映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ドリーム」「亜人」「僕のワンダフルライフ」etc.

ライアン・レイノルズ

ライフ

Life
世界各国から6人の宇宙飛行士がISS(国際宇宙ステーション)に集結し、火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。医者のデビッド、検疫官のミランダ、航空エンジニアのローリーらは、脳と筋肉だけで構成された神秘的な生命体の生態に驚愕する。だが、生命維持装置の誤作動から、その生命体は人間を敵とみなし、圧倒的な生命力で宇宙飛行士たちの命を脅かす。6人は逃げ場のない宇宙で追い詰められていくが…。

地球外生命体の恐怖を描くSFホラー「ライフ」。内容は、傑作SF「エイリアン」に激似で、宇宙空間という密室サバイバルという設定は「ゼロ・グラビティ」という風に、既視感はあるものの、それでも映像の面白さや豪華キャストが意外な順番で命を落とす様、ラストのどんでん返しまで、それなりに見所が用意されている。まず火星から採取した地球外生命体のビジュアルだが、最初は何とも愛らしい。柔らかいクリーム色で小さな身体をひらひらさせる様子は、ちょっと“氷の妖精”ことクリオネを思わせる。だが、カルビンと名付けられたこの生命体は、相手が自分に危害を加えると判断するやいなや、すさまじい勢いで反撃・攻撃するのだ。あっという間に進化し成長したカルビンの目的はただひとつ、生き延びること。そのためなら流血、殺人、なんのその!だ。シンプルかつ強烈な、生存という目的のためには手段は選ばない。その意味で「ライフ」というタイトルは的を得ているのだが、この自然ドキュメンタリーのような、平和的な題名に騙されてしまう観客がいるのでは…と心配でならない。PG12指定なので、スプラッタ描写もふんだんに登場する。

地球外生命体との遭遇は、即、脅威! このメッセージにはいろいろと言いたいことはあるが、そもそも勝手に採取して研究しようという、上から目線の人類側にも問題があるのかも。いずれにしても「エイリアン」へのオマージュたっぷりの本作、あっと驚くラストは、ちょっと予想がつくとはいえ、背筋が凍るはずだ。やはり本家の「エイリアン」は偉大なSF作品だったのだと改めて感じさせてくれる1本に仕上がっている。豪華キャストが揃う中、日本人のシステム・エンジニア役の真田広之が、しっかり存在感を示しているのが嬉しい。
【55点】
(原題「LIFE」)
(アメリカ/ダニエル・エスピノーサ監督/ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズ、他)
(豪華キャスト度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

クリミナル 2人の記憶を持つ男

クリミナル2人の記憶を持つ男 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
CIAロンドン支局のエージェント、ビリーが、国際秩序崩壊を狙うテロリストを追う任務中に命を落とす。ビリーはアメリカ軍の核ミサイルを遠隔で操作することが可能な天才ハッカー、ダッチマンの居場所を唯一知る人物だった。ダッチマンと接触することを企てるテロリストより早くダッチマンを探し、世界の危機を救う。そのためは、禁断の脳移植手術によってビリーの記憶を他人の脳に移植しなければならない。移植の対象に選ばれたのは、凶悪犯の死刑囚ジェリコだった。記憶が失われるまでのタイムリミットは48時間。ジェリコは凶悪犯の自分と、CIAエージェントのビリーの2つの人格に引き裂かれながら、テロリストとの壮絶な闘いに巻き込まれていく…。

殉死したCIAエージェントの記憶を脳に移植された死刑囚が、テロリストを追うスパイ・アクション「クリミナル 2人の記憶を持つ男」。記憶をモチーフにした映画は数多くあるが、本作は脳移植によって2つの人格がせめぎあい、さらに記憶が失われる48時間以内にテロを阻止するという、タイムリミット・サスペンスだ。人間らしい感情が欠落しているという条件ゆえに、他人の記憶を埋め込まれる死刑囚ジェリコを演じるのがケヴィン・コスナーだ。悪役を演じてもどこか“イイ人”を感じさせるコスナーだけに、1人の人間の中に善と悪が同居するという難役でも、善の部分が徐々に際立って共感を得るキャラクターに仕上がっている。事件解決のため、時に非情な手段に出るロンドン支局長とは対照的に、実験段階だった脳移植手術を強引にやらされる医師は、まだ未完成の施術に悩みながら、ジェリコを気遣う優しさがある。それぞれをゲイリー・オルドマン、トミー・リー・ジョーンズという名優たちが演じているのも贅沢だ。実際この地味な作品は、意外なほど豪華キャストが顔を揃えていて、ちょっと驚いてしまう。脳と記憶の移植というのはあくまでSFのレベルだが、善悪はおろか、感受性も心さえも持ち合わせていないジェリコが、人間性に目覚めていく展開は、現代のフランケンシュタインのようでもある。スパイアクションとしては少々物足りないし、ラストはご都合主義にも思えるが、人とは呼べなかった人間が、魂を獲得する心の旅路としてみれば、なかなか味わい深い。
【60点】
(原題「CRIMINAL」)
(米・英/アリエル・ヴロメン監督/ケヴィン・コスナー、ゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズ、他)
(スパイもの度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
クリミナル 2人の記憶を持つ男|映画情報のぴあ映画生活

セルフレス/覚醒した記憶

セルフレス/覚醒した記憶 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/特製ブックレット付) [Blu-ray]
68歳の大富豪のダミアンは、末期がんで余命を宣告される。どれほど偉大な知性と財力、カリスマ性で社会を操ってきた男も死への恐怖には勝てなかった。そんなダミアンに科学者のオルブライトが、最新技術で培養した若く健康なクローンに頭脳を転送するという非合法の施術を持ちかける。莫大な料金と引き換えに手に入れた若い肉体とエドワードという新しい名前で人生を謳歌するダミアン。だがオルブライトから手渡された副作用を抑える薬を飲み忘れた時、不可解な幻覚を見たことから、実はダミアンの身体はクローンではなく、妻と幼い娘がいる元兵士の肉体だったという事実を知る…。

病いに蝕まれた肉体から頭脳だけを健康な肉体に移した男が謎の記憶に悩まされ驚愕の事実を知るSFアクション・スリラー「セルフレス/覚醒した記憶」。人間には昔から「不老不死」や「第二の人生」という見果てぬ夢があるが、本作ではそれは、富裕層のみが手にできる贅沢品として描かれる。“新品の身体”のクローンではなかったというのは誤算だが、特殊部隊の元兵士の肉体は、主人公ダミアンに、知性、財力に加えて、若く強靭な肉体と戦闘能力までも与えたというわけだ。他者の記憶を手掛かりに命がけで悪事を暴くストーリーは、どこか「トータル・リコール」を思い出すもので既視感満載。後半は、秘密組織から命を狙われながら、元兵士の家族を守りつつの逃避行という平凡なアクションへと変貌する。正直、ご都合主義も多いし、新しい肉体を手に入れたことによる違和感のジレンマも表層的で心理描写はほとんど活きていない。それでも、どれほど手垢がついていようとも“記憶”にまつわる物語というのは、どこかセンチメンタルな魅力があるのだ。何よりも意外なのは、この映画の監督が、個性的な映像派のターセム・シン監督であることだ。過去作に見られるようなアーティスティックな映像はなく(それでも映像美はひそかに見え隠れする)、あえてストーリーを語ることに専念したそう。意欲は買うがやっぱりターセム・シン監督はビジュアル派なので、映像で語ってほしい。
【50点】
(原題「SELF / LESS」)
(アメリカ/ターセム・シン監督/ライアン・レイノルズ、ナタリー・マルティネス、マシュー・グード、他)
(既視感度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
セルフレス/覚醒した記憶|映画情報のぴあ映画生活

デッドプール

【Amazon.co.jp限定】デッドプール ブルーレイ版スチールブック仕様 (俺ちゃんステッカー&俺ちゃんカード&日本限定アート グリーティングカード付き) [Blu-ray]
ウェイドは、以前は凄腕の特殊部隊の隊員だったが、傭兵に転身してからは、ヒーロー気取りで悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいた。愛する恋人ヴァネッサとの結婚を控え、幸福の絶頂にあったが、いきなり末期ガンだと診断される。謎の組織から、ガンの治療と引き換えに人体実験を受けるよう提案され、それを承知したウェイドは、不死の身体を手に入れるが、全身ただれた無残な姿に。ヴァネッサにもう一度会うため、ボロボロの顔を隠した自前の赤いスーツに身を包み「デッドプール」と名乗りながら、自分を肉体改造した宿敵エイジャックスを探すのだが…。

アメコミヒーローの中でも極め付けの異色ヒーローを描いたR指定のアクション映画「デッドプール」。能天気で無責任、下ネタ全開、おしゃべり好き。正義や人助けには無関心でマイペース。悪者を退治するのに、キティちゃんのバックに銃をつめ、タクシー(無銭乗車!)で移動しながら、運転手の恋愛相談にのる。こんなヒーロー、見たことがない。演じるのは主演・製作を務めるライアン・レイノルズで、彼は「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」でもこのキャラを脇役として演じているのだが、本作ではまさかの主役である。どこまでもいいかげんなヒーローだが、そのアクションはバイオレンス満載で本格的だ。しかも、エロ路線まっしぐらだと思っていたウェイドとヴァネッサの恋愛は、高純度のピュアなラブストーリーなのである。あ〜、びっくりした。少々マンネリ化してきたアメコミヒーロー映画に、こんな突破口があったとは。映画ネタ満載なので、映画オタクもしっかり楽しめるし、80年代の音楽をふんだんに使っていて、アラフォー世代にも寄り添った作り。冒頭にはなんと「バカ映画の始まりです」という開き直ったようなテロップが入って、いきなり先制攻撃されてしまうから要注意だ。こんな“俺ちゃん”、嫌いになれない。
【65点】
(原題「DEADPOOL」)」。
(アメリカ/ティム・ミラー監督/ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、エド・スクライン、他)
(おバカ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
デッドプール|映画情報のぴあ映画生活

黄金のアデーレ 名画の帰還

黄金のアデーレ 名画の帰還 [Blu-ray]
アメリカ・ロサンゼルスでブティックを営みながら暮らす82歳の未亡人マリア・アルトマン。彼女は、グスタフ・クリムトが描いた“オーストリアのモナリザ”と呼ばれる名画「黄金のアデーレ」の返還を求め、駆け出し弁護士ランディの助けを借りて、オーストリア政府相手に訴訟を起こす。マリアは、叔母アデーレを描いたこの名画を取り戻す法廷闘争を戦いながら、ナチスに翻弄された自分自身の運命を振り返っていた…。

クリムトの名画にまつわる実話を映画化した「黄金のアデーレ 名画の帰還」は、ナチスによってすべてを奪われた女性が、オーストリア政府を相手に訴訟を起こすという驚きの実話だ。世界で最も有名な絵画の一つにこんな劇的な歴史秘話があったとは。過去の物語は、ナチスの迫害を逃れ命からがら祖国から脱出した裕福なユダヤ系一族出身のマリアが、両親を置き去りにせざるを得なかった深い悔恨に満ちた悲しい歴史だ。一方、現代の物語は、ナチスによって奪われた個人所有の絵画「黄金のアデーレ」を国の宝として、正当な持ち主マリアに返そうとしないオーストリア政府とのガチな法廷闘争である。ここには、どこか頼りない新米弁護士のランディの成長物語も描かれる。ランディは、自分とルーツが同じで縁があったマリアの裁判に携わることで、仕事への情熱と誠意に目覚め、一見勝ち目のない裁判にも知恵と勇気で立ち向かう一人前の弁護士へと変わっていくのだ。過去と現代と結びつけるこの構成が巧みで、祖母と孫ほどに年が離れているマリアとランディの凸凹コンビを、思わず応援したくなるだろう。コスメのエスティ・ローダーの会長ロナルド・ローダーとマリアがどういう経緯で知り合ったのかが少し分かりにくいが、「誰もが鑑賞できるよう、常時展示すること」を条件に、「黄金のアデーレ」こと「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」は、ローダーが高額で買い取り、現在、NYのノイエ・ガレリエに所蔵されている。今まで避けてきた悲痛な過去に向き合いながら、裁判を戦い抜くマリアの姿は、実にりりしい。シリアスな中にも、そこはかとないユーモアを感じさせる演技は、さすがは名女優ヘレン・ミレンである。
【70点】
(原題「WOMAN IN GOLD」)
(米・英/サイモン・カーティス監督/ヘレン・ミレン、ライアン・レイノルズ、ダニエル・ブリュール、他)
(再生度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
黄金のアデーレ 名画の帰還@ぴあ映画生活

デンジャラス・ラン

デンジャラス・ラン Blu-ray & DVD (デジタルコピー付)デンジャラス・ラン Blu-ray & DVD (デジタルコピー付)
新米CIAが悪党と共に逃避行を繰り広げる異色のアクション「デンジャラス・ラン」。クールな悪役を演じるデンゼル・ワシントンがさすがの存在感だ。

南アフリカ共和国。この最果ての地にあるCIAの隠れ家であるアジトに一人の男が護送されてくる。その男トビン・フロストは、元CIAの凄腕エージェントで、今は世界36ヶ国で指名手配を受けた大物犯罪者だ。彼が収容されるや否や、鉄壁の守りのはずのアジトが何者かに襲撃される。アジトの管理人である新人CIAのマットは、フロストから「おまえは自分を守る義務がある」と迫られ、やむなく彼を連れて命がけで脱出。敵の正体も目的も分からぬまま、危険すぎる男フロストを連れて逃走を続けることになる…。

物語の裏側にあるのは、権力の腐敗構造。これ事態は目新しいものではない。だが映画に頻繁に登場するエリート集団CIAに、窓際のような閑職があって、そこでくすぶる人間が多くいることを盛り込み、それを上手く物語に活かしたところがこの映画の新しさだ。ボーン・シリーズのスタッフが揃っているだけに、街中を逃げ回るスピーディな映像は緊迫感たっぷり。カーチェイスも迫力満点だ。名優のデンゼル・ワシントンはオスカーを受賞した「トレーニング・デイ」もそうだが、悪役をやらせるととびきり上手い。しかも彼が演じる悪役には、人を惹きつけてやまない魅力を醸し出す。本作で演じる大物犯罪者トビン・フロストは国家機密を売りさばく超・危険人物だが、むろんそんなことに手を染めるにはワケがある。新米のマットを殺すことなど赤子の手をひねるようなものなのに、そうしないのは、“プロしか殺さない”をモットーにするフロストがマットを半人前としか思っていないこと以上に、国家や裏組織の闇を知り尽くしたフロストには、マットの正義を守る心が見えたのかもしれない。騙し騙されながらの逃走の最中に、フロストは何気なくマットの“教育係”の役目も果たしている。クライマックスには、さらなる裏切りと驚愕の事実が。迫り来る敵も怖いが、一緒に逃げる相手はそれ以上に恐ろしい。逃亡劇という手垢のついたジャンルを、そんなユニークなバディ・ムービーの設定で転がしてみせたのはスウェーデン人監督のダニエル・エスピノーサだ。キャスティングの良さと、たたみかけるアクション、スリリングな逆転からクールなラストまで、手堅い演出で楽しませてくれた。
【65点】
(原題「SAFE HOUSE」)
(アメリカ/ダニエル・エスピノーサ監督/デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ、ベラ・ファーミガ、他)
(緊迫感度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
デンジャラス・ラン@ぴあ映画生活

グリーン・ランタン

グリーン・ランタン 3D & 2D ブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]グリーン・ランタン 3D & 2D ブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]
クチコミを見る
DCコミックの人気ヒーロー“グリーン・ランタン”が初の映画化。世界を救うべく選ばれた青年の成長物語は、あまりにイージーな展開で苦笑する。

優秀なテストパイロットのハル・ジョーダンは、自信過剰でお調子者という欠点だらけの人間。そんな彼が、宇宙の警察組織“グリーン・ランタン”の一員に選ばれてしまう。並外れた威力を秘めたパワーリングの力に、最初は喜んだが、自分が選ばれた理由も分からず、やがて恐怖心が芽生えてしまう。一方で、最凶の敵・パララックスによって宇宙滅亡の危機が目の前に迫っていた…。

宇宙の秩序を守るために、伝説の英雄が選んだのが、欠点だらけの地球人というつかみは面白い。主人公のハルが、“大いなる力に伴う大いなる責任”に戸惑いながらも、やがて成長する展開も、ヒーローもののセオリー通りだ。だが、そうなるまでがあまりに安直だし、ハルを助けるグリーン・ランタンのキャラたちがメリハリに欠けて存在感が薄い。宇宙最強の武器“パワー・リング”は、心に思い描いたすべてのイメージを現実に創り出すことができる反面、緑のランタンによってエネルギーを充電しなければ使えないという中途半端なアイテムで、便利なんだか不便なんだか。要するに、すべてに消化不良の感は否めないが、ラスト・シークエンスを見る限り、どうやら物語には続きがありそうだ。主役のライアン・レイノルズのルックスは、宇宙の運命を託すには、あまりに頼りないのだが、ランタンといういまひとつ迫力不足のアイテムを操るには、コワモテのタフガイではなく、彼の持つフツー感がちょうどいいのかもしれない。キワモノ系B級ヒーローものと割り切れば、楽しめる。
【45点】
(原題「Green Lantern」)
(アメリカ/マーティン・キャンベル監督/ライアン・レイノルズ、マーク・ストロング、ピーター・サースガード、他)
(迫力度:★★★☆☆)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

グリーン・ランタン@ぴあ映画生活

[リミット]

[リミット] コレクターズ・エディション [DVD][リミット] コレクターズ・エディション [DVD]
究極の一人芝居で描く生き埋め脱出劇だが、緊張感が持続して、まったく退屈しない。米国人の運転手コンロイは、土の中に埋められた箱の中で目を覚ます。そこにはライターと電池残量僅かの見知らぬ携帯電話が。ポールは思いつく限りの番号へ電話をかけて脱出を試みるが、箱の中の酸素はどんどん少なくなっていく。やがてその携帯電話に1本の電話がかかってくる…。

映画が始まってもしばらくはスクリーンは真っ暗の状態。やがて、荒い息が聞こえてただならぬ雰囲気が漂いはじめる。そんな異様なオープニングもさることながら、舞台は暗い箱の中だけ、出演者はコンロイ役のライアン・レイノルズただ一人という、かなりの異色作なのだ。だがこの徹底した制約がすこぶる面白く、作り手の意気込みと創意工夫が感じられる。どうやらそこはイラクで、何者かに襲われ拉致されたのだと少しずつ分かると、背筋が凍る思いがすると同時に、激しく興味をかきたてられるだろう。生き埋めの状況は同じながら、主人公の周囲では、電話の相手の要求、会社やFBIの対応、やっとつながった友人や家族など、シチュエーションはめまぐるしく変化する。その途中に、目的も手段も間違えた悪しき戦争の実態や、大企業の保身など、社会性がしっかり盛り込まれているのが上手い。電話1本で世界中につながるのに、本人は箱の中で一歩も動けないという皮肉な対比も効いているが、コンロイが家族や周囲との会話から自分自身をみつめていく心情の変化が丁寧に描かれるのが素晴らしい。そこには自らを犠牲にするほどの家族愛も。回想シーンもなく、電話の相手も声のみの出演。これほどまでに徹底した一人芝居のスリラーが、かつてあっただろうか。観客はコンロイ自身となって目に見えない電話の相手への愛や憤りを疑似体験できるはずだ。箱の中という限定空間だが、真横から、足元から、時には天井部分をはずした形の超俯瞰の撮影まで、カメラワークもなかなか凝っている。暗闇と、携帯画面やライターの光を対比した照明の効果も見逃せない。何より、たった一人で過酷な環境の中で演じきったライアン・レイノルズの熱演が光った。ついでに、映画館にいながらにして閉所の息苦しさを味わえるという、困った面白さも。物語と現実の時間がほぼ同時進行で進むこの脱出劇、はたして主人公は無事に脱出できるのか。衝撃的な結末をぜひその目で見て確かめてほしい。
【80点】
(原題「BURIED」)
(スペイン/ロドリゴ・コルテス監督/ライアン・レイノルズ)
(緊張感度:★★★★★)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

あなたは私の婿になる

あなたは私のムコになる [DVD]あなたは私のムコになる [DVD]
女性上司が男性部下に自分との結婚を“命令”するのは新しい。だが、婚活と永住権の組み合わせは、新機軸というよりむしろ古典。いずれにしても明るいノリはロマ・コメの王道だ。出版者の鬼編集長マーガレットは、NYで成功したカナダ人・40歳のキャリウーマンだが、ビザの申請をサボッたために国外退去を命じられる。そんなことでキャリアを捨てるものかと、とっさに思いついた捨て身の案は、なんと、気弱な部下・28歳のアンドリューとの偽装結婚。バレれば重罪の二人は、入国管理官の質問に備えて、週末をアンドリューの実家のアラスカで過ごすハメに。マーガレットは、素朴な街で思いがけない歓待を受け、とまどうことになる。

サンドラ・ブロックはやっぱりコメディがよく似合う。肉食系女子と草食系男子のパワハラもどきの恋愛は、ロマンチック・コメディの定石通りの展開で、最悪のスタートから互いを知ることでやがて本物の恋へと変わる。この“お約束”感が安心で心地よい。グリーンカードの扱いが安易すぎたり、アンドリューの実家が富豪である必要性に欠けるのは気になるが、その分、アラスカという異世界の描写で笑わせポイントを稼いだ。お気楽なようで物事をしっかり見ている祖母アニーの名演技に、マーガレットもアンドリューも観客までもヤラれてしまうはずだ。この物語は一見アラフォー女子の結婚への妄想のように見えるが、案外、頼れる年上女房に甘えたい逆玉狙いの男子にもウケそうで、微妙な面白みが漂っている。ただロマ・コメにはサンドラ・ブロックは少々年をとりすぎた。今回までがぎりぎりセーフといったところか。
【60点】
(原題「The Proposal」)
(アメリカ/アン・フレッチャー監督/サンドラ・ブロック、ライアン・レイノルズ、ベティ・ホワイト他)
(パワハラ度:★★★☆☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ