映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週末の公開映画から オススメの1本! ◎
チリ他合作映画「ナチュラルウーマン」

マリナ・ハンズ

隠された日記 母たち、娘たち

隠された日記~母たち、娘たち~ [DVD]隠された日記~母たち、娘たち~ [DVD]
3世代にわたる女性の生き方を描くヒューマン・ドラマは、自由に生きることの意味を問うものだ。カナダで働くオドレイは、久しぶりにフランスに戻り両親の住む片田舎の街を訪ねる。優しい父とは対照的に、母のマルティーヌはいつも厳しくよそよそしい。オドレイは、母とのぎこちない関係に耐えられず、仕事を理由に、亡くなった祖父が住んでいた、今は空き家の海辺の一軒家で休暇を過ごすことに。ある時、キッチンの奥に隠されていた古い日記を偶然見つける。それは50年前にマルティーヌら子供を捨てて家を出た祖母ルイーズのものだった…。

その時代その時代で悩みながら懸命に生きる女性たちを描く物語は、名作「めぐりあう時間たち」を思い出させるが、本作では、祖母の日記をひも解くことで徐々に静かなミステリーが立ち上ってくる。現代女性のオドレイは仕事もあり経済的にも自立している。だが恋愛には不器用で、現在妊娠しているが家庭を築く自信がない。母マルティーヌは医師として優秀だが娘も含め他人との関係を上手く築けない。日記の持ち主の祖母ルイーズは、1950年代に女性が社会に出て働くことが難しかった時代を悩みぬいて生きた女性だ。古い日記には、料理のレシピと共に、家庭だけに縛られる生き方や、自分を理解してくれない夫への苦悩が綴られている。50年代のフランスがこんなにも女性に対して保守的だったのかと驚くが、開放的で世界の先端を行っていたのは大都会のパリだけ、片田舎の名もない街の現状はこのようなものだったのかもしれない。ルイーズの姿を“見る”のは彼女の孫であるオドレイだけで、娘のマルティーヌは姿を見るどころかルイーズの存在そのものを否定するように冷たい態度だ。それは自分たちを捨てて家を出た母への憎しみに見えるのだが、実はそれだけではない。物語は、オドレイの出産や、母娘の和解などには曖昧な答えしか出さない。その代わりに終盤に、50年前に忽然と姿を消したルイーズの秘密を明らかにして観客を驚かせる。静かな物語に似つかわしくないとさえ思うその衝撃の事実を、おそらく母のマルティーヌはうすうす感じていたのだろう。台所の奥深くに隠された日記に書かれた「子供たちには自由に生きてほしい」との言葉と、残された大金。切なくて衝撃的な事実を受け入れた時、母からも娘からも捨てられたと思いこむことで、心を武装して生きてきたマルティーヌは、初めて涙を流すことができた。好感が持てない母親を演じるドヌーブが、さすがの貫録で上手さを見せる。謎解きを主眼にはせず、女性史を寡黙に語りながら、母と娘の小さな前進をみつめる物語として味わいたい。
【60点】
(原題「MERES ET FILLES」)
(フランス・カナダ/ジュリー・ロペス=クルヴァル監督/カトリーヌ・ドヌーヴ、マリナ・ハンズ、マリ=ジョゼ・クローズ、他)
(女性映画度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
隠された日記〜母たち、娘たち〜@ぴあ映画生活

レディ・チャタレー

レディ・チャタレー ヘア無修正完全版 [DVD]レディ・チャタレー ヘア無修正完全版 [DVD]
あまり知られていない第2稿を映画化した文芸映画。自然を美しくとらえたカメラや心理描写はすこぶる丁寧だ。貴族の妻コンスタンスと森番バーキンの恋は、不倫にして身分違いの恋だが女性に罪の意識はなく、幸せそうなその言動はほとんど“天然”。互いの体を花で飾り、雨の中ではしゃぐなどの描写は小説の文字では美しいかもしれないが、映像だと引いてしまう。バーキンのルックスに全く魅力がないのが何より致命的だった。
【65点】
(原題「LADY CHATTERLEY」)
(仏・英・ベルギー/パスカル・フェラン監督/マリナ・ハンズ、ジャン=ルイ・クロック、イポリット・ジラルド、他)
(映像美度:★★★☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が趣味で運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり更新中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
当サイトはリンクフリーです
★相互リンクは設けておりませんが、当サイトはリンクフリーなので自由にリンクしてください。リンクの報告は基本的に不要です。
リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ