映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週末の公開映画から オススメの1本! ◎
チリ他合作映画「ナチュラルウーマン」

ヒュー・グラント

パディントン2

Paddington 2
南米・ペルーのジャングルからやって来たクマのパディントンは、ロンドンのウィンザー・ガーデンでブラウン家の家族の一員として、幸せに暮している。もうすぐ大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日なのでプレゼントを探していたパディントンは、骨董品屋ですてきな飛び出す絵本を見つける。高価なその絵本を購入するために慣れないアルバイトを始めるが失敗ばかり。それでも頑張っていたある日、絵本が何者かによって盗まれ、パディントンはなんと容疑者として逮捕されてしまう。パディントンは自分の無実を証明するため、ブラウン家の人々と事件の真相を追うが…。

紳士すぎるクマのパディントンの活躍を描く人気作の続編「パディントン2」。今回は飛び出す絵本に隠された秘密を巡って落ち目の俳優が仕組んだ罠で無実の罪に!だが心配ご無用。礼儀正しく親切なパディントンの愛すべき“もふもふパワー”が見事に事件を解決していく。前回のヒットを受け、この続編は大幅にスケールアップしていて、大都会ロンドンを舞台に、カーチェイスや走行中の列車上での移動など、アクションすべてが躍動的でパワフルだ。もちろん前作同様、心がほっこりするエピソードも多数。中でも刑務所で最凶の囚人ナックルズ(名優ブレンダン・グリーソンが妙演)と友情を育む様は、微笑ましい。悪役なのにどこか憎めないヒュー・グラントの存在も効いているし、パディントンが飛び出す絵本に入り込む夢のシーンなど、カラフルでファンタジックな映像にも心が躍る。

赤い帽子と青いダッフルコートのパディントンはもちろん今回も最高にキュートだが、移民や多様性をテーマにした前作同様、この続編にも大切なメッセージが隠されている。それは相互理解だ。偏見を持たず寛容の心を持つことの難しさを痛感する昨今だからこそ、純粋なパディントンと、彼を家族として受け入れたブラウン一家との家族の絆、心優しい囚人仲間の友情が胸を打つ。苦さと甘さが溶け合うマーマレードように、豊潤な香りがするハッピーな作品だ。
【70点】
(原題「PADDINGTON 2」)
(英・仏/ポール・キング監督/ヒュー・グラント、ブレンダン・グリーソン、(声)ベン・ウィショー、他)
(ほっこり度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

Re:LIFE リライフ

Re:LIFE~リライフ~ [Blu-ray]
15年前にアカデミー賞を受賞したものの、その後、ずっと低迷している脚本家キースは、妻に逃げられ息子には会えず、破産寸前の生活を送っている。お金のためにしぶしぶ引き受けたのは、片田舎の大学でのシナリオコースの講師。最初はまったくやる気がなかったキースだったが、映画を愛する個性豊かな生徒たちの情熱に触れ、彼らに教えることで、次第に変化していく…。

いいかげんなダメ男なのにどこか憎めない。そんな役をやらせたら天下一品のヒュー・グラントだが、まるで彼のためにあてがきされたかのような「Re:LIFE リライフ」は、グラントとは「ラブソングができるまで」などで何度もタッグを組んでいるマーク・ローレンス監督による人間ドラマだ。かつてのロマコメの帝王のグラントも、落ちぶれてやる気をなくした男の再生の物語がよく似合うような年齢になった。主人公が生徒たちの情熱によって、自らの仕事や家族、人生を見つめ直し、もう一度チャレンジする勇気や本当に大切なものに目覚めていく展開は、正直、先が読めてしまう。だがこの映画、とにかくキャラが立っているし、役者がいいのだ。歳を重ねてもキュートなマリサ・トメイが演じるキースを励ますシングルマザーは魅力的だし、「セッション」でドSの鬼教師を演じていたJ・K・シモンズが、今度は家族思いで涙もろい学科長を演じていたりするから面白い。その他、映画のシナリオコースというだけあって、シェイクスピアおたくやスターウォーズおたくも登場し、映画ファンは思わずニヤリとしてしまうはず。主人公を見ていると、最近ちょっとパッとしないヒュー・グラントと重なって見えたのは、私だけ? 人は誰でも人生で一度はつまずくが、人生のシナリオは書き直せるのだと教えてくれる。大きな驚きはないが、心あたたまるドラマだ。
【60点】
(原題「THE REWRITE」)
(アメリカ/マーク・ローレンス監督/ヒュー・グラント、マリサ・トメイ、J・K・シモンズ、他)
(自分探し度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
Re:LIFE〜リライフ〜@ぴあ映画生活

噂のモーガン夫妻

噂のモーガン夫妻 コレクターズ・エディション [DVD]噂のモーガン夫妻 コレクターズ・エディション [DVD]
笑いとペーソスで夫婦の危機を乗り越えるラブ・コメディ。モーガン夫妻は、NYでは人もうらやむ超セレブ・カップル。妻のメリルは不動産業を営み、夫のポールは全米屈指の敏腕弁護士だが、現在はポールの浮気が原因で夫婦仲は最悪に。堪忍袋の緒が切れたメリルとは対照的に、浮気したくせに妻に未練たっぷりのポールはなんとかヨリを戻そうと懸命だ。そんな二人は、たまたま一緒にいた時に殺人事件に遭遇し犯人の顔を見てしまう。唯一の目撃者として命を狙われる立場になった夫婦は、証人保護プログラムのため、身分を隠し、NYから遠く離れたワイオミングで一緒に過ごさねばならなくなる…。

ヒュー・グラントのために書かれたという脚本は、浮気者なのに憎めないキャラが十八番の彼にピッタリだ。犬猿の仲の男女がまったく違う環境で互いを見つめあい和解する物語は、ラブコメとして鉄板の展開。ただそこに証人保護プログラムが加わるのが、目新しい。証人保護プログラムとは事件解決の鍵を握る人物を、名前や経歴を変えて保護する制度で、本来はシリアスなものだが、本作の場合はあくまでライト感覚。二人には、犯人から狙われる危険より熊と遭遇した恐怖の方がよほど切実だ。ド田舎のワイオミングで浮きまくる都会人というカルチャーギャップでたっぷりと笑わせ、自然と共存する素朴な生活の素晴らしさを謳いあげる。

二人をいつしか素直な気持ちにさせるのは、時間に追われる都会とは違う静かな暮らしだ。特に満点の星空の下で語り合う場面がいい。ポールは、かつてメリルのゴキゲンをとるための派手なプレゼントとして「星座」を贈ろうとしたが、経済的にも社会的にも自立しているメリルは、そんなモノなどほしくはない。彼女が欲しいのは、過ちを犯した夫の心からの謝罪と思いやりの言葉だったのだ。そんなメリルにも実は秘密が。結局、夫婦とは、間違いを正直に認め許しあって、互いの欠点を補っていく関係なのかもしれない。それにしてもヒュー・グラントは急にフケこんだ気がする。そろそろラブコメ・キングの称号は返上したほうが良さそうだ。
【60点】
(原題「DID YOU HEAR ABOUT THE MORGANS?」)
(アメリカ/マーク・ローレンス監督/ヒュー・グラント、サラ・ジェシカ・パーカー、他)
(コミカル度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願い します(^o^)

ラブソングができるまで

ラブソングができるまで 特別版 [DVD]ラブソングができるまで 特別版 [DVD]
元ポップ・スターが、作家の卵の女性の力を借りてアイドル歌手に曲を提供し、再起を賭ける。今見ると赤面ものの80年代風俗が臆面もなく登場して笑わせる。主役2人は適役だが、曲作りの過程にもっと魅力がほしかった。ラブコメとしては及第点。
【55点】
(原題「MUSIC AND LYRICS」)
(アメリカ/マーク・ローレンス監督/:ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア、キャンベル・スコット、他)
(気恥ずかしい度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

アバウト・ア・ボーイ

アバウト・ア・ボーイ [DVD]アバウト・ア・ボーイ [DVD]
◆プチレビュー◆
子供嫌いを克服しようと思う人におすすめ。しかし、スタ・トレのMr.スポックみたいな、マーカス君の眉が気になってしょうがなかった。

親の遺産で自由気ままな生活を送る、38歳の独身男ウィル。あとくされのないシングル・マザーをナンパすべく毎日努力の日々だが、ある日、デート相手の友達の自殺未遂を阻止したことから、その息子のマーカスと知り合う。大人びた少年マーカスはぐうたら男ウィルを慕い、彼のアパートへ毎日通うようになる。最初は迷惑顔だったウィルだったが、いつしか自分がマーカスと過ごす時間を楽しんでいる事に気づく。そんな彼の変化は、新しい恋を呼び込むことになるのだが…。

この映画、「ハイ・フィデリティ」のニック・ホーンビィの世界的ベストセラーが原作。「ブリジット・ジョーンズの日記」の男性版と、各種メディアで紹介されているが、タイプは全然違う。ブリジットは人を騙してナンパしたりしないし、むしろ騙されるタイプ。こちらのウィルは女好きではあるけれど人との関わりを煩わしいものとしか思っていないから、女性との関係は別れが前提。だって彼のモットーは「人間は孤島だ。僕はイピサ島だ!」なのだもの。共演者と噂にならなかったのは本作が始めて!とマジメな顔して言っていたグラントが、まさにハマリ役だ。

12歳の少年と、38歳の独身男のモノローグのセリフには、本音と建前のギャップが満載で大いに笑える。同時に、さりげなく二人の過去や背景も説明するので展開もスムーズで、脚本の上手さを感じる。世の中をナナメに見ていて、他人と上手く関われないけど人恋しいなど、実は似ている部分がある二人。お互いに知り合うことで、自分の考えの間違いに次第に気付いていく。

軽妙な笑いの中に、ホロリとさせる仕掛けを隠し、ベタじゃない演出が巧みで、ウェイツ兄弟監督のセンスを感じさせる。あくまでウィルとマーカスの男二人に焦点を絞ってストーリーを展開させたのもいい。ラスト近くに二人が力を合わせて自らの自信を取り戻すイベントが用意されているけど、ここも普通だったら涙の盛り上がり場面になるところをサラりと流す。ブリジットのように抱き合って終わったりはしないけど、彼らの人生観や恋愛感が確実に変わったことが、観客にはちゃんと伝わるのだ。

財産あり、家庭なし、責任なしの気楽な暮らし。ウィルのような生活は都会ならば、ある程度可能だし、正直言うと世の男性の理想の形だったりするのかも。でも、人間関係の煩わしさと素晴らしさを計りにかけたとき、どちらが重い?他人との関わりを面倒に思う時はあっても、やっぱり人恋しいのが本音。イピサ島が魅力的なのは、無人島ではなく、皆が集まる楽しいリゾートだからだし、ウィルが責任ある大人に、マーカスが明るい少年に変わるのもお互いに補いあったから。他人と真剣に関わることが社会参加ができるパスポートなのかもしれない。

それにしても大人っていったい何?家庭を持つことイコール大人という安易な考えは、今の世の中では賛成できない。でも、他人との関わりを避け、無責任に生きることイコール大人失格というのは大賛成だ。主人公はヒーローにならず、少年の家庭環境も変わらないけど、友情を糧に一皮むける二人の男たちの周りには、楽しげで小さなコミュニティが生まれていた。単なるコメディや安易なハッピーエンドとして終わらせることなく、孤独や愛情、そして家族といった深いテーマをチラリと見せて、それをユーモアでくるんだ本作。絶妙なのは、大人になりきれないとコドモ大人と、世の中に背をむけたオトナ子供のコンビだった。

□2002年 アメリカ映画 原題「About A Boy」
□監督:ポール&クリス・ウェイツ兄弟
□出演:ヒュー・グラント、ニコラス・ホルト、トニ・コレット、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]
◆プチレビュー◆
太ったままで幸せをつかむところがヨイ。ブリジットの愛読書がセルフヘルプ本というのもリアル。

ロンドンの出版社に勤める32歳の独身女性ブリジット。お堅い弁護士マークを紹介されるが、気が合わず険悪に。憧れの上司ダニエルと急接近するも、ダニエルは浮気性。よし!今年こそは、酒もタバコも止め、ダイエットに励み、恋人もみつけるぞ!との新年の誓いにも、すぐに迷いが…。みっともない所ばかり見られたはずのマークの好意的な言葉を聞いても、ダニエルのことも忘れられないし、さぁ、どうするブリジット…?!

イギリスの新聞「インディペンデント」に、ロンドンに住む30代独身女性ブリジット・ジョーンズの架空の日記がコラムとして連載、たちまち大反響。全世界で読まれた大ベストセラーとなった。赤裸々すぎる内容は、女性に対してまだ淡い夢を抱いている10代前半の少年たちが見たら、きっと幻滅するだろう。

なにしろこのブリジット、酒とタバコはガブ飲みするし、痩せると決心しても、その意思は薄氷のようにもろい。家の中を覗いてみると、脱ぎっぱなしの服はだらしなく散らかってるし、洗面台にはメーク用品が散乱、吸殻がこぼれ落ちそうな灰皿に、捨てればいいのに、妙なガラクタが散らばってる室内。二日酔いで寝起きのブリジットは、ズルっと脱いだショーツを足で器用に洗濯カゴへ。素敵な大人の女性とは程遠い人物で、ちっともヒロインらしくない。どこかに思い当たるフシがある?

しかし、ブリジットにはいじけたところが微塵もない。一種の天然ボケともいえる。ダイエットに失敗し、上司にフラれ、パジャマ姿で「オール・バイ・マイセルフ」を熱唱する合間に、時には落ち込むことはあっても、基本的にいつも前向き、ポジティブシンキングだ。深く考えないせいか、行動も早い。爆裂ぶりもすごいけど、立ち止まって引き返すくらいなら、暴走して転ぶ方を選ぶのだ。おおらかなところが見ていてうれしいし、つい応援したくなる。それに、新年に「今年こそは去年と違った自分になるんだ!」との決心は、誰もが経験あるのでは?つまり彼女は憎めないヤツなのだ。この人と一緒ならきっと心があったかくなる。その証拠に、ブリジットはとびきりイイ友達をもっている。落ち込んだ彼女を励まし、マズイ手料理だって食べてくれる愛すべき友人たちを。

30代、中年にさしかかる独身女性が自分を慰め希望を持つための映画、なんてうがった見方はダメ。ちっぽけなことで泣いたり笑ったりする私たちだ。人間は、幾つになっても他愛ない生き物なのだから。ラストのクレジットが流れる部分も楽しい。「ありのままの君が好き。」これ以上の褒め言葉がこの世にあろうか。見終わったあと、記憶に残るのは、ブリジットのはじける笑顔。ヒロインの天真爛漫さを楽しもう。

□2001年 アメリカ映画 原題「BRIDGET JONES's Diary」
□監督:シャロン・マグワイア
□出演:レニー・ゼルヴィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が趣味で運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり更新中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
当サイトはリンクフリーです
★相互リンクは設けておりませんが、当サイトはリンクフリーなので自由にリンクしてください。リンクの報告は基本的に不要です。
リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ