映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

ハビエル・バルデム

ザ・ガンマン

ザ・ガンマン [Blu-ray]
元特殊部隊の凄腕スナイパーのジムは、アフリカのコンゴで鉱山利権に絡む極秘の大臣暗殺作戦に参加し、完璧に任務を遂行する。だがジムはその後、愛する恋人アニーも何もかも捨てて姿を消した。血塗られた過去を贖うようにひっそりと暮らしていたジムだったが、数年後、何者かに命を狙われる。コンゴでの暗殺作戦に参加したかつての仲間たちが次々に殺されていることを知ったジムは、敵の正体を突き止め、生き残るために過去と向き合い、再び銃を手に取るのだが…。

過去を捨てたスナイパーが命を狙われたことで再び戦いに身を投じていくサスペンス・アクション「ザ・ガンマン」。昨今、演技派と言われる俳優が、中年(老年?)を迎えて、アクションに挑戦する姿をよく目にする。「96時間」シリーズのリーアム・ニーソンしかり、「キングスマン」のコリン・ファースしかり。お次は、50代半ばの名優ショーン・ペン。しかも監督は「96時間」のピエール・モレルときた。これはひょっとしたら…と期待したのだが、かなり残念な出来栄えである。繊細な心理描写や苦悩する表情が十八番のペンは製作にも名を連ねているが、彼がまずミスキャスト。派手な銃撃戦の中、小柄な体をはって頑張っているのは認める。ある意味、本作最大の見せ場ともいえる、筋肉ムキムキのペンがあまりにも違和感満載だ。役作りなのだろうが、ステロイドという言葉しか頭に浮かばないルックスでは、見ているこちらが困ってしまう。ストーリーの詳細は明かさないが、政治的陰謀や恋愛と、散漫になってしまって、アクション映画の魅力であるカタルシスをほとんど感じないのだ。相変わらず狂気じみた悪役がハマッているハビエル・バルデムや実力派のイドリス・エルバ、レイ・ウィンストンといった贅沢なキャストを揃えながら、この内容ではあまりに悲しい。ポスタービジュアルがまんま96時間なのだから、あれくらいのムチャぶりと爽快感を狙うべきだろう。「96時間」の面白さとリーアム・ニーソンの素晴らしさを再認識して、ため息をついてしまった。
【40点】
(原題「THE GUNMAN」)
(米・西・英・仏/ピエール・モレル監督/ショーン・ペン、イドリス・エルバ、ハビエル・バルデム、他)
(マッチョ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ザ・ガンマン@ぴあ映画生活

映画レビュー「007 スカイフォール」

007/スカイフォール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]007/スカイフォール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray] [Blu-ray]
◆プチレビュー◆
007生誕50周年記念の2012年に登場したシリーズ第23作「007 スカイフォール」。悩み多き人間ボンドがここにいる。 【75点】

 ジェームズ・ボンドはイスタンブールで、世界中の諜報員のリストを奪った敵と対峙するが、上司のMの命令を受けた味方の誤射により狙撃されてしまう。死んだと思われた彼は、MI6が爆破されサイバーテロの標的になっていることを知り、現場に復帰。これらのテロ行為は、元エージェントの犯行だった…。

 荒唐無稽な娯楽作だったかつての007は、6代目ボンドのダニエル・クレイグになって以来、ハンサムで女にモテる超人的なスパイという側面以外のシリアスパートが増えている。過去の恋愛の傷は理解したが、今回は、なんとボンドの幼年期が語られる。そこまで出自を遡る理由はなぜか。

 それはボンドにとって絶対的上司であり、母親的存在でもあるMに起因する。公開前には、ボンドガールが3人になるという噂が流れたが、なるほどエキゾチックな美女2人の他に、3人目の女性がいた。その人こそボンド“ガール”ならぬボンド“マザー”のMだ。母の危機を前に、沈黙するわけにはいかない。

 MとMI6を破滅させようと企むのは、かつてのMの部下でボンド以上に優秀なエージェントだったシルヴァだ。国家を守るためなら部下を切り捨てる非情なMに見捨てられたシルヴァがMに復讐を誓うのに対し、同じく一度は切り捨てられたボンドは、憎まれ口をたたきつつも再びMに忠誠を誓う。“2人の息子”は、まるでネガとポジなのだ。イスタンブール、上海、マカオ、ロンドンと、相変わらず世界的スケールで物語は展開するが、本作の犯罪の動機は、まったくの個人的な恨みで、世界観は極めて小さい。擬似親子の愛憎というパーソナルな内面世界がテーマとして浮かび上がっている。

 このような動機の犯罪に決着を付ける場所は、ボンドの出生の地スコットランドしかない。彼が育った屋敷スカイフォールで、Mと一緒に銃を手に戦うボンドは、体内回帰のよう。その果てに待つのは、破滅か、あるいは新しい未来か。ボンド映画の存在意義とも重なる、興味深いクライマックスが待つ。

 スタイリッシュなトム・フォードのスーツに身を包み、アストンマーチンDB5を駆る姿もサマになってきたダニエル・クレイグだが、本作では、IT時代の波や諜報員の存在意義、世代交代など、華麗ならぬ、加齢を感じさせる設定が多く、やるせない一面も。だが、オスカー監督サム・メンデスは、ミドルエイジのボンドを人間としてとらえることで、アクションとドラマを融合させた、大人のスパイ映画の香りを漂わせた。

 スモーキーボイスが魅力的なシンガー、アデルは、“スカイフォール、それは私たちの出発点”と歌う。主演俳優が交代しながら世界中のファンを魅了し続ける007という稀有なシリーズは、どうやら原点回帰を果たしたようだ。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)人間ドラマ度:★★★★☆

□2012年 米・英合作映画 □原題「SKYFALL」
□監督:サム・メンデス
□出演:ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、ジュディ・デンチ、他
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

007 スカイフォール@ぴあ映画生活

映画レビュー「BIUTIFUL ビューティフル」

BIUTIFUL ビューティフル [DVD]BIUTIFUL ビューティフル [DVD]
クチコミを見る
◆プチレビュー◆
このビターな“余命もの”は、安易な救いとは無縁。ハビエル・バルデムが渾身の演技を見せる。 【70点】

 大都会バルセロナ。ウスバルは、不法移民への仕事斡旋や警察への仲介などで生計を立てながら子供2人を育てていた。ある日、体調を崩し訪れた病院で突然ガンと宣告される。家族にも告げられず思い悩むウスバルだったが…。

 余命僅かな主人公が、自分が生きた証を残したいと願う。黒澤明監督の名作「生きる」がすぐに思い浮かぶ。だが、本作の主人公ウスバルは「生きる」よりもっとシビアな状況だ。やりがいのある仕事などなく、時に法に触れる事さえする精一杯の生活には、夢もない。だが、社会の片隅でゴロツキのように暮らすこの男は、残されたすべての時間を愛する子供たちのために捧げると強く決心した。そこに初めて生の意味が浮かび上がる。

 別れた妻マランブラは情緒不安定で薬物中毒なのだが、ウスバルは再び家族として迎え入れる。子供たちにとって決して良い母親とは言えないが、それでも子供を愛しているマランブラの存在は、死の準備をしなければならないウスバルにとっては、正解ではなくても不正解ともいえない答えのようなものだ。それは、娘から「ビューティフルのスペルは?」と尋ねられ「BIUTIFUL」と耳で聞く通りの誤ったつづりを教えてしまうことと重なってくる。たとえ間違っていてもその言葉は、父が娘に残した精一杯の生きた証だ。

 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督は、デビュー作の「アモーレス・ペロス」から「バベル」に至るまで、複数の場所で複数の人間が織り成す群像劇のスタイルを貫いてきたが、本作では一つの場所、一人の男に焦点を定めた。だが過去作品との共通項は随所に発見できる。父の遺体、事故死した不法移民、死者と対話できる特別な能力。ウスバルの周囲にからみつく、異なった時制の死は、目に見えない群像劇のように見える。

 主人公が子供たちに遺したものは、家族で抱き合ったぬくもりだけだ。それでも闇の中から一片の希望を見いだそうとしたウスバルの姿は残像のように記憶に焼きつく。雪に包まれた深い森で、彼は生前会ったことがない父の、若き姿に問いかける。「向こう側には何が…」。死の恐怖から解き放たれ、安らぎがあることを願わずにはいられない。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)悲痛度:★★★★☆

□2011年 メキシコ・スペイン合作映画 原題「BIUTIFUL」
□監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
□出演:ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥアルド・フェルナンデス、他



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

BIUTIFUL ビューティフル@ぴあ映画生活

食べて、祈って、恋をして

食べて、祈って、恋をして [DVD]食べて、祈って、恋をして [DVD]
映画はさながら界一周の旅のようで開放感に溢れているが、ストーリーがあまりにも説得力に欠ける。NYでジャーナリストとして活躍するリズは、30代半ばになって自分の人生が、望んでいるものではないことに気付く。夫との離婚、若い恋人との別れを経て、自らを探す旅に出ることを決意。イタリア、インド、インドネシアへと向かう。美食と瞑想を堪能した後、最後に訪れたバリ島で彼女の人生を大きく変える男性と出会うことになる…。

原作は女性作家エリザベス・ギルバートの自伝的小説だ。アメリカ女性は本当に“自分探し”が大好きである。だが、そもそもこのヒロインに感情移入するのが難しい。リズは、仕事も家庭もかなり恵まれていて、それゆえに虚しさに気付いてしまうのだが、バブル期を彷彿とさせるこの余裕に現代女性がはたして共感するだろうか。夫や恋人にさしたる非があるようにも思えない。何より、彼女が虚しさに気付き旅立つきっかけが、バリ島の怪しげな占いというのが失笑ものだ。リズの親友の「人生をチェックアウトすることなんてできないのよ」とのやんわりとした批判の言葉の方が、よほど説得力があるが、この忠告は彼女の耳には届かない。瞬時に外国生活になじみ、それぞれの場所で彼女を応援する素晴らしい友に恵まれるなど、展開はトントン拍子。同時代性もなく共感できない話に、ジュリア・ロバーツやハビエル・バルデムらオスカー俳優が顔をそろえていることが、いっそう虚しさを感じさせる。

きっとヒロインは思い切り食べることも自分のためだけに祈ることも、これまでの人生で経験してこなかったに違いない。だが裕福なアメリカ女性の自分探しの旅は、スピリチュアルな悟りではなく、結局は、渇望していた新しい恋に落ち着く。そこでもヒロインはいちいち自らに足枷をはめながら物事を考え、自分を解放するのに時間がかかり、やきもきさせる。そんなに難しく考えることか?!ついに素直になったリズの幸福を願いたいところだが、こういうタイプの女性は、満足するということを知らないのだ。新しい恋も長くは続かないのだろう…との思いがよぎる。リズの母が言う「あなたって子はいつも何かを探してる」との、愛情のこもったあきらめの言葉がそれを象徴していた。“足るを知るものは富む”という諺があるが、現状での精神的な充足こそ彼女が悟るべきことではなかろうか。インドとバリ島で学ぶことは、欧米人がアジアに求める安易な癒しにしか見えないが、唯一イタリアだけは習得すべきテーマが明確で普遍性がある。それは「何もしないことを楽しむ」こと。これだけは頷けた。
【25点】
(原題「Eat, Pray, Love」)
(アメリカ/ライアン・マーフィー監督/ジュリア・ロバーツ、ジェームズ・フランコ、ハビエル・バルデム、他)
(共感度:★☆☆☆☆)

人気ブログランキン  グ←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

宮廷画家ゴヤは見た

宮廷画家ゴヤは見た [DVD]宮廷画家ゴヤは見た [DVD]
何やら某TVドラマのような邦題だが、天才画家ゴヤの目を通して、人間を喜劇にも悲劇にも振り分ける時代そのものを描く物語だ。異常な異端審問がまかり通る18世紀のスペイン。天使のような少女イネスと、巧みに時の権力に取り入るロレンソ神父は、共にゴヤのモデルだが、時代の荒波に飲み込まれ、2人の運命は激しく狂っていく。宗教の狂気とフォアマンが経験した共産主義の暴挙に、異なる時代の共通性が見える。哀しく歪んだ愛を体現するバルデムとポートマンは共に名演。ラストに振り向くイネスの複雑な笑顔でラブ・ストーリーの香りを残す演出が見事だ。
【70点】
(原題「GOYA'S GHOSTS」)
(米・スペイン/ミロス・フォアマン監督/ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、他)
(重厚度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

コレラの時代の愛

コレラの時代の愛 [DVD]コレラの時代の愛 [DVD]
愛する女性を奪うのではなく夫が死ぬまで50年以上待つ。この主人公の執念は滑稽でキモいのだが、見終わると美しく思えるから不思議だ。内戦とコレラのまん延に揺れる19世紀末のコロンビアを舞台に、心では初恋のフェルミナに純潔を誓いながら、現実には数百人の女性と肉体関係を持つ男フィオレンティーノの半生を描く。ハビエル・バルデムとガルシア=マルケスというラテンの空気が、矛盾した物語を純愛に換算させる。関係した女性をいちいちメモる几帳面さがウケるが、情熱的なビジネス文書には思わず笑った。
【70点】
(原題「LOVE IN THE TIME OF CHOLERA」)
(アメリカ/マイク・ニューウェル監督/ハビエル・バルデム、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、ベンジャミン・ブラット、他)
(大願成就度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

映画レビュー「ノーカントリー」

ノーカントリー スペシャル・コレクターズ・エディション
◆プチレビュー◆
暴力的なのに抗いがたい魅力がある逃亡/追跡劇。コーエン兄弟独特のノワールな笑いが彩りを添える。 【90点】

 80年代のアメリカ・テキサス。砂漠でハンティング中だったモスは、偶然に、死体の山と麻薬、現金200万ドルを見つけ、危険を承知で現金を奪う。必死で逃亡する彼を追うのは冷徹な殺し屋シガー。モスを救おうと、老保安官ベルも動き始めるが…。

 初めてお目にかかるタイプの映画だ。空虚なのに内臓の深い部分をえぐられる感じがして、見終わった後いつまでも心をザワつかせる。原作は、コーマック・マッカーシーの「血と暴力の国」。映画を見てすぐにこれを読んだ私は、改めてコーエン兄弟の才能に感服した。小説は独特の乾いたタッチだが、映画にはさらに絶妙なユーモアが加味されている。原作と映画は別物というのが私の持論だが、この映画のように優れた小説を扱うときは、細心の注意と敬意が必要だ。意味のある作品にするためには、映像メディアならではの“言語”が求められる。そして、本当に才能がある映画人だけが、その難しい要求に応えることが出来る。

 何しろ、ハビエル・バルデム演じる几帳面で異常な殺し屋シガーの存在感がもの凄い。おかっぱ頭、黒い服、武器は高圧ボンベ付きの家畜用スタンガン。外見だけでも不気味きわまりないが、中身はもっと恐い。非情とはシガーのためにある言葉だ。彼は人殺しに快楽も苦悩も感じていない。殺人という作業を淡々と確実に、礼儀正しく片付ける。過去はいっさい不明で、彼がどこから来てどこへ行くのかは何の説明もない。必要な言葉以外は発しないシガーという存在は、つまるところ「運命」ということになろう。理解不能な運命は、世界中のどの場所にもどの時代にも存在するが、とびきり理不尽なそれは、アメリカにこそ良く似合う。どこかで正義を信じている昔気質の老保安官ベルが、深いため息をつくのも無理のない話だ。

 時代に取り残された実直な保安官ベルが、法の名のもとに殺し屋を追い詰めることができると思ったのと同様に、麻薬がらみの大金を持ち逃げしたモスも、ベトナム戦争の地獄を生き抜いた自らの経験値から、逃げ切れると踏んでいた。この“過信”が、物語を転がしている。米国社会の病理のような逃亡劇は、テキサスからメキシコ国境へ。彼らが通った後には、死体の山が出来ている筋書きだ。運悪くシガーという名の運命に少しでも触れたら、その人間の末路は決まる。

 何もかも超越したピュアな悪意を、どう受け止めればよいのだろうか。この映画を見た後は誰もが不安になり、答を探すだろう。アメリカの闇を見る。現代人の嘆きを聞く。はたまた暴力は無意味なのだと訳知り顔で悟る。さまざまな解釈が可能だが、ひとつ読み解く鍵があるとすれば、シガーが雑貨屋の店主相手に行うコイン投げではなかろうか。「賭けに勝ったら何をもらえるんですか?」と問う老人に「おまえは全てを手に入れる」と哲学者のように告げるシガー。一見、遊んでいるように見えるが、生真面目な“絶対悪”は、物事に不確定性原理、すなわち偶然を加えているのだ。そのゆらぎさえ支配できるかのように。私たち人間は、図らずもコインの賭けに乗ってしまっているのではないか。そして、とっくの昔に勝負に負けているのではないか。暗黒神話のようなこの映画の主題はそこにあると見る。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)インパクト度:★★★★★

□2007年 アメリカ映画 原題「NO COUNTRY FOR OLD MEN」
□監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
□出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ