映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「アトミック・ブロンド」「バリー・シール」「あゝ、荒野 後篇」「我は神なり」etc.

ヴィッキー・チャオ

ホワイト・バレット

ホワイト・バレット [DVD]
警官隊との銃撃戦で頭部に銃弾を受けた強盗団のメンバーのチョンが、救急病院に搬送されてくる。チャン警部は強盗団一味の情報を聞き出そうとし、女医のトンは緊急手術の準備をするが、チョンはなぜか手術を拒む。緊迫する時間が流れる中、チャン警部は一味につながる電話番号を聞き出すことに成功。医師のトンもなんとか手術の同意を得るが、その裏では、チョンが仲間と連絡をとって彼らの裏をかこうと画策していた。同時にチョン奪還を狙う強盗団一味が病院に迫っていた…。

救急病院を舞台に、強盗、警察、医師の3人が緊迫の心理戦を繰り広げるサスペンス・アクション「ホワイト・バレット」。香港映画界の鬼才ジョニー・トー監督らしいノワール・アクションだが、今回は病院内という限定された空間を舞台にした密室劇風で、医療ノワールとでも呼びたい内容だ。強盗団の一員のチョンは頭がキレるタイプで、手術を拒むのも人権を持ち出してくるインテリ。頭部を撃たれながら裏でさまざまな駆け引きを繰り広げ、油断ならない。警部のチャンはそんな彼から何とか強盗団の情報を聞き出そうとやっきになっているが、一方で、部下がチョンの頭部を撃ってしまったことを何とかもみ消そうと考えている。女医のトンは、外科医としての腕はいいが、過去の自分と折り合いをつけられず、心に傷を抱えている。そんなワケありの3人が病院内で繰り広げる会話劇は、舞台のような緊張感がある。サスペンスなので、詳細は明かせないが、クライマックスに怒涛の銃撃戦をもってくるなど、ジョニー・トー印全開だ。名作「戦艦ポチョムキン」ばりの“オデッサの階段”が登場するが、それが小さくて可愛らしく、微苦笑を誘う。上映時間はわずか88分。原題の「三人行」は、論語の“三人行へば、必ず我が師あり”からとられている。3人いれば必ず自分の師となる人がいる。いい場合は手本に、悪い場合はその悪い点を改めよ、という意味らしい。何だか説教臭いが、映画はまったくそんなことはなく、エンタメ・アクションとして濃密な時間を味わえる。
【70点】
(原題「THREE/三人行」)
(香港・中国/ジョニー・トー監督/ルイス・クー、ヴィッキー・チャオ、ウォレス・チョン、他)
(心理戦度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ホワイト・バレット|映画情報のぴあ映画生活

最愛の子

最愛の子 [DVD]
中国・深せんの街中で、ある日突然3歳の息子ポンポンが姿を消した。父であるティエンと離婚した元妻ジュアンは、死にもの狂いに息子を探すがその消息はまったくつかめない。防犯カメラの映像には、何者かがポンポンを抱きかかえて連れ去る姿が映っていた。事件から3年後、山村でポンポンは発見されるが、実の親のことをまったく覚えておらず、育ての母親ホンチンを慕っていた…。

中国で頻発する児童誘拐事件を題材にした「最愛の子」。実話をもとにしたこの映画は、一人っ子政策や経済格差といった社会問題を内包しつつ、生みの親、育ての親それぞれの苦悩、子どもが親を慕う愛情などを多角的に描く問題作だ。中国では年間20万人もの子どもが行方不明になっているという事実に驚いたが、誘拐事件や人身売買などを通して中国社会の闇をあぶりだす内容のこの作品が、映画の検閲を行う中国で、よくぞ作れたものだと感心した。制作スタッフは映画を作り上げるまで、かなり苦労したに違いない。物語では、親たちの愛と子どもの愛がすれ違ってしまうのが実に切ない。育ての母であるホンチンは、亡き夫が子どもを誘拐してきたことを知らなかったという設定だが、心のどこかで気づいていたのだ。だが無学な彼女が、法や倫理を超えて子どもに愛情を注ぐ姿は、やるせない感動を呼ぶ。このホンチンを演じているのが人気女優のヴィッキー・チャオ。美人女優の彼女が、いつもの華やかな姿を封印し、全編ノーメイクで貧しい農家の主婦を熱演しているのが見所だ。この作品で彼女は多くの映画祭で賞に輝いたのもうなずける。一方で、中国で大ヒットし社会現象となった本作は、誘拐された子どもや女性を買うことは重罪とみなす刑法の改正法案に影響を与えたそうだ。たかが映画だが、されど映画。映像メディアの力は、まだまだ捨てたものではない。
【65点】
(原題「親愛的/DEAREST」)
(中国・香港/ピータ・チャン監督/ヴィッキー・チャオ、ホアン・ボー、トン・ダーウェイ、他)
(親子愛度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
最愛の子@ぴあ映画生活

画皮 あやかしの恋

画皮  あやかしの恋 [DVD]画皮 あやかしの恋 [DVD]
清代の短編小説を、ホラーあり、恋愛あり、アクションありで映画化した「画皮 あやかしの恋」。最後は結局“愛”なのだ!

蓁から漢に至る時代。将軍のワンは、盗賊に捕らえられていた美少女シャオウェイを救い、身寄りのない彼女を家に連れ帰る。ワンの妻ベイロンとも親しくなったシャオウェイだったが、実は彼女の正体はキツネの妖魔だった。ワンに恋したシャオウェイは妖術を使い、ワンを誘惑、妻の座を奪おうと画策する。同じ頃、街では人の心臓がえぐり取られる残忍な殺人事件が連続して発生していた…。

原作は、清代の短編小説集「聊斎志異(りょうさいしい)」の中の1篇。「聊斎志異」は、幽霊や妖魔、狐狸、神仙などを描く怪異譚で、日本でも大ヒットした香港映画「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」は、その中の一編を映画化したものだ。「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」は幽霊が人間に恋する物語だが、本作は白狐の化身の妖魔が美貌を保つために人間の心臓を食らい、美形の将軍ワンに一目ぼれして彼の妻の座を狙うという、ちょっと生々しい設定になっている。だがそこに、ワンと妻ベイロンの固い絆、流浪の士で剣の達人のパンヨンによる超絶的な武術が加わり、アクションやVFXも盛りだくさんの、サービス満点の怪奇ロマンスとなった。シャオウェイは小悪魔的な存在の妖魔で、実はまだ妖魔としては修行中の身。そのためだろうか、彼女がついに正体を見せるときの、人間の皮を脱ぎ、異様な姿を現すシーンのおぞましさ以外は、怖さは皆無だ。女同士の対決の様相をみせるストーリーなのだが、ヴィッキー・チャオ演じる妻ベイロンが、自分を犠牲にし、罪を被っても夫を守ろうとする究極の愛を見せ、“真実の愛”が武器となる。夫もまたその愛に答え、妖魔シャオウェイも、ワンを愛してやまない。さらにいえば、剣の達人で妖魔と対峙するパンヨンはベイロンを心の奥底で愛しているし、パンヨンと行動を共にする、魔物退治を生業とする降魔師の娘もまた、愛によって覚醒する。ベイロンがシャオウェイによって白髪の妖魔の姿になり、血の涙を流す場面はこの映画の白眉だが、恐怖よりも美しさが勝る。ホラーとしては、さっぱり迫力不足だが、摩訶不思議なラブロマンスとしてはなかなか面白い。2009年米アカデミー賞香港代表作品で、あやかしに魅入られた夫を守る貞淑な妻を演じたヴィッキー・チャオが熱演。あどけない少女のようだった彼女が、大人の女性の雰囲気を醸し出していて、新鮮な驚きだった。
【60点】
(原題「画皮・Painted Skin」)
(シンガポール・中国・香港/ゴードン・チャン監督/ジョウ・シュン、ヴィッキー・チャオ、チェン・クン、スン・リー、ドニー・イェン、他)
(ロマンス度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

画皮 あやかしの恋@ぴあ映画生活

処刑剣 14BLADES

処刑剣 14BLADES ブルーレイ [Blu-ray]処刑剣 14BLADES ブルーレイ [Blu-ray]
アクションスターのドニー・イェンが正義を貫く男を演じるソード・アクション。タイトルにB級感は漂うがアクションは本格的だ。

中国・明王朝期、秘密警察「錦衣衛」は、反体制分子を速やかに抹殺する皇帝直属の暗殺集団だ。指揮官には特別な称号“青龍”と、14本の最強の剣が与えられる。ある時、青龍は、任務遂行中に陰謀に巻き込まれ、クーデターの首謀者にされてしまう。何とか窮地を脱した彼は自らの潔白を証明し、誇りを取り戻すことを決意するが、暗躍する宦官や皇帝の叔父の親王、魔術的な剣術を操る親王の義理の娘などから命を狙われる…。

ドニー・イェンは、本格的なアクション・スターで、武術の達人。彼のアクションは本当に動きが美しく、惚れ惚れする。だが出演する作品はどうしていつもこう大味なのか。本作ではダニエル・リー監督の娯楽アクション嗜好が強いため、その傾向はますます強まっている。中国に実在した特務機関「錦衣衛」は国内初の秘密警察だが、その歴史的な掘り下げはほとんどない。特異で閉じられた世界で、感情を殺して戦うよう訓練された男が主人公なのだが、逃亡生活ではあっさりと世間になじむ。助っ人にも恵まれ、人間兵器のような青龍を助けるのは、彼と控えめな恋愛関係に陥る護送屋の娘や、砂漠の盗賊など。一方で青龍の相対する直接の敵は、大物俳優サモ・ハンではなく、元ミス香港であるケイト・ツイ演じる、魔術的な剣術を操る西域出身の最強の女刺客だ。ストーリーはお世辞にも深いとは言い難いのだが、この映画には今までの中国武侠映画にはない、エキゾチックで華麗な味わいがある。砂漠や西域の街が舞台で、中国というより中近東に近いムードだ。さらにこの映画、まるで漫画のように凝った武器が次々に登場し、楽しませてくれる。青龍の武器である14本の刀はひとつの箱に収まっているのだが、この箱自体にさまざまな仕掛けがあり、そのギミックが面白い。クライマックスの、武器と肉体を駆使した戦いは壮絶だ。出演者は美男美女、アクションはまるで舞踏のよう。CGにワイヤーアクション、大爆発と、サービス満点なビジュアル系エンタメ・アクションだ。
【50点】
(原題「14 BLADES」)
(中国/ダニエル・リー監督/ドニー・イェン、ヴィッキー・チャオ、ウーズン、他)
(エキゾチック度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
処刑剣 14BLADES@ぴあ映画生活

夜の上海

夜の上海 [DVD]夜の上海 [DVD]
言葉が通じても通じなくても、本気で相手と向かい合えば、気持ちは本物になる。偶然出会った日本人青年と、中国人の女性タクシードライバーの心の触れ合いをスケッチする小品。道路に口紅で文字を書いて互いの心情を伝え合う場面が印象的だ。エキセントリックな竹中直人が一人浮いていて映画の雰囲気を壊すのが残念。彼をこういう風にしか使えない作り手側の責任だろう。飾らないV.チャオが可愛い。
【50点】
(英語原題「THE LONGEST NIJHT IN SHANGHAI」)
(日本・中国/チャン・イーバイ監督/本木雅弘、ヴィッキー・チャオ、西田尚美、サム・リー、他)
(恋愛度:★★☆☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

少林サッカー

少林サッカー デラックス版 [DVD]少林サッカー デラックス版 [DVD]
◆プチレビュー◆
日韓W杯の年にぴったりの楽しい作品。おバカだが、おもしろい!

少林寺拳法を世界に広めることに情熱をかける青年シンは、かつての名サッカー選手ファンと出会い、その驚異的な脚力を生かして、サッカーを通じて少林拳を世に広めることを思いつく。シンは、かつて一緒に修行した仲間と共に、チームを結成し全国大会へ出場するが、そこには非情、かつ不死身のチームが待ち受けていた…。

少林寺拳法を世に広めるためにサッカーをするという不純な動機がまず、可笑しい。次に、少林拳とサッカーを組み合わせるという突飛な発想が斬新で、これまた笑える。この非現実を現実の映像にするのは、CGとワイヤーアクション。超人的なスピードで展開される非常識(!)なプレイの数々がスクリーン狭しと展開するのだ。そのくせ、冒頭のクレジットロールの部分は、高度なCGが当たり前のハイテク時代にいったいどこから探してきたのかと思うくらい平べったい稚拙なアニメで、それがまた妙に新鮮。映画を観る前から笑いがこみあげる。冒頭から、こんな形で観客をとりこにしてしまうとは。ブルース・リーを意識した音楽がまたイイ!

かつての名プレイヤーが罠により引退、不遇の日々を送るが、驚異的な脚力の青年とともに、少林拳法を取り入れた驚きのサッカーで、かつての仲間とともに、少林チームを結成。トーナメントを勝ち上がるが、サッカー界の黒幕率いる最強の敵デビルチームと対決する、というのが大筋。まんじゅう屋の女の子ムイは実は太極拳の使い手で、彼女とのほのかな恋のエピソードがちょっとしたスパイスとなってはいるものの、コテコテのギャグとともに進む話は、しろうとサンでも読める展開だ。何しろ試合の場面が凄いのと徹底した娯楽っぷりで、細かいことは無視して突き進む。

チャウ・シンチーが「ヘンな顔の人を集めるのに苦労した」というだけあって、登場人物のキャラクターがユニーク。どこからともなく流れるお経の中で、炎につつまれて覚醒し、瞳に燃えた炎のためか流れる雲がそうさせたのか、とんでもないプレーを次々に繰り広げる。彼らの荒唐無稽な技に思わず唖然。

今は、アイデアさえあればそれを全て形にできる時代。CGを駆使した妙技の数々は、有り得ないからこそ心底楽しい。ヴィッキー・チャオが披露する、太極拳式まんじゅう作りは抱腹絶倒だ。彼女が演じるムイは、最後は大変身するが、中国四千年のエステの技術に不可能はないようだ。

劇画チックな展開を思い切りデフォルメした映像の数々は、笑いを通り越して感動すら覚える。香港映画界の美人女優がなりふりかまわぬ姿で登場し、笑わせてくれた後はお待ちかねの少林チームとデビルチームの対決。子供でもわかる“悪いヤツ”役のデビルチームは、現代科学の粋を集めたトレーニングと筋肉増強剤で殆ど不死身。一人、また一人と倒れていく少林チームのメンバー。フィールドが血みどろの戦場と化し、少林チームが負けを覚悟したまさにそのとき、驚くべき人物がスタジアムに現れる。行けっ!少林チーム!ラストのカタルシスに向けて、炎のゴールを決めるのだぁ〜っ!

信じられないほどおバカなのに、胸のすくようなスポーツ・エンターティメント。香港映画ならではのベタな笑いも満載で、サッカーのルールなんか二の次三の次。ある意味、サッカーになってないおかげで、ルールを知らない人でも十分に楽しめるはずだ。熱いハートが勝利へ繋がる。夢と希望の超ド級エンターティメント。例え邪道といわれようと、お勧めしたい。こんなにハイレベルなコメディは、久しぶりだ。少林寺拳法とサッカーの融合?!香港発、空前絶後のスポーツ・コメディ。この痛快なサッカー映画で大いに笑おう!

□2001年 香港映画 原題「少林足球」
□監督:チャウ・シンチー
□出演:チャウ・シンチー、ヴィッキー・チャオ、カレン・モク、セシリア・チャン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ