映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」「ユダヤ人を救った動物園」etc.

リース・ウィザースプーン

SING/シング

SING/シング ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
動物だけが暮らす、どこか人間世界と似た世界。倒産寸前の劇場支配人でコアラのバスター・ムーンは、何とか劇場の経営を立て直そうと、大規模な歌のオーディションを開催する。予選を勝ち抜いたのは、個性的な6人の候補者たち。ギャング一家の息子で歌への夢を捨てきれないゴリラの青年ジョニー。彼氏の浮気で傷心のパンクロッカー少女のヤマアラシのアッシュ、傲慢で自己チューだが才能はピカイチのジャズ・ミュージシャンのネズミのマイク、ブタのロジータとグンターは、それぞれ、子育てに追われる主婦と、歌って踊れるハイテンションのエンターテイナー。そして歌唱力は抜群なのに、あがり症のゾウの女の子ミーナ。人生を変えるチャンスをつかむため、参加者たちはそれぞれの想いを胸に、歌を披露する…。

動物たちが歌唱コンテストで奮闘する姿を描くアニメーション映画「SING/シング」。このストレートなタイトルが何よりもこの作品の長所を物語っている。歌というのは、こんなにも人を楽しませ、喜ばせ、勇気づけるものなのかと改めて教えてもらった気分だ。ストーリーは単純明快。劇場を再建しようとするコアラの支配人が開催する歌のコンテストに、何とか今の自分を変え、ダメな現状を打破したいと願うワケありの動物たちが集結し、さまざまなピンチを乗り越えて、最高の歌を披露する。それ以上でもそれ以下でもないのだが、この物語がこんなにも愛おしいのは、動物たちがパーソナルな理由で歌い、大切な一歩を踏み出すという身近で前向きな物語に大いに共感できるからだ。もちろん歌の魅力は絶大で、懐かしい名曲から、近年のヒットナンバー、なんと日本の楽曲も含めて、誰もが一度は耳にしたヒットソングが60曲以上流れるのだから、いやがおうでもテンションが上がる。ミュージカルはちょっと…という人も心配ご無用!何しろキャラクターが歌う場面で歌が登場するという、きわめて自然な演出なのだから違和感などまったく感じない。それにしても、演じる実力派俳優たちの歌の上手さには改めて感心させられる。特にスカーレット・ヨハンソンの歌唱力には驚いた。個人的に気に入っているのは、きゃりーぱみゅぱみゅの楽曲を歌うレッサーパンダのアイドルグループ・キューティーズの可愛らしさ。歌の魅力を全面に押し出したシンプルなこの映画には、コ難しいメッセージなどない。笑って、楽しんで、ちょっとだけホロリ。クライマックスの熱唱を聴く頃には、もうこの映画の虜になっているはずだ。映画と音楽の最良な関係を味わいたなら、こんな作品に限る。
【75点】
(原題「SING」)
(アメリカ/ガース・ジェニングス監督/マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、他)
(高揚感度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
SING/シング|映画情報のぴあ映画生活

わたしに会うまでの1600キロ

わたしに会うまでの1600キロ [Blu-ray]
人生をやり直すために1,600キロの距離を3か月かけて1人で歩き通した女性の実話「わたしに会うまでの1600キロ」。リースが文字通り体当たりの演技をみせる。

シェリルは母親の死に耐えられず、優しい夫を裏切っては薬と男に溺れた末に、結婚生活を破綻させてしまう。母親が誇りに思ってくれた自分を取り戻すため、また、人生を一からやり直すため、シェリルは大きな決断を下すことに。それは1600キロもの自然歩道パシフィック・クレスト・トレイルをひとりで踏破するというものだった。彼女の前には、極寒の雪山や猛暑の砂漠などの厳しい自然がたちはだかる…。

原作はシェリル・ストレイドの自叙伝だ。人生を建て直し、自分探しの旅をする女性。こう書くといかにも平凡なのだが、圧倒的な大自然の中で浄化されていく現在と、すさみきった過去を交錯させて描くことで、何のトレーニングも受けていない女性の無謀な挑戦が、神聖な生まれ変わりの儀式のように思えてくる。1600キロものパシフィック・クレスト・トレイルは、アメリカ西海岸をメキシコ国境からカナダ国境まで南北に縦断する自然歩道。ベテランハイカーでさえ挫折するこのルートを、素人のシェリルが歩こうというのだから、トラブルは当たり前だ。冒頭、靴擦れと生爪による痛みと叫びが、山中にこだまし、心身ともに傷だらけのヒロインのサバイバルが始まる。観客を強引に主人公に追随させるこのシーンから、一気に引き込まれるだろう。旅はひとりぼっちだが、出会いは多い。過去の男性遍歴が生々しいだけに、現在の旅で出会う彼らとの関係は、まるで同志のように清々しい。主演のリース・ウィザースプーンは、コメディ、あるいは優等生のイメージが強い女優だが、本作ではボロボロになりながら歩き続け、ヌードも辞さないセックスシーンにも挑戦する熱演で、素晴らしい。「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・ヴァレ監督の、俳優の肉体的な変容から心の変化に結びつける演出が巧みだが、同時に圧倒的な荒野の美しさをとらえた映像にも心を奪われる。加えて、旅の途中にヒロインがノートに書くさまざまな言葉が何と心にしみることか。一歩ずつ前に進む。時にはバカなことをしてでも乗り越える。勇気をもらえる物語だ。
【75点】
(原題「WILD」)
(アメリカ/ジャン=マルク・ヴァレ監督/リース・ウィザースプーン、ローラ・ダーン、トーマス・サドスキー、他)
(チャレンジ度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
わたしに会うまでの1600キロ@ぴあ映画生活

MUD マッド

MUD -マッド- [DVD]
犯罪者の流れ者と出会った少年の成長物語「MUD マッド」。オスカー俳優のマコノヒーの怪演と男気が見所の小品。

米国アーカンソー州。14歳のエリスは川辺のボートハウスで両親と暮らしている。ある日、親友のネックボーンとミシシッビー川の中州にある島に行くと、無人のはずのその島でマッドと名乗る謎めいた男と出会う。ネックボーンは警戒するが、エリスは、マッドに興味を示す。彼はどうやら殺人を犯して、警察や賞金稼ぎ、被害者の家族らに追われているらしい。島に隠れて、最愛の女性ジェニパーを待ち、彼女との逃亡を願うマッドのために奔走するエリスだったが…。

アメリカ映画には、南部を舞台にした、いわゆる“南部もの”というジャンルがある。中南部のアーカンソー州を舞台にした本作もその系譜に連なるものだ。時代に取り残されたような田舎町、諦念を抱いて生きるプア・ホワイトなど、よどんだ空気が独特で、ミステリアスな風情を醸し出している。何もない田舎の風景の中で圧倒的な存在感をみせるのが水だ。ボートでいくミシシッピー川は濁った大河だが、それだけが人々を外界へと連れて行ってくれる唯一の道のように横たわっている。14歳という大人でも子供でもない微妙な年齢の少年エリスは、川を行き来しながら、恋愛だけでなく、友情や親子愛など、さまざまな愛を学ぶことになる。エリスは、離婚寸前の両親の不仲に心を痛め、初めての恋にときめき、傷つく繊細な少年。ワケありの逃亡者マッドに肩入れするのは、マッドが愛する女性のために罪をおかし、来るか来ないかもわからない彼女を待つ、無償の愛の体現者だからだ。むろんエリスはその愛の思いがけない行く末や傷みやほころびを知ることになる。これは恋や愛の現実を目の当たりにする少年のほろ苦い成長物語なのだ。今やオスカー俳優のマシュー・マコノヒーが複雑な男を好演。デビュー当時はパッとせず、セクシーなイケメン俳優時代は印象が薄かったマコノヒーだが、「ペーパーボーイ」や「マジック・マイク」あたりのクセのある役から路線変更、「ダラス・バイヤーズクラブ」の激ヤセと怪演で俳優魂をみせつけた。彼の“変わり目”に目をつけたジェフ・ニコルズ監督の審美眼が光った青春映画である。
【65点】
(原題「MUD」)
(アメリカ/ジェフ・ニコルズ監督/マシュー・マコノヒー、タイ・シェリダン、ジェイコブ・ロフランド、他)
(成長物語度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

MUD −マッド−@ぴあ映画生活

Black & White/ブラック&ホワイト

Black&White/ブラック&ホワイト エクステンデッド・エディション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定 [Blu-ray]Black&White/ブラック&ホワイト エクステンデッド・エディション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定 [Blu-ray]
クチコミを見る
CIAの腕利きコンビが一人の女性を奪い合うドタバタ劇「Black & White/ブラック&ホワイト」。単純で軽いラブコメと割り切れば楽しめる。

CIAの腕利きエージェントで、親友でもあるFDRとタックは、悪徳闇商人ハインリヒの逮捕でミスし、謹慎処分の憂き目にあう。ヒマを持て余したタックは恋人紹介サイトで出会ったローレンに惹かれるが、偶然にもFDRもレンタルビデオ店でローレンをナンパし、夢中になる。紳士的なタックとロマンチストなFDRの間でローレンは揺れ動くが、FDRとタックの2人は、大親友から一転、恋のライバルに。彼女の心をゲットするために、お互いの精鋭チームとハイテク兵器を駆使した大バトルが勃発する。そんな中、取り逃がした闇商人の魔の手がローレンに迫り…。

何といっても監督が「チャーリーズ・エンジェル」のマック・Gなので、細かい設定よりノリで勝負!だ。ノーテンキな笑いと派手なアクションを楽しむラブ・コメディである。FDRはロマンチストでイケメンのプレイボーイ、一方、タックは知的な紳士で心優しい純情派と、キャラは立っている。そんな超一流の男性二人に想いを寄せられるのは、ラブ・コメの女王という冠は、年齢的にそろそろキビしくなってきたリース・ウィザースプーンだが、はつらつした美女はこの人の得意とするところだ。だが、なんとなく二股をかけたあげく、どちらかを選ぶそのプロセスにいまひとつ説得力がない。さらにCIAの武器と情報を個人的な恋愛に職権乱用するというトンデモない設定が面白いのに、盗聴、麻酔銃、カーアクションに銃撃戦と、こちらもいまひとつ工夫に欠ける。相手の妨害にしてもローレンとのデートにしても、これぞCIAの特権というぶっ飛ぶアイデアがほしかったところだ。終盤には、闇商人とのバトルが用意され、一度は仲違いしたCIAコンビが協力して大活躍するという、安心感と分かりやすさ満載の展開に。ローレンがどちらを選ぶか、あるいは選ばないかが、ちょっとした謎といったところか。ラブコメとしてもアクションとしても何だか中途半場でパッとしない出来栄えが残念だが、ローレンの親友で毒舌家のトリッシュが言う「いい男を選ぶんじゃなく、いい女にしてくれる男を選んで」のセリフはなかなか良かった。
【50点】
(原題「THIS MEANS WAR」)
(アメリカ/マックG監督/クリス・パイン、トム・ハーディ、リース・ウィザースプーン、他)
(職権乱用度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

Black & White/ブラック&ホワイト@ぴあ映画生活

幸せの始まりは

幸せの始まりは [DVD]幸せの始まりは [DVD]
ラブコメかと思いきやハジケる笑いは得られず、人間ドラマかと思いきや深みに欠ける。キャストやスタッフは魅力的なのに、物語に観客を引っ張る力がない。女子プロソフトボールチームのキャプテンのリサは31歳。ソフトボールにすべてを注いできたというのに、非情にもチームから戦力外通告を受けてしまう。人生最悪の時に、友人から紹介された男性ジョージとデートすることに。ジョージもまた実の父親から裏切られ詐欺の主犯として訴えられる寸前のどん底状態だった。リサは、愛しているかどうかもはっきりしないボーイフレンドで、花形野球選手のマティのセレブアパートに転がり込むが、ジョージの繊細な優しさに惹かれている自分に気付く…。

最悪の出会いから、最高の恋愛へ。これはハリウッドが昔から得意とするラブコメのセオリーだ。物語はコメディーが上手いリース・ウィザースプーン扮するヒロインのリサが、人生の曲がり角にぶち当たり、どう再生していくかを描いていく。彼女は2人の男性の間で揺れ動くが、リサが何ともはっきりしない性格なら、恋人候補の2人も“悪い人じゃないけれど…”というインパクトのなさだ。プレイボーイで、すべてに軽い男マティには、くったくのない明るさがある。一方、ジョージは、もしかしたら無実の罪で刑務所行きかも…という状態だが、今まで出会ったことがない繊細なタイプ。どちらも、ヒロインを虜にするほどの強烈な魅力は感じられないのだ。普段はキレキレのジャック・ニコルソンも中途半端な存在感でしかない。そもそもジョージが詐欺で訴えられるという設定が、リサの側の物語にまったくからまないので、興味を引かないのだ。名優ニコルソンを活かしきれてないことも含めて、これは脚本のミスという気がする。この物語は、サイアクの状態の時でも、現実から逃げずに、自分の責任で“選択”すれば、きっと幸せのスタートラインが見えるというもの。テーマは至極まっとうなものだというのは分かるのだが、映画の魅力として跳ね返ってこなかった。監督のジェームズ・L・ブルックスは「愛と追憶の日々」でオスカーを獲得した実力者。ふとしたことから人生が違ったものになる物語はこの人の十八番だが、今回は、投資詐欺やスポーツ選手の寿命というネタを恋愛にからめようとしてテンポを悪くしてしまったか。消化不良の感は否めないが、人生に迷うことを責めない“優しい”ストーリーと見れば、味わいを感じるかもしれない。
【45点】
(原題「HOW DO YOU KNOW」)
(アメリカ/ジェームズ・L・ブルックス監督/リース・ウィザースプーン、オーウェン・ウィルソン、ポール・ラッド、ジャック・ニコルソン、他)
(消化不良度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
幸せの始まりは@ぴあ映画生活

メラニーは行く!

メラニーは行く! [DVD]メラニーは行く! [DVD]
◆プチレビュー◆
突き抜けた爽快感は少なめ。アメリカでは誇張した南部人気質がウケたらしいが、日本人には伝わりにくい。キャンディス・バーゲンが嫌味な悪役を演じて上手いが、かつての知性派女優の面影はいずこ。

NYのカリスマデザイナー、メラニーはショーが大成功したその夜に、市長の息子で大富豪の恋人からプロポーズされる。幸福の頂点にいるかのようなメラニーだが、ひとつ問題が。実は彼女は故郷のアラバマで高校時代に結婚しており、離婚が成立していないのだ。幸せをこの手につかむため、また過去ときっちり決別するために、故郷のアラバマに乗り込むメラニーだったが…。

宣伝コピーによると、ワガママで自己チュウ女だけど自分の幸せのために一生懸命なヒロインの姿に、女性共感度100%、男性不満度100%とある。でも、本当に女性に共感してもらっているのか、このヒロインは。離婚届けにサインさせるために爆走する姿は笑えても、彼女がNYで認められるまでの頑張りは劇中では全く描かれない。これでは観客はメラニーを応援する下ごしらえが出来ない。

彼女にとって故郷アラバマは忘れ去りたいドンくさい田舎町。メラニー自慢のハイセンスなNYファッションもド田舎では浮きまくるばかり。さっさとケリをつけてNYに戻りたいのに、戸籍上の夫はのらりくらりと離婚をはぐらかすので、いやでも長逗留することになるが、その間に彼女の気持ちにも変化が表れ、夫の真の姿を知ることになる。彼女にバカにされまくった町の人たちが、なぜかどこまでもメラニーに優しいのも納得いかない。昔のメラニーはよほどの人格者だったのか?!

原題の「スウィート・ホーム・アラバマ」が示す通り、やっぱり故郷が一番だという結論は明白だ。どこのサヤに収まるのかも見えている。しかし、一見ぐうたら男で田舎者の夫ジェイクと、都会人でリッチな市長の息子アンドリューの両方共が、本気でメラニーを愛しているし、同じくらいイイ人なのだから、彼女にとってどちらが本当に幸せなのかは判断がつきかねる。コメディで、キャラにメリハリがないのはいかがなものか。

先が見えるストーリーと中途半端な人物設定で、スベりそうになるのを救っているのは、ひとえにヒロインを演じるR.ウィザースプーンの魅力だ。この映画、彼女で持っていると言ってもいい。自分の幸せめざして暴走気味の主人公を嫌味なく演じられるのは、彼女の庶民的で清潔感のある持ち味のおかげ。表情が豊かなのも好感度大だ。結婚式を阻止する方法は、昔から「花嫁をさらう」もしくは「花嫁が逃げる」のどちらかが定番だが、慌てて登場する弁護士のひと言は、なかなかウケた。

痛快ラブ・ストーリーで笑える場面も満載だが、落ち着いて考えると、使い古されたパターンの映画だった。メラニーが本音で生きるニュー・ヒロインならば、あっと驚く第三の道を選んで観客をびっくりさせてほしかったのに。まぁ、冒頭とラストを結びつける気の利いたオチに免じて、許すとするか。

□2002年 アメリカ映画  原題「SWEET HOME ALABAMA」
□監督:アンディ・テナント
□出演:リース・ウィザースプーン、ジョシュ・ルーカス、パトリック・デンプシー、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ