映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

パオロ・ソレンティーノ

グランドフィナーレ

グランドフィナーレ [Blu-ray]
スイス・アルプスの高級リゾートホテル。80歳を迎え現役を引退した世界的な指揮者のフレッドは、ここで穏やかな隠居生活を送っている。ホテルには、フレッドの親友の映画監督ミックをはじめ、ハリウッドスターやセレブが滞在しているが、皆、それぞれに心に悩みを抱えていた。そんな中、フレッドのもとに、英国女王から出演依頼が舞い込むが、なぜかフレッドは頑なに断り続ける。その理由は、娘のレナにも隠している、妻とのある秘密にあった。だが、ホテルの滞在客との交流の中で、次第にフレッドの心に変化が訪れる…。

フェリーニの系譜に連なる映画作家で、21世紀の映像魔術師と呼ばれるパオロ・ソレンティーノ監督の新作「グランドフィナーレ」は、全てを手に入れ引退した天才指揮者の心の再生を描く人間ドラマだ。スイスの山間にある豪華で優雅なリゾートホテルでのセレブたちの日常は、それだけで浮世離れしていて幻想的である。滞在するセレブたちは、過去に栄光を極めたもばかり。同時にその栄光に苦しめられている。大ヒットした映画のイメージに縛られるハリウッドスター、カリスマ的サッカー選手、世界一の美女…。一方、フレッドは絶頂期の自分の作品「シンプル・ソング」を封印しているが、それには妻にかかわるある秘密が。これがあまりに切ない。名優マイケル・ケインをはじめ、登場する役者は皆、演技派ばかりだが、中でも出演時間は短いものの、本人と重なるかのような大女優を演じるジェーン・フォンダの演技は圧巻だ。中庭で催されるイベントの優美さや、全員が同じポーズをとる前衛的な構図など、完成度の高い映像の連打にしびれるが、とりわけアルプスの緑あふれる大自然の中で、フレッドが動物たちを前に指揮をする場面の美しさに思わず心を奪われた。老いをみつめながら、なおも人生を肯定する稀有な佳作である。
【70点】
(原題「YOUTH」)
(伊・仏・スイス・英/パオロ・ソレンティーノ監督/マイケル・ケイン、ハーヴェイ・カイテル、レイチェル・ワイズ、他)
(映像美度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
グランドフィナーレ@ぴあ映画生活

きっと ここが帰る場所

きっと ここが帰る場所 [DVD]きっと ここが帰る場所 [DVD]
ショーン・ペンの怪演と意外性たっぷりのストーリーで綴るロードムービー「きっと ここが帰る場所」。パオロ・ソレンティーノ監督、ただものではない。

アイルランド・ダブリンの豪邸で、妻と共にひっそりと暮らす元ロック・スターのシャイアンは、30年以上音信不通の父の危篤の報を受けアメリカへ渡る。臨終には間に合わなかったが、ホロコーストを生き延びたユダヤ人の父が、元ナチス親衛隊員のランゲを探すことに、生涯をかけて執念を燃やしていたことを知る。シャイアンは、わずかな手掛かりを頼りに、ランゲを探してアメリカ横断の旅に出るのだが…。

「“これ”とは言えないけど、何かがヘンだ」が口癖のシャイアンは、引退したロック界の元スーパースターだ。長い間音楽からは遠ざかっているが、株で大儲けしながら豪邸で静かに過ごし、ごく限られた親しい人だけと接しながら、自分の世界で暮らす、初老の引きこもりである。彼の風体は、ゴス・ファッションに、ボサボサの逆毛、濃いアイラインに真っ赤な口紅という異様なもの。中身はいえば、どこか大人になりきれないアンバランスな人間なのだ。こんなつかみどころがない元ロック・スターが、広大なアメリカ大陸の原風景の中を、ゴロゴロとキャリーバッグを引きずりながら、ナチの残党狩りに赴くなどというストーリーを思いつくだけでも、天才的だと感心してしまう。監督のパオロ・ソレンティーノは、ショーン・ペンがカンヌ映画祭で審査委員長を務めた時に“発見した”逸材だが、なるほど、この浮遊感といい、オリジナリティといい、ただものではない。計算された構図の映像や音楽のセンスの良さ、オスカー俳優ショーン・ペンを見事に変身させただけでなく、実力派の名優たちを絶妙に使うキャスティングにも驚かされる。ミステリアスな人探しの旅と、とぼけたエピソードの数々を通して描くのは、父と子の時空を超えた和解。さらには、自分自身に向き合うことだ。シャイアンのハイセンスな復讐と、ラストにみせる素顔の穏やかさには、完全にヤラれてしまった。タイトルはトーキング・ヘッズの名曲から。デヴィッド・バーンのライブが挿入されるというあまりに贅沢な演出には、映画ファンと共に音楽ファンも驚くだろう。類まれな物語とキャラクターの個性に魅了されるオフビートな復讐劇。久しぶりに、新鮮な驚きを感じる映画だった。
【85点】
(原題「THIS MUST BE THE PLACE」)
(伊・仏・アイルランド/パオロ・ソレンティーノ監督/ショーン・ペン、フランシス・マクドーマンド、ジャド・ハーシュ、他)
(オフビート度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
きっと ここが帰る場所@ぴあ映画生活
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ