映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ザ・マミー」「君の膵臓をたべたい」「ファウンダー」etc.

ライフ

ライフ

Life
世界各国から6人の宇宙飛行士がISS(国際宇宙ステーション)に集結し、火星で採取された地球外生命体の細胞を極秘調査することに。医者のデビッド、検疫官のミランダ、航空エンジニアのローリーらは、脳と筋肉だけで構成された神秘的な生命体の生態に驚愕する。だが、生命維持装置の誤作動から、その生命体は人間を敵とみなし、圧倒的な生命力で宇宙飛行士たちの命を脅かす。6人は逃げ場のない宇宙で追い詰められていくが…。

地球外生命体の恐怖を描くSFホラー「ライフ」。内容は、傑作SF「エイリアン」に激似で、宇宙空間という密室サバイバルという設定は「ゼロ・グラビティ」という風に、既視感はあるものの、それでも映像の面白さや豪華キャストが意外な順番で命を落とす様、ラストのどんでん返しまで、それなりに見所が用意されている。まず火星から採取した地球外生命体のビジュアルだが、最初は何とも愛らしい。柔らかいクリーム色で小さな身体をひらひらさせる様子は、ちょっと“氷の妖精”ことクリオネを思わせる。だが、カルビンと名付けられたこの生命体は、相手が自分に危害を加えると判断するやいなや、すさまじい勢いで反撃・攻撃するのだ。あっという間に進化し成長したカルビンの目的はただひとつ、生き延びること。そのためなら流血、殺人、なんのその!だ。シンプルかつ強烈な、生存という目的のためには手段は選ばない。その意味で「ライフ」というタイトルは的を得ているのだが、この自然ドキュメンタリーのような、平和的な題名に騙されてしまう観客がいるのでは…と心配でならない。PG12指定なので、スプラッタ描写もふんだんに登場する。

地球外生命体との遭遇は、即、脅威! このメッセージにはいろいろと言いたいことはあるが、そもそも勝手に採取して研究しようという、上から目線の人類側にも問題があるのかも。いずれにしても「エイリアン」へのオマージュたっぷりの本作、あっと驚くラストは、ちょっと予想がつくとはいえ、背筋が凍るはずだ。やはり本家の「エイリアン」は偉大なSF作品だったのだと改めて感じさせてくれる1本に仕上がっている。豪華キャストが揃う中、日本人のシステム・エンジニア役の真田広之が、しっかり存在感を示しているのが嬉しい。
【55点】
(原題「LIFE」)
(アメリカ/ダニエル・エスピノーサ監督/ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、ライアン・レイノルズ、他)
(豪華キャスト度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ライフ いのちをつなぐ物語

ライフ -いのちをつなぐ物語- Blu-Ray プレミアム・エディションライフ -いのちをつなぐ物語- Blu-Ray プレミアム・エディション
クチコミを見る
スケールの大きいネイチャー・ドキュメンタリーの秀作。人間もまた大自然の一部なのだと改めて教えられ、謙虚な気持ちになる。

「ディープ・ブルー」や「アース」などを手がけたBBCによる壮大なネイチャー・ドキュメンタリーは、撮影日数3000日、総制作費35億円という大作だ。陸、海、空に住むさまざまな動物を追って、地球の全大陸で撮影を行っている。特筆なのは、超ハイスピードカメラとハイビジョンマクロカメラによってとらえられた、あまりにも鮮明な驚きの映像の数々だ。キャッチフレーズに“動物たちと同じ目線”とあるが、まさにその通りで、いったいどうやって撮影したのか知りたくなる、驚異的な映像は、氷の大地ですべてを我が子に教え込むアザラシの子育て、究極の持久戦で相手をし止めるコモドオオトカゲ、チームプレーで獲物を狩るチーターや、甘い蜜で虫を誘う食肉植物など。どれもが目的はただひとつ「生きる」ということだ。

このネイチャー・ドキュメンタリーを映画館の大画面で見るのは、決して日常では得られない映像体験。アクション映画やファンタジー映画は、私たち観客をドキドキさせる。だが我々が住む地球には、こんなにも驚きと冒険に満ちた世界があるのだということを改めて教えてくれる作品だ。自然や環境のことを考えるきっかけになる映画だが、環境保護を声高に叫んでいないところがかえって訴求力がある。
【70点】
(原題「ONE LIFE」)
(イギリス/マイケル・ガントン、マーサ・ホームズ監督/(ナレーション)松本幸四郎、松たか子)
(生命力度:★★★★★)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ライフ -いのちをつなぐ物語-@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ