映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

ブノワ・ポールヴールド

神様メール

神様メール [DVD]
ベルギーのブリュッセルのとあるアパートに家族と一緒に住んでいる神は、慈悲深いイメージとは程遠い嫌なヤツだった。パソコンを使って面白半分に災害や事故を引き起こし、小さな不快の法則を作ったりしながら、世界を管理している。神の娘で10歳のエアは、全知全能なくせに人々を救わない、いじわるな父親に怒りを覚え、家出を決意。アパートを出る直前、エアは立ち入りを禁じらている父の部屋に入り、パソコンをいじって、世界中の人々のスマホに余命を知らせるメールを送信する。エアは大パニックに陥った世界を救う旅に出るが…。

人間に余命を知らせるメールを送ってしまった神様の娘が、行く先々で小さな奇跡をもたらす異色の宗教ファンタジー「神様メール」。ベルギーの鬼才ジャコ・ヴァン・ドルマル監督の作品は、オフビートなキャラクター、ブラックな笑い、シリアスな設定を奇想天外なアイデアで描くなど、予測不能な作風が特徴だ。本作もまたしかり。神様とその家族がブリュッセルのアパートに住んでいたり、神がひねくれ者のエゴイストだったり、パソコンで人間の運命を管理していたり。設定がいちいち可笑しいが、これは単純なコメディーではない。人々はエアから送られてきたメールで自分の余命を知るのだが、死期を知ることはすなわち、生きることを究極的に見つめなおすことにつながる。残り時間、自分が本当にしたいことは何なのか。北極まで大冒険に出る会社員もいれば、ゴリラと恋に落ちる主婦、不死身の美女を愛してしまう殺し屋もいる。どうせまだ死なないからと遊び半分で自殺(?)を繰り返すものも。そんな極端な人々がいる一方で、自分が亡き後の子どもの行く末を心配する親もいるのだ。生きがいをみつける手伝いをするエアが、それぞれの“心の音楽”を聞かせる設定がしゃれている。神の長男のJC(イエス・キリスト)はどうやら父とソリがあわなかったようで、妹のエアに父の弱点を教えながら「新・新約聖書」を書くようにすすめる。そして、エアのもたらす奇跡がやがて世界を変えていくのだ。教会やバチカンが聞いたら激怒しそうな内容だが、単に宗教を笑いとばすだけでなく、時に揺らいでしまいがちな信仰をもう一度精査してみてはどうかと提案しているかのよう。ラストのぶっ飛んだ幸福感、エアを演じるプリ・グロワーヌのキュートな魅力、笑いの影に隠された深いテーマ。見所満載のファンキーな佳作である。
【75点】
(原題「LE TOUT NOUVEAU TESTAMENT/THE BRAND NEW TESTAMENT」)
(ベルギー・仏・ルクセンブルグ/ジャコ・ヴァン・ドルマル監督/ブノワ・ポールヴールド、カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワ・ダミアン、他)
(ファンキー度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
神様メール|映画情報のぴあ映画生活

チャップリンからの贈りもの

チャップリンからの贈りもの [DVD]
1978年、スイスのレマン湖畔。妻が入院し幼い娘を抱えたオスマンは、貧しい生活を送り、妻の入院費も払えない。刑務所から出所したばかりの親友エディは、喜劇王チャップリンの遺体を盗み出し、家族から大金を取ろうというトンデモナイ計画を持ちかける。最初は反対したオスマンだったが、いつしか犯行に巻き込まれるが、素人2人の計画は穴だらけで次々にボロが出てしまう…。

喜劇王チャップリンの遺体誘拐事件を描く「チャップリンからの贈りもの」は、なんと実話がベースだそう。無論、誇張もあるだろうが、深夜の墓地でせっせと棺を掘り起し、よっこらしょと車に積んで、別の場所に埋め直すとは、いくらのんびりした70年代とはいえ、セキュリティはどうなっているんだ?!と思わず心の中でツッコミを入れてしまった。犯人は必死だがマヌケすぎて、チャップリン家からもほとんど相手にされない始末。犯罪映画というよりも人情話のこの作品、映画全体にチャップリンへのオマージュがあふれているのがいい。そもそも有名スターの遺体を棺ごと誘拐するなんて、チャップリン本人が聞いたら、迷わずコメディ映画にしてしまいそうだ。何だかウソのようなホントのクライム・コメディだが、これを作ったのが「神々と男たち」のグザヴィエ・ボーヴォワ監督というのが、ちょっと意外。チャップリンの息子ユージーンと孫娘ドロレスの出演や、チャップリン映画で使われた名曲の数々、そして映画音楽の巨匠ミシェル・ルグランの音楽と、実は贅沢な映画だ。チャップリンの秘書役のピーター・コヨーテが、とぼけた迫力を醸し出していて、なかなか良い。
【60点】
(原題「LA RANCON DE LA GLOIRE」)
(フランス/グザヴィエ・ボーヴォワ監督/ブノワ・ポールヴールド、ロシュディ・ゼム、セリ・グマッシュ、他)
(人情度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
チャップリンからの贈りもの@ぴあ映画生活
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ