映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

ミシェル・ロドリゲス

レディ・ガイ

Assignment/ [Blu-ray] [Import]
凄腕の殺し屋フランク・キッチンは、マフィアとの銃撃戦の最中に意識を失ってしまう。見知らぬ安ホテルのベッドで目覚めると、フランクは男から女へ性転換手術を施されていた。ベッドの脇に置かれたテープレコーダーを再生すると、自分は手術をした医者で、手術はフランクへの復讐なのだという見知らぬ女の声が。怒りに震えながらも、フランクは大切な“モノ”を奪った女医を見つけ出し制裁を加えるため、銃と色気を武器に女殺し屋となって復讐に立ち上がる…。

組織に裏切られ狂気の女医から性転換で女にされてしまった殺し屋の復讐を描く異色のアクション「レディ・ガイ」。性別が入れ替わるという設定の映画は過去にも、日本映画「転校生」や、大ヒットしたアニメ「君の名は。」がある。米映画にも「スウィッチ/素敵な彼女?」という佳作があるなど、ひそかに人気のジャンルなのだが、その入れ替わりには、不思議な力が働いているというものがほとんど。だが本作は、性転換手術というから、現実的なのだ。体は女でも心は男のまま。“モノ”は取られたが、俺を女にしたヤツらのタマ(命)は取る!…というワケで壮絶な復讐劇がスタートする。キワモノでギャグすれすれのストーリーだが、リベンジの理由が妙に説得力があるのも事実だ。

見所は何と言っても、男っぽさが魅力の二人の女優だろう。男前女優ことミシェル・ロドリゲスが、術前・術後の両方を一人で演じるが、男女共にフルヌードまで披露し、気合が入った女優魂を見せてくれる。一方、もう一人の女傑女優シガニー・ウィーバーは、狂気の天才外科医に扮して貫禄たっぷりだ。メガホンを取るのは男の世界を描き続けてきたウォルター・ヒル監督。初の女性主人公が性転換された殺し屋とは、恐れ入ったが、こういうヒネッた形でもハードボイルドなテイストは貫いている。復讐のプロセスが無駄に複雑だったり、アクションが控えめだったりと、不満はある。また一部ではトランジェンダー蔑視との批判の声もあったとか。だが、効果的に挿入される劇画のグラフィックノベル風の演出を見れば、これが荒唐無稽な愛すべきB級映画だと分かる。目くじらを立てるのはヤボというもの。狂ったマッド・ドクターのラストシーンに、ゾクッとした。
【65点】
(原題「THE ASSIGNMENT」)
(仏・カナダ・米/ウォルター・ヒル監督/ミシェル・ロドリゲス、シガニー・ウィーバー、トニー・シャルーブ、他)
(珍作度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ワイルド・スピード EURO MISSION

【Amazon.co.jp限定】 ワイルド・スピード EURO MISSION スチール・ブック仕様ブルーレイ+DVDセット(E-Copy) [Blu-ray]
大人気カー・アクションシリーズ第6弾「ワイルド・スピード EURO MISSION」。そこまでするか?!の過激なアクションに唖然。

リオで犯罪王から100億円を強奪し、逃亡生活を送っていたドミニクのもとに宿敵であるFBI特別捜査官ホブスが現れる。世界中で犯罪行為を繰り返す巨大犯罪組織を壊滅させるため、ドミニクとそのチームの力を貸せというのだ。最初は断ったドミニクだったが、元エリート軍人でショウという謎の男が率いるその犯罪組織に関わっているのは、ドミニクの死んだはずの恋人レティと聞き、真偽を確かめるためホブスの依頼を引き受ける。元CIA捜査官のブライアンら、凄腕ドライバーの仲間たちがドミニクのもとに再集結。決戦の地ヨーロッパへと降り立つ…。

高級車専門の強盗団のリーダーのドミニクは、今や国際指名手配されているお尋ね者である。楽園のような南の島で優雅に暮らしてはいるが、やはり母国へのノスタルジーは捨てがたいのだろう。旧知のFBI捜査官ホブスから協力を依頼され引き受ける条件は、過去の犯罪歴を消して帰国できるようにしてくれというもの。ストリート・レースを愛し、家族や仲間を愛するドミニクとブライアンらドライバー・チームは、こうして“正義の犯罪者”となって活躍することになる。彼らは、見事なチームプレーとそれぞれの得意技を生かし、ショウの一味に迫っていく。レティがなぜ生きていたのか、そしてなぜ犯罪組織に身を置いているのか。その謎解きはあっさりとしたものだが、回を重ねる毎に過激に進化するアクション・シーンを見ていると、このシリーズの主要キャラは不死身なのだとマジメに信じてしまいそうになる。舞台はヨーロッパ。ロンドンの市街地をぶっ飛ばし、スペインのハイウェイでは、高速戦車とガチンコ勝負。ラストはなんと旅客機相手に車で大暴れ。そのあまりの勢いに、ストーリーへの突っ込みも忘れて、いつのまにか大興奮させられた。ドウェイン・ジョンソンとジーナ・カラーノというアメリカ格闘技界のスターの参戦で、このシリーズに肉弾戦という楽しみも加わっている。大切な“家族”であるレティを取り戻し、本物の自由を手に入れるため、命がけで戦うストーリーには、終盤にどんでん返しのサプライズも用意されていて、サービス満載のエンタテインメントに仕上がっている。これ以上ないくらい派手に暴れた第6作だが、ファンの期待通り、どうやら続きがあるようだ。長い長いエンドロールの後に、思わずビックリのスターが登場するワンシーンがあるので、最後まで席を立たずに見てほしい。
【65点】
(原題「FAST & FURIOUS 6」)
(アメリカ/ジャスティン・リン監督/ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、他)
(ド派手度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ワイルド・スピード EURO MISSION@ぴあ映画生活

バイオハザードV:リトリビューション

バイオハザードV リトリビューション ブルーレイIN 3D(初回生産限定) [Blu-ray]バイオハザードV リトリビューション ブルーレイIN 3D(初回生産限定) [Blu-ray]
大ヒットゲームを映画化した人気シリーズ第5弾「バイオハザードV:リトリビューション」。アリスが駆け巡る“世界”がテーマパークのようで意表を突かれる。

大企業アンブレラ社が開発したウィルスにより、地球上のほとんどの人類がアンデッド化した絶望的な世界。執拗に狙われながらも生き残ったアリスは、アンブレラ社への潜入捜査で驚愕の事実を知ることに。アリスは人類滅亡の危機を招いた人物を探して、東京、NYなど、世界中を駆け巡る。かつての仲間が敵となり、逆に敵だと思っていた人物から手を差し伸べられるという状況の中、アリスは、衝撃の新事実を知ることになる…。

人気シリーズは、回を重ねる毎に進化が必至。ついに前作から3Dとなり、ますますスケールアップしたバイオハザードの新作である。冒頭、幸せな家庭生活を営むアリスの姿があるが、それが仮想現実であることを知るのに時間はかからない。偽りの世界というこの世界観が、本作のテーマといってもいい。アンブレラ社への潜入捜査で囚われ、ある極秘施設で目覚めたアリスは、謎の女スパイのエイダ・ウォンと共に、意外な人物の手助けで脱出するが、巨大なその施設を出た後、舞台が、東京、NY、モスクワとコロコロと変化するにはワケがある。もともと室内でのサバイバル劇だったSFスリラーの小品だったバイオハザード。潤沢な資金を得て、都市や砂漠などの開かれた屋外でのアクション大作へと変貌したが、本作はスケール感はそのままに、仮想現実という名の“室内劇”へ回帰したことは興味深い。次々に舞台を変え新たな敵と対峙するゲーム色が濃い展開もまた、原点回帰だ。そのためだろうか、アンブレラ社の中枢の思惑と、アリスが見るショッキングな映像にそれほどの意外性はない。ラクーン市警のジルや特殊部隊員レインといった、過去の人気キャラが再登場。敵か味方かは状況次第だが、主要キャラが一同に会し、加えて、ゲーム版の人気キャラのエイダとレオンまで登場し、豪華顔見世興行といった趣は、ファンに“復習してください”と言わんばかりだ。次回作こそ最終決戦。となると本作は“つなぎ”の役割か。ズラリと並んだ主要キャラで過去シリーズのおさらいをしつつ、また、監督が気合を入れる3D映像をアトラクション的に楽しむつもりで鑑賞したい。
【60点】
(原題「RESIDENT EVIL: RETRIBUTION」)
(アメリカ/ポール・W・S・アンダーソン監督/ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス、シエンナ・ギロリー、他)
(キャラ勢ぞろい度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
バイオハザードV:リトリビューション@ぴあ映画生活

ブルークラッシュ

ブルークラッシュ [DVD]ブルークラッシュ [DVD]
◆プチレビュー◆
かつてはサーフィン映画といえば「ビッグ・ウェンズデー」だったが、遂に女の子バージョンの誕生だ!最近のアクション映画でサーフィンがしばしば取り入れられているのことにも注目。

サーファー達の聖地ハワイ・オアフ島ノース・ショア。ホテルでバイトをしながらサーフィン漬けの毎日を送るアン・マリーは、子供の頃から天才サーファーと言われながら、かつての事故がトラウマとなり、思い切りのいいライディングが出来なくなってしまっている。親友たちの励ましでサーフィン大会の最高峰“パイプ・ライン・マスターズ”に出場し、10メートル以上の高波に挑む決意をするのだが…。

夏にふさわしい爽やか映画がやってきた。出演俳優たちが比較的無名なのは、この映画は波とサーフィンそのものが主役だから。また、ロコガールたちのリアルな生活もきちんと描かれていて、初めて本格的に女性サーファーを描いた作品といえる。

主人公のアン・マリーは毎日サーフィンに明け暮れているが、その日暮らしに近いホテルの客室係のバイト生活から抜け出すためにも、プロのサーファーを目指している女の子。実力はあるのだが、昔の事故がいつも頭をよぎってしまう。反抗期の妹に手を焼いたり、偶然にサーフィンのコーチをすることになったアメフト選手に恋して華やかなデートを経験したりで迷いも多く、サーフィンへの情熱が時には薄れがちだ。

スポ根映画にしては、根性の部分がチョイと足りないが、そういうときに助けてくれるのが友達だ。アン・マリーの実力を信じて疑わない親友たちの必死の励ましで大会出場までこぎつける。ヒロインの親友エデンを演じるのはM.ロドリゲス。見た目だけ見ると、三白眼の彼女の方が実力も根性もありそうなのだが、ケイト・ボスワースも悪くない。実際、撮影前には何週間も練習を積んで現場に現れ、肉体的にも精神的にもガッツのあるところをみせた根性の持ち主なのだ。

ストーリーは青春スポーツ映画の定番通りで、やや甘い。しかし、気合の入った水中撮影は、CGや水槽での映像はいっさいなしのホンモノだ。プロの女性サーファーがスタントを務め、何人かは自身の役ですばらしいライディングを披露。それらを観るだけでも映画を鑑賞する価値がある。もちろん、アン・マリーが夢を叶えるため、自己に打ち勝つために、波に挑むシーンは抜群の快感だ。恐怖感すら覚える高波に乗りチューブのトンネルを抜けると、そこにはリアルで洒落た勝利が待っている。観客も彼女と共にサーフィンの疑似体験。気分はすっかり天才サーファーだ。

劇中では、太ったオヤジや、犬、よちよち歩きの子供までが楽しそうに波乗りをしている。今、世界中で流行っているスノーボードやスケートボードなどのエクストリーム・スポーツの全ての原点がサーフィン。見た目の派手さとは裏腹に、プロの世界では非常にタフで危険なスポーツであることも知っておこう。

画面から水しぶきが飛び出し、ハワイの風と潮の匂いがしそうなこの映画。スポーツ映画としての新味はないが、決してチャラチャラした軽い作品ではない。ド迫力と爽快感を存分に味わうためにも、ぜひ劇場の大画面でどうぞ。

□2002年 アメリカ映画  原題「BLUE CRUSH」
□監督:ジョン・ストックウェル
□出演:ケイト・ボスワース、ミシェル・ロドリゲス、マシュー・ディビス、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ガールファイト

ガールファイト [DVD]ガールファイト [DVD]
◆プチレビュー◆
ミシェル・ロドリゲスの三白眼の目つきが最高!ガール・ムービーとして上出来だ。サンダンス映画祭グランプリ受賞。

退屈で無気力な毎日を送る少女、ダイアナ。全てに嫌気がさす彼女は、訳もなく攻撃的な態度をとってしまう自分をもてあましている。ある日彼女は、弟が通うボクシングジムを偶然訪れ、これこそ自分が打ち込むものだと直感して強引に入門、みるみる実力を発揮し、トーナメントで勝ち進んでいく。しかし、ジムの仲間エイドリアンと恋に落ちたダイアナは、彼とアマチュアボクシングの決勝戦で対戦することを知り思い悩む…。

冒頭やファイトシーンで流れるフラメンコのリズムに惹きつけられる。眼光鋭い不敵なツラ構えのダイアナを演じるミシェル・ロドリゲス。彼女のド迫力の三白眼は、いままでにない“こびないヒロイン”を、目つきだけで十分に現していて、この映画が彼女を魅せる映画だとひと目で気づく。

無気力な女の子が、ボクシングを通じて様々なことを学び、成長するストーリーは、女の子がボクシングという点を除けば、ありがちな青春映画。しかし、自らも実際にボクシングをやっていたというクサマ監督は、前代未聞のボクシングでの恋人対決という素材を、新鮮な恋物語にまとめた。

最初はただ怒りややるせなさをぶつけるだけだったダイアナのボクシングは、コーチの指導を受けるうちに自己鍛錬の大切さやトレーニングの質を学び、心も身体も明らかにたくましく変化していく。ロドリゲスも熱演で、演技はまだまだ荒削りだが、獣のような激しさの中に少女らしいナイーブな横顔をのぞかせる。計らずも恋人と戦わねばならなくなり、思い悩む二人。ダイアナとエイドリアンの試合は、いわば濃厚なラブシーンだ。

ラストは希望でもなく絶望でもない、非常に現実的な一面をみせる。ヒロインには恋もボクシングも、大人になっていく確かな原動力。10代の二人に将来の約束など必要ないし、お互いを認め合う姿が何よりも清々しい。残念なのは、家族、特に父親との確執が中途半端に終わっていることか。

この映画の特徴は、「試合に勝つ」ことに焦点がおかれていないこと。思春期というのは誰もが経験する独特な季節で、とまどいと行き場のないエネルギーをボクシングによって昇華させていくヒロインは、チャンピオンになりたいわけでもなく、闘魂そのものや誰かを倒すことがカタルシスなわけでもない。彼女は他の誰のためでもなく、自分自身のために戦っていて、それは社会に力強く踏み出すためのトレーニングなのだ。何かに夢中になったり、自分なりに成し遂げることで、人はこんなにも変わることができる。そうすることで、きっと日々の悩みなど砕け散っていくに違いない。

□2000年 アメリカ映画 原題「Girlfight」 
□監督:カリン・クサマ
□出演:ミシェル・ロドリゲス、サンティアゴ・ダグラス、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ