映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

レイフ・ファインズ

グランド・ブダペスト・ホテル

グランド・ブダペスト・ホテル(初回生産限定) [Blu-ray]
東欧の格調高いホテルを舞台に伝説のコンシェルジュとベルボーイが繰り広げる冒険ミステリー「グランド・ブダペスト・ホテル」。レイフ・ファインズにコメディセンスがあるなんてビックリ!

1932年、格式高いグランド・ブダペスト・ホテル。多くの客が、究極のおもてなしを信条とし、老マダムたちの夜のお相手も務める伝説のコンシェルジュのグスタヴ・Hを目当てにホテルを訪れる。だが常連客のマダムDが殺される事件が起き、グスタヴは莫大な遺産を巡る争いに巻き込まれ、さらには殺人容疑をかけられてしまう。グスタヴと彼を慕うベルボーイの少年ゼロは、ホテルの威信と誇りを賭けて事件の謎を解くべく、ヨーロッパ中を駆け巡るが…。

ウェス・アンダーソンの映画は一目見れば彼の作品だとすぐ分かる作家性がある。究極のオタクと見るか、おしゃれの極みと見るか、それは見る人の好みだが、大戦前の東欧の豪華ホテルを舞台にしたミステリ仕立てのコメディである本作は、ウェス印の美学が頂点に達した作品ではなかろうか。まるでドールハウスのように作り込まれた美術、おかしな登場人物を豪華キャストが演じる贅沢、さらにとぼけた味わいのストーリーに加えて、ウェスお得意の懐古趣味も全開。ファンにはたまらない映画だ。物語は入れ子になっていて、現在、60年代、大戦前夜の30年代を、それぞれ回想形式で語り、時代によってスクリーンサイズを変えるという凝りようである。殺人事件の謎を解く冒険は、次々と場所を変え新たな事件を生むが、砂糖菓子のようにスウィートな映像で描くのは、一種の滅びの美学なのだ。殺人事件や逃避行さえも優雅な、あの美しく懐かしい世界は、今はもうどこにもない。ウェス組初参加のレイフ・ファインズが意外なほどコメディにハマッているのには驚いた。真の演技派は何でもできるという証拠だ。
【65点】
(原題「THE GRAND BUDAPEST HOTEL 」)
(英・独/ウェス・アンダーソン監督/レイフ・ファインズ、トニー・レヴォロリ、F・マーレイ・エイブラハム、他)
(ノスタルジー度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
グランド・ブダペスト・ホテル@ぴあ映画生活

タイタンの逆襲

【初回限定生産】タイタンの戦い&タイタンの逆襲 ブルーレイ ツインパック(2枚組) [Blu-ray]【初回限定生産】タイタンの戦い&タイタンの逆襲 ブルーレイ ツインパック(2枚組) [Blu-ray]
クチコミを見る
ギリシャ神話の世界を舞台に、前作から10年後を描くアクション超大作「タイタンの逆襲」。とにかく魔物がデカイのなんの!

魔物クラーケンを倒して英雄となってから10年後。神々の王ゼウスと人間の間に生まれたデミゴッド(半神)のペルセウスは、父ゼウスがその兄で冥界の王ハデスの策略で囚われの身となったことを知る。今や人間は神を敬わず、神々の力は弱体化。そのすきにタイタン(巨人)族が力をつけるが、中でもゼウスらの親であるタイタンの王クロノスが解き放たれれば、世界は終わりとなる。ハデスはクロノスと取引し、神々と人類は滅亡の危機に。ペルセウスは、海神ポセイドンの半神の息子アゲノルと、人間の女王アンドロメダと共に、ゼウスが囚われた冥界へと旅立つのだが…。

ギリシャ神話の英雄の冒険を描いた「タイタンの戦い」の続編にあたる本作は、主人公ペルセウスが、世界を救うため、懲りずに壮絶な戦いに身を投じる。前作同様、物語は単純で、手抜きと言ってもいいくらいのご都合主義だ。しかし、こういうお話はシンプルが一番で、いまさら欠点とはいえないだろう。半神のペルセウスを含め、神、人間、魔物が三つ巴で大暴れする話は、一見すさまじいスケールなのだが、落ち着いて考えると、家族同士の大喧嘩。案外小さい話なのだが、何しろ神だけに、そのケンカは、世界滅亡へとつながってしまうので迷惑な話ではある。ただし、映像は文句なしのド迫力だ。もともと2Dで撮ったものを3Dに変換した前作と違い、今回は最初から3D仕様。本気度マックスで描く魔物たちはとにかくデカい。空飛ぶ凶暴な双頭獣・キメラ、二刀流ならぬ四刀流で超高速の戦闘の鬼・マカイ、頭は牛で身体は人間の怪力・ミノタウロスらが暴れまくる。中でも、タイタンの王クロノスの巨大さといったらほとんどルール違反だ。全長500メートルのその巨体は神史上最大の破壊力。燃える溶岩流の塊のようなクロノスが破壊の限りをつくす映像は、スクリーンの大画面で見るにふさわしい。また、神さえも気が狂うという“タルタロスの迷宮”の奥行きと広がりには3Dの魅力がつまっていた。ひたすら肉弾戦を楽しむ、こんな“大暴れ映画”もまた、映画の醍醐味のひとつといえよう。
【55点】
(原題「WRATH OF THE TITANS」)
(アメリカ/ジョナサン・リーベスマン監督/サム・ワーシントン、レイフ・ファインズ、リーアム・ニーソン、他)
(ぶち壊し度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

タイタンの逆襲@ぴあ映画生活

英雄の証明

英雄の証明 [Blu-ray]英雄の証明 [Blu-ray]
クチコミを見る
俳優レイフ・ファインズの初監督作品「英雄の証明」。シェークスピアの悲劇を現代に置き換えたサスペンス・アクションだ。

国民を愛する小国のリーダー、オーフィディアスは、強国ローマ侵略を狙うが、その度にローマの英雄マーシアス・コリオレイナスに打ち負かされていた。マーシアスは数々の武勲により権力を増していくが、その独裁性と民衆を見下した態度を嫌悪する政治家の策略によって、ついにローマを追放されてしまう。暴徒と化した国民に飲み込まれ、祖国ローマに絶望したマーシアスが、放浪の果てに向かったのは宿敵オーフィディアスのところだった…。

英国人俳優レイフ・ファインズはロイヤル・シェイクスピア・カンパニー出身。そんな彼が初監督作に選んだのは、シェイクスピア劇の中でもマイナーな悲劇「コリオレイナス」だ。格調高いセリフを生かしながら、舞台を大胆に現代に置き換えて、政治的衝突や陰謀、親子の因縁、壮絶な復讐などのシェイクスピア的世界を構築。デモや激しい市街戦と共に波乱万丈のドラマが繰り広げられる。主人公は軍人としての資質はあるが政治には不向き。移ろいやすい民衆心理を心得ているのに、コントロールする器用さがない。そのため、祖国のために命がけで闘ったのに、己を貫いたあげくに民衆から追放されてしまう。嫉妬、絶望、そして復讐。ストーリーには、人間同士の猜疑心と共に、民主主義の名のもとでの人心の薄情さや愚かさが浮かび上がる。だがこの作品、本来の軸はどこなのかがどうもはっきりしない。マーシアスとオーフィディアスの愛憎半ばのライバル関係と宿命の対決かと思いきや、そこはさほど掘り下げないので、何だか盛り上がらないのだ。その分、権力を欲し息子を愛しながらも支配しようとする母親を演じる大女優バネッサ・レッドグレーブの存在感が群を抜いた。セルビアでロケをしたという荒々しい戦闘シーンの映像は「ハート・ロッカー」の撮影監督によるもので、さすがの迫力である。荒削りではあるが、男たちの悲劇と運命の皮肉、民主主義の本質までも視野にいれた野心的な作品で、初監督にしては力作。次回作に期待したい。
【65点】
(原題「CORIOLANUS」)
(イギリス/レイフ・ファインズ監督/レイフ・ファインズ、ジェラルド・バトラー、バネッサ・レッドグレーブ、他)
(アクション度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
英雄の証明@ぴあ映画生活

ある公爵夫人の生涯

ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション  [DVD]ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
雰囲気は優雅だが人物に魅力が乏しい。18世紀の英国でジョージアナは大貴族デヴォンシャー公爵に嫁ぐが、夫の無関心や不実に悩まされ、自らも不倫に走る。実情は不道徳でも表面上は世間体を取り繕う様がいかにも英国らしい。正妻と愛人が同居し親密に暮らすなど、超党派で結託する節操のない政党のようだ。スキャンダラスな親を見て育つ子供のメンタル面が思わず心配になる。ヒロインは故ダイアナ妃の祖先で、元祖セレブと呼ばれた女性。だが当時の女性は貴族でも、選挙権はおろか自分の財産さえ持てなかった。女の価値は男子の世継ぎを生むことだけという時代の不幸と言うべきだろう。内面の虚しさを際立たせるような華麗な衣装が印象的だった。
【55点】
(原題「THE DUCHESS」)
(英・仏・伊/ソウル・ディブ監督/キーラ・ナイトレイ、レイフ・ファインズ、シャーロット・ランプリング、他)
(母性愛度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂 [DVD]ナイロビの蜂 [DVD]
◆プチレビュー◆
欧米の国家や企業の腐敗など、アフリカという土地が持つ問題性が描かれ、硬派な映画の本領。レイチェル・ワイズはアカデミー助演女優賞を受賞。しかし、出番の少ない彼女の存在を際立たせたのは、レイフ・ファインズの演技力だ。

穏やかな外交官のジャスティンは、情熱的な女性テッサと恋に落ち結婚。アフリカに赴任するが、テッサは救援活動に熱心なあまり何者かに命を狙われて命を落とす。妻の死には製薬会社の陰謀がからんでいるようだった。独自に調査をはじめるジャスティンだったが…。

まずキャスティングが素晴らしい。善悪両方を演じられるレイフ・ファインズと、ハリウッド大作でもインディペンデント映画でも柔軟にその演技力と魅力を発揮するレイチェル・ワイズ。二人に共通するのは演技に品があることだ。

物語は、妻の死の真相を残された夫が探る形で進行する。生前は互いの違いを認めて距離をおいていた彼ら。だが、逝ってしまった妻テッサのことを知るほどにジャスティンは彼女に近づいていく。製薬会社がアフリカの貧しい人々を使って新薬の実験を行っていたこと、妻がそれを阻止しようとしていたこと、さらにテッサは全力でジャスティンを守ろうとしていたこと。全てがスリリングで感動的だ。そして最後にジャスティンがとる行動に気高さと強い愛情が感じられて忘れ難い余韻が残る。

フェルナンド・メイレレスはブラジル出身。雑多な人々がひしめくスラム街や乾いた台地の映像センスが独特でこれが映画の大きな魅力だ。原作は冒険小説を得意とするジョン・ル・カレ。国家の腐敗を描くため発禁本扱いだった小説の映画化を許可したケニア政府の、意外な懐の深さも付け加えたい。

□2005年 イギリス映画 原題「The Constant Gardener」
□監督:フェルナンド・メイレレス
□出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ピート・ポスルスウェイト、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

レッド・ドラゴン

レッド・ドラゴン [DVD]レッド・ドラゴン [DVD]
◆プチレビュー◆
米国の若手実力派E.ノートンも、これだけ優秀な英国人俳優たちに囲まれては、さすがに少し影が薄かった。「羊…」よりも前の出来事を、10歳以上老けたちょっと太めのホプキンスが演じるのは矛盾だが、この役をいったい他に誰が演じられようか。

殺人鬼レクター博士を命懸けで逮捕したFBI捜査官グレアム。心と身体に大きな傷を負い、FBIを引退していたが、新たな連続殺人事件が起こったため、やむなく復帰し再びレクターと対面する。“レッド・ドラゴン”と呼ばれる犯人を追うことになるが、レクターは巧妙な手口でグレアムと彼の家族を危険にさらす…。

ブレッド・ラトナーが監督で大丈夫なのか?!これが今回の最大の懸案事項だった。ジョナサン・デミ、リドリー・スコットと続いて、次が「ラッシュ・アワー」のラトナーとは、誰もが首をかしげただろう。だが、その心配は杞憂に終わってくれた。なかなか良く出来ているではないか。但し、美しき駄作「ハンニバル」に比べてだが。

精神科医レクターはグレアムと刺し違えた後、牢獄に入っているが、新たな事件の解決のために彼の明晰な頭脳が必要とFBIは判断した。よって、時代的には最初に当たるが、みたびサー・アンソニー・ホプキンスの登場となる。オラ、オラ、レクター博士のお通りだい!というわけだ。本作はシリーズ第1作にして完結編とのこと。「羊たちの沈黙」「ハンニバル」の前2作につながる伏線や、見覚えのあるキャストも登場するので、鑑賞前に予習しておくと、より楽しめる。

人間は慣れる動物なのか、シリーズも3作目ともなると怖さは随分薄れるものだ。レクターが出す料理の素材が何なのかということや、彼の並外れた知性を観客は既に知っているし、今回の犯人“レッド・ドラゴン”の正体も早い段階で明かされる。この映画のテーマは謎解きではなく、映画史上、最も魅力的な悪の化身レクターと、聡明な元FBI捜査官グレアム、更に悲しい過去を持つ犯人の三つ巴の物語。それは、同じ思考回路を持つ者たちの、スリリングで愛憎紙一重の駆け引きなのだ。

演技派俳優勢揃いで息が詰まりそうだが、犯人を演じるR.ファインズの鬼気迫る演技が特に凄い。トラウマを背負った複雑な人間心理に加え、盲目の女性との愛という未経験の感情に戸惑う姿が絶妙だ。少年期の背景の描き込みがやや浅いが、この程度にしておかないと、この話の主役がレクターとグレアムから、犯人へと移りかねない。この作品、実は切ない恋愛モノなのかも…と観客に勘違いされては困るのだ。このシリーズはあくまでレクターという超絶な“絶対悪の象徴”が中心なのだから。

カニバリズム(人肉食い)を描いた作品は他にもあったが、それは、生きるためであり、魂を得る精神世界のためだった。ハンニバル・レクターは全く違う。自身の桁違いの美意識に基づいて“好きでやっている”ところが凄いのだ。そんな人知と常識を越えた彼の前では、人間の情愛など何の意味もないが、それでも理解し合える同類を待っている。宿敵であろうと自分と五分に渡り合い、奇妙な親愛の情を共有できる人物。それが、グレアムであり、後に登場するクラリスなのだ。

□2002年 アメリカ映画 原題「RED DRAGON」
□監督:ブレッド・ラトナー
□出演:アンソニー・ホプキンス、エドワード・ノートン、レイフ・ファインズ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ