映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ワンダーウーマン」「エル」「関ケ原」「ボブという名の猫」etc.

ドゥニ・ヴィルヌーヴ

メッセージ

Arrival [BD/Digital HD Combo ] [Blu-ray]
突如、地球上の各地に謎の巨大球体型飛行物体が現れる。彼らがどこから来たのか、目的は何なのか、何もかもが不明だった。言語学者のルイーズは、彼らの言語を解読し、その意図を探るように軍から要請される。黒い煙状の表意文字を解読するうちに、ルイーズは、彼らが人類とはまったく異なる時間の観念を持っていることに気付く。物理学者のイアンと共に、彼らと友好的に交信しようとするルイーズだが、各国は彼らを敵とみなし攻撃の準備を始める。ルイーズは、地球を救い、彼女自身の思いを伝えるため、思い切った行動に出るが…。

未知なる飛行物体のメッセージを読み解くことで、人間の存在意義を問う異色SF「メッセージ」。原作は、テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」だ。人間に対して友好的にせよ、攻撃的にせよ、人類が宇宙人と遭遇するSF映画は、過去にも多く作られた。だが本作は、ビジュアル、ストーリー、観念的かつ崇高な志という点で、今までのどの映画ともテイストが異なる。言語学者のルイーズは、幼い娘ハンナを病で失ってから深い喪失感の中にいる。そんなルイーズの母性にも似た寛容が、未知のエイリアンに対し、根気強くコンタクトを求め、攻撃ではなく別の可能性を見出すという設定は非常に興味深い。この物語の主人公がヒーローではなく、ヒロインであることに大きな意味があるのだ。縦型のアーモンドのような宇宙船の造形や、7本脚(ヘプタポッド)のエイリアンのビジュアルは独創的で、黒い煙状のサークル型の表意文字は、美しいアートのようである。ルイーズが感じ取る、時間を逆行するような感覚と、やがて知る驚きの真実は、少々複雑で分かりにくいのだが、悲しみの中でも彼女が生きてきた意味が解明され、深い感動を味わえるだろう。ルイーズは人生や宇宙、時間という概念の真実を知り、混乱しながらも、未知なるものを受け入れ、愛することを止めないと決意する。このことが、本作を、宇宙人との遭遇という平凡なSF映画から、深淵な人間ドラマへと昇華していった。派手なバトルやヒロイックな戦闘などは登場しない。だが、各国が一触即発の非常事態に陥る愚かさと、パーソナルな悲しみや迷い、それでも保ち続ける理性と愛をも描くことで、現実を巧みに照射している。エイミー・アダムスをはじめ、実力派俳優たちの丁寧な演技が、深い人間ドラマを紡ぎ、生きることの意味を問う壮大な物語を作り上げた。またしても俊英ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の才能に驚かされた1本だった。
【85点】
(原題「ARRIVAL」)
(アメリカ/ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督/エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、他)
(独創的度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
メッセージ|映画情報のぴあ映画生活

ボーダーライン

ボーダーライン [Blu-ray]
エリートFBI捜査官のケイトは、巨悪化するメキシコ麻薬組織ソノラ・カルテルを撲滅するため、アメリカ国防総省特別部隊に選抜される。特別捜査官グレイヴァーに召集されたケイトは、謎のコロンビア人・アレハンドロとともに国境付近の捜査を開始。しかしその極秘任務は、仲間の動きさえ把握できず、人の命があまりにも簡単に奪われる、常軌を逸した任務だった。法が機能しない世界で正義を模索するケイトは、非情な現実とアレハンドロがこの作戦に参加した真の目的を知ることになる…。

メキシコの麻薬戦争の実態を圧倒的な臨場感で描くサスペンス・アクション「ボーダーライン」。メガホンを取るのが、秀作「灼熱の魂」や「プリズナーズ」で注目された鬼才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督ということで、そのドライなタッチや、善悪や正義の概念を揺さぶる問題作であることは容易に想像できる。テーマは、麻薬カルテル撲滅のための最前線での戦いだ。ほとんど実録ものに近い本作の臨場感や緊張感は、ただごとではない。ヒロインのケイトは、正義感が強いモラリスト。そんな彼女は、メキシコ麻薬カルテルとアメリカ合衆国DHS(国土安全保障省)との壮絶な戦いの中、善悪の境界(ボーダーライン)の喪失と、あまりに深い闇を知ることになる。腐敗しきった暴力の世界では、悪は悪をもって征するしかないのか。寡黙で謎めいたコロンビア人・アレハンドロの本当に目的と、彼が背負った過去に、言葉を失う。演じるベニチオ・デル・トロの怪演に近い熱演に圧倒されるが、私たち観客は、FBI捜査官としての正義を、味方からも踏みにじられることになるケイトのとまどいと無力感に共鳴するはずだ。舞台となるメキシコの街フアレスは、みせしめの首なし死体が吊り下がり、常に銃声が鳴り響く、この世の地獄のような場所。そんな場所での命がけの戦いを描いているのに、映像は不思議なほど流麗だ。名カメラマンのロジャー・ディーキンスの手腕が冴えている。
【75点】
(原題「SICARIO」)
(アメリカ/ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督/エミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、他)
(緊張感度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ボーダーライン@ぴあ映画生活

複製された男

複製された男 (日本語、吹替用字幕付き) [Blu-ray]
自分にそっくりな男と出会った男性が体験する悪夢のような出来事を描く異色のミステリー「複製された男」。現実と妄想世界が混濁するストーリーの答は、一つではなさそうだ。

平凡な大学教授のアダムは、ある日、何気なく見ていた映画の中に、自分とそっくりの人間をみつけて驚く。その俳優アンソニーについて住所や電話など徹底的に調べあげたアダムは、しばらく彼を監視していたが、ついに直接彼と対面する。顔、声、体型、生年月日も体にある傷痕までも同じだと分かり、2人は激しく混乱する。なぜこんな人物が存在するのか。自分は本当にオリジナルなのか。アダムとアンソニーは、それぞれの妻と恋人を巻き込みながら、極限状態へと陥っていく…。

原作はポルトガルのノーベル文学賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説。自分と瓜二つの人間というと、分身、ドッペルゲンガーなどがすぐに思い浮かぶ。出会うと死ぬ、この世にはそっくりな人間が3人いて…などなど、まことしやかな都市伝説もあるようだ。実際に確認された事例もあり、研究も盛んだそうが、視覚的な面白さがあり、非常に映画的な魅力的な題材でもある。本作では、瓜二つの存在と出会い、実際に対面し、互いに触れるという現実的な展開が興味深いが、劇中にさまざまな謎めいたモチーフが散りばめられていて、謎が謎を呼ぶ仕掛けだ。妊娠している妻、繰り返し登場する蜘蛛、なぜかこだわるブルーベリー…。終盤になればなるほど非現実的でシュールな映像が挿入され、観客を激しい混乱に導いていく。要するに「?」な映画なのだが、カナダの鬼才で、今、最注目のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の手にかかると、そのワケのわからなさが、自己確立という深淵なテーマ性を持って立ち上がってくる。前作「プリズナーズ」でも組んだジェイク・ギレンホールが、一人二役を意図的に曖昧に演じ分けていて、上手い。普通に解釈すれば、2人は同一人物で、意識下での分裂で、その原因はどうやら浮気で…と、生臭い答にたどりつくのだが、個人的には、カフカ的な不条理劇と思いたい。だって、ラストショットが“あれ”だもの。
【65点】
(原題「ENEMY」)
(カナダ・スペイン/ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督/ジェイク・ギレンホール、メラニー・ロラン、サラ・ガドン、他)
(シュール度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
複製された男@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ