映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週末の公開映画から オススメの1本! ◎
チリ他合作映画「ナチュラルウーマン」

マーゴット・ロビー

スーサイド・スクワッド

スーサイド・スクワッド エクステンデッド・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
迫りくる世界崩壊の危機を前に、政府は服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。命令に背いたり、任務に失敗したら彼らの体内に埋め込まれた自爆装置が作動する仕掛けだ。減刑と引き換えにこの自殺に等しい任務を引き受けた悪党(ヴィラン)たちは、図らずも正義のヒーローに。正義感も団結力もやる気もない寄せ集めの悪党たちは、世界を救うことができるのか…?!

DCコミックに登場する悪党たちがチームを組み、世界を脅かす敵と戦うアクション・ムービー「スーサイド・スクワッド」。バットマンやスーパーマンに逮捕され投獄されたメンバーが作品の垣根を超えて集結しているのは壮観な眺めだ。だがこの映画、予告編が面白すぎて期待値を高めすぎてしまったせいか、どうにも物足りない。何しろ悪党(ヴィラン)といってもほとんど凶悪さは感じないいい人キャラばかりじゃないか!そもそもリーダー格の凄腕スナイパーのデッドショットを演じるのはウィル・スミスで、彼に悪役なんて無理な話である。他キャラも悪と呼ぶにはほど遠い。ヴィオラ・デイヴィス演じる政府の指揮官アマンダの極悪非道ぶりに比べたら、カワイイものだ。だがそれらすべての不満を蹴散らしてくれるキャラが、キュートな悪カワ・ヒロインのハーレイ・クインである。この映画、大スターのウィル・スミスでもなく、史上最悪の悪党キャラのジョーカーでもなく、マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインを前面に出して宣伝していることからもわかる通り、ハーレイ・クインでもっている映画といっても過言じゃない。元精神科医という知性派にもかかわらず、愛するジョーカーのことしか頭にないぶっ飛んだヒロインは、セクシーかつクレイジーな魅力で映画を引っ張り、最後には驚きの大活躍もみせてくれるのだ。面白キャラを活かしきれてない雑な脚本だが、ハーレイ・クイン1点突破で許そう!
【60点】
(原題「SUICIDE SQUAD」)
(アメリカ・カナダ/デヴィッド・エアー監督/ウィル・スミス、ジャレッド・レトー、マーゴット・ロビー、他)
(ヴィラン:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
スーサイド・スクワッド|映画情報のぴあ映画生活

ターザン:REBORN

ターザン:REBORN ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
大都会ロンドンで美しい妻ジェーンと共に裕福に暮らす英国貴族のジョン。彼はコンゴで、生まれて間もなく国の反乱に巻き込まれ、ジャングルで動物たちに育てられ“ターザン”と呼ばれていた過去があった。政府からも一目置かれる実業家のジョンだが、外交のため故郷へ戻ることに。しかしそれは罠で、故郷は侵略され、ジェーンはさらわれてしまう。ジョンはかつての野性を呼び覚まし、愛する妻と故郷を取り戻すため闘うことを決意する…。

米国人作家のエドガー・ライス・バローズによる冒険小説ターザン・シリーズは何度も映画化されてきたが、元祖ヒーローであるターザンを新たな解釈で描くのが「ターザン:REBORN」だ。ジャングルの中をツタにつかまりながら“ア〜、アア〜!”と雄たけびをあげる野人のイメージが定着しているが、本作の冒頭、ターザンは、気品あふれる美しい英国貴族として登場する。ターザンことジョンは、ベルギー政府のある秘密から罠にかかるのだが、戻ったジャングルには昔なじみの動物や“兄弟”がいて、彼らとの向き合い方すべてに自然へのリスペクトが感じられる。イケメンかつマッチョなアレキサンダー・スカルスガルドがターザンに扮し、愛するものを守りぬくヒーローを好演しているが、本作で注目すべきなのはマーゴット・ロビー演じる妻ジェーンの描き方だ。かつてはターザンに守られ救い出される美女というお飾り的な存在だったが、本作のジェーンは違う。悪者を相手にタンカを切り、仲間を守ろうと川に飛び込んで奮闘する。夫ジョンとも対等で、時には夫をやり込めるジェーンは頼もしくも微笑ましい、今どきの女性キャラだ。動物たちはすべてCGだが、まるで本物と見紛う素晴らしい出来で、アクションもスタイリッシュでスピーディー。アメコミヒーロー全盛の今、一見古臭いと思われるターザンは、生まれ直した。文明社会から野生へと戻ることで取り戻す大切なものを描く手法もまた「REBORN」なのだ。
【75点】
(原題「THE LEGEND OF TARZAN」)
(アメリカ/デヴィッド・イェーツ監督/アレキサンダー・スカルスガルド、マーゴット・ロビー、サミュエル・L・ジャクソン、他)
(元祖ヒーロー度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ターザン:REBORN|映画情報のぴあ映画生活

フォーカス

フォーカス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
凄腕詐欺師と彼から詐欺のすべてを学んだ美人詐欺師の恋の駆け引きを描く「フォーカス」。犯罪劇としては弱いがラブロマンスとしては合格点。

ニッキーは一流の詐欺師集団をまとめあげる犯罪のプロ。そんなニッキーの前に未熟な女詐欺師ジェスが現われるがニッキーは彼女に可能性を見出し、自分のチームに迎え、詐欺のノウハウを叩きこむ。やがて二人は恋に落ちるが、恋愛は仕事の邪魔だと考えるニッキーはジェスの前から姿を消す。数年後、ブエノスアイレスで大掛かりな詐欺を仕掛けるニッキーの前に、ライバルチームに所属し見違えるほど美しく洗練されたジェスが現れる…。

フォーカスとは、視点、注意のことで、それをそらすことこそが一流の詐欺のテクニックだというのは、本作の主人公ニッキーの持論だ。なるほど、一流詐欺師のニッキーが披露する数々のテクニックは、入念な事前準備あり、心理戦あり、チームプレーありと、合理的かつ華麗なもので、犯罪と分かっていても妙に感心してしまう。しかし本作のテイストは、騙し騙されのコンゲームというより、むしろラブロマンスとしての面白さにあるようだ。ウィル・スミスといえば、正義感の強いタフなヒーローのイメージだが、意外にも恋愛映画でもいい味を出す役者である。本作では仕事と恋愛は別と割り切っていても、やっぱり計算通りにはいかない男女の心理戦が軽妙な会話で描かれる。クライマックスでは、意外な人物の意外な素顔が明らかになる騙しテクが披露されるが、最も感心させられるのは、むしろ、中盤のスーパーボール観戦で繰り広げられる入念で大胆な仕掛け。思わず、名曲「悪魔を憐れむ歌」を聴きたくなった。
【65点】
(原題「FOCUS」)
(アメリカ/グレン・フィカーラ、ジョン・レクア監督/ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、ロドリゴ・サントロ、他)
(恋愛映画度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
フォーカス@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が趣味で運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり更新中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
当サイトはリンクフリーです
★相互リンクは設けておりませんが、当サイトはリンクフリーなので自由にリンクしてください。リンクの報告は基本的に不要です。
リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ