映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ドリーム」「亜人」「僕のワンダフルライフ」etc.

レア・セドゥ

たかが世界の終わり


劇作家として成功した34歳のルイは、自らの死が迫ったことを家族に伝えるため、12年ぶりに故郷に帰る。マイペースな母はルイの帰郷を過剰に喜び、妹のシュザンヌもいつもより着飾ってそわそわしながら待っていた。だが兄のアントワーヌはそっけない。兄嫁のカトリーヌは、ルイとは初対面で遠慮がち。食事がはじまり、デザートまでには打ち明けようと考えるルイだったが、ぎこちない家族は、かみ合わない会話を繰り返す。そして、アントワーヌの激しい言葉をきっかけにそれぞれの感情が爆発してしまう…。

ある家族が互いに向き合いながらもディスコミュニケーション(相互不理解)に陥ってもがく姿を描く「たかが世界の終わり」。12年ぶりに家に戻る主人公ルイは、作家として成功してはいるが、死期が迫っている。同性愛の弟ルイを兄アントワーヌは理解できず、母は必要以上にはしゃぎ、妹シュザンヌは長い間不在だったルイをやんわりと責める。家とは本来、安らげる場所。だがルイが戻ったその場所には、彼の居場所はすでになく、ますます孤独を深めてしまう。「もうすぐ死ぬ」。この一言が言えずに苦悩するルイのことを、実は一番理解しているのは、初対面の兄嫁なのかもしれないというのも皮肉な話だ。家族それぞれの胸の内や不満、嫉妬は、直接的なセリフでは表現されない。特に主人公ルイはほとんど言葉を発しない。その代わりに多用されるのは、クローズアップだ。ウリエル、セドゥ、コティヤール、カッセル、そして母親役のナタリー・バイと、仏映画界を代表する実力派が演じるだけあって、繰り返される顔のアップや膨大なセリフの応酬も、しっかりと受け止めて演じていて見応えがある。若くして才能を発揮し国際的にも評価が高いグザヴィエ・ドラン監督は、この家族の葛藤のドラマに、ハリウッド映画によくみられる予定調和や単純なハッピーエンドは許さない。それでもかすかに灯る希望の光が見えるのは、不器用で傷付け合うことしかできない家族でも、互いを愛しているとわかるからである。劇中に使われる音楽が効果的で、特に「Natural Blues」は絶品だ。
【75点】
(原題「IT'S ONLY THE END OF THE WORLD/JUSTE LA FIN DU MONDE」)
(カナダ・仏/グザヴィエ・ドラン監督/ギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、他)
(予定調和度:★☆☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
たかが世界の終わり|映画情報のぴあ映画生活

美女と野獣

美女と野獣 [Blu-ray]
野獣とその館に囚われた美女の恋模様を描くファンタジー「美女と野獣」。フランス映画らしいロココ調美術が美しい。

美しく純粋な娘ベルは、バラを盗んだ罪を命で償うように命令された父の身代わりに、野獣の城に囚われる。だが、野獣は、ベルにはディナーを共にすること以外は何も要求しなかった。死を覚悟したベルだったが、次第にその恐ろしい外見とは裏腹の野獣の優しさに惹かれ、野獣の過去の悲恋の秘密を解き明かそうとする…。

フランスのおとぎ話をベースにした「美女と野獣」は、ジャン・コクトー版やディズニーアニメが有名だ。今回の実写映画化は、今まで語られなかった野獣の過去を描く点が新しい。「ジェヴォーダンの獣」のクリストフ・ガンズ監督は、ファンタジックな異世界を、徹底的に過剰なロココ趣味で埋め尽くし、ハリウッドとは一味違う、フランス文化を意識した映画を作ってみせた。ベルの身勝手な家族の転落、野獣の城に囚われたベルの物語、さらには野獣の過去の恋が絡み合う物語は、すべてが幻想的な筆致で語られる。だが、欲深い人間の業が幾度も登場することからも、これは単なるおとぎ話ではないと分かる。ベルの家族の金銭欲や野獣の支配欲は、おとぎ話には不似合いなほど生々しいものだ。華麗な美術や衣装は女性ファンの目を楽しませ、後半には宮崎駿ファンで、日本の精霊信仰にも目配せしたガンズ監督が本領を発揮したクリーチャーも登場。意外にもアクション・ムービーの趣も。主演のレア・セドゥは仏映画界で今最も旬な女優だし、ヴァンサン・カッセルはオーラ十分。古典に現代的な味付けをしたキャスティングが見事に決まっている。
【65点】
(原題「LA BELLE ET LA BETE/BEAUTY AND THE BEAST」)
(仏・独/クリストフ・ガンズ監督/レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ、他)
(華麗度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
美女と野獣@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ