映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「アトミック・ブロンド」「バリー・シール」「あゝ、荒野 後篇」「我は神なり」etc.

ヴィン・ディーゼル

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス オーサム・ミックス・VOL.2(オリジナル・サウンドトラック)
スター・ロードことピーターをリーダーとする落ちこぼれヒーロー軍団“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”は、宇宙の平和を守るために、今日もノリで奮闘中。小遣い稼ぎに引き受けた仕事でトラブルを起こした彼らは、黄金の惑星の無敵艦隊から総攻撃を受け、宇宙船ミラノ号は壊滅寸前になってしまう。間一髪のところで、ピーターの父親を名乗る謎の男エゴに助けられる。仲間からの忠告にも関わらず、ピーターは次第にエゴに魅了されていくが、その姿を目にしたチームの間には、亀裂が生じてしまうのだった。そこへピーターの育ての親ヨンドゥ率いる宇宙海賊の襲撃が始まる。さらに、銀河全体を脅かす恐るべき陰謀が交錯し、ピーターの出生の秘密と共に、チームの絆が試されることになるが…。

懐かしい70年代のヒット曲に乗って異色の落ちこぼれヒーローたちが大活躍するSF活劇の続編「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」。チームのメンバーは、リーダーのピーター、銀河一凶暴な毒舌アライグマのロケット、マッチョな巨漢ドラックス、セクシーなツンデレ暗殺者ガモーラなど、刑務所で偶然出会った宇宙のはみ出し者たちだ。彼らの絆はすでに前作で出来上がっているが、今回は、ピーターの父の登場で、SFではテッパンの父と息子のドラマが展開する。父親エゴ役で、神がかるカート・ラッセルもすごいが、育ての親ヨンドゥを演じる、ジェームズ・ガン作品常連のマイケル・ルーカーこそが、本作の影の主役だ。ヨンドゥの男気に思わず涙する人もいるだろう。永遠の思春期を生きるピーターは、生みの親と育ての親の間で苦悩し、葛藤するが、ノリはあくまでも軽い。そしてチームの秘密兵“木”のベビー・グルートが、超絶的にキュートで最高だ。本作は、おバカ映画のふりをしながら、ヒーローの資質を問い、欠点だらけの人間(動物も含む)の存在を全力で肯定するなど、なかなかスミに置けないメッセージを隠し持っている。もっとも、コ難しい理屈抜きにして単純に楽しめる点が何よりも魅力的だ。エンドロールまで、たっぷりと楽しんでほしい。
【70点】
(原題「GUARDIANS OF THE GALAXY VOL. 2」)
(アメリカ/ジェームズ・ガン監督/クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、ヴィン・ディーゼル、他)
(父子愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ワイルド・スピード ICE BREAK

ワイルド・スピード アイスブレイク
長い逃亡生活と最悪の敵との闘いを終えたドミニク・トレット(ドム)は、愛するレティや仲間たちと固い絆で結ばれた“ファミリー”を誰よりも大切に思っていた。そのドムが謎の女サイバーテロリスト・サイファーの側に寝返る。残されたレティたちは突然の裏切りにショックを受けながらもドム奪還を狙うが、犯罪のエキスパートにして史上最強のドライバーである彼にかなうものはいなかった。一方、ホブスはドムの裏切りによる任務失敗の責任をとって刑務所送りに。残された手段は、ファミリー最大の敵だったデッカート・ショウと手を組むことだったが…。

大人気カーアクションシリーズの第8弾「ワイルド・スピード ICE BREAK」。ポール・ウォーカーの突然の事故死という悲劇を乗り越えた前作は見事な出来だったが、本作の暴れっぷりはさらに上を行く。ドムの裏切りというまさかの事態には、もちろん深い理由があるのだが、仲間たちはドムをとことん信じて彼を取り戻すために奮闘しつつ、シャーリーズ・セロン演じる天才ハッカーが仕掛ける最凶のテロに立ち向かうというのが大筋だ。ワイ・スピらしい、あきれるほどブッ飛んだカーアクションが次々に登場する。キューバの公道での炎のカーレースに始まり、NYでは無人の車が大挙して暴走し高層ビルから車の“雨”が降る。クライマックスは、氷上で潜水艦や装甲車とのカーチェイスなのだから、もう、笑うしかない…というより、素直に興奮するしかない。ストーリーなどもうでもよろしい!と思ってしまう怒涛の136分では、今回共闘するデッカート役のジェイソン・ステイサムが最も美味しい役どころだ。ロック様演じるホブスとのガチンコバトルも用意されているが、この二人、いがみ合いながらも心の底では互いを尊敬していて、いいコンビなのである。毎回のお約束で、豪華な新キャラが登場するが、今回はあの名女優が意外な役で登場。ワクワクさせてくれる。本作は新たなワイスピ3部作のはじまりとなる作品だ。常識を超えた圧巻のカーチェイス、全員主役級の個性豊かなキャラクター、何よりも大切なのは家族。この3つさえ覚えておけばワイスピは楽しめる。ド派手なお祭りムービーなので、ぜひ映画館の大スクリーンで堪能してほしい。
【70点】
(原題「THE FATE OF THE FURIOUS」)
(アメリカ/F・ゲイリー・グレイ監督/ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、他)
(ありえない度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ワイルド・スピード ICE BREAK|映画情報のぴあ映画生活

トリプルX:再起動

トリプルX:再起動 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
エクストリーム・スポーツ界のカリスマ、ザンダー・ケイジは、世間から身を隠して生きていたが、再び政府の極秘エージェントとして呼び戻される。今回の任務は、制御不能になった軍事兵器“パンドラの箱”を奪回すること。命知らずの仲間たちを集めて新しい最強チーム・トリプルXを結成し、世界壊滅の陰謀に立ち向かう。だが、彼らの前に最強の敵ジャンが現れる…。

エクストリーム・スポーツのカリスマが腕利きシークレットエージェントとして活躍するスパイ・アクションシリーズの新作「トリプルX:再起動」。「ワイルド・スピード」が代表作のヴィン・ディーゼルの単独主演作が「トリプルX」なのだが、この新作は前作から10年以上もたっているので、もはや記憶も薄れかけていた。だが世界を揺るがす陰謀をムチャぶりで解決してしまうやんちゃなストーリーを見ると、一気に記憶が蘇る。とはいえ、本作は過去作を見てなくても大丈夫な作りなのでご安心を。もちろん「ワイスピ」と区別がつかないノリでもOKである。トリプルXとは主人公のザンダーの別名だったが、この最新作では、常識の枠からはみ出してムチャをやってのけるアウトローたちすべてを指す言葉と解釈していいだろう。アクションは笑いが出るほどやりすぎ感満載で、かなり楽しめる。水上スキー付のバイクで巨大チューブの中をサーフィンなんて、もはやギャグの域だ。中国からは武術の達人のドニー・イェン、タイからムエタイの使い手のトニー・ジャー、ボリウッドから美女ディーピカ・パーデュコーンが参加するなど、昨今のハリウッド大作の流れと同様、アジア重視が見て取れる。主演のヴィン・ディーゼル、格好だけはつけているが、肝心のアクションに切れ味がないのがご愛敬ではあるが…。それでも見ている間はしっかりと楽しめ、見終わればすっきりと忘れられる、そんな本作が憎めない。特別ゲストでサッカー界のスーパースターのネイマールが本人役で出演するなど、無駄に豪華な演出もすてき!だ。このお祭り騒ぎのアクション大作、実は女性の活躍度が高く、誰もが美しくカッコイイということを、付け加えておきたい。
【60点】
(原題「xXx: RETURN OF XANDER CAGE」)
(アメリカ/D・J・カルーソー監督/ヴィン・ディーゼル、ニーナ・ドブレフ、サミュエル・L・ジャクソン、他)
(型破り度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
トリプルX:再起動|映画情報のぴあ映画生活

ワイルド・スピード SKY MISSION

ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
大人気カー・アクションシリーズの第7弾「ワイルド・スピード SKY MISSION」。常識破りのアクション、最強の敵、ポール・ウォーカー追悼と、いろいろな意味で見逃し厳禁。

ヨーロッパで巨大な犯罪組織を率いていたオーウェン・ショウ一味を撲滅し、恋人レティを奪還したドミニクは、相棒のブライアンや妹のミアら仲間たちと平穏な日々を過ごしていた。そこにドミニクの仲間ハンを殺したと告げる電話が入る。相手はショウの兄デッカード。英国特殊部隊出身の最強の暗殺者を相手に、ドミニクのチームは世界を股にかけて壮絶な戦いへとなだれ込んでいく…。

巨大金庫を引っ張ったり、飛行機を引きずったりと型破りのアクションで知られるワイスピだが、とうとう地上だけでは飽き足らず、空中からのカー・ダイブというアリエナイ設定まで盛り込んで、もうお祭り騒ぎだ。さらに東京、アブダビ、ロサンゼルスと暴れまわる様は「ミッション・インポッシブル」状態。山岳地帯の崖から車ごと転がり落ちても、超高級車で高層ビルからビルへとダイブしてもドミニクはほとんど無傷で、ワイスピのメンバーはもしやXメンなのか?!との疑惑も(笑)。加えて今回は、ムエタイの使い手トニー・ジャーの、無駄に強いアクションも素敵だ。ともあれ、規格外の大ヒットアクション映画は、回を重ねるごとに派手に過激にならなければファンは納得しないので、制作側はそれに律儀に答えている形だろう。今回は「ソウ」シリーズのジェームズ・ワンが監督ということもあり、ハラハラ・ドキドキはお手のものだ。それにしてもヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、敵役のジェイソン・ステイサムと、マッチョ率、ハゲ率が大幅UPである。そんな中、故ポール・ウォーカーの雄姿はしっかりと目に焼き付けたい。突然の交通事故で逝ってしまったポールのために…という追悼の雰囲気が映画全体を覆っていて、ドミニクが言う“家族”の絆と別れが現実ともリンクする作品になった。合掌。
【65点】
(原題「FAST & FURIOUS 7」)
(アメリカ/ジェームズ・ワン監督/ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、他)
(追悼度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ワイルド・スピード SKY MISSION@ぴあ映画生活

リディック:ギャラクシー・バトル

リディック:ギャラクシー・バトル Blu-ray
銀河最凶のダークヒーローが活躍するシリーズ第3弾「リディック:ギャラクシー・バトル」。ヴィン・ディーゼルのハマリ役が約10年ぶりに登場。

お尋ね者のリディックは銀河の彼方にある灼熱の惑星で傷だらけの状態で目覚める。一度は全宇宙支配をもくろむ戦闘軍団ネクロモンガー族の最高位についたが、司令官ヴァーゴの策略によって、リディックの生まれ故郷フューリア星と偽って置き去りにされたのだ。リディックは、辺境のこの星から脱出を図るため、無人のシェルターで発見した非常用ビーコンで自ら賞金稼ぎを呼び寄せ、その宇宙船を奪って脱出する計略を立てる。やがて2組の賞金稼ぎが到着、さらに凶暴なモンスターの大群が現れる。リディックを含め、4つ巴の攻防戦が繰り広げられる中、すべての生命を奪う巨大な嵐が接近。脱出までのタイムリミットは24時間となる…。

SF映画「ピッチブラック」(00)の主人公で、暗視能力を持つ極悪人の囚人リディックは、ヴィン・ディーゼルの当たり役だ。ディーゼルがこれほどまでにビッグなスターになるとは思わなかったが、「ピッチブラック」がカルト的人気を博したのは事実。続編の「リディック」(04)は無駄に政治的な香り付けをしたために勢いが削がれてがっかりしたが、約10年ぶりの第3作となる本作は、原点回帰のようにB級感満載のアクション映画に仕上がっていて、嬉しい限りである。リディックは、圧倒的なサバイバル能力を誇る、宇宙一のワルだ。正義や理想など決して語らない寡黙なリディックは、行動力と知性を兼ね備えて、相手の裏をかき、常に一歩先をいく。極悪人という設定だが、実は男気あふれるキャラクターであることは言うまでもない。賞金稼ぎの傭兵軍団サンタナ一派はもともとリディックの敵ではないが、後から来たジョンズとその部下たちはプロ集団。彼らの目的は別にあって、実はリディックとはある因縁が。この事実は後半に明かされるのだが、そのことがストーリーに上手く活かされていないのはちょっと残念。だがその分、抜群のアイデアで敵を倒し、凶悪なモンスターと戦いながら、サバイバルを繰り広げるリディックの活躍は堪能できる。赤茶けた灼熱の大地、朽ち果てた文明、巨大な嵐と強烈なビジュアルのクリーチャー。こんな世界観には、問答無用のタフなダークヒーローこそふさわしい。ごちゃごちゃ言わずに待望の第3作を楽しんでしまうのが正解だ。男顔負けのスナイパーを演じるケイティー・サッコフがりりしい。
【65点】
(原題「RIDDICK」)
(アメリカ/デヴィッド・トゥーヒー監督/ヴィン・ディーゼル、カール・アーバン、ジョルディ・モリャ、他)
(サバイバル度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

リディック:ギャラクシー・バトル@ぴあ映画生活

ワイルド・スピード EURO MISSION

【Amazon.co.jp限定】 ワイルド・スピード EURO MISSION スチール・ブック仕様ブルーレイ+DVDセット(E-Copy) [Blu-ray]
大人気カー・アクションシリーズ第6弾「ワイルド・スピード EURO MISSION」。そこまでするか?!の過激なアクションに唖然。

リオで犯罪王から100億円を強奪し、逃亡生活を送っていたドミニクのもとに宿敵であるFBI特別捜査官ホブスが現れる。世界中で犯罪行為を繰り返す巨大犯罪組織を壊滅させるため、ドミニクとそのチームの力を貸せというのだ。最初は断ったドミニクだったが、元エリート軍人でショウという謎の男が率いるその犯罪組織に関わっているのは、ドミニクの死んだはずの恋人レティと聞き、真偽を確かめるためホブスの依頼を引き受ける。元CIA捜査官のブライアンら、凄腕ドライバーの仲間たちがドミニクのもとに再集結。決戦の地ヨーロッパへと降り立つ…。

高級車専門の強盗団のリーダーのドミニクは、今や国際指名手配されているお尋ね者である。楽園のような南の島で優雅に暮らしてはいるが、やはり母国へのノスタルジーは捨てがたいのだろう。旧知のFBI捜査官ホブスから協力を依頼され引き受ける条件は、過去の犯罪歴を消して帰国できるようにしてくれというもの。ストリート・レースを愛し、家族や仲間を愛するドミニクとブライアンらドライバー・チームは、こうして“正義の犯罪者”となって活躍することになる。彼らは、見事なチームプレーとそれぞれの得意技を生かし、ショウの一味に迫っていく。レティがなぜ生きていたのか、そしてなぜ犯罪組織に身を置いているのか。その謎解きはあっさりとしたものだが、回を重ねる毎に過激に進化するアクション・シーンを見ていると、このシリーズの主要キャラは不死身なのだとマジメに信じてしまいそうになる。舞台はヨーロッパ。ロンドンの市街地をぶっ飛ばし、スペインのハイウェイでは、高速戦車とガチンコ勝負。ラストはなんと旅客機相手に車で大暴れ。そのあまりの勢いに、ストーリーへの突っ込みも忘れて、いつのまにか大興奮させられた。ドウェイン・ジョンソンとジーナ・カラーノというアメリカ格闘技界のスターの参戦で、このシリーズに肉弾戦という楽しみも加わっている。大切な“家族”であるレティを取り戻し、本物の自由を手に入れるため、命がけで戦うストーリーには、終盤にどんでん返しのサプライズも用意されていて、サービス満載のエンタテインメントに仕上がっている。これ以上ないくらい派手に暴れた第6作だが、ファンの期待通り、どうやら続きがあるようだ。長い長いエンドロールの後に、思わずビックリのスターが登場するワンシーンがあるので、最後まで席を立たずに見てほしい。
【65点】
(原題「FAST & FURIOUS 6」)
(アメリカ/ジャスティン・リン監督/ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、他)
(ド派手度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ワイルド・スピード EURO MISSION@ぴあ映画生活

ワイルド・スピード MEGA MAX

ワイルド・スピード MEGA MAX (デジタルコピー付) [Blu-ray]ワイルド・スピード MEGA MAX (デジタルコピー付) [Blu-ray]
クチコミを見る
荒唐無稽なアイデアと桁違いの迫力のカーアクションはシリーズ中最高の興奮度。ドウェイン・ジョンソンの参戦で重量感が増加した。

前科者のドミニクと、彼を脱獄させた元FBI捜査官のブライアンは、南米ブラジルの裏社会に身を置きながら、持ち前のドライビング・テクニックを駆使して超高級車の強奪を繰り返していた。二人は、ブラジルの裏社会を牛耳る悪徳実業家レイエスの罠に落ちるが、逆に彼から1億ドルの大金を強奪する無謀な計画を思い付く。だが、そんな彼らの前に、凄腕の連邦捜査官ホブスが立ちはだかる…。

大人気カーアクション・シリーズの第5弾には、裏社会のボスをギャフンと言わせる“義賊”のような趣がある。レイエスから大金をせしめる計画には、各分野のプロが必要で、そのために世界中から凄腕レーサーが集められる。ここに、過去のシリーズで活躍した俳優たちが登場し、賑やかな“オーシャンズ”的な同窓会のようだ。

シリーズの魅力であるカーアクションは、冒頭から常識はずれの派手なものばかり。登場するのは、暴走する列車からの車強奪、装甲車で公道をぶっ飛ばすかと思えば、大型金庫を引きずりながらのカーチェイスまで。“ありえない”の連続なのだが、荒唐無稽さとド派手な演出が、このシリーズのいいところだ。嬉しいのは、ストリート・レースや、最初は敵だった者同士の間にいつしか熱い友情が芽生える、原点回帰のような展開が組み込まれていること。ザ・ロックことドウェイン・ジョンソンとヴィン・デーゼルの肉弾戦は、文字通りの重量級で大迫力だ。欲を言えば、ジョンソンにもドライビング・テクニックを披露する場面が欲しかったところか。超高級のビンテージ・カーを惜しげもなく投入する、贅沢な娯楽アクション大作に仕上がった。エンドロールの後にワンシーンあるのでぜひ最後まで見てほしい。思わず「?!」の人物が登場し、ラスト・ランのはずのこのシリーズのさらなる続きを予感させる。
【65点】
(原題「FAST FIVE」)
(アメリカ/ジャスティン・リン監督/ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、他)
(エキサイティング度:★★★★☆)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ワイルド・スピード MEGA MAX@ぴあ映画生活

ワイルド・スピード MAX

ワイルド・スピードMAX [DVD]ワイルド・スピードMAX [DVD]
ド迫力のカー・アクションがウリのこのシリーズ、続編ができるたびにおかしな方向へ向かったが、4作目はオリジナル・メンバーが再集結して、ようやく軌道修正できた。凄腕ドライバーのドミニクは、南米で逃亡生活を送っていたが、恋人のレティが殺害されたことを知り、危険を承知でLAに戻る。旧友で、かつてドミニクを逃がしたブライアンは今はFBI捜査官だが、麻薬組織のボス・ブラガを追っていた。レティの死に組織が関係すると知ったドミニクは、潜入捜査でブラガを追うブライアンとカーレースで競うことに。命がけのカーチェイスが再び始まる。

ヴィン・ディーゼルにポール・ウォーカー。やはり「ワイルド・スピード」はこのメンバーでなくてはいけない。物語も、東京でドリフト走行などせず、犯罪捜査とカーレースをからめたオーソドックスなストーリーになった。カー・アクションは潤沢な予算のおかげか、見応えたっぷりのもので、冒頭にドミニクとレティが見せる超絶チェイスから一気にワイルド・スピードの世界に引き込まれる。また、旧坑道を爆走する場面は、ドライビング・テクニックより勘と度胸を試す野獣のようなチェイスで、まるでジェットコースターのようなドキドキ感がある。ストリートで競う“庶民性”が失われたのは惜しいが、どうやら物語は続きそう。痛快な気配のラストに思わずニヤリとしてしまうはずだ。
【60点】
(原題「FAST & FURIOUS」)
(アメリカ/ジャスティン・リン監督/ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス、他)
(これこそ続編度:★★★★★)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

バビロン A.D.

バビロンA.D. (特別編)  [DVD]バビロンA.D. (特別編) [DVD]
壮大なネタのわりには、あっさりと90分で終わる近未来SFアクション。傭兵のトーロップが依頼された仕事は、特殊な能力を持つ少女をNYへ運ぶこと。危険な旅の果てに待つのは人類の未来を揺るがす陰謀だった。東欧、アジア、極北、NYとあっという間に旅してしまうが、着いた先に待つのはチャチな信仰宗教集団のような悪者では、がっかりしてしまう。さらに少女の特殊能力があまりにも取ってつけたようで絶句。スーパーコンピューターに処女懐妊ときては思わず「はぁ?」だ。一見ワルだが本当は心優しいマッチョマン。ヴィン・ディーゼルは永遠にこういうキャラを演じ続ける俳優である。飽きないのだろうかと余計な心配をしてしまいそうだ。名女優のランプリングが顔を見せるが、実はこの人は仕事を選ばないので要注意である。
【40点】
(原題「Babylon A.D.」)
(アメリカ/マチュー・カソヴィッツ監督/ヴィン・ディーゼル、ミシェル・ヨー、シャーロット・ランプリング、他)
(とんとん拍子度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ