Train To Busan [Blu-ray]
ファンドマネージャーのソグは、別居中の妻のもとへ幼い娘スアンを送り届けるため、ソウル駅からプサン行きの特急列車KTX101号に乗り込む。だが発車直前に未知のウィルスに感染し凶暴化した女性が乗り込み、ゾンビ化した彼女に噛まれた乗務員や乗客らを発端に、車内は瞬く間にパニック状態に陥る。異変に気付いたソグは娘を守りながら車内を移動するが、感染者が次々に襲い掛かり、生き残った者たちも醜い本性を露わにしていった。終着駅まで2時間。ソグはひた走る列車の中で、決死のサバイバルを続けることになるが…。

高速で走る鉄道を舞台にした新感覚のゾンビ映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」。韓国発のこのゾンビ映画は、ゾンビ・パンデミックものと、鉄道車内の密室サスペンス・アクション、さらにはソウルからプサンまで移動しながらサバイバルするロード・ムービーというさまざまな側面を持った秀作だ。アニメーション出身のヨン・サンホ監督は、今回はコン・ユというスターを起用し、親子愛や人間ドラマをしっかり組み込んでエンタメ映画として仕上げている。ゾンビ映画という手垢がついたジャンルだが、家庭を顧みず、時に汚い手段での金儲けに余念がない仕事人間だったソグが、極限状態に置かれることで、幼い娘を守る父親として、弱者を助ける人間として変化していくヒューマン・ドラマでもあるのだ。他人を犠牲にして自分だけ助かろうとするエゴイストや、保身に走って正義を見失う大衆など、社会風刺もしっかり描きこまれている。

乗客たちは、ソグ父娘以外に、身重の妻を守る男性や、学生のカップル、年老いた姉妹など、バラエティに富み、それぞれのドラマが丁寧なのがいい。韓国映画らしい、涙を誘うエピソードももちろん健在だ。その一方で、ビジュアルもなかなか強烈である。ゾンビものなので、スプラッタ描写は容赦ないが、大挙して凶暴化したゾンビが、列車の後方で、磁石に吸い付く鉄砂のような形で連なるなど、今までのゾンビものにない新鮮なビジュアルを楽しめる。いったい誰が生き残り、終着駅にはどんな結末が待っているのか。息をもつかせぬ展開はまったく先読みできない。この移動型密室ゾンビ・サバイバル・ホラー、世界中の映画祭で評判というのが納得の、見事な出来栄えだ。群れになって襲い掛かるゾンビと、醜いエゴまるだしの生存者たち。どっちが怖い? ぜひ映画を見て確かめてほしい。
【80点】
(原題「TRAIN TO BUSAN」)
(韓国/ヨン・サンホ監督/コン・ユ、チョン・ユミ、マ・ドンソク、他)
(家族ドラマ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)