映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「アトミック・ブロンド」「バリー・シール」「あゝ、荒野 後篇」「我は神なり」etc.

ハ・ジョンウ

トンネル 闇に鎖された男



自動車ディーラーのジョンスは、大きな契約を無事に済ませ、妻セヒョンと娘が待つ家へ帰るために、車を走らせていた。山中のトンネルに差し掛かった時、突如トンネルが崩落し、ジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。目覚めると、周囲はコンクリートの瓦礫の山。車中には水のペットボトルと娘への誕生日ケーキ、そしてバッテリー残量78パーセントの携帯電話だけ。やがてトンネル崩落のニュースが国内を駆け巡り、救助隊のキムらが現場にかけつける。だが惨状は予想をはるかに超えるもので、次々に問題が発生する…。

崩落したトンネルに生き埋めになった男を描く異色のサバイバル劇「トンネル 闇に鎖(とざ)された男」。トンネルや坑道に閉じ込められる映画は過去にもあるが、本作は、主人公がヒロイックな英雄ではなく、マスコミや政府も救助活動に対して微妙な立ち位置であることだ。主人公ジョンスは孤独な闘いを強いられるが、実はトンネルの中では予想外の展開が待っている。彼の実質的な味方は、救助隊の隊長キムだけだ。何とか生還しようと必死のジョンスと、彼を助けようとベストを尽くすキムだったが、マスコミはいたずらに騒ぎ、政府の対応も後手な上に弱腰だ。手抜き工事の実態や、責任感のない女性政治家などの言動には苦笑してしまうが、あまりに韓国の現実に似ていて、笑えないほどリアルなのである。恐ろしいのは、たった一人を救うために税金を無駄使いするな!と救助活動そのものを非難をする大衆のヒステリックな声に政府をはじめ周囲が迎合してしまうことである。これは単なるパニック映画やサバイバル劇ではなく、非常事態に際しての人間の本質を問うドラマなのだ。「お嬢さん」で詐欺師を演じたハ・ジョンウが弱さを併せ持つ普通の男性を誠実に演じ、相変わらずコミカルとシリアスのブレンド具合が絶妙な名脇役の演技派オ・ダルスもいい。ちょっと残念なのは、妻役のペ・ドゥナの印象が薄いことか。トンネルに閉じ込められたジョンスと救助隊のキムの、互いに相手の声だけで育む友情物語としても見応えがある。トンネル崩壊の恐怖、トンネル内外での予想外の展開と、先読み不能のサスペンスの行方に意外なほどハラハラする。経済優先、大衆への迎合、人命軽視、そして生命力。なかなか見応えがある佳作だった。
【70点】
(原題「TUNNEL」)
(韓国/キム・ソンフン監督/ハ・ジョンウ、ペ・ドゥナ、オ・ダルス、他)
(サバイバル度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
トンネル 闇に鎖された男|映画情報のぴあ映画生活

ベルリンファイル

ベルリンファイル Blu-ray
ベルリンを舞台にした壮大なスパイ・アクション「ベルリンファイル」。人間関係は複雑だが、たたみかけるアクションとリアルな設定で魅せる。

ドイツの首都ベルリン。韓国国家情報院のトップ・エージェントのジンスは、北朝鮮の凄腕諜報員ジョンソンとアラブ組織との武器取引を察知する。ジョンソンは間一髪で逃れるが、南側に情報が漏れていること、さらには北朝鮮大使館の通訳官を務める妻ジョンヒが二重スパイ疑惑をかけられていることを知り、愕然とする。国家への忠誠心と妻への愛の間で苦悩するジョンソンだったが、実はこの時、ジョンソン、ジョンヒ、敵である韓国のジンスまでも巻き込んだ巨大な陰謀が動き出していた…。

冷戦時代を象徴する古都ベルリンを舞台に、国家や権力に翻弄される男女の運命を描いた、本格スパイ・アクションである本作は、南北分断の悲劇を扱った大ヒット作「シュリ」の進化形といえよう。北側のスパイのジョンソンは、祖国の英雄だが、国家の思惑や権力者の裏切りに遭遇し、熾烈な運命に飲み込まれていく。物語の核は、南北のスパイの攻防というより、むしろ北朝鮮内部の陰謀だ。アメリカのCIA、イスラエルのモサド、ロシアの武器商人、中東やドイツ政府の思惑まで組み込んだストーリーは、かなり複雑だが、同時代性に富み、まったく先読みできない。新型ミサイルの輸出を目論む北朝鮮という設定にいたっては、リアルすぎて背筋が凍ってしまう。だが本作は、あくまでも娯楽エンタテインメント。銃撃戦やカーアクションといった“動”の見せ場と、政治やラブロマンスの“静”のドラマを絶妙にブレンドして、存分に楽しませる。北朝鮮諜報員ジョンソンを演じるハ・ジョンウは、名優ハン・ソッキュを相手に堂々とした演技を披露。苦悩しながらも筋の通ったシブい表情は絶品だ。ピョンヤンからやってきた保安監察院の超エリート役のリュ・スンボムの憎憎しい悪役っぷりもいい。ラスト、片道切符を買うシーンに、思わず続編を期待してしまうのは私だけではないだろう。「裏切りのサーカス」の本格スパイ映画と「ボーン」シリーズの娯楽アクション映画を掛け合わせたような、スケールの大きな作品に仕上がった。
【70点】
(原題「THE BERLIN FILE」)
(韓国/リュ・スンワン監督/ハン・ソッキュ、ハ・ジョンウ、チョン・ジヒョン、他)
(スリリング度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ベルリンファイル@ぴあ映画生活

哀しき獣

哀しき獣 ディレクターズ・エディション [Blu-ray]哀しき獣 ディレクターズ・エディション [Blu-ray]
クチコミを見る
スピード感あふれるコリアン・ノワールの秀作「哀しき獣」。激しいカーチェイスはハリウッドも凌駕する迫力だ。

グナムは中国領の延辺朝鮮族自治州のタクシー運転手。多額の借金を背負った上、妻は韓国に出稼ぎに行ったきり音信不通。孤独でどん底の生活を送っていた。そんな時、殺人請負業者のミョンが、韓国に行って、ある男を殺せば借金を帳消しにしてやると取引を持ちかける。グナムは悩んだ末にその危険な仕事を引き受けるが、韓国に密入国した彼を待ち受けていたのは、深奥な闇の世界だった…。

「チェイサー」のナ・ホンジン監督の新作は、前作以上の情け容赦ない内容だ。韓国映画らしい過激なフィルム・ノワールだが、スピード感たっぷりの活劇として、140分の長尺をグイグイ引っ張っていく。何しろ、グナムが韓国で見る闇社会の地獄は、ハンパではなく、グナム自身が獣のように生きねばならないのだ。事の発端である大学教授殺害がいったい何のためだったのかという謎はむしろ脇に追いやられてしまっている感があるが、罠にハメられたグナムを追うミョンの無軌道な狂気と、動物的な生存本能で逃げまくるグナムとの死闘は、元の殺人の存在さえ忘れさせる。50台以上の車両を使ったカーチェイスや、ナタや鈍器を多用した激しい暴力描写でスクリーンはスプラッタ状態に。この過激で過剰なバイオレンスシーンがあるからこそ、ラストの哀切と静寂が効いてくる。アクションシーンの“動”と、妻の肌の温もりを思う“静”の対比も見事。何より、ハ・ジョンウとキム・ユンスクの“チェイサー”コンビの荒々しい面構えがいい。主人公のグナムが密航船で越えるのが黄海。この海の名前が原題で、邦題は全く違うのだが、これが、久しぶりに上手い邦題で、見終わるとそのセンスに唸る。
【80点】
(原題「黄海/The Yellow Sea」)
(韓国/ナ・ホンジン監督/ハ・ジョンウ、キム・ユンスク、チョ・ソンハ、他)
(ノワール度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

哀しき獣 THE YELLOW SEA@ぴあ映画生活

素晴らしい一日

素晴らしい一日 [DVD]素晴らしい一日 [DVD]
クチコミを見る
韓国映画らしからぬ抑えた演出が好印象。人間描写も巧みで、ラブ・ストーリーとも人間ドラマとも判別しにくい物語の中から、生きていくやるせなさと愛おしさが見えてくる。

恋人も職もなく貯金も底をついた30代の女性ヒスは、1年前に別れた元恋人ビョンウンに、貸していた350万ウォンを今すぐ返せと迫る。手持ちの金はおろか、住む場所さえない彼は、友人たちから金を借りて返すと言うがヒスはその言葉を信用できず、結局、借金取り立てのためビョンウンと行動を共にすることに。昔と変わらずお調子者のビョンウンの態度にイラつきながらも、ソウル市内を車で走り回るヒスは、彼の意外な交友関係を知ることになる…。

原作はオール読物新人賞を受賞した平安寿子の短編小説。甲斐性なしのくせにいつも能天気なビョンウンの笑顔と、苦虫を噛みつぶしたような表情のヒスの顔が好対照だ。女社長、スキー教室の教え子、ホステスやいとこなどから次々に調子よく金を借りるビョンウンは明らかにいいかげんな男なのに、彼を悪く言うものは誰もいない。それはなぜ?という疑問の答えを、ヒスと一緒に観客も探すことになる。時間が過ぎていくに連れて険悪だった2人の間に、微妙な空気が流れ始めるが、ドラマチックなラブ・ストーリーに突入しないところがこの映画の“大人の奥ゆかしさ”だ。描かれるのはわずか1日の出来事なのだが、小さなエピソードを丁寧に重ねて、最後にはヒスは柔らかい笑顔を取り戻す。この作品がいつのまにか、人と人とのつながりの大切さや前向きな思考、何より自分自身の可能性を信じることが大切と教えてくれたことが分かるだろう。昔の男と一緒のソウル市内の“旅”は、観光名所でもなくおしゃれなスポットでもない、あくまでも生活の場がメイン。都市に生きる人々の横顔をきちんと切り取っている。実力派女優チョン・ドヨンが、濃いメイクでキツい性格のヒロインを好演するが、のらりくらりとした憎めない男を演じるハ・ジョンウの独特の存在感がいい味を出している。
【70点】
(原題「Meozzin Haru/My Dear Enemy」)
(韓国/イ・ユンギ監督/チョン・ドヨン、ハ・ジョンウ、他)
(凸凹コンビ度:★★★★☆)
チケットぴあ


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

国家代表!?

国家代表!? (ハ・ジョンウ 出演) [DVD]国家代表!? (ハ・ジョンウ 出演) [DVD]
初心者スキージャンプチームの奮闘は実話がベースだそうだが、競技そのものの面白さや深みが伝わってこない。1996年、韓国の地方都市ムジュは、冬季五輪の誘致を目指していた。そのために急きょ組織されたのが、正式種目スキージャンプの国家代表チームだ。だが、借りだされたのはジャンプ未経験の落ちこぼれ男たちばかり。実母探しや兵役免除など、不純な動機で参加した彼らに、元子供スキー教室の講師でコーチのパンは、頑張れば夢は叶うと約束するが、国家には別の目論見があった…。

競技未経験の素人選手たちの奮闘記としては快作「クール・ランニング」がすぐに思い浮かぶが、本作で取り上げるスキージャンプを見れば、やはりウィンタースポーツがいかに難しく特殊な競技であるかがよく分かる。登場人物たちはスキーの経験は多少はあるものの、ジャンプは素人で、私生活に問題を抱えるものばかり。幼い頃養子としてアメリカに渡り実母を探す、元アルペンスキージュニアの米国代表のボブ、元ヤク中で女好きのフンチョル、父に頭が上がらないジェボクらにもそれぞれストーリーが用意されている。だが、146分もある物語の中で、真剣にスキージャンプを練習する場面があまりに少ない。とんでもない高さから滑走しV字にスキー板を開いて飛び出していくという危険で特殊なスポーツを、彼らはあまりにもあっさりと習得してしまうので拍子抜けしてしまう。マルチ商法に手を染めるコーチの娘のエピソードなど余計。スキージャンプそのものをもっとしっかり描くべきだろう。とはいえ、この賑やかなドタバタと実母との感動の再会というお涙頂戴のプロットが、スポ根ものと平気で混在しているデタラメ感は、いかにも韓国エンタメ映画らしい。ドイツでの国際大会で明かされる国家の意外な思惑と、転がり込んできた長野オリンピックへの出場権。彼らに奇跡の瞬間は訪れるのか。クライマックスの後のエピソードがクドクドと長いのが辟易するが、この映画が“ほぼ実話”だというから驚く。実際にスキージャンプを習得して頑張った俳優たちの頑張りに拍手を送りたい。
【55点】
(原題「TAKE OFF」)
(韓国/キム・ヨンファ監督/ハ・ジョンウ、ソン・ドンイル、キム・ドンウク、他)
(はばたき度:★★★★☆)

人気ブログランキン  グ←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ノーボーイズ、ノークライ

ノーボーイズ、ノークライ [DVD]ノーボーイズ、ノークライ [DVD]
孤独、絶望、怒り。何もかもがグチャグチャに混ざって出口さえ見えない。だが、どうしようもない状況の中にも必ず希望はあると、この不思議な手触りのドラマは教えてくれる。韓国人ヒョングは古いボートで海を渡る違法の運び屋。ヤバそうな荷物を海岸で受け取る日本人青年の亨はいつも無愛想で何を考えているのか分からない。ある日、いつもと違い、少女を運ぶ依頼を受けた二人は、彼女の父親探しに巻き込まれてしまう。

裏社会の下っ端同士の二人の青年が共有するのは、捨てたくても捨てきれない家族への思いだ。亨は自堕落な妹や病気の甥、痴呆の祖母を抱えて身動きがとれず、いっそ家族などいなければ…と願うことも。一方、ヒョングは親から捨てられ家族の意味さえ知らずにいるが、それでも僅かに残る母の記憶を心にしまっている。そんな彼らが互いの孤独を知り、分かり合っていくプロセスは、悲痛なのにどこかユーモラスな青春物語の風を感じさせ、脚本家渡辺あやの鮮やかな手腕を印象付けた。見終わってさわやかな余韻を残してくれるのは、心優しい“人魚”が最後に現れるため。膨大な韓国語のセリフをこなした妻夫木聡の表情がとてもいい。
【70点】
(原題「THE BOAT」)
(日本・韓国/キム・ヨンナム監督/妻夫木聡、ハ・ジョンウ、チャ・スヨン、他)
(切なさ度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

チェイサー

チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]チェイサー ディレクターズ・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]
怖いほど閉塞感を感じるクライム・サスペンスの秀作だ。韓国で実際に起こった猟奇殺人事件をベースにしているこの物語は、元刑事でデリヘルを経営するジュンホが、良心のかけらもない猟奇殺人鬼を追い続ける追走劇。詰めが甘い警察、頼りにならない法律、犯人の底知れぬ心の闇と、どれをとっても脚本に無駄がない。

韓国映画特有の過剰な暴力描写にはマイるが、犯人に翻弄される主人公の焦燥がヒリヒリするほど伝わってきて目が離せない。囚われた女性が携帯に残した伝言が、恨みごとではなく「この仕事はもう辞める。怖くてたまらない」と絶望感に満ちているのが、安易なヒューマニズムを拒否し、悪意に満ちた社会の闇の存在を感じさせる。こんな秀作でデビューする映画人がいるのだから、韓国映画のポテンシャルの高さは疑いのないところだ。
【75点】
(原題「追撃者/THE CHASER」)
(韓国/ナ・ホンジン監督/キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ソ・ヨンヒ、他)
(犯人が憎い!度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ