映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

リリー・ジェームズ

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 (オリジナル・サウンドトラック)
第2次世界大戦勃発後の1940年、ヨーロッパでナチス・ドイツが猛威をふるうなか、イギリスでは、チェンバレンの後任としてウィンストン・チャーチルが英国首相に就任した。フランスは陥落寸前、英仏軍がダンケルクの海岸に窮地に追い込まれる絶対絶命の中、政界で敵が多いチャーチルは、ヒトラーとどう向き合うかの選択を迫られる。和平か、徹底抗戦か。街で市民の声を聞いたチャーチルは、国会で議員たちに向かって演説を始める…。

第2次世界大戦下のイギリスで、苦渋の選択を迫られるウィンストン・チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの4週間を描く伝記ドラマ「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」。対話か、抗戦か。ヒトラーという分かり易い絶対悪が存在していた時代、ここでの抗戦は正義の選択だ。だがそれは後の世の人間だから言えること。人間としても政治家としても欠点が多く、政敵だらけだったチャーチルは、不安と絶望の中で、国民に犠牲を強いる苦渋の決断をすることになる。歴史の渦中にいたチャーチルの決断に、今の私たちを含む全世界の運命がかかっていたのだ。本作は“DARKEST HOUR(最も暗い時)”に立ち上がることができる人間だけが真のリーダーなのだと教えるドラマなのである。

政治家の伝記映画だが堅苦しさはなく、新人秘書の目を通すことによって、老政治家チャーチルの私生活や家庭人としての側面、風変わりな仕事ぶりなどを描いたのが効果的だ。無心で猫とたわむれたり、トレードマークのVサインの意外な誕生秘話など、微笑ましいエピソードも楽しめる。何より偉大なチャーチルを、チャーミングな変わり者として演じ切ったゲイリー・オールドマンの名演抜きに、この映画は語れない。彼が今まで演じてきた、ロックスターや悪役などのアウトローの妙演は、政界一の嫌われ者と言われたチャーチルと不思議なほど共通点があるのだ。演説のシーンはどれも見事だが、地下鉄の中で庶民に直接声を聞くシークエンスが素晴らしく感動的である。名もなき国民こそが本当に強く願っていたのだ。「断じて降伏はしない!」と。ジョー・ライト監督は、奥深い人間描写でチャーチルとその周辺の人物たちを見事に描いている。そして特殊メイクの辻一弘の突出した才能が、魅力に満ちたチャーチルを作り上げたことも忘れずに付け加えたい。
【80点】
(原題「DARKEST HOUR」)
(イギリス/ジョー・ライト監督/ゲイリー・オールドマン、クリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ、他)
(歴史秘話度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ベイビー・ドライバー

ベイビー・ドライバー(初回生産限定) [Blu-ray]
幼い時の事故の後遺症で、耳鳴りが激しい“ベイビー”は、完璧なプレイリストをセットしたiPodで音楽を聴くことで、なぜか驚異のドライビングテクニックを発揮する青年。犯罪組織から逃がし屋の仕事を請け負っているベイビーだったが、偶然出会ったデボラと運命的な恋に落ち、裏社会から足を洗うことを決意する。だがベイビーが組織から抜けることを許さないボスにデボラの存在を知られ、脅迫されたあげく危険な仕事を請け負うことになる…。

若き天才ドライバーの恋と活躍を描く犯罪アクション「ベイビー・ドライバー」。音楽を聴くと天才的なドライバーになるという現象の学術的根拠はさておき、今、映画好き、音楽好きの両方から大注目のエドガー・ライト監督の新作である本作は、実に楽しい快作だ。物語は単純で、裏稼業に身を置く青年が恋人のために“最後の仕事”を請け負うという、ありがちなもの。ボーイ・ミーツ・ガールもカーアクションも珍しいわけではないが、ベイビーという役名がぴったりのアンセル・エルゴートとリリー・ジェームズの好演と、劇中の音楽が誰もが知るヒットナンバーを使う“ジュークボックス・ミュージカル”風なので、いつしか観客は気持ちよくノセられてしまう。音楽センスには定評があるライト監督なので、選曲も物語に沿った的確なもので、実にノリがいい。

主人公の脇を、ケヴィン・スペイシーやジェイミー・フォックスら、オスカー俳優が、怪演に近いサポートでがっちり固めるという妙な豪華さも見逃せない。特にフォックス演じる犯罪者のイカレっぷり(と、その末路)は必見だ。ロマンティックでハートウォーミングなエピソードが随所に登場するので、ご都合主義な展開にも素直にうなずける。カーチェイス版「ラ・ラ・ランド」との評判だが、むしろ、iPod風味の「トゥルー・ロマンス」と評したい。コ難しいドラマやド派手なアメコミ映画に疲れたら、こんな楽しい作品で一息入れよう。サントラもおすすめだ。
【70点】
(原題「BABY DRIVER」)
(アメリカ/エドガー・ライト監督/アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ、ケヴィン・スペイシー、他)
(ロマンティック度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

高慢と偏見とゾンビ

高慢と偏見とゾンビ [Blu-ray]
18世紀末のイギリスで、謎のウイルスが蔓延し、感染したものたちはゾンビとなって人々を襲っていた。片田舎に住むベネット家の5人姉妹は、得意のカンフーでゾンビと闘う日々を送っている。ある日、ベネット家の隣に資産家のビングリーと、彼の親友で大富豪のゾンビハンター、ダーシーがやってくる。娘たちを何とかお金持ちと結婚させようと必死な母親と姉妹たちは狂喜乱舞するが、次女エリザベスだけは、ダーシーの高慢な態度とあまりに冷酷にゾンビを始末する様子に嫌悪感を抱く。一方ダーシーは、エリザベスに好意を持つが、身分の違いを超えられずにいた。やがてゾンビとの全面戦争がはじまり、二人は共闘することになるが…。

英国文学の古典「高慢と偏見」をゾンビがはびこる終末世界に置き換えた異色作「高慢と偏見とゾンビ」。ジェイン・オースティンの最高傑作「高慢と偏見」では、ロングドレスの優雅な世界で、中流階級の女性たちの制約だらけの生き方とその中で生まれる恋を描いているが、それをゾンビ・ホラーと組み合わせてしまうとは、なんともスゴい荒業である。資料によると、既存の作品を混ぜ合わせて別の作品を作ることを音楽用語でマッシュアップと呼ぶらしい。本作でミックスされたのは、コスチュームものとゾンビもの。この組み合わせが、意外にもイケるのだ。優雅なドレスの下のガーターベルトに短剣を忍ばせ、サーベル片手にカンフーで戦う美人姉妹たちの雄姿には、思わず見惚れてしまうほど。このバトル・アクションは、女性にとってあまりにも窮屈な時代に生きるヒロインが鬱憤をはらすかのようである。実際、ダーシーとエリザベスは、互いに恋心を抱きながらも、素直になれず、誤解やすれ違いが加わって、結果、大乱闘になだれ込むのだが、そこには、資産家と結婚するしか生きる道がなかった当時の女性たちの苦悩が凝縮されているだけに、ゾンビとの死闘よりも切実さが漂っていた。ゾンビ映画は、コメディーやラブロマンスなど、多くのジャンルで威力を発揮するが、本作もまた、アイデア一発の企画勝ちながら、文学系ゾンビ映画として、予想外に楽しめる。ゾンビと組み合わせて面白そうな古典文学は他にどんなものがあるかしら? 「戦争と平和とゾンビ」。「老人と海とゾンビ」。「源氏物語とゾンビ」…。見終わった後にあれこれ妄想をふくらませて、楽しんでしまった。
【60点】
(原題「PRIDE AND PREJUDICE AND ZOMBIES」)
(米・英/バー・スティアーズ監督/リリー・ジェームズ、サム・ライリー、ジャック・ヒ ューストン、他)
(意外性度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
高慢と偏見とゾンビ|映画情報のぴあ映画生活

シンデレラ

シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
名作アニメをディズニーが実写映画化した「シンデレラ」。舞踏会シーンの美しさは圧巻。

幼い頃に母を亡くしたエラは、父親の再婚で継母トレメイン夫人とその連れ子である姉妹と暮らすことに。しかし父が事故で急死し、エラは継母たちに使用人のようにこき使われる。母の教えである“勇気と優しさ”を胸につらい仕打ちに耐えるエラだったが、ある日涙をこらえきれずに家を飛び出し、森へと馬を走らせる。そこで青年キッドに出会い心惹かれるが、実はキットは王国の王子だった…。

最近のディズニーの十八番である名作アニメの実写版は、それまで知られた物語を変化させるのがテクニックだったが、本作は私たちがよく知る「シンデレラ」の物語にほぼ忠実だ。それでもヒロインのエラは随所に現代的な魅力を放つ。王子と森で出会ったエラは質素な身なりで自分の境遇を隠さない。王子は最初は身分を伏せてはいるが次第に格式や因習から自由になっていく。王道のストーリーといえども、やはり現代的なテイストは必須なのだ。何より継母の悪巧みに対しシンデレラことエラが「あなたから王子と王国を守る」と宣言するのが新しい。シェイクスピア俳優でもあるケネス・ブラナー監督の格調高い演出は、大人の観客も十分に楽しませるもので、色彩の洪水のように華麗な舞踏会や、美しい馬車がかぼちゃにもどっていくスピード感あふれる演出には目をみはった。ヒロインのリリー・ジェームズの清純な美しさもいいが、継母役のケイト・ブランシェットの上手さもまた際立っていた。自分の幸せは自分でつかむ。そのためには“ありのまま”でなくてはいけない。ディズニーの新・王道はここでもしっかり活きている。
【70点】
(原題「CINDERELLA」)
(アメリカ/ケネス・ブラナー監督/リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、リチャード・マッデン、他)
(ゴージャス度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
シンデレラ@ぴあ映画生活
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ