映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
恋に仕事に奮闘するブリジットもアラフォーになり、テレビ局の敏腕プロデューサーとして活躍中。でも、なぜかいまだに独身で、愛した男ダニエルは事故で他界し、友人たちもそれぞれの道へと進む中、ひとりぼっちで誕生日を祝っていた。ある日彼女は、野外音楽フェスで、IT企業の社長で、ハンサムで優しいアメリカ人のジャックと出会い、勢いで一夜を共にしてしまう。一方で、元カレで現在離婚調停中の弁護士マークとも再会する。二人の男性の間で心が揺れるブリジットだったが…。

アラサー独身女性の本音と飾らない日常を描き大ヒットした「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズ第3弾で約10年ぶりの新作「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」。アラフォーに突入したブリジットは、仕事ではキャリアップしているが、恋愛は相変わらずだ。ドジで天然、ダサくてだらしないのに、可愛らしく立ち直りが早いところは変わらない。40歳を超えたのに、まったく学んでないじゃないか!と激しくツッコミたくなるが、これがブリジットなのだ。ここを否定してしまうと、もはやブリジットではなくなるので、文句はご法度というものである。だがひとつだけ言いたいのは、主演のレニー・ゼルウィガーの劣化ぶりがあまりにヒドい。ブリジット・ジョーンズは彼女の代表作で、他のキャストは考えられないが、それでもラブコメをやるルックスでは、もはやない。これでイケメン二人が夢中になるヒロインという設定は、いくら何でも無理があるだろう。今回の原題の意味は「ブリジット・ジョーンズの赤ちゃん」なので、何が起こるかは予想がつく。ほぼ同時期にベッドインしてしまった二人の男性のどちらが父親?というのが最大の“ミステリー”で、それにどう決着をつけるのかが見所だろう。今回のブリジットの行動にはまったく共感できないのだが、このラスト、もしかして次もあるの?!これ以上老けたブリジットはかんべんしてほしい。
【50点】
(原題「BRIDGET JONES’S BABY」)
(イギリス/シャロン・マグワイア監督/レニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、パトリック・デンプシー、他)
(モテモテ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期|映画情報のぴあ映画生活

ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD]
◆プチレビュー◆
太ったままで幸せをつかむところがヨイ。ブリジットの愛読書がセルフヘルプ本というのもリアル。

ロンドンの出版社に勤める32歳の独身女性ブリジット。お堅い弁護士マークを紹介されるが、気が合わず険悪に。憧れの上司ダニエルと急接近するも、ダニエルは浮気性。よし!今年こそは、酒もタバコも止め、ダイエットに励み、恋人もみつけるぞ!との新年の誓いにも、すぐに迷いが…。みっともない所ばかり見られたはずのマークの好意的な言葉を聞いても、ダニエルのことも忘れられないし、さぁ、どうするブリジット…?!

イギリスの新聞「インディペンデント」に、ロンドンに住む30代独身女性ブリジット・ジョーンズの架空の日記がコラムとして連載、たちまち大反響。全世界で読まれた大ベストセラーとなった。赤裸々すぎる内容は、女性に対してまだ淡い夢を抱いている10代前半の少年たちが見たら、きっと幻滅するだろう。

なにしろこのブリジット、酒とタバコはガブ飲みするし、痩せると決心しても、その意思は薄氷のようにもろい。家の中を覗いてみると、脱ぎっぱなしの服はだらしなく散らかってるし、洗面台にはメーク用品が散乱、吸殻がこぼれ落ちそうな灰皿に、捨てればいいのに、妙なガラクタが散らばってる室内。二日酔いで寝起きのブリジットは、ズルっと脱いだショーツを足で器用に洗濯カゴへ。素敵な大人の女性とは程遠い人物で、ちっともヒロインらしくない。どこかに思い当たるフシがある?

しかし、ブリジットにはいじけたところが微塵もない。一種の天然ボケともいえる。ダイエットに失敗し、上司にフラれ、パジャマ姿で「オール・バイ・マイセルフ」を熱唱する合間に、時には落ち込むことはあっても、基本的にいつも前向き、ポジティブシンキングだ。深く考えないせいか、行動も早い。爆裂ぶりもすごいけど、立ち止まって引き返すくらいなら、暴走して転ぶ方を選ぶのだ。おおらかなところが見ていてうれしいし、つい応援したくなる。それに、新年に「今年こそは去年と違った自分になるんだ!」との決心は、誰もが経験あるのでは?つまり彼女は憎めないヤツなのだ。この人と一緒ならきっと心があったかくなる。その証拠に、ブリジットはとびきりイイ友達をもっている。落ち込んだ彼女を励まし、マズイ手料理だって食べてくれる愛すべき友人たちを。

30代、中年にさしかかる独身女性が自分を慰め希望を持つための映画、なんてうがった見方はダメ。ちっぽけなことで泣いたり笑ったりする私たちだ。人間は、幾つになっても他愛ない生き物なのだから。ラストのクレジットが流れる部分も楽しい。「ありのままの君が好き。」これ以上の褒め言葉がこの世にあろうか。見終わったあと、記憶に残るのは、ブリジットのはじける笑顔。ヒロインの天真爛漫さを楽しもう。

□2001年 アメリカ映画 原題「BRIDGET JONES's Diary」
□監督:シャロン・マグワイア
□出演:レニー・ゼルヴィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ