映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週末の公開映画から オススメの1本! ◎
チリ他合作映画「ナチュラルウーマン」

ピエール・モレル

ザ・ガンマン

ザ・ガンマン [Blu-ray]
元特殊部隊の凄腕スナイパーのジムは、アフリカのコンゴで鉱山利権に絡む極秘の大臣暗殺作戦に参加し、完璧に任務を遂行する。だがジムはその後、愛する恋人アニーも何もかも捨てて姿を消した。血塗られた過去を贖うようにひっそりと暮らしていたジムだったが、数年後、何者かに命を狙われる。コンゴでの暗殺作戦に参加したかつての仲間たちが次々に殺されていることを知ったジムは、敵の正体を突き止め、生き残るために過去と向き合い、再び銃を手に取るのだが…。

過去を捨てたスナイパーが命を狙われたことで再び戦いに身を投じていくサスペンス・アクション「ザ・ガンマン」。昨今、演技派と言われる俳優が、中年(老年?)を迎えて、アクションに挑戦する姿をよく目にする。「96時間」シリーズのリーアム・ニーソンしかり、「キングスマン」のコリン・ファースしかり。お次は、50代半ばの名優ショーン・ペン。しかも監督は「96時間」のピエール・モレルときた。これはひょっとしたら…と期待したのだが、かなり残念な出来栄えである。繊細な心理描写や苦悩する表情が十八番のペンは製作にも名を連ねているが、彼がまずミスキャスト。派手な銃撃戦の中、小柄な体をはって頑張っているのは認める。ある意味、本作最大の見せ場ともいえる、筋肉ムキムキのペンがあまりにも違和感満載だ。役作りなのだろうが、ステロイドという言葉しか頭に浮かばないルックスでは、見ているこちらが困ってしまう。ストーリーの詳細は明かさないが、政治的陰謀や恋愛と、散漫になってしまって、アクション映画の魅力であるカタルシスをほとんど感じないのだ。相変わらず狂気じみた悪役がハマッているハビエル・バルデムや実力派のイドリス・エルバ、レイ・ウィンストンといった贅沢なキャストを揃えながら、この内容ではあまりに悲しい。ポスタービジュアルがまんま96時間なのだから、あれくらいのムチャぶりと爽快感を狙うべきだろう。「96時間」の面白さとリーアム・ニーソンの素晴らしさを再認識して、ため息をついてしまった。
【40点】
(原題「THE GUNMAN」)
(米・西・英・仏/ピエール・モレル監督/ショーン・ペン、イドリス・エルバ、ハビエル・バルデム、他)
(マッチョ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ザ・ガンマン@ぴあ映画生活

パリより愛をこめて

パリより愛をこめて Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)パリより愛をこめて Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ハリウッドとヨーロッパの両方のテイストの不思議なブレンドが持ち味の、リュック・ベッソン印のアクション・ムービー。パリの米国大使館に勤めるリースは、エージェントとしての華やかな活躍を夢見ているのに、地味な諜報活動をこなすつまらない日々を送る新米捜査官。そんな彼が、麻薬捜査のために仏入りしたCIAの異端児ワックスとコンビを組むことに。型破りというより、ムチャクチャなワックスの捜査スタイルに唖然としながらも経験を積んでいく。そんなリースを恋人のキャロリンは優しく見守っていた。やがてリースとワックスは来仏する米政府要人の暗殺計画を突き止めるが…。

凸凹コンビはサスペンス・アクションのお約束だが、人を撃てない見習い捜査官リースがチェスが得意の知性派であるのに対し、スキンヘッドの凄腕諜報員ワックスのはじけっぷりがすごい。有能すぎるのか、非常識なのか、はたまた単にブチこわすのが快感なのか。他国でやりたい放題の彼に米国が重なって見えるのが、ベッソン製作映画らしく皮肉が効いている。同時に、お約束の、激しいカーチェイス、パリの裏社会の怪しげな描写、コミカルながらスタイリッシュなアクションは、しっかり健在。「言うは易し行なうは難し」とはよく言ったもので、華やかなスパイ活動に憧れるリースが、ワックスとの捜査で振り回され「自分はこの仕事に向いてない…」と弱音を吐くあたりが可笑しい。捜査の過程で激しい銃撃戦が繰り広げられるが、思いがけないところにいた裏切り者を説得するクライマックスは、意外にも交渉術が中心。それでもイデオロギーのために過激な行動に出る人々を身近に感じながら生活する移民大国フランスにとっては、まんざら映画のなかの絵空事とは思えないだろう。タイトルは「007/ロシアより愛をこめて」を意識してパロッたもの。リースのファーストネームはしっかりと“ジェームズ”だったりする。心優しい捜査官リースが一回り成長したラストシーンが微笑ましい。
【55点】
(原題「FROM PARIS WITH LOVE」)
(フランス/ピエール・モレル監督/ジョン・トラヴォルタ、ジョナサン・リス=マイヤーズ、カシア・アナ・スムートニアック、他)
(アクション度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

映画レビュー「96時間」

96時間 [DVD]96時間 [DVD]
◆プチレビュー◆
誘拐された娘を助けるため特殊能力を持つ父親が繰り広げる壮絶な追跡劇。シンプルなのが何より良い。 【70点】

 17歳の娘キムを溺愛する父親ブライアンは、彼女の初めての海外旅行が心配でたまらない。不安は的中し、キムはパリで何者かに誘拐される。事件の最中に携帯電話で話していたブライアンは、米国から単身パリに乗り込むが…。

 離婚して孤独に暮らす主人公にとって、目の中に入れても痛くないほど可愛いのが娘のキム。そのせいか、海外旅行に行こうとすると「危ない」と反対し、ようやく許可しても楽しい旅行でウキウキしている彼女に、毎日携帯で連絡するようにと厳命する。平時ならハタ迷惑で過保護な親バカと言いたいところだが、非常事態となると話は別だ。華やかな表の顔とは真逆の、闇の世界が広がる魔都パリで娘を誘拐したのは、アルバニア系の人身売買組織。普通なら地元警察や大使館を頼るところだが、この父親は“普通”じゃない。実は彼は、米政府の元秘密工作員なのだ。世界中の裏社会に通じ、追跡、格闘、銃撃戦にカーチェイス、果ては目を覆う拷問まで、あらゆる手段で娘奪還を敢行する。

 この父のハンパじゃない娘への愛が物語を転がす原動力だ。完全アウェイの状況の中、元工作員ならではの迷いのない行動は、追跡というより暴走、暴走というより爆走、爆走というよりブチ切れである。劇中にブライアンが、旧知のパリ警察の刑事に「娘を助けるためならエッフェル塔でも壊してみせる」と真顔で言う場面があるが、この父親ならやりかねない。なぜなら、彼にはそれを実行できるノウハウとモチベーションがあるのだから。秀逸なのは、携帯電話で話している最中にキムが誘拐される場面の描写だ。瞬時に事の重大さを悟り、おびえる娘に「おまえも捕まる。携帯に向かって犯人の特徴を叫べ」と指示。その後、電話の向こうの犯人に、静かに、だがきっぱりと宣戦布告する場面は、主人公の性格と能力をワンシークエンスで説明して見事である。この一連のシーンで、観客は事件の渦中にグイッと引き込まれてしまう。

 いたって単純な本作の長所は、クドクドした説明や中途半端な心理描写をバッサリと切り捨てた潔さだ。約1時間半という短い尺を、中だるみすることなくノンストップで駆け抜ける。もちろん落ち着いて考えれば、いろいろとツッコミどころも。いくら優秀な工作員でも、見知らぬ土地で誰の助けも借りずに悪の組織に挑むなど無謀そのものだし、他国へ乗り込んで好き放題暴れる図は、アメリカという国そのものにも見える。だがそんな主人公が愚かに見えないのは、正義や大義など語らず、どこまでも娘を愛する“父親”だからだ。

 タイトルの96時間とは、過去のデータから割り出した、誘拐された人間を助けられるギリギリの時間。タイムリミットが迫る中、映画のボルテージも上がっていく。人身売買といういくらでも社会派になりそうなテーマを、一見冴えない中年男が超絶的な活躍を見せるアクション・サスペンスとして活写したセンスをまず買いたい。さらに、マッチョなアクション俳優ではなく温和な演技派のリーアム・ニーソンを主役にした意外性も功を奏した。特に、彼の威厳のある声が映画の大きな魅力になっていることは指摘しておきたい。本作の製作を務めるリュック・ベッソンは、ヨーロッパ発のアクション映画を牽引する存在だが、荒っぽい脚本がいつも難点。だが、省略すべき場所を見極めて突っ走ったこの映画、掘り出し物という気分と共に、大いに楽しませてもらった。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)猪突猛進度:★★★★★

□2008年 フランス・アメリカ合作映画 原題「TAKEN」
□監督:ピエール・モレル
□出演:リーアム・ニーソン、ファムケ・ヤンセン、マギー・グレイス、他

映画レビュー用BRバナー
←応援ポチ、よろしくお願いします!

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が趣味で運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり更新中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
当サイトはリンクフリーです
★相互リンクは設けておりませんが、当サイトはリンクフリーなので自由にリンクしてください。リンクの報告は基本的に不要です。
リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ