映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ドリーム」「亜人」「僕のワンダフルライフ」etc.

マイケル・ケイン

ジーサンズ はじめての強盗

ジーサンズ はじめての強盗
ウィリー、ジョー、アルの3人は、慎ましくも幸福な老後生活を送っていたが、長年勤めていた会社から一方的に年金を止めるとの通達を受け、ショックを受ける。愛する家族や仲間たちと、幸せな余生を送りたい。そんなささやかな願いを叶えるため、ジョーはウィリーとアルに「俺たちの年金を取り戻そう!」と銀行強盗を持ちかける。今まで真面目に生きてきた3人は、すべてをかけて人生最大の勝負に挑むが…。

年金を一方的に止められた老人3人が初めての銀行強盗に挑戦するコメディ「ジーサンズ はじめての強盗」。老人の犯罪コメディというよくあるジャンルだが、何しろ演じるのが、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキン。主演全員がアカデミー賞受賞の名優なのだから、細かいツッコミどころは、ゆったりとかわして、余裕のお芝居で笑わせてくれる。もっとも内容は、弱者に冷たい高齢化社会を照射したもので、笑いごとではないのだが。無論、銀行強盗は犯罪なので手放しで応援するわけにはいかないが、実際に理不尽な理由で年金を奪われても、なす術がない現実を考えると「こんなこと、やってくれちゃったら最高!」と思わせる、一種のファンタジーと考えれば楽しめる。利益優先なのは、長年勤めた会社だけでなく、銀行も同じ。その銀行で偶然、強盗に遭遇したことから「自分たちにもやれるかも」と思って、ワルに弟子入りするという短絡的な思考が苦笑ものだが、そこは、年金なしでは生きてはいけない老人三人組、失うものなどない!というやけっぱちの強みがある。スーパーでの予行練習(万引き)や射撃のレッスン、指南役の強盗の心得のうんちくなど、おとぼけぶりに笑いながらもフムフムと思わずうなずいてしまった。そして、いよいよ本番へ。それは意外なほど綿密な計画で、楽観的なご都合主義の展開には、最後の最後に粋なプレゼントまであって、嬉しくなる。歌手としても活動している往年の美人女優アン=マーグレットは、今も変わらず美しくてキュートだし、名優3人にそれぞれ見せ場がちゃんと用意されていて、ザック・ブラフ監督が彼らをリスペクトしているのが伝わってきた。行け、ジーサンズ!80歳超えはまだまだ“若い”。
【60点】
(原題「GOING IN STYLE」)
(アメリカ/ザック・ブラフ監督/モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキン、他)
(痛快度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

グランドフィナーレ

グランドフィナーレ [Blu-ray]
スイス・アルプスの高級リゾートホテル。80歳を迎え現役を引退した世界的な指揮者のフレッドは、ここで穏やかな隠居生活を送っている。ホテルには、フレッドの親友の映画監督ミックをはじめ、ハリウッドスターやセレブが滞在しているが、皆、それぞれに心に悩みを抱えていた。そんな中、フレッドのもとに、英国女王から出演依頼が舞い込むが、なぜかフレッドは頑なに断り続ける。その理由は、娘のレナにも隠している、妻とのある秘密にあった。だが、ホテルの滞在客との交流の中で、次第にフレッドの心に変化が訪れる…。

フェリーニの系譜に連なる映画作家で、21世紀の映像魔術師と呼ばれるパオロ・ソレンティーノ監督の新作「グランドフィナーレ」は、全てを手に入れ引退した天才指揮者の心の再生を描く人間ドラマだ。スイスの山間にある豪華で優雅なリゾートホテルでのセレブたちの日常は、それだけで浮世離れしていて幻想的である。滞在するセレブたちは、過去に栄光を極めたもばかり。同時にその栄光に苦しめられている。大ヒットした映画のイメージに縛られるハリウッドスター、カリスマ的サッカー選手、世界一の美女…。一方、フレッドは絶頂期の自分の作品「シンプル・ソング」を封印しているが、それには妻にかかわるある秘密が。これがあまりに切ない。名優マイケル・ケインをはじめ、登場する役者は皆、演技派ばかりだが、中でも出演時間は短いものの、本人と重なるかのような大女優を演じるジェーン・フォンダの演技は圧巻だ。中庭で催されるイベントの優美さや、全員が同じポーズをとる前衛的な構図など、完成度の高い映像の連打にしびれるが、とりわけアルプスの緑あふれる大自然の中で、フレッドが動物たちを前に指揮をする場面の美しさに思わず心を奪われた。老いをみつめながら、なおも人生を肯定する稀有な佳作である。
【70点】
(原題「YOUTH」)
(伊・仏・スイス・英/パオロ・ソレンティーノ監督/マイケル・ケイン、ハーヴェイ・カイテル、レイチェル・ワイズ、他)
(映像美度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
グランドフィナーレ@ぴあ映画生活

キングスマン

KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [Blu-ray]
秘密裡に活躍するスパイ組織が凶悪な敵の陰謀に立ち向かう「キングスマン」。コリン・ファースってアクションもできるのか!

ロンドンの高級スーツ店“キングスマン”の実体は、どこの国にも属さない超エリートスパイ組織。中でもブリティッシュスーツを小粋に着こなす紳士ハリーは、凄腕のスパイで、日々任務を遂行していた。ある時、キングスマンの仲間が何者かに殺害される。ハリーは街の不良少年エグジーにスパイの素質を見出して、彼をスカウトし教育することに。実はエグジーの父親も、かつてキングスマンに属していたのだ。そんな中、巷では科学者の失踪事件が頻発。事件の首謀者のヴァレンタインは恐ろしい人類抹殺計画を進めていた…。

世界平和を守っている組織が実は貴族のスパイ組織だという設定がいかにもイギリスらしい。だが英国映画は階級闘争を描くとき、常に古い貴族社会に労働者階級という爆弾を放り込んで新風を巻き起こす。ハリーは貴族がすでに過去のものになりつつあることを知っているのだろう、かつて自分をかばって死んだ同僚の息子であるという恩義以上に、労働者の家庭で育ったエグジーの中に新時代を生きるスパイの可能性を見出して、一から仕込んでいく。傘や靴、ライターに万年筆といった男の伝統的アイテムに、それぞれ007ばりの仕掛けがあって実に楽しい。だが本作の一番の楽しみは、英国人オスカー俳優コリン・ファースがキレキレのアクションを見せてくれるという嬉しい驚きにあるのだ。街のチンピラたちをパブで蹴散らす場面はまだ序の口。教会での大虐殺アクション・シークエンスには度肝を抜かれた。まるでダンスを踊るかのような動きとリズミカルなカット割りは美しくクール。世界征服を企むヴァレンタインの部下で義足を凶器にした女殺し屋のアクションもまた、冴えている。監督のマシュー・ヴォーンは「キック・アス」でも意外性のあるヒーロー映画を作って見せたが、本作はそれに優雅さを加味した、痛快な進化形だ。
【70点】
(原題「KINGSMAN:THE SECRET SERVICE」)
(イギリス/マシュー・ヴォーン監督/コリン・ファース、マイケル・ケイン、サミュエル・L・ジャクソン、他)
(過激度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
キングスマン@ぴあ映画生活

スルース

スルース 【探偵】 [DVD]スルース 【探偵】 [DVD]
英国を代表する俳優ケインとロウの二人芝居で魅せる作品は、男のエゴがむき出しで興味深い。初老の推理小説家と彼の妻の浮気相手が、屋敷の中で壮絶な心理戦を繰り広げる。ほとんど演劇を見ているのと同じ空間は、映画的広がりは感じないのだが、この作品ではそれは欠点ではなく魅力になっている。高慢で陰湿なケインが抜群だが、野卑なロウも負けてない。ただし女にはどちらも願い下げ。オリジナルと見比べるのも一興だろう。
【70点】
(原題「SLEUTH」)
(アメリカ/ケネス・ブラナー監督/マイケル・ケイン、ジュード・ロウ、他)
(スタイリッシュ度:★★★☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ウォルター少年と、夏の休日

ウォルター少年と、夏の休日 コレクターズ・エディション [DVD]ウォルター少年と、夏の休日 コレクターズ・エディション [DVD]
◆プチレビュー◆
原題のセカンドハンド・ライオンズとは、映画の中でも登場する年老いた中古のライオンを意味する言葉。この原題のままでも味があったと思う。女性キャラの魅力が少々薄いが、登場人物の男気に免じて許そう。

自分勝手な母親の都合で、会ったこともなかった二人のおじさんとひと夏をすごすことになった少年ウォルター。何から何まで風変わりな二人の老人にとまどいを覚える彼だったが、屋根裏で古い写真をみつけ、若き二人の大冒険を知ることになる…。

マイケル・ケインとロバート・デュバルの二人のオスカー俳優が上手いことは言われなくても判る。しかし「シックス・センス」で天才子役ぶりをいかんなく発揮したハーレイ・ジョエル・オズメント君は、俳優として難しい年齢にさしかかり、はたして大丈夫だろうかと本当はちょっと心配した。しかし、彼の演技は実に堂々としたもので、ケインとデュバルに全くひけをとらない。声変わりこそしたけれど、やはりこのコは凄い役者だ。

お話は一種のファンタジー仕立てになっていて、偏屈な二人の老人と少年が、お互いに一緒に暮らすことで共鳴しあう姿を描く。しかし、ケインとデュバルのやんちゃなことといったらどうだろう。セールスマンに銃をぶっ放し、不良にケンカを教える。アメリカ映画界には生涯現役の“元気ジジイ”俳優が沢山いるので、うらやましい限りだ。歳はとっていても実にかっこいい。

砂漠の王女と恋に落ち、数々の危機を乗り越える大冒険はまるでアラビアン・ナイトのよう。現在の変人の姿と大きく隔たった老人二人の昔話は、母親の嘘に絶望していた少年の心に火を灯した。さらに“大金を隠し持っている”というウワサが謎めいていて、このことの真偽がウォルターと観客の注意を引き、物語を牽引する役目を果たす設定が上手い。映画に取り込む“ホラ話”は大きければ大きいほどいいもんだ。

少年は何かを信じることの大切さを、二人の老人は自分たちがまだ、誰かの役にたつ存在であることを知る。愛に飢えた少年のひと夏の成長物語という定番のスタイルを踏襲しているが、少年が老人たちに与えた影響も大きかった。強く正しい大人の男の物語は、それが全て真実ではなかったとしても魅力的なもの。こんな夜伽話をしてくれる大人が、今の世の中にどれだけいるだろうか。

□2003年 アメリカ映画  原題「Secondhand Lions」
□監督:ティム・マッキャンリーズ
□出演:ハーレイ・ジョエル・オズメント、マイケル・ケイン、ロバート・デュバル、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ