フライト・ゲーム (初回限定特典/デジタル・コピー付) [Blu-ray]
トラウマ持ちの航空保安官がハイジャックに立ち向かうサスペンス・アクション「フライト・ゲーム」。戦うオヤジといえばリーアム・ニーソンだ!

NYからロンドンへと向かう旅客機に乗った連邦保安官ビルは、突如、1億5千万ドルを指定口座に送金しなければ20分ごとに1人ずつ機内の誰かを殺すという、凶悪な犯行予告のメールを受け取る。半信半疑のビルだったが、予告通り犠牲者が出たことで、ビルは乗客を一人一人調べながら、犯人の特定に奔走。だが犯人が指定した口座がビルの名義だったことから、地上の保安局からはビル自身が犯人との疑いをかけられてしまう…。

遥か上空の航空機内は逃げ場がない閉鎖空間。正体不明のテロリストに命運を握られた上、自分が犯人にされてしまう大ピンチ。絶対絶命の危機でいきなり強くなるキャラといえば、近年アクション俳優として覚醒している演技派リーアム・ニーソンの十八番である。だが、今回はただ強いだけではない。過去の不幸な出来事から、アル中で精神状態が不安定という、今までにない弱さがあるのが新鮮だ。146人の乗客乗員は誰もが怪しい。偶然、隣に座った女性で唯一の味方のジェンが、もしや彼女が犯人かも…という疑心暗鬼系のロマンス対象であるところもお約束通りだ。ジリジリと追いつめられるような緊迫感が漂う前半、航空機内という密室ながら銃撃戦や爆発という派手なアクションがさく裂する後半と、メリハリもある。特に、狭い場所での格闘戦は、まるで傷みが伝わるかのよう。主人公が犯人である可能性は最後までひっぱるというサービスも忘れない。なかなか姿を現さないテロリストにシビレが切れた頃、意外な犯人が現われる。犯行の動機にはちょっぴり拍子抜けしてしまったが、二転三転するスピード感たっぷりの演出と、後味のいいラストで、意外にも楽しめる密室型サスペンスに仕上がっていた。
【60点】
(原題「NON-STOP」)
(アメリカ/ジャウマ・コレット=セラ監督/リーアム・ニーソン、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ドッカリー、他)
(ハラハラ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
フライト・ゲーム@ぴあ映画生活