映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「アサシン・クリード」「ラビング」「お嬢さん」etc.

マリオン・コティヤール

マリアンヌ

ALLIED-VERTRAUTE FREMD
1942年、カサブランカ。極秘諜報員のマックスとフランス軍のレジスタンスのマリアンヌは、ドイツ大使を殺害する重大な任務につく。敵の目を欺くために夫婦を装った二人は、危険な任務を通して親密になり、その後、ロンドンで再会。強く惹かれ合った二人は結婚し、子どもも生まれて穏やかな家庭を築く。だが、マリアンヌは愛するマックスにも打ち明けられない大きな秘密を抱えていた…。

戦時下で運命的に出会った男女の過酷な運命を描くラブ・ストーリー「マリアンヌ」。美男美女が演じる情熱的な愛から、後半は一転、愛する妻への疑惑をはらすために苦悩する心理サスペンスへと転じる。ブラッド・ピットといえば、最近では、映画そのものより私生活のスキャンダルが大きすぎた感があるが、本作では、戦争が恋を生み、同じ戦争が愛を奪おうとする物語をダンディーかつセクシーに演じて存在感を示している。デビュー時には外見の良さばかりが注目され、その後はあえて“汚れ役”を選んで出演していた時期もあったブラピだが、50歳を過ぎて、こんな美男美女でなければ成立しない映画に堂々と出演するところをみると、いろいろな意味で一皮むけたのかもしれない。無論、国際的に活躍するオスカー女優のコティヤールの知的な美しさもまた絶品で、特に、40年代のクラシックな衣装に身を包んだ様は、「カサブランカ」のイングリッド・バーグマンを彷彿とさせる。妻マリアンヌに向けられた二重スパイの疑惑は、やがて、自分への愛さえも偽りだったのか?という疑いへと転じてしまう。その結末は、涙を誘うものだ。サスペンス・タッチではあるが、本作は王道のメロドラマ。だがその根底にある反戦のメッセージを見逃してほしくない。
【65点】
(原題「ALLIED」)
(アメリカ/ロバート・ゼメキス監督/ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール、リジー・キャプラン、他)
(メロドラマ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
マリアンヌ|映画情報のぴあ映画生活

マクベス

マクベス [Blu-ray]
中世のスコットランド。慈悲深いダンカン王に仕える将軍マクベスは、反乱軍との戦いに勝利した帰りに、荒野で3人の魔女に出会う。「お前は領主になり、王になるだろう」と予言され驚くが、その直後に、コーダーの領主が死亡し、マクベスが領主に任命される。マクベス夫人は夫を王にするべく、ダンカン王暗殺を執拗にけしかける。王位への欲望に負けたマクベスはダンカン王を殺害し、ついに王となるが、罪悪感と不安から、やがて狂気へと陥っていく…。

シェークスピアの四大悲劇の一つである戯曲を映画化した「マクベス」。物語は有名なので、王位に取りつかれた主人公マクベスが悲劇的な運命をたどることを多くの観客はすでに知っている。舞台、オペラはもとより、過去には、オーソン・ウェルズやロマン・ポランスキーが映画化し、日本ではあの黒澤明監督が「蜘蛛巣城」として映画化していることでも有名だ。一般的には悪女マクベス夫人にそそのかされて王位を奪ったマクベスの狂気と転落を描くのがオーソドックスな演出だが、本作の個性は、罪の意識と狂気に苛まされながらも、深く愛し合っているマクベス夫妻の絆を強調したことにある。我が子を亡くした悲しみから立ち直れないマクベス夫人は、ここでは単なる悪女ではない。マクベスもまた、子を亡くした悲しみをぶつけるように戦場で果敢に戦うが、戦場では泥まみれになって顔の識別さえ難しい姿で描かれる。そのことでマクベスは匿名性をおび、この映画のキャッチコピーでもある「あなたの心の中にもマクベスがいる」という言葉に説得力を持たせているのだ。映画の多くが野外で撮影されていて、映像は常に薄暗く不穏。それに対比するかのように、室内のろうそくの炎のゆらめきの中にいる、マリオン・コティヤール演じるマクベス夫人の美しさが際立った。やがてくる破滅の時を、マクベスは実は待っているのではないか。狂気と絶望で死にいたった夫人と再会するのを願うかのように。ラスト、真っ赤に燃え上がる荒野に、破滅へと向かうしかなかった男女の運命が重なっている。
【60点】
(原題「MACBETH」)
(英・米・仏/ジャスティン・カーゼル監督/マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、パディ・コンシダイン、他)
(夫婦愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
マクベス|映画情報のぴあ映画生活

サンドラの週末

サンドラの週末 [DVD]
工場を解雇されたサンドラは、復職は、同僚たちにボーナスを返上してもらわねばならないという条件をつきつけられる。週明けに投票が行われることになり、サンドラは週末を利用して同僚たちを説得してまわるのだが…。

どうにも苦手。どうにも貧乏くさい。ヒロインが甘ったれ。ヒロインに感情移入できない。ベルギーの名匠ダルデンヌ兄弟の「サンドラの週末」は、そんな困った映画だ。ところがこれまた困ったことに、見る価値がある。ダルデンヌ兄弟は初期の傑作「ロゼッタ」でも職を失う女性を描いているが、本作ではオスカー女優のマリオン・コティヤールがリストラされた泣き虫のヒロインを演じている。劇中のサンドラは美しいが特別に仕事ができるわけでもない平凡な女性だ。有名女優がそんな主人公を演じることで、不況にあえぐヨーロッパの経済危機は少しくらいの能力や知名度では、どうにもならないところまできていると通告する。実際、復職したいサンドラが自分のためにボーナスをあきらめてくれと頼んで、それを断る人々を誰が責められよう。おそらく賛否両論になるであろう、この物語、サンドラの成長物語として評価したい。心が折れても周囲の優しや励ましで、もう少しだけ頑張れる。それが私たち人間なのだから。
【60点】
(原題「DEUX JOURS, UNE NUIT/TWO DAYS, ONE NIGHT」)
(ベルギー・仏・伊/ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ監督/マリオン・コティヤール、ファブリツィオ・ロンジョーネ、ピリ・グロワーヌ、他)
(甘え度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
サンドラの週末@ぴあ映画生活

エヴァの告白

エヴァの告白 [Blu-ray]
転落の運命を辿りながら生き抜くヒロインを描く「エヴァの告白」。M.コティヤールのために作られたメロドラマだが、終わってみれば男性キャラの歪んだ純情が記憶に残る。

1921年。戦火のヨーロッパを逃れて米国に来たポーランド人女性エヴァ。だが一緒に来た妹は病気のため隔離され、エヴァ自身も理不尽な理由で入国を拒否される。強制送還を待つばかりエヴァの美しさにひと目で心を奪われたブルーノは、金の力でエヴァを助ける。だが、ブルーノは移民の女性たちを劇場で踊らせ、売春を斡旋する危険な男だった。何としても妹を救いたいエヴァは懸命に働くが、ついには娼婦に身を落としていく…。

監督のジェームズ・グレイはロシア系移民。劇中で登場するバナナの食べ方が分からずまるかじりするシーンは、グレイ監督の両親の実体験に基づく描写だそうだ。移民の貧困と苦労を知り尽くした監督が描くこの物語は、悲しい運命を背負った女性が転落していくという典型的なメロドラマである。本作は最初からマリオン・コティヤールを主役に想定して書き下ろされたそう。どこか戦前のフランス映画を思わせるストーリーに、コティヤールの凛とした美しさがフィットしている。だがジェームズ・グレイ監督といえば、過去作品では圧倒的に男性映画のイメージが強い。特に本作でも起用しているホアキン・フェニックスとは4度目のタッグのためか、彼が演じるブルーノという男の存在感が大きいのだ。エヴァを愛し、大切にしたいと思っているのに、彼女を傷つけることでしか愛情を表現できない、哀しい男を、フェニックスが絶妙な演技で演じている。さらにこのブルーノと、ジェレミー・レナーが演じるロマンチックな手品師で従兄弟でもあるオーランドとの愛憎入り混じる関係性も興味深い。エヴァというヒロインの映画でありながら、男の不器用な愛情が浮かび上がる物語に仕上がっている。幸薄く、それでいてたくましいエヴァを演じるコティヤールが美しい。
【65点】
(原題「THE IMMIGRANT」)
(米・仏/ジェームズ・グレイ監督/マリオン・コティヤール、ホアキン・フェニックス、ジェレミー・レナー、他)
(生命力度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

エヴァの告白@ぴあ映画生活

君と歩く世界

君と歩く世界 [Blu-ray]
肉体のぶつかりあいを介し不思議な絆で結ばれる愛の物語「君と歩く世界」。肉食系の男女の再生物語に感動する秀作だ。

南仏アンティーブの観光名所マリンランドのシャチ調教師ステファニーは、ショーの最中の事故で両足を失ってしまう。失意の彼女の心を開かせたのは、ナイトクラブの元用心棒で夜警の仕事をしているアリ。ぶっきらぼうなシングルファーザーのアリは、同情心を向けるのではなく、ストレートにステファニーに接し、そのことが彼女の心をやわらげる。賭け格闘技の試合に本能的な喜びを見出すアリとの触れ合いを重ねるうちに、やがて生きる意欲を取り戻すステファニーだったが…。

両足がない女と強靭な肉体を武器に戦う男。これは風変わりな“肉体派ラブストーリー”である。ラブストーリーといっても、純愛や献身とは違う、もっと本能的でストレートな関係だ。足がないステファニーを海に誘うアリは、一見、非常識に見えるが、海中で体を開放した彼女は「気分、最高」と言う。だが欠損した肉体へのコンプレックスからセックスへの不安を口にすると、アリはさらりと「ヤルか?」と聞く。この直情的な会話から二人の肉体関係が始まるが、そこには動物的な本能を恥じない人間の強さが感じられた。事故は悲劇だが、物語はお涙頂戴ではない。障害を扱うが社会問題にも傾かない。無論、出会って惹かれあって…の普通のラブストーリーとも違う。この物語、どう転がるのだろうと、一種のスリルさえ感じたが、「預言者」で国内外で高い評価を受けたジャック・オディアール監督は、肉体のぶつかりあいから人間愛へと至るヒューマン・ドラマへと導いてくれた。両足に義足をつけて、荒くれ男たちがいる賭け格闘技場へも出入りするステファニーのたくましい変貌に目を見張るが、愛情を表現する術を知らない粗野なアリにも変化が。息子や姉、ステファニーまでも傷付けてしまい、一人姿を消した後、彼にはさらなる試練が待つが、そこには愛情を素直に欲するアリの姿があった。ステファニーとアリの絆が意外なほど強い理由は、理屈ではなく原初的な本能で結びついたからに違いない。オスカー獲得後、ハリウッドでも大活躍のマリオン・コティヤールだが、本作ではほぼすっぴんでハンディキャップを持つヒロインという難役を好演している。南仏の輝く海の陽光や空気感もまた大きな魅力だ。
【70点】
(原題「RUST AND BONE」)
(仏・ベルギー/ジャック・オディアール監督/マリオン・コティヤール、マティアス・スーナールツ、アルマン・ヴェルデュール、他)
(パワフル度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
君と歩く世界@ぴあ映画生活

映画レビュー「ミッドナイト・イン・パリ」

ミッドナイト・イン・パリ [Blu-ray]ミッドナイト・イン・パリ [Blu-ray]
クチコミを見る
◆プチレビュー◆
パリを舞台にした幻想的なファンタジー「ミッドナイト・イン・パリ」。ユーモアと皮肉のブレンドが絶妙。 【80点】

 ハリウッドの売れっ子脚本家ギルは、婚約者イネズと共に芸術の都パリにやってくる。作家の夢を捨てきれないギルは、深夜の散歩中に、1920年代の黄金期のパリにタイムスリップ。憧れの作家ヘミングウェイや画家のピカソらと出会う…。

 才人ウディ・アレンがNYの次に愛する都と公言するパリを舞台に、奇想天外にしてロマンティックなファンタジー・コメディーを創り出した。文化・芸術が花開いたゴールデン・エイジのパリで出会うのは、ヘミングウェイ、フィッツジェラルド、ピカソ、ダリ、ブニュエルなど。百花繚乱の天才たちとのおしゃれでアナーキーな会話には、ユーモアと遊び心が満載だ。とりとめのないおしゃべり、そぞろ歩き、自虐的な自己分析といったアレンお得意のエレメントを散りばめて、ウソとマコトが楽しげにシャッフルされる。

 主人公ギルは、コンプレックスを抱えたインテリで、例によってアレンの分身キャラだ。彼は憧れの1920年代で、アドリアナという女性に出会う。彼女はモディリアーニの元恋人で、ピカソの愛人でもあった魅惑的な美女。ギルはたちまち魅了されるが、単純なロマンスへと進まないところがアレンの知的なところだ。現代と1920年代のパリの間で揺れ動くギルは、時代と同様に、婚約者イネズ、芸術家のミューズのアドリアナ、のみの市で出会ったキュートな女性ガブリエルら、魅力的な女性たちの間で揺れ動く。

 俳優たちは今回もまた豪華キャストが集結してにぎやかだ。ギルを演じるオーエン・ウィルソンは、いい意味で軽さがあり、悩める主人公を好演している。何より、アドリアナを演じたマリオン・コティヤールが醸し出す雰囲気がいい。ファンタジックな世界でさまよいながら、幸せを探す主人公に“もうひとつの人生”の素晴らしさと、決して満たされない人生の皮肉の両方を教えるのが彼女なのだ。

 華やかなパリとその周辺の観光スポットをたっぷりと取り込みながら、それを物語に絶妙に生かす美技に酔いしれるのは、観客にとって至福だ。クセがあるコメディ・センスと大量のセリフ、皮肉と自虐が満載のアレンの作品は、見る人を選ぶ。だが本作は、アレン初心者にも優しい、ソフトな作りなので、安心して楽しんでほしい。夜な夜なタイムスリップを繰り返しながら、主人公が知るのは、過去がどんなに素晴らしくても、自分は現在を生きるしかないということ。“今”にこそ希望がある。なかなか筋が通ったメッセージが込められているのだ。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)ロマンティック度:★★★★★

□2011年 スペイン・アメリカ合作映画 □原題「MIDNIGHT IN PARIS」
□監督:ウディ・アレン
□出演:オーウェン・ウィルソン、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、他
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ミッドナイト・イン・パリ@ぴあ映画生活

コンテイジョン

コンテイジョン Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)コンテイジョン Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
クチコミを見る
新種のウィルスの恐怖を豪華キャストで描く群像ドラマ「コンテイジョン」。素っ気なく地味な演出が、逆に、ひたひたと迫り来る恐怖を感じさせる。

ミッチの妻のベスは、香港出張からアメリカに帰国した直後、原因不明の疾病で急死する。同じ頃、香港、ロンドン、東京でも人々が謎の死を遂げる。接触感染により、数日で命を落とすという非常に強い新種のウィルスが発生していたのだ。アメリカ疾病予防センター(CDC)と世界保健機構(WHO)はワクチンの開発を急ぐが、フリーランスのジャーナリスト・アランがブログ上で発信した不確かな情報により、人々はパニック状態に陥ってしまう…。

地球規模で広がるウィルス感染の恐怖は、現実にも、エボラ出血熱やサーズなどがあり、決して絵空事ではない。この映画で描かれるのは、そんなパンデミックが起こったときの、さまざまな立場の人間がみせる非常事態への接し方と、人間の脆さ、そしてわずかに残る誠意だ。マット・デイモンやマリオン・コティヤール、ケイト・ウィンスレットなど、国際的な豪華スターが競演するが、映画は華やかさとは無縁。むしろ、淡々と進む不気味な演出に、スターが出演していることを忘れてしまいそうになる。何しろ、映画冒頭で、オスカー女優のグウィネス・パルトロウがあっさりと死ぬ。しかも原因を探るため、病院で頭部を開いて脳を見せるというショッキングなシーンまであって、これから起こるただ事ではない事態を予感させる。とはいえ、グロテスクな感染の描写は少なく、むしろパンデミックにおびえる人々の心理を描くのに時間を割く。本物のウィルスも恐ろしいが、情報という名の“ウィルス”の感染力の激しさも同じくらい怖いのだ。最後に明かされるウィルス発信源の謎と、映画冒頭のベスのシークエンスがつながる時、冷ややかな戦慄が走る。派手さはないが、ドライな演出にリアリティを込めた、ソダーバーグらしいパニック・スリラーだ。
【60点】
(原題「CONTAGION」)
(アメリカ/スティーヴン・ソダーバーグ監督/マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、他)
(リアリティ度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

コンテイジョン@ぴあ映画生活

映画レビュー「パブリック・エネミーズ」

パブリック・エネミーズ リミテッド・バージョン [DVD]パブリック・エネミーズ リミテッド・バージョン [DVD]
◆プチレビュー◆
伝説の銀行強盗の生き様が熱い。物語はシンプルだが、その分、ジョニー・デップの魅力が際立った。 【70点】

 スリリングな逃亡劇と美男美女が織り成すラブ・ストーリー。本作には、観客がスクリーンで最も見たいと望む要素が詰まっている。1930年代の米国。大恐慌で苦しむ庶民が英雄視したのは、鮮やかな手口で銀行から大金を奪い、不可能に見える脱走を繰り返す、ジョン・デリンジャーその人だ。大胆不敵な彼は、毎日を熱く生きることが本望のような男だが、運命的に出会った美女ビリーを愛したことで、何があっても彼女を守り抜くと誓う。だが、そんなデリンジャーをFBIは“社会の敵”と称して執拗に追い続ける…。

 不況で苦しむ大衆が犯罪者デリンジャーを義賊としてもてはやしたのは、理由がある。まず弱者からは何も奪わず、利益を独り占めする銀行から大金を奪ったこと。仲間を決して見捨てないなど、独自のルールを貫いたこと。ハンサムでおしゃれ、物腰が柔らかく紳士的だったというルックスの良さ。マスコミを巧みに利用するしゃれっ気もあった。デリンジャーという人物は、映画の主人公そのものではないか。だが、ノミ行為で大金をせしめる犯罪組織が台頭するなか、あえて危険な銀行強盗にこだわる彼は、大衆に人気はあっても時代に取り残されていく運命だった。そんな彼の最期は簡単に予想できるが、短い生涯の最後に燃えた一途な恋愛を中心に据えたことで、映画は、主人公の男気を際立たせている。当代一の人気俳優ジョニー・デップに「俺の好きなもの。野球、映画、高級服、速い車。そして君だ」と言われては、女性なら誰でもシビレてしまう。コートを華麗になびかせて、銀行のカウンターをひらりと飛び越える様は、今では滅多に見られないダンディな銀幕のスターそのものだ。美男美女の熱い恋に、1930年代のモダン・クラシックな衣装が華を添える。

 FBIに指名手配され命懸けの逃亡の中で、愛するビリーとの未来を夢見るロマンチシズムが切ない。デリンジャーという男は、殺人も辞さない犯罪者であることは間違いない。だが、映画は彼を運命的な恋に燃え尽きた男として描ききる。本作にはFBI捜査官のメルヴィンとの対決の構図もあるが、男臭くクールな映画を得意とするマイケル・マンは、意外にもラブ・ストーリーの方に比重を置いた。実在の銀行強盗ジョン・デリンジャーを、スタイリッシュでエレガントなアウトローとして描いたマン監督。彼も、どこかで太く短い人生に憧れるロマンチストなのかもしれない。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)エレガント度:★★★★☆

□2009年 アメリカ映画 原題「PUBLIC ENEMIES」
□監督:マイケル・マン
□出演:ジョニー・デップ、クリスチャン・ベイル、マリオン・コティヤール、他

(ショート・バージョンの映画レビューでお届けしています)

映画レビュー用BRバナー
←応援ポチ、よろしくお願いします!

エディット・ピアフ 愛の讃歌

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)
伝記ものは主役のなりきり演技と俳優魂あってこそ。偉大な歌手ピアフの波乱の生涯を、エピソードを厳選し、感動的に描いた秀作だ。天賦の歌の才能とエキセントリックな気性、生涯唯一の恋など、凡人とはかけ離れた女性像を、コティヤールが怪演に近い熱演。名曲がたっぷりと聴けるが、やはり「愛の讃歌」は特別だ。映画を見終われば以前と同じには聞こえず、深い哀しみと喜びの曲になる。
【75点】
(原題「LA VIE EN ROSE」)
(仏・チェコ・英/オリヴィエ・ダアン監督/マリオン・コティヤール、パスカル・グレゴリー、ジェラール・ドパルデュー、他)
(入魂度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ