映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

マイティ・ソー

マイティ・ソー バトルロイヤル

Thor: Ragnarok
アベンジャーズの一員であるソーの前に、最強の敵“死の女神ヘラ”が現れる。美しく邪悪なヘラの圧倒的なパワーで、ソーは自慢の武器ムジョルニアを破壊され、宇宙の果てに弾き飛ばされてしまう。遠く離れた辺境の星で囚われの身となったソーは、この地を脱出するために、闘技場で盟友ハルクと対決するハメに。やがてソーは、ハルクや、弟で宿敵ロキらと即席チームを組み、ヘラに立ち向かうことになる…。

マーベルの人気ヒーローにしてアベンジャーズの一員のマイティ・ソーを主人公にしたシリーズ第3弾「マイティ・ソー バトルロイヤル」。今回は、アベンジャーズのメンバーですら持ち上げることさえできないソーのハンマー型の武器ムジョルニアをいともたやすく破壊する、桁違いのパワーを持つ死の女神ヘラが相手だ。いろいろと訳ありの最強の敵に挑むソーは、盟友ハルクや宇宙一の裏切者で弟のロキ、女戦士ヴァルキリーと即席チームの“リベンジャーズ”を結成して戦うことになるが、このヤバすぎる4人による噛み合わない会話の応酬が本作最大の魅力だ。

ケンカしながらも結局仲がいい(?)神兄弟のソーとロキの掛け合いは、兄弟漫才のよう。そもそもロキは宿敵で前作までケンカしてませんでしたっけ??とツッコミを入れるヒマさえないくらい笑わせてくれる。ハルクとソーにいたっては、筋肉同士のボケ同士で、これまた爆笑もの。ほとんど「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のノリなのだ。オスカー女優のケイト・ブランシェット演じるヘラの背景に北欧神話ならではの格調高さが垣間見えるものの、本作はあくまでもユーモアと遊び心に重きを置いている。最近シリアスに傾いていたマーベル映画を、怒涛のエンタメ路線で駆け抜けて見せたのは、ニュージーランド出身のタイカ・ワイティティ監督だ。思えば「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」の独特のユーモアは、映画ファンを大いに魅了したものだった。革命家コーグ役で出演もしている、この無名に近い俊英監督を起用したセンスが功を奏した快作である。
【75点】
(原題「THOR RAGNAROK」)
(アメリカ/タイカ・ワイティティ監督/クリス・ヘムズワース、トム・ヒドルストン、ケイト・ブランシェット、他)
(コミカル度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

マイティ・ソー ダーク・ワールド

マイティ・ソー/ダーク・ワールドMovieNEXプラス3Dスチールブック:オンライン予約数量限定商品 [ブルーレイ3D+ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
北欧神話の神の子・ソーの戦いを描く人気アメコミ・シリーズの続編「マイティ・ソー ダーク・ワールド」。もはや主役はロキになりつつある。

アベンジャーズの激闘から1年。ソーは自分の世界アスガルドに戻るが、恋人ジェーンが住むロンドンで謎の重力異常が起こる。ジェーンは調査に当たるが、宇宙滅亡を導く鍵となる“ダーク・エルフ”のパワーを自らの身体に宿してしまう。愛するジェーンを救うため、ソーは彼女をアスガルドに連れていくが、ジェーンのパワーを狙う邪悪なダーク・エルフによってソーの家族や故郷までもが絶対絶命の危機となる。ソーはこの窮地に、アベンジャーズの宿敵だった弟ロキに助けを求めることになるのだが…。

「アベンジャーズ」のメンバーにはそれぞれ葛藤があるが、神の子ソーの抱える問題は兄弟の確執という古典的なものだ。本作では、太古の魔族ダーク・エルフと闘うため、宿敵であり、血のつながらない弟ロキと共闘することに。まさかの超党派の戦いなのだが、ロキは本当に信用できるのかというサスペンス的要素をはらみながら、ド派手なVFXでアスガルドとロンドンを破壊しまくる。このすさまじいブチ壊し描写はもはやあっけにとられて見るしかない。それはさておき、続編である本作を楽しむためには、前作の鑑賞は必至だが、それよりもアベンジャーズ・プロジェクトという壮大なドラマを堪能するためにも、この兄弟の物語は押さえておきたいところである。それにしても、トム・ヒドルストン演じるロキ、完全に主役を食う存在感と活躍ぶりだ。何をしでかすかわからない危険なキャラのロキの活躍が本作の軸となっているので、彼の壮絶な運命にはロキファンは心をわしづかみにされるはずだ。命をかけた戦いというわりには全体的に軽い作りなのが気にはなるが、見ている間は十分に楽しめる。エンドロールの後に重要なワンシーンがあるので、最後まで席を立たずに見届けてほしい。
【55点】
(原題「THOR: THE DARK WORLD」)
(アメリカ/アラン・テイラー監督/クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、他)
(破壊度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

マイティ・ソー/ダーク・ワールド@ぴあ映画生活

マイティ・ソー

マイティ・ソー 3Dスーパーセット [Blu-ray]マイティ・ソー 3Dスーパーセット [Blu-ray]
北欧神話にアメコミを足し合わせ、ケネス・ブラナー流に料理すると、古典的なヒーローが誕生する不思議。クリス・ヘムズワースのマッチョぶりが妙に笑える。

神の世界“アスガルド”で最強の戦士であったソーは、横暴なふるまいで神々の世界を危険にさらす。父であり神々の王であるオーディンはソーの行為の怒り、彼の力と最強の武器“ムジョルニア”を奪い、地球へと追放する。無力で地球に落ちたソーは天文学者のジェーンと出会ったことで、徐々に人の痛みや弱さを理解していく。一方で、邪神のロキは神々の世界の征服を企み、ソーのもとへ凶悪な敵を送りこむ…。

何しろ主人公は神様だ。豪快で乱暴でオレ様ヒーローっぷりはハンパではない。荒々しいイメージの北欧神話をベースに、最新VFXを駆使した映像世界が、不思議なムードを醸し出している。監督は、意外なことに、シェークスピア劇を得意とするケネス・ブラナーだ。落ち着いて考えれば、かなりムチャクチャな話なのに、重厚に仕上げてしまうのは、さすがとしかいいようがない。物語を楽しめる理由は、主人公ソーが極めて分かりやすいキャラクターだからだろう。神々の王の息子という高貴な血筋の彼は、後継者としての自覚は有り余るほどで、闘いには進んで身を投じる正義感。傲慢な性格も、地球人の女性に恋すればあっさりと改善される。根は素直なのだ。トンカチ…、いやいや、ハンマーの形をした武器“ムジョルニア”はいかにも無骨だが、本物の戦士だけが使いこなすことができる。その資格は、父と子の葛藤を乗り越えた先にあったというのは、ほとんどギリシャ悲劇のようだ。ソーに仕える3人の忠実な戦士の一人ホーガンを演じる浅野忠信が、本作でハリウッドデビューを果たしているが、セリフは少ないもののビジュアル的には決して埋没していない。話は荒唐無稽だが実力ある役者との共演で、日本人俳優が存在感を示したことは喜ばしい。
【60点】
(原題「THOR」)
(アメリカ/ケネス・ブラナー監督/クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキンス、他)
(豪快度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

マイティ・ソー@ぴあ映画生活

【送料無料】マイティ・ソー【MARVELCorner】

【送料無料】マイティ・ソー【MARVELCorner】
価格:3,092円(税込、送料別)

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ