドン監督/ロバート・パティンソン、クリステン・スチュワート、テイラー・ロートナー、他)
(ロマンチック度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1@ぴあ映画生活

ニュームーン/トワイライト・サーガ

ニュームーン/トワイライト・サーガ スタンダード・エディション [DVD]ニュームーン/トワイライト・サーガ スタンダード・エディション [DVD]
美しいバンパイアとの禁断の恋を描いて大ヒットしたシリーズの第2弾。前作で、初めて恋した相手エドワードがバンパイアと知ってもなお、彼を愛したベラは、本作で18歳に。だがエドワードは、自分と一族がベラに危険をもたらすと悟り彼女の前から姿を消す。傷ついたベラを励ましたのは幼馴染のジェイコブだったが、彼はバンパイアの宿敵の狼一族の末裔だった…。

吸血鬼vs狼男。この構図に驚きはないが、彼らが一人の女子高生を巡って恋のライバルになるという展開は、今までにないものだ。ホラーファンタジーにして恋愛バトルの本作は、人間離れもなんのその。自分を奪い合う美しき男たちという現実に都合よく置き換えることができるティーンの女子を熱狂させる。危険でムチャな行動を抑えきれないベラは、エドワードとジェイコブの両方に守ってもらいたくて自分を傷つけるかのよう。その身勝手さは初恋にのめりこんで周りが見えない10代特有の情熱だ。物語は相変わらず荒唐無稽で、最古で最大の勢力のバンパイア“ヴォルトゥーリ族”の住むイタリアへ一気に舞台を移すなど、かなり飛躍する。エドワードが、絶望の末に自殺を試みるところは、映画の最初に紹介される「ロミオとジュリエット」を彷彿とさせ、禁断の恋ならではの展開だ。

ロバート・パティンソンがスレンダーな耽美派なのに対し、人狼ジェイコブ役のテイラー・ロートナーはマッチョな肉体派。ファンには、どちらが魅力的か大いに迷っていただきたい。だが、しかし!いったい人間の男子は、美少女ベラを前にして何をしているのか?!と叱咤したくなる。いずれにしても、物語はまだ続く。女子心を燃えさせる決めのセリフをエドワードに言わせ、ブッツリと終わるこの映画、やきもきとドキドキを同時に味わいたい女の子は必見だ。
【55点】
(原題「The Twilight Saga: New Moon」)
(アメリカ/クリス・ワイツ監督/ロバート・パティンソン、クリステン・スチュアート、テイラー・ロートナー、他)
(人間離れ度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が趣味で運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり更新中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
当サイトはリンクフリーです
★相互リンクは設けておりませんが、当サイトはリンクフリーなので自由にリンクしてください。リンクの報告は基本的に不要です。
リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ