マリリン 7日間の恋 [Blu-ray]マリリン 7日間の恋 [Blu-ray]
クチコミを見る
世紀の大スター、マリリン・モンローの秘めた恋を描く「マリリン 7日間の恋」。無理にマリリンに似せようとしないウィリアムズの演技がいい。

1956年、英国演劇界の名優ローレンス・オリヴィエと共演するために、ハリウッドからマリリン・モンローがやってくる。オリヴィエが監督と主演を務める映画「王子と踊り子」に出演するマリリンは大歓迎を受けるものの、異国での撮影によるプレッシャー、夫アーサー・ミラーとの確執、何よりオリヴィエが彼女の演技を受け入れないことで、孤立し、情緒不安定になる。そんな中、若き助監督のコリンに不安や孤独を打ち明けるうちに、二人は次第に親密になっていくのだが…。

オリヴィエの第3助監督を務めたコリン・クラークの回想録を元にしたこの物語は、はたしてどこまでが本当なのだろう。その7日間の恋は、恋というよりむしろ友情に近いものなのだが、それでも映画史上の神話ともいえるマリリン・モンローに秘密のロマンスがあったという物語はなんともロマンチックだ。シェークスピア俳優で伝統的な演技を重視するオリヴィエと、ハリウッド育ちのマリリンは、同じ大スターでもすべてにおいて正反対。直観的なセンスとメソッド演技にこだわるマリリンにオリヴィエはいらつくが、それは彼女が、演技する必要さえない、天性の才能の持ち主だと知っているからだ。そこにいるだけで映画が成立する唯一無二の存在マリリン。だが決して彼女は天真爛漫なだけの女優ではなかったとするのがこの映画の秀でたところだ。不安と孤独に苛まされ、マリリン自身が長い時間をかけて作り上げた“マリリン・モンローの虚像”に疲れきった、痛々しいセックス・シンボル。そんな壊れやすい大スターを演じるミシェル・ウィリアムズが秀逸だ。ダンスシーンや「王子と踊り子」の演技などでは、マリリンそっくりの動きをみせはするが、ウィリアムズはあえてマリリンの“そっくりさん”になろうとせず、むしろ少女のように傷つきやすい繊細な内面からアプローチし、結果的に素晴らしいマリリンになった。映画「王子と踊り子」の演技の裏話や、舞台版で同じ役を演じたオリヴィエの妻ヴィヴィアン・リーのわだかまりなど、この軽いコメディ映画の裏にこんなにもシリアスな思惑が渦巻いていたという事実が興味深い。
【70点】
(原題「My Week With Marilyn」)
(英・米/サイモン・カーティス監督/ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エマ・ワトソン、他)
(ナイーヴ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

マリリン 7日間の恋@ぴあ映画生活