ブルージャスミン [Blu-ray]
セレブから転落したヒロインが精神を病む悲喜劇「ブルージャスミン」。ケイト・ブランシェットのなりきり演技がすごすぎる!

ジャスミンは資産家の夫とNYでセレブ生活を送っていたが、結婚生活も資産もすべて失い、サンフランシスコに住む妹ジンジャーの家に身を寄せる。庶民的な妹とは対照的にセレブ気分が抜けないジャスミンは、慣れない生活と仕事で次第に精神のバランスを崩していく。そんな時、あるパーティで裕福な独身男性ドワイトと出会い、彼こそが自分をもう一度上流階級に引き戻してくれると信じ込んだジャスミンは、虚栄と現実逃避から自分の身の上について嘘をついてしまう…。

1年1本の新作をコンスタントに作る巨匠ウディ・アレン。本作は、近年の、ちょっぴり能天気なラブ・コメから一転し、転落人生の中でもがく主人公をシビアに描いている。過去の栄光にすがり精神を病むヒロインの物語と言えば「サンセット大通り」や「欲望という名の電車」がすぐに思い浮かぶが、本作のケイト・ブランシェットの鬼気迫る演技は、グロリア・スワンソンやヴィヴィアン・リーと肩を並べるほどの熱演で、観客は圧倒されるはずだ。無一文のくせにブランドものに身を包み、華やかなセレブ・ライフが忘れられないヒロイン・ジャスミンの行動は、すべてがちぐはぐで、その言動はあまりにイタい。だが本人は真剣そのもので、そこがまたイタい笑いを誘うのだ。自分のことしか考えないヒロインの悲劇を、どこかコミカルに描いてしまうのがいかにもアレンらしい。さらに、ジャスミンが暮らしていた、優雅だがモラルに欠ける上流階級も、妹が所属する、現実的だが品位に欠ける庶民階級も、両方を冷徹に観察し、そのイヤらしい部分をシニカルな会話で描くのもアレン流だ。悲惨さと滑稽さが同居する難役をケイト・ブランシェットがさすがの演技力で演じていて、オスカー受賞も納得の熱演。名曲「ブルー・ムーン」のメロディが忘れがたい余韻を残してくれる人間ドラマだ。
【80点】
(原題「BLUE JASMINE」)
(アメリカ/ウディ・アレン監督/ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、ピーター・サースガード、他)
(虚栄心度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ブルージャスミン@ぴあ映画生活