映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ジャスティス・リーグ」「火花」「ギフテッド」「光」etc.

ローラン・ラフィット

エル ELLE

Elle [Blu-ray]
ゲーム会社の社長ミシェルは、一人暮らしの自宅にいたところ、覆面を被った男に襲われレイプされる。その後も不審な出来事が続くが、ミシェルは、父親に関係する過去の衝撃的な事件から、警察に関わることを避け、自分で犯人を捜し始める。だが次第に明かされていくのは、事件の真相よりもミシェル自身の驚くべき本性だった…。

レイプ被害者の中年女性が犯人を探し出す過程で、その複雑で恐るべき本性を露わにしていく官能サスペンス「エル ELLE」。原作は「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」の作者として知られるフィリップ・ディジャンの小説だ。フランスの名女優イザベル・ユペールは、挑戦的な役柄を演じて評価が高いが、本作もまたしかり。主人公ミシェルは、ちょっとキワどい内容のゲームを作る会社のワンマン女社長で、幼い頃のトラウマとその後の生い立ちの影響で、かなり屈折した性格だ。周囲は敵だらけの強い女性。そのくせ、職場の若手男性社員や秘密の愛人、美形の隣人まで男たちを魅了する熟女。さらには、女性の親友もいてご近所付き合いもそつなくこなす。そんなヒロインをユペールが圧巻の迫力と威厳、知性とユーモアで美しく演じて素晴らしい。

バイオレンスとエロティシズムが持ち味のポール・ヴァーホーヴェン監督が、恐いもの知らずのイザベル・ユペールと組んだのは、必然だったのだろうか。ハリウッドのほとんどの女優がこの役を断ったという逸話の真偽はさておき、高尚なハネケ作品も下世話なヴァーホーヴェン作品も、ユペールは、洗練された美しい変態映画として昇華させてしまう。本作のヒロインに感情移入するのは難しいが、イザベル・ユペールの非凡な才能なしには成立しない逸品なのは確かだ。年齢を重ねるごとに魅力が増すフランスの大女優に脱帽である。
【70点】
(原題「ELLE」)
(フランス/ポール・ヴァーホーヴェン監督/イザベル・ユペール、ローラン・ラフィット、アンヌ・コンシニ、他)
(アブノーマル度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

アンタッチャブルズ

アンタッチャブルズ [DVD]アンタッチャブルズ [DVD] [DVD]
フランス発の刑事アクション・コメディ「アンタッチャブルズ」。意外性はないが、コミカルなムードが楽しいバディ・ムービーの小品。

フランス郊外、ボビニー市の集合住宅地にある古びた闇賭場のそばで、大企業の社長ジャン=エリック・シャリニの妻エポニーヌの死体が発見される。犯罪多発地区のボビニー市警察経済課のウスマヌ・ディアキテは、ボビニー市郊外での“闇取引”についての調査を行っていたが、この事件が何か関連があると睨む。ディアキテは、パリ警視庁犯罪捜査課長官のモンジュに強引に共同捜査を申し出、二人はぶつかりあいながら捜査を進めていくのだが…。

スマッシュヒットをはなった「最強のふたり」で、貧民街出身で富豪を介護する青年を演じて高い評価を得たオマール・シー。車椅子の大富豪とスラムの青年という異形の名コンビが光っていたが、本作では刑事ものの枠内で、やはり全く異なる世界に住む2人のコンビが協力し理解しあっていく姿を、軽やかに演じている。事件は、巨大な影響力を持つ大企業の、社長夫人変死事件が、労組問題とからみ、貧富の差が激しいフランスの社会問題にも言及するが、基本は、丁々発止のやりとりが楽しバディムービー。今回はパリのエリート刑事モンジュが相棒だが、彼もまた出世街道を歩むのにやるせない苦労をしている。少しずつ事件の核心に迫る中で、夜のパリの怪しいムードも味わえる趣向だ。お調子者だが正義感が強いディアキテは、どうやら刑事ドラマや映画の大ファンのようで、エディ・マーフィーやジャン・ポール・ベルモンドに憧れているのだが、相棒は絶対に見捨てないというセリフを実行するのは、いつのまにかディアキテの術中にハマって熱い刑事魂を発揮し始めたモンジュの方だ。激しいカーアクションを自らこなしているというオマール・シーの熱意は買うが、すべてがハリウッドの模倣にすぎず、ストーリーは大きな破綻がない分、こじんまりとまとまって印象は薄かった。文化も教養も環境もまったく違う刑事コンビを肯定するのは、いかにも移民の国フランスらしい。
【50点】
(原題「DE L'AUTRE COTE DU PERIPH」)
(フランス/ダヴィド・シャロン監督/オマール・シー、ローラン・ラフィット、サブリナ・ウアザニ 、他)
(バディムービー度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

アンタッチャブルズ@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ