映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ジャッキー」「ムーンライト」「はじまりへの旅」etc.

レオナルド・ディカプリオ

レヴェナント:蘇えりし者

レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
1820年代、西部開拓時代のアメリカ。探検隊のガイドを務める凄腕ハンター、ヒュー・グラスは、ハイイログマに襲われ喉を引き裂かれる重傷を追う。探検隊チームメンバーの一人、ジョン・フィッツジェラルドは、隊長から瀕死のヒューを看取って手厚く埋葬するように命じられたのに、ヒューを見捨てた上に彼の息子を殺して去ってしまう。奇跡的に生き延びたヒューは、ジョンへの復讐を決意。厳しい冬の寒さに耐え、交戦中の部族の熾烈な襲撃をかわしながら、約300キロの過酷なサバイバルの旅に出る…。

19世紀のアメリカを舞台に、極寒の荒野に置き去りされた実在のハンターの壮絶なサバイバルと復讐を描く「レヴェナント:蘇えりし者」。本作でレオナルド・ディカプリオが悲願のオスカーを獲得したことが最大の話題だが、監督のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは2年連続の監督賞、名カメラマンのエマニュエル・ルベツキにいたっては3年連続の撮影賞を受賞するという、究極の“いい仕事”が合体している。大自然そのものが主役ともいえる壮大な物語には、誰もが魅了されるはずだ。極寒の地を這うようにしてサバイバルを続ける主人公ヒューは、復讐を糧に、生きることを決してやめようとしない。ヒューはすでに自然の一部と化しているかのようだが、そこに時折、亡き妻や息子の幻影が映り込むことで、幻想的な趣を醸し出している。実際、レオの必死すぎるサバイバルは熱演すぎて引いてしまうこともあったが、彼の入魂の演技なくしてはこの映画はなりたたない。さらに、すべて自然光で撮影したという名撮影監督エマニュエル・ルベツキの仕事ぶりは、神がかっている。生への執念にとりつかれた人間を俯瞰でとらえるカメラワークは、どこまでも冷徹で崇高だ。尊い自然への畏敬の念が、この壮絶なサバイバル劇を貫き、すべてが終わった後に魂の救済へと至る物語は、観客を大きな感動で包み込んでくれるだろう。2時間37分と長尺だが、退屈とは無縁の傑作だ。
【90点】
(原題「THE REVENANT」)
(アメリカ/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督/レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、他)
(生命力度:★★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
レヴェナント:蘇えりし者@ぴあ映画生活

ウルフ・オブ・ウォールストリート

ウルフ・オブ・ウォールストリート ブルーレイ+DVDセット(初回限定DVD特典ディスク付き)(3枚組) [Blu-ray]
実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの波乱の人生を描く「ウルフ・オブ・ウォールストリート」。ドンチャン騒ぎで活写する変種のアメリカン・ドリームだ。

ジョーダン・ベルフォートは22歳でウォール街の投資銀行へ飛び込む。学歴もコネもないジョーダンだが、斬新なアイディアと巧みな話術を武器に、26歳の若さで証券会社を設立。瞬く間に圧倒的な成功を収め、栄光の頂点に立ち“ウォール街のウルフ”と呼ばれるようになる。浪費の限りを尽くして世間から注目されるが、詐欺と国際的なマネーロンダリングの証拠をFBIにつかまれ、転落していく…。

上映時間179分のうち、大半をどんちゃん騒ぎで占めている本作は、ウォール街で成り上がる主人公ジョーダン・ベルフォートの仕事ぶりよりも、パーティとドラッグとセックスでキメまくるシーンが多い。栄光と挫折の物語は通常シリアスなものだが、本作はあきれるほど軽快でお下劣、狂気の沙汰ともいえるほどの暴走演出で、「グッドフェローズ」コメディ版という趣だ。監督のスコセッシが肩の力が抜けているので、ディカプリオのドヤ顔も笑いがこみあげるほど。スクリーンの中で野放しになったウルフを主人公にした見事なブラック・コメディに仕上がっている。ウォール街にはトンデモない実話が多いが、1980年代から90年代にかけてウォール街で悪名を轟かせたジョーダン・ベルフォートの話はスケールが桁違いだ。貪欲に富を追求し、金銭至上主義を真正面から肯定するジョーダンを、恐らく多くの観客は共感はできなくても感嘆を持ってみつめてしまうだろう。これがアメリカン・ドリームの成れの果てなのだろうか。年収49億円といわれても想像さえつかないし、逮捕され仲間を売り、女房から三行半を叩き付けられても、自叙伝を書いてしっかり儲けるバイタリティには恐れ入る。3時間は正直長いが、説教臭い演出などいっさい排除した潔さで突っ走るので退屈はしない。短い出演時間ながら印象を残すマシュー・マコノヒー、ジョーダンの父親役にロブ・ライナー監督を起用する意外性など、キャスティングのセンスも活いている。ジョーダン・ベルフォート以上に、70歳を超えたマーティン・スコセッシのバイタリティを感じる大作エンタテインメントだ。
【65点】
(原題「The Wolf of Wall Street」)
(アメリカ/マーティン・スコセッシ監督/レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、他)
(不道徳度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ウルフ・オブ・ウォールストリート@ぴあ映画生活

華麗なるギャツビー

【Amazon.co.jp限定】華麗なるギャツビーBlu-ray BOX豪華版 (Amazon.co.jp限定 映像特典ディスク付) (1,500個 完全数量限定)
F・スコット・フィッツジェラルドの名作小説を映画化した「華麗なるギャツビー」。絢爛豪華な映像と優雅な衣装を堪能できる。

1920年代のNY。作家志望の青年ニックが住む家の隣人は、まるで宮殿のような邸宅で夜毎豪勢なパーティを繰り広げる謎の大富豪ジェイ・ギャツビー。湖をはさんだ対岸には、ニックのいとこのデイジーと彼女の夫で女好きな大金持ちトム・ブキャナンが住んでいた。ギャツビーと知り合ったニックは華やかな世界に足を踏み入れ、彼の完璧な生い立ちを知るが、それはどこか信じられない出来すぎた話だった。次第に明らかになるギャツビーの暗い秘密と、デイジーへの狂おしい恋心は、やがて彼らを悲劇的な運命へと導いていく…。

アメリカ文学の金字塔「グレート・ギャツビー」の5度目の映画化の本作は、バズ・ラーマンの“らしい”と“らしくない”が混在した奇妙な作品だ。派手でゴージャス、祝祭的な喧騒は、いかにもバス・ラーマンらしい。だが、アロハを着たロミオが「おぉ、ジュリエットよ」と文語調で話したり、19世紀のパリの踊り子の悲恋がマドンナやビートルズの楽曲に乗って語られたり、の驚きは、もはやジャズ的な世界にヒップホップをかぶせるという単純な手法では、得られなかった。ストーリーは原作に忠実で、いたってまっとうに進んでいく。その意味で、奇抜な演出や大胆な解釈を施すラーマンらしさは感じられない。だが、語り部のトビー・マグワイアをはじめ、レオナルド・ディカプリオらキャストは適役で好印象だ。かつてロバート・レッドフォード主演で映画化された最も有名なバージョンとの比較は避けられないが、端正なディカプリオはなかなかいい線をいっている。貧しさゆえに失った恋人の愛を取り戻そうともがく主人公ギャツビー。彼の運命は、パーティの狂乱がまぶしいほど、その後の寂寞感が暗く哀れであることにも似て、悲劇的だ。だがそれさえも、無責任な取り巻きや、無慈悲な上流階級の人々はすぐに忘れ去ってしまう。すべてが不確かなローリング・トゥエンティーズ(狂騒の20年代)の虚栄は、やっぱりバズ・ラーマンらしい世界観なのだろう。ミュウミュウやブルックス・ブラザーズのハイセンスな衣装、テイファニーの華麗な宝飾品などが、セリフ以上に雄弁に、時代やキャラクターの個性を語っていた。こんなゴージャスな映画は、スクリーンの大画面で見るに限る。
【65点】
(原題「THE GREAT GATSBY」)
(アメリカ/バズ・ラーマン監督/レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、他)
(豪華絢爛度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

華麗なるギャツビー@ぴあ映画生活

映画レビュー「ジャンゴ 繋がれざる者」

ジャンゴ 繋がれざる者 ブルーレイ プレミアム・エディション(初回生産限定)(2枚組) [Blu-ray]ジャンゴ 繋がれざる者 ブルーレイ プレミアム・エディション(初回生産限定)(2枚組) [Blu-ray] [Blu-ray]
◆プチレビュー◆
元奴隷と元歯医者の賞金稼ぎコンビが大暴れする「ジャンゴ 繋がれざる者」。ジャンルの境界線を飛び越え、奴隷制の暗部を射抜く快作。 【90点】

 1959年のアメリカ南部。奴隷のジャンゴは、ドイツ人の賞金稼ぎのシュルツに助けられ、自由を得る。二人はコンビを結成。次々とお尋ね者たちを仕留めていった。ジャンゴの目的は、奴隷市場で離れ離れになってしまった妻ブルームヒルダを捜し出すこと。彼女が、極悪非道の農園主カルビン・キャンディのところにいることを知ったジャンゴは、生死を賭けた闘いを挑むことになる…。

 ジャンゴ。言わずと知れたマカロニ・ウェスタンの代名詞的なキャクター名だ。クエンティン・タランティーノは筋金入りの映画オタクだが、中でもマカロニ・ウェスタンへの偏愛はハンパではない。「続・荒野の用心棒」の棺桶を引きずったガンマン、ジャンゴがそうであったように、本作のジャンゴもまた正義漢ではないアウトロー。複雑な倫理観を抱えたダーティな主人公だ。

 凄腕の賞金稼ぎのシュルツは奴隷制を忌み嫌うが、彼がジャンゴを助けるのは、ジャンゴがブルームヒルダというドイツ名を持つ妻を探している“ジークフリート”だからだ。勇者が姫を助けるロマンチシズムに反応しないドイツ人はいない。かくして、おかしな賞金稼ぎコンビは、極悪非道な農園主カルビン、黒人なのに差別主義者の老執事スティーブンらと、想像を絶する死闘を繰り広げることになる。

 早撃ちのガンマン姿がハマリすぎのフォックスと、気取ったしゃべりのドイツ人賞金稼ぎをひょうひょうと演じるヴァルツ。このオスカー俳優コンビに、初の悪役に燃えるディカプリオ、タランティーノ作品の常連のサミュエル・L・ジャクソンが加わる。マンガ的に立ちまくったキャラが、いかにもタランティーノ流だ。もちろんタランティーノ自身も珍妙な役で顔を見せる。

 ともあれ、この21世紀のマカロニ・ウェスタンは、奴隷制の蛮行をあますところなく描くが、ヘタなモラルや友愛などは、口が裂けても語らない。そもそもジャンゴは、白人に復讐したいわけでも、奴隷制を廃止したいわけでもない。ただただ愛する妻ブルームヒルダを取り戻したいだけなのだ。正義感に欠けるこのアンチ・ヒーローには、とんでもない大銃撃戦の末にあっと驚く痛快なラストが待っている。血しぶきが舞うバイオレンス活劇を、ラブ・ストーリーとして昇華させるとは!この荒業、さすがは鬼才タランティーノである。

 特徴的な赤い文字のタイトルロールに始まり、乾いた空気感と壮絶なバイオレンスは、マカロニ・ウェスタンのお約束だ。そこに、癖のあるキャラクターにとぼけたユーモア、ハイセンスな音楽をからませる。娯楽アクションの中で、奴隷制という米国史の暗部に鋭いメスを入れてみせたタランティーノは、もはや凡百な映画オタク小僧ではない。あふれるばかりの映画の知識から最も濃いエッセンスを抽出し、クロス・ジャンルの野心作を作って見せる、堂々たる映画オタク中年にして骨太な映画作家なのだ。必見の快作である。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)血しぶき度:★★★★☆

□2012年 アメリカ映画 □原題「DJANGO UNCHAINED」
□監督:クエンティン・タランティーノ
□出演:ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、他
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ジャンゴ 繋がれざる者@ぴあ映画生活

映画レビュー「J・エドガー」

J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
クチコミを見る
◆プチレビュー◆
ディカプリオがフーバーの青年期から老年期までを怪演。伝説の男が信じた正義は現代アメリカの闇を照射する。 【75点】

 FBI初代長官のジョン・エドガー・フーバーは、70代になり回顧録を執筆する。それは、20代で後にFBIとなる組織の長に就任し、50年近く強大な権力を保ちながら、アメリカの“正義”を偏執的に信じた孤独な人生だった…。

 監督イーストウッドと俳優ディカプリオの初タッグで描くのは、権力者の功罪の物語だ。今も賛否が分かれる人物ジョン・エドガー・フーバー。FBI初代長官だった彼は、近代的な科学捜査や膨大なデータベースを構築する一方で、大統領をはじめとする要人の秘密を掌握してファイル化することで、権力を維持した。フーバーが信じた正義や公安は、時に法を曲げることさえ厭わない狂信的なもの。この複雑な人物を、ディカプリオが徹底した役作りで、不気味なほどに熱演する。時代を前後させ、老年のフーバーと、若き日のフーバーを交互に見せる演出は、謎多き人物に、深く、冷徹に切り込む手法として興味深い。

 実際、フーバーにはミステリアスな部分が多く、資料や証言でも真実は容易には見えてこない。イーストウッドは、そのことを逆手に取り、謎を残しながら描くことで、観客それぞれの解釈に委ねた。

 フーバーとはどういう人物なのか。鍵を握るのは、過保護な母親アニー・フーバー、長年の個人秘書ヘレン、腹心の部下で私生活でも“パートナー”だったクライド・トルソンの3人だ。同性愛や女装癖など、さまざまな噂があったフーバーだが、映画は、彼のスキャンダラスな秘密には焦点を当てず、絶大な権力を手にした男の強いコンプレックスと、権力者ゆえの孤独をリンクさせた。イーストウッド映画の特徴である、人物を黒々とした闇に置く撮影が、そのことをより強調し、深い渋みを与えている。

 イーストウッドの狙いは、フーバーが向き合った、禁酒法時代のギャングとの攻防や、リンドバーグ愛児誘拐事件、赤狩りなどの20世紀の事件を通して、米国近代史の光と闇を浮かび上がらせること。それが奇しくも、現代における正義の意味を検証することにつながる。

 フーバーが断行した正義とは、法を越えてまで自分を優位に置き、他者を抑圧する強引なものだった。それはかつて「許されざる者」でジーン・ハックマンが演じた、自分の正義を信じて町を牛耳る保安官の姿にピタリと重なる。そして、現代アメリカの強迫観念にも似た政治とも。市長の経験もあり、政治を知るイーストウッドは、国家の中枢にいた人物の複雑な輪郭をあぶり出すことで、米国が同じ過ちを繰り返してはならないとのメッセージを込めている。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)ミステリアス度:★★★★☆

□2011年 アメリカ映画 原題「J.EDGAR」
□監督:クリント・イーストウッド
□出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、ジョシュ・ルーカス、他
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

J・エドガー@ぴあ映画生活

映画レビュー「インセプション」

インセプション [DVD]インセプション [DVD]
◆プチレビュー◆
物語は複雑だがスタイリッシュなアクションで一気に魅せるSF娯楽作。夢と現実を結ぶのは願いだった。 【70点】

 コブは、人が最も無防備になる夢の中で、他人のアイデアを盗む犯罪分野のスペシャリスト。国際指名手配中でアメリカに戻れない彼に、大実業家・サイトーが半ば強引に仕事を依頼する。それは他人の潜在意識に入り込み、ある考えを植えつける“インセプション”という最高難易度の犯罪だった…。

 身体を動かさずに物語を見る映画は、夢を見る行為によく似ている。スクリーンの仮想空間の中、私たちは作り手から与えられた物語で、笑い、泣き、悩み、感動する。違いは現実と非現実の境界を知覚しているかどうかだ。そんな極めて映画的な題材“夢”に挑んだクリストファー・ノーランは、作家性と商業性を兼ね備えた稀有な監督である。デビュー作「フォロウィング」では、他人の家に無断で入り込んだが、本作では夢に侵入。しかも都合のいい夢を用意してそこに誘導し、潜在意識を操る。近未来では、夢とは、共有でき、潜入でき、創作できるものだ。ビジネスと犯罪の恰好のフィールドというわけである。

 主人公コブが、命懸けの仕事を引き受けるのは、成功と引き換えに愛する家族のもとへ帰るため。依頼主のサイトーが彼に課した仕事は、ライバル企業のオーナーの跡取り・ロバートに、自分で自分の会社を潰す考えを植えつけるというインセプションだ。成功すれば究極の完全犯罪である。物語は、日本、フランス、モロッコなど6ヶ国を舞台に壮大なスケールで展開する。コブは一流のチームを結成し、周到な計画を立て、現実そっくりの夢の中へロバートを誘いこむが、夢を守る訓練を受けたロバートの抵抗にあった上、最愛の妻モルがたびたび彼の前に立ち塞がった。通常、夢の中で死ぬと目覚めるが、強烈な薬で誘導された夢では、死ぬと潜在意識の虚無に落ちて廃人になる。コブたちは危険な夢の中で敵と激闘になり、事態は思わぬ方向へと発展してしまう。

 入り組んだ物語にはアクションとセンチメンタリズムが同居するが、主戦場となる夢の世界が多重構造というのが面白い。もともと偽造の夢の中、そこでの夢の中で見る夢となると、もはや壮大なだまし絵の世界に近い。瞬時に頭で理解しようとしても、混乱してしまうが、それぞれの世界でド派手なアクションが用意されているので、不思議とストレスは感じない。何しろビジュアルが驚異的なのだ。街が折れ曲がり、無重力で格闘すれば、空間が歪む。階層になった夢のルールで、数分が数年になれば時間が歪む。迷宮の中、コブ自身のトラウマと、意識の深層にある願いがあまりにも切ない。

 夢という無形で無限の素材を使い、犯罪、アクション、ラブストーリーまで組み合わせた前代未聞のこの映画、“邯鄲の夢”にも似た物語はなるほど複雑だが、思わず唸る面白さだ。コブの急所である妻との関係性が、物語を衝撃的なラストへと導いていく。チームの一人で夢の設計師の名前はアリアドネ。ギリシャ神話で、迷宮からの脱出に糸玉を使うことを教える女性の名だ。難問を解決する鍵“アリアドネの糸”は、本作では、現実に戻るために自分だけが感覚を知る小さな独楽(こま)。独楽は回り続けるのか、それとも止まるのか。見る人に解釈を委ねるラストが、いつまでも余韻となって残る。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)スタイリッシュ度:★★★★☆

□2010年 アメリカ映画 原題「Inception」
□監督:クリストファー・ノーラン
□出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、マリオン・コティヤール、他

映画レビュー用BRバナー


←応援ポチ、よろしくお願いします!

映画レビュー「シャッター アイランド」

シャッター アイランド  [DVD]シャッター アイランド [DVD]
◆プチレビュー◆
孤島が舞台の謎解きミステリーの秀作。幻想的な心象風景が美しく、映像センスに鋭さがある。 【70点】

 1954年のアメリカ。連邦保安官のテディは、精神を患った犯罪者の収容施設があるシャッターアイランドにやってくる。鍵のかかった部屋から忽然と姿を消した女性患者を探す捜査だが、次々に不可解な謎が浮かび上がる…。

 このタイプの映画はネタバレ厳禁なので、物語の核心を語れないのがもどかしい。正気と狂気、現実と妄想、被害者と加害者。すべて境界線は曖昧だが、物語には多くの伏線があるので、映像の細部まで目を配っておきたい。やがてそれらがパズルのピースのようにつなぎあわされ、驚きの真実へと導かれる。原作者は「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘイン。これだけで、本好き、映画好きには、物語がただのミステリーに終わらないことは想像できるだろう。

 主人公テディには、戦争と妻の死という二重のトラウマによる、深刻なPTSD(心的外傷後ストレス障害)がある。特に焼死した妻の残像は、今も彼の心から離れない。繰り返し登場するフラッシュバックの映像と、失踪事件の謎が同時進行する構成は、複雑だが見るものを引きつける。舞台は暗く澱んだ海に囲まれた絶海の孤島という密室。逃げ場のない場所で主人公は精神的に追いつめられるが、彼の心象風景を表す幻想的な映像が素晴らしい。戦争で目撃した大量殺戮、焼け崩れる妻ドロレスの姿、溺死する子供たち。テディにからみつくようにリフレインするこれらのイメージは、美しく悲痛だ。

 実はテディには、収監されている、妻を殺した放火魔レティスを探して復讐するという隠れた目的があった。失踪した患者レイチェルが残した謎のメッセージ「4の法則」を探ろうとするが、何かを隠すような医師の言葉や食い違う証言に、捜査は混迷、さらについに見つけたレティスの言葉が謎を深めていく。やがて崖の洞窟に隠れていたレイチェルと出会うが、彼女はテディにこう言った。「あなたは決して島から出られない。分かっているでしょう?」。

 テディを演じるレオナルド・ディカプリオの苦悩と焦燥の演技は、本作の大きな見所だ。ディカプリオはマーティン・スコセッシの最近のお気に入りの俳優で、本作で4度目のタッグとなる。かつてのスコセッシ映画の顔であるハーヴェイ・カイテルやロバート・デニーロに比べ、よりナイーヴな面が立ちあがってくるのが彼の個性だ。スコセッシ映画にはしばしば内面に善と悪を混在する人物が登場するが、それは本作でも継承されている。癒えない傷痕が人間の心を蝕んでいき、ついにむき出しの暴力へと至る。カトリック信仰を常に意識するスコセッシには、罪と許しは生涯をかけて取り組むべきテーマなのだ。

 事件の真相は、厳重警備の廃灯台で解き明かされることになるが、物語の重要なファクターとして、ロボトミー手術が登場する。秀作「カッコーの巣の上で」で印象的に描かれていたこの施術は、精神疾患の治療に有効と信じられていた脳の外科的手術だ。この映画の終盤に「どちらがいいかな?いい人間のまま死ぬのと、悪い人間のまま生きるのと」というセリフがある。ロボトミー手術とは精神の死を意味する。孤島での想像を絶する事件によって、自らの心の闇を見てしまうテディ。矛盾に満ちた現実の中で、善良な人間であろうともがいた彼を待つ結末は、やるせなく重い。根底にあるのは底知れない悲しみ。そこにこの作品の暗い感動がある。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)ミステリアス度:★★★★☆

□2009年 アメリカ映画 原題「Shutter Island」
□監督:マーティン・スコセッシ
□出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー、他

映画レビュー用BRバナー
←応援ポチ、よろしくお願いします!

映画レビュー「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD]レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD]
◆プチレビュー◆
幸せを求めてもがく夫婦の姿が哀しい。タイタニックのロマンスの対極にある辛らつな家庭劇。 【75点】

 1950年代のアメリカ。郊外の新興住宅街に住むフランクとエイプリルは、二人の子供と静かに暮らしている。はためには理想の夫婦に見える彼らは、覇気のない毎日に漠然とした不満を抱き、憧れのパリで暮らすことを思いつくが…。

 レボリューショナリー・ロードとは、主人公たちの瀟洒な家がある通りの名前である。幸せを具現化したその場所は、柔らかい真綿で包まれたディストピアだ。妻はかつて女優を夢見たが挫折。夫は退屈な仕事を義務的にこなすだけ。こんなはずではなかった、自分たちは特別だとの妄想にも似た思いを口に出したときから、喪失感はまるでウィルスのように二人を蝕んでいく。夫が軍隊時代に訪れたパリは、現実逃避の象徴だ。ここではないどこかに行けば幸せになれると信じる彼らは、その決心が人生の修羅場を呼び込むことを知らなかった。

 メガヒット作「タイタニック」で運命の恋を演じたウィンスレットとディカプリオ。彼らが倦怠感をかかえた夫婦の焦燥を体現するようになった成熟に目を見張る。特に、失われた夢を漠然と追う妻を演じるウィンスレットの演技は壮絶だ。不安と焦りが官能に変わる表情には凄みがある。虚ろな日々の不幸に気付いたのは夫も妻も同じだが、それでも夫のフランクは地に足を付けた現実の充足感をも知っていた。だが妻エイプリルの立つゾーンはまるで砂で作られた城のよう。ゆっくりと、でも確実に崩れていく。夫や子供を愛しているのかさえ見失い、内的に壊れ始めた罰なのか、彼女は3番目の子供を身ごもった。そのときから、夫婦の運命は決定的な悲劇へ向かって転がり始める。

 そもそも彼ら自身の夢に具体的なプランは何もない。幸せの意味やその土台を理解していないのだから当然だ。そんな夫婦の真実を見抜くのがジョンという青年だが、彼が精神を病んでいるという設定が秀逸だ。平穏で退屈な日々の虚しさと、それを払拭するパリ移住を語る二人を冷めた目で見つめ、周囲と別の意見を述べるジョン。隣人や同僚が彼らの計画を非常識と思うのが嫉妬心からだということも見抜いている。だが郊外の“理想郷”にいる人間たちは、そこがからっぽな場所だと看破し、抜け出そうとする裏切り者を決して許さない。自分たちの領域を守るためには規格外の人間を否定するしかないのだ。この物語は、実態のない夢をつかもうともがく夫婦が主人公だが、物質的な満足と見せかけの繁栄を謳歌した時代の米国の、歪んだ幸福感がにじんでいる。

 「あの人たち、やっぱり変わっていたわ」。フランクとエイプリルを理想の夫婦と称賛していた不動産屋のヘレンは、すべてが終わった後に彼らの欠点を並べ立てる。諦観の中で生きるヘレンの夫は静かに耳をふさぐ。若夫婦は、夢に押しつぶされ、世間に追い詰められ、愛にとどめを刺された。エイプリルが最後に行うおぞましい行為は、満たされない心の果てに生まれた狂気だ。監督のサム・メンデスは「アメリカン・ビューティー」で残したかすかな希望を、この美しいカップルに与えることを拒んだ。米国が輝いていたはずの時代、心のブラックホールはすでに絶望の扉を開けていた事実を突きつけるかのように。深海に沈む豪華客船より、この家庭が崩壊する轟音は心に響く。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)衝撃度:★★★★☆

□2008年 アメリカ・イギリス合作映画 原題「Revolutionary Road」
□監督:サム・メンデス
□出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ、他

映画レビュー用BRバナー
←応援ポチ、よろしくお願いします!

ワールド・オブ・ライズ

ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD]
ヒゲ面のレオとメタボのクロウ共演のスパイものだが、米国と中東の価値観の違いが面白い。死と隣り合わせのCIA工作員フェリスと、安全な場所から指令を下す上司のエド。彼らの潜入捜査を描く。中東のテロという素材は目新しくないが、敵はおろか味方さえ信じられない状態での緊迫感は最後まで途切れない。最先端のCIA捜査に対して中東のそれは人から人への秘密作戦だ。彼らの考え方の差異が最後の最後でモノを言う展開は考えさせられる。砂漠で人工的に砂嵐を起こし衛星の目をくらます映像が素晴らしい。レオが好演だが、いけ好かない上司役のクロウも上手かった。
【75点】
(原題「Body of Lies」)
(アメリカ/リドリー・スコット監督/レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、他)
(緊張感度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

映画レビュー「ブラッド・ダイヤモンド」

ブラッド・ダイヤモンド [DVD]ブラッド・ダイヤモンド [DVD]
◆プチレビュー◆
紛争ダイヤをめぐる国際的なからくりがサスペンスフルに描かれる社会派ドラマ。ディカプリオが上手さを見せる。 【80点】

内戦が続く90年代のアフリカ・シエラレオネ共和国。反政府軍RUFによって強制的にダイヤモンド採掘場に連れてこられた漁師のソロモンは、そこで偶然に巨大なピンク・ダイヤモンドを発見する。息子を奪われたソロモン、密売人ダニー、女性ジャーナリストのマディーの3人は、それぞれの思惑でダイヤを追う旅に出ることに。やがて極限状態の中、彼らの内面に変化が現れる…。

ブラッド・ダイヤモンドとは、別名“紛争ダイヤモンド”の意味だ。アフリカで採掘されたその宝石は、反政府軍によって闇ルートを通り、欧米各国に渡った末、高値で取引される。その資金で反政府軍は武器を買うことになるが、欧米諸国は金になれば、政府側にも平気で武器を売る。ダイヤの輝きは美しいが人間によって紛争の資金源という醜いカットを施されるのだ。映画はこのからくりを巧みに見せながら、ダイヤによって、自由、家族、真実を求める3人を軸にして、テンポ良く展開する。

映画を使って社会問題を問いかけるのが目的なら、世界中で映画がヒットすればそれだけ効果は絶大になる。ならば、スターを使ってアクション満載、娯楽たっぷりに見せるのは、非常に賢い方法だ。その役割を担うのが、レオナルド・ディカプリオという大スター。どこかアイドルの香りが抜けないこの童顔俳優は、いつのまにか骨太の名演を見せる役者になっていた。彼が演じるのは、元傭兵にしてダイヤ密売人というダークなキャラだが、劇中で淡々と語る自身の過去は凄惨なもの。複雑で陰があり、それでも希望を求めてもがく男を、ディカプリオが熱演。“レオ様”はいつのまにかこんなに成長なさったのだ!

巨大なピンク・ダイヤの隠し場所へたどり着くまでの命がけの行程は、物語を引っ張る魅力に満ちている。ダイヤによって生じるさまざまな利権と、それに伴う綺麗事ではすまないかけひき。さらに、反政府軍によって洗脳された少年兵の問題も上手く織り込んだ。ピンク・ダイヤははたして3人に何をもたらすのか。ダニーとマディーの恋を成就させるには、あまりにも非人間的な状況だが、そんな中で、終盤、ソロモンがダニーに手を差し伸べる場面が感動的。娯楽作としても社会派ドラマとしても見る価値のある、したたかな1本だ。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)社会派度:★★★★☆

□2006年 アメリカ映画 原題「BLOOD DIAMOND」
□監督:エドワード・ズウィック
□出演:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ