映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ジャッキー」「ムーンライト」「はじまりへの旅」etc.

三池崇史

極道大戦争

極道大戦争 プレミアム・エディション [Blu-ray]
最強のヤクザ・ヴァンパイアになった男の死闘を描く「極道大戦争」。徹底した破綻が異様な熱気を生む珍作。

敏感肌のため刺青も入れられない下っ端ヤクザの影山は、街の人々にも慕われ、不死身とも噂される伝説のヤクザ・神浦に憧れて彼の舎弟となる。だが謎の刺客に襲われた神浦は壮絶な闘いの果てに八つ裂きにされてしまう。駆けつけた影山の首筋に神浦が噛みつき「わが血を受け継いでヤクザ・ヴァンパイアの道を行け!」と言い残す。驚異的な能力と闘争心を受け継いだ影山には、壮絶な抗争が待ち受けていた…。

三池崇史監督といえば、ホラー、アクション、コメディ、バイオレンスから感動作まで、ふり幅が広いことで知られるが、本作はすべてのジャンルを放り込んだ寄せ鍋状態の異色作だ。タイトルに極道とあるが、ヤクザはほんの入口。噛みつかれてヤクザ化するヴァンパイアというゾンビものとヴァンパイアものを足して2で割ったような流れになるが、その後、物語は激しく蛇行。無駄に本格的なアクション映画になり、ついには怪獣(KAERUくん、見た目はユルキャラ風だが超・凶暴)映画になっていく。昨今、Vシネマだってもう少し常識的なストーリーなのに、これほどカオスな映画にお目にかかろうとは。思えばかのクエンティン・タランティーノにも影響を与えた三池監督、ハジケだしたら止まらないのだ。無敵のパワーを身につけヤクザ・ヴァンパイアとして覚醒した影山の前にあらわれる刺客を演じているのは「ザ・レイド」で超絶アクションを披露したヤヤン・ルヒアン。彼とかなり互角に渡り合う市原隼人の肉体改造も見逃せない。この物語の結末は、文字通り先読み不能だ。とりあえず、個人的にはオカルト・ファンタジーにカテゴライズして落とし前をつけてみた。まさかのカンヌ正式招待作である。
【55点】
(原題「極道大戦争/YAKUZA APOCALYPSE」)
(日本/三池崇史監督/市原隼人、成海璃子、リリー・フランキー、他)
(カオス度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
極道大戦争@ぴあ映画生活

喰女 クイメ

喰女‐クイメ‐ 特別版(公開版・DC版併録) [Blu-ray]
四谷怪談をテーマに愛、裏切り、怨念を描くホラー映画「喰女 クイメ」。凝った美術には思わず見惚れる。

劇団のスター女優・後藤美雪は、舞台「真四谷怪談」で、お岩役を演じることに。美雪は恋人の俳優・長谷川浩介を伊右衛門役に推薦。他のキャストも決まり、舞台稽古が始まる。だが物語の中と同様に現実でも裏切られたことを知った美雪は、やがて芝居と現実の世界が混濁し、恐ろしい怨念と狂気に取りつかれていく…。

怪談話のスタンダード、四谷怪談は、歌舞伎や落語など多くのメディアが取り上げてきた物語だ。映画でも何度も描かれたが、三池崇史監督と市川海老蔵の「一命」コンビが放つ本作は、現代の日常と、舞台の中の四谷怪談が混濁するところに特徴がある。物語は誰もが知る、男の裏切りと女の怨念がテーマ。美男美女が演じることも必須条件だ。夏の風物詩の怪談ものだけあって、流血やグロテスクな場面も多数登場する。三池崇史監督だけに、お岩の顔がくずれる有名な場面も、なかなかの迫力で、柴咲コウの熱演が見ものだ。だが、ストーリーそのものは古典なのであらすじは分かっているし、劇中劇に力が入りすぎているためか、怖さよりも美しさが目立ってしまったのは予想外だった。現実と虚構とが混濁するラストは、意外な場面で終わる。つじつまが合わない気がしないでもないが、四谷怪談への新たなアプローチとして楽しみたい。
【60点】
(原題「喰女 クイメ」)
(日本/三池崇史監督/市川海老蔵、柴咲コウ、伊藤英明、他)
(流血度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

悪の教典

悪の教典  Blu-ray エクセレント・エディション(特典Blu-ray付2枚組)悪の教典 Blu-ray エクセレント・エディション(特典Blu-ray付2枚組) [Blu-ray]
貴志祐介原作の衝撃作の映画化「悪の教典」。サイコパスを怪演する伊藤英明が見もの。

生徒から絶大な人気を誇る模範的な高校教師ハスミンこと蓮実聖司。親しみやすい彼の笑顔の裏側には、他者への共感能力が欠如した生まれついてのサイコパスという恐ろしい顔が隠されていた。知性と体力、行動力で周囲の人間たちを自由に操り、自分の目的の邪魔になる人間を次々と殺すことも厭わない蓮実だったが、自分の凶行を知り、疑うものたちの存在を知る。そこで彼が考えた解決策は、学園祭の夜、クラスの生徒全員を殺してしまうことだった…。

原作は、「黒い家」の貴志祐介の同名小説。「海猿」シリーズで正義のヒーローのイメージが定着している伊藤英明が、イケメンで爽やかなルックスの下に、他人への共感や良心を持たない反社会性人格障害者を演じるという意外性がポイントだ。主人公は、両親をはじめ邪魔者を何の躊躇もなく殺害してきた過去を持つ。そんな彼の異常性を敏感に感じ取る、同僚の教師やカンのいい生徒がいることに気付いた蓮実が、自らの悪事を隠すために選んだ手段が、クラス全員を皆殺しにすること。乱暴すぎるこの計画が凶行を隠ぺいする最良の解決策であるかどうかは別として、夜の学校という閉じられた空間で、これでもかとばかりの殺戮が繰り返される様は、三池流の暴力の美学といえる。「忍たま乱太郎」「一命」「愛と誠」と、多彩すぎるジャンルを徘徊する三池監督の才能と立ち位置が分からなくなりつつあったが、本作で重要なモチーフとして用いた名曲“マック・ザ・ナイフ”の使い方のセンスには思わず唸った。無論、ブレヒトの芝居で映画にもなった「三文オペラ」の挿入歌「メッキー・メッサーのモリタート」がオリジナル。主人公自らが丁寧に解説する、明るいメロディにおぞましい歌詞のこの曲が流れるたびに、戦慄が走る。ただ、生徒殺害のほぼ9割が散弾銃によるものというのは少し工夫が足りない。生徒の中でハスミンと互角に渡り合う者があまりに少ないのも物足りなかった。だが、高圧的なセクハラ教師や、モンスターペアレンツ、独りよがりな恋愛に浸る少女を、ピュアな悪意で血祭りにあげるハスミンの行動に、一瞬だが爽快感を覚えてしまうのもまた事実。主人公に共感するわけにはいかないが、こんないびつな人格を生む現代社会の悪臭を感じ取るのは有意義なことかもしれない。
【65点】
(原題「悪の教典」)
(日本/三池崇史監督/伊藤英明、二階堂ふみ、染谷将太、他)
(流血度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

悪の教典@ぴあ映画生活

逆転裁判

逆転裁判 [Blu-ray]逆転裁判 [Blu-ray]
クチコミを見る
大人気ゲームを映画化したSF法廷劇「逆転裁判」。けれんみたっぷりの演出がいかにも三池崇史だ。

近未来の日本。凶悪犯罪の多発により、政府は、わずか3日で判決を下す「序審裁判」制度を導入した。弁護士と検事の直接対決により事件をスピーディに解決するこのシステムの中、新米弁護士・成歩堂(なるほど)は、幼馴染の天才検事・御剣(みつるぎ)と、法廷で激しいバトルを繰り広げる。事件は成歩堂の上司の千尋が殺され、彼女の妹である霊媒師の卵の真宵(まよい)が犯人として逮捕されたというもの。成歩堂は真宵の無実を信じるが、事件を調べるうちに、過去に御剣の父が殺された「DL6号事件」が深く関係していることが分かってくる…。

くっきりとしたメイクに大げさな衣装、「意義あり!」の名セリフ。法廷アクションと呼びたい本作は、CGやVFXを使って、本来は地味なジャンルを、まるでアクション映画のように作ってみせた。近未来という設定なので、やりたい放題なのだが、そこに霊媒という、SF以上に何でもありの要素が加わり、目がテンになるような方法で事件は進展、真実に近づいていく。もともと法廷劇は会話が中心になるジャンルだが、本作では、証拠物件などは立体的なCGで表され、「くらえっ!」のセリフと共に、法廷の中心にさらされる。このあたりのアトラクティブな演出がいかにも三池崇史だ。しかし、主人公の成歩堂は、自力で事件を解決するというよりは、偶然やこの世ならぬ霊にばかり頼っているようでは、何とも頼りない。成歩堂と御剣の、給食費を巡るエピソードはちょっと泣かせるが、その真相は幼馴染たちの友情を汚すようなもので、なんだかすっきりしなかった。どうもこの作品、裁判や事件の謎よりも、「意義あり!」に代表される決めポーズのヴィジュアルに全力を注いでいるようだ。私はこのゲームは未体験だが、ゲームファンの意見が聞いてみたいところ。ラストに流れるポルノグラフィティのハイテンポな主題歌が、この映画の疾走感を表していた。
【45点】
(原題「逆転裁判」)
(日本/三池崇史監督/成宮寛貴、斎藤工、桐谷美玲、他)
(漫画チック度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!
人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
逆転裁判@ぴあ映画生活

一命

一命 【2D&3D】 プレミアム・エディション [Blu-ray]一命 【2D&3D】 プレミアム・エディション [Blu-ray]
クチコミを見る
狂言切腹を通して武家社会の矛盾とそれに立ち向かう侍の運命を描く時代劇。静かな静かな3D映画だ。

江戸時代初頭。相次ぐ大名家の御取り潰しにより、仕事を失い困窮した浪人たちの間で「狂言切腹」が流行する。裕福な大名屋敷で切腹を申し出れば、面倒を避けたい大名側から職や金銭をもらえるためだった。そんな折、名門の井伊家を訪ねた浪人・津雲半四郎が切腹を願い出る。家老の斎藤勘解由(さいとうかげゆ)は、数ヶ月前に同じように狂言切腹を申し出た若浪人・千々岩求女(ちぢいわもとめ)の無残な最期を半四郎に話し、切腹を思いとどまらせようとする。だが、話を聞き終わった半四郎は、衝撃的な事実を語り始めるのだった…。

原作は滝口康彦の「異聞浪人記」。かつて小林正樹監督が「切腹」のタイトルで映画化している小説だ。太平の世の武家社会にあっては、武士道は形骸化し、職を失った武士たちは浪人になり生きていくだけで精一杯だ。何やら、格差社会の現代を見るようでもある。狂言切腹はいわば都合のいいゆすりだが、そんなことまでしなければいけないほど、武家社会は歪んでいた。名誉や正義は、その時代背景によって意味が変わる。さらに幸福の意味さえも。武士としてのメンツだけは存在する一方で、武士の情けはどこにもない社会の矛盾が腹立たしい。まるで幽鬼のような姿の半四郎の訥々とした語りは凄味さえ帯びて、狂言切腹などが存在する世の中の不条理そのものに対して怒りが湧いてくる。終盤のクライマックスの大立ち回りは、リアリティよりも、映像美を優先した独創的なものだ。実年齢で5歳しか違わない市川海老蔵と瑛太を父子役に据えるのは、あまりに無理があるのだが、無理を押してまで、海老蔵の所作の美しさを優先させたことを見れば、様式美へのこだわりが理解できる。すべてが終わっても、武家社会は変わりはしない。家老の勘解由が飼う猫が、人間の愚かな修羅場を神の視点のようにみつめる姿が印象的だった。
【65点】
(原題「一命」)
(日本/三池崇史監督/市川海老蔵、瑛太、満島ひかり、他)
(壮絶度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

一命@ぴあ映画生活

忍たま乱太郎

忍たま乱太郎 特別版 [Blu-ray]忍たま乱太郎 特別版 [Blu-ray]
クチコミを見る
大人気アニメの初の実写映画化は、鬼才・三池崇史が遊び倒した怪作。主役を演じる人気子役の加藤清史郎くんが適役だが、大人の名優たちもノリノリで楽しそうだ。

戦国時代。ヒラ忍者の家の息子・乱太郎は、両親の期待を背負いエリート忍者を目指して忍術学園に入学する。成績はいまひとつだが明るく楽しい“1年は組”にクラス分けされ、忍者のたまご“忍たま”となった乱太郎。授業も試験もドジばかりだが、個性的な先生や仲間たちと一緒に充実した学園生活を送っていた。そんなある日、カリスマ髪結い・斉藤幸隆とその息子で4年生のタカ丸が暗殺者に狙われるという事件が起きる…。

尼子騒兵衛の原作漫画は、朝日小学生新聞での連載26年、NHKでのアニメ放送19年というから、国民的アニメと言っても過言ではない。初の実写化となる本作は、総勢80名を越す豪華キャストが集結し、「忍びとはガッツじゃ!」をスローガンに、忍たまたちが大活躍する楽しいお話だ。暗殺者に狙われた斉藤親子は、実は“抜け忍”(所属の忍者隊を抜けた裏切り者)だったのだが、昔の話なので本人たちには自覚がない。それでも狙ってくるプロの忍者を相手に、乱太郎たちは、仲間を助けるため、ある勝負を挑む。乱太郎は足が速いという設定なのだが、それを前半でもっと活かしておけば良かったのだが、この実写版ではおなじみのキャラクターたちの“笑い”の部分に重きを置いている。あくまでも子供向けと割り切っているのか、ギャグの応酬で物語は二の次、三の次なのだ。それでは大人は何を楽しみに見ればいいかというと、ズバリ、名優たちの怪演である。平幹二朗、松方弘樹、鹿賀丈史らの、タガがはずれたかのようなハジケっぷりには思わず唖然。一方で将来ブレイクしそうな若手イケメンたちがてんこもりなので、女子にも楽しめそうだ。
【50点】
(原題「忍たま乱太郎」)
(日本/三池崇史監督/加藤清史郎、林遼威、木村風太、他)
(にぎやか度:★★★★★)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

忍たま乱太郎@ぴあ映画生活

映画レビュー「十三人の刺客」

十三人の刺客 通常版 [DVD]十三人の刺客 通常版 [DVD]
◆プチレビュー◆
集団抗争劇の傑作をアクション大作としてリメーク。熾烈なバトルは侍の大義も忠義も蹴散らしていく。 【70点】

 島田新左衛門は、悪行の限りを尽くす明石藩主の暴君・松平斉韶(なりつぐ)を暗殺するため、13人の刺客を集めた。要塞に改造した宿場町で、参勤交代の帰路の斉韶一行を討つ計画だが、敵は名参謀の鬼頭半兵衛を中心にした大軍。やがて、13人対300人の壮絶な戦いの火蓋が切って落とされる…。

 工藤栄一監督の「十三人の刺客」(1963)は、カルトな名作だ。善良な農民を助ける傑作「七人の侍」と比較されたが、それは的外れ。大義と忠義という侍には共に譲れないコンセプトの政治的抗争は、明らかに時代を先取りしていた。独特の暴力描写で知られる三池崇史によるリメークは、天下万民のため暴君を討つという骨格は同じだが、圧倒的にスケールアップしたアクションが見所だ。

 凄いのは本作の“血の匂い”である。何しろ冒頭から切腹だ。主君の斉韶の暴挙を、老中に死をもって訴えるその場面から、前半は、要職を約束されている斉韶が、罪もない民衆を相手に凌辱と殺戮を繰り返す様が描かれる。この暴君は生来の狂人なのだが、前半のすさまじいエピソードで「こいつは生かしてはおけない」と誰もが納得するはずだ。だが仮にも相手は将軍の弟。忍びによる暗殺などではなく、あくまでも武士の手で決着をつけねばならない。

 集まった13人は皆、死を覚悟した侍ばかりだが、一人だけ偶然仲間に加わる山の民がいて、この男が、武士社会のしがらみを炙り出す存在として効いている。戦いは濃い霧の中で始まるが、13人対300人という荒唐無稽とも思える数的不利をさまざまな仕掛けでクリア、たちまち敵の数を削いでいく。現実に可能かどうかはさておき、さながら局地戦の兵法のようでワクワクした。そして響く新左衛門の怒声。「小細工は終わりだ!斬って斬って斬りまくれ!」。

 それからは個を消した壮絶な集団戦だ。血しぶきが舞う戦闘が約50分も続く。一人、また一人と倒れていく中、やがて新左衛門と、かつて同門だった鬼頭半兵衛との一騎打ちに。侍の大義と忠義の激突だが、半兵衛は暴君・斉韶が悪であることは百も承知だ。それでも戦わねばならないこの敵役の背負う不条理が、物語の傑出した楔(くさび)になっている。

 ただ不満なのは、ついに新左衛門が斉韶と相対した場面でのこのバカ殿の描き方だ。斉韶は常人の理解を越えた狂ったモンスター。自分が襲われているというのに「面白い。老中になったらこんな戦の世にしよう」とうっとりと言うような人物だ。なのに最後の最後になって「痛い」だの「怖い」だのと口走る。これにはガッカリした。痛みはともかく怖さなど、この人物に語らせてはならない。“普通の人”になってしまっては、刺客たちが命を投げ打つ意味がない。役所広司演じる新左衛門が、63年版の片岡知恵蔵に比べ、少々軽いのも気になるが、どこか冷めた現代人のようで、これはかえって効果的に思えた。

 様式美とは無縁の集団抗争のパワーの、なんと壮絶なことか。無論、オリジナルの先見性あってのことだが、時代劇を爽快や美意識ではなく、政治性と虚無感を含ませてリブートしたところが素晴らしい。だからこそ「侍とは面倒なものだ」との新左衛門の言葉が活きる。そしてそれらすべてを見届けて、生きるべき場所に戻っていく男の存在も。三池流・生の肯定の怒号が聞こえる。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)熾烈度:★★★★★

□2010年 日本映画 原題「十三人の刺客」
□監督:三池崇史
□出演:役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、他

映画レビュー用BRバナー

←応援ポチ、よろしくお願いします!



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!
十三人の刺客@ぴあ映画生活

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- スタンダード・エディション [DVD]ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲- スタンダード・エディション [DVD]
エイリアンを倒して白黒つけたゼブラーマンが再び立ち上がる異色ヒーロー映画の続編。西暦2025年、ゼブラシティとなった東京。そこでは、艶かしいゼブラクィーンの歌声の中、殺人OKのゼブラタイムが導入されていた。教師の市川新市は警官から発砲されて意識を失う。目覚めるとそこはゼブラシティの犠牲者たちが集まるコミューン「白馬の家」だった。新市は15年間の記憶を失っていたが、かつて自分はゼブラーマンだったことを知る…。

変身ヒーローに憧れるさえない小学校教師・新市が本物のヒーローになったのが前作の「ゼブラーマン」。だが払った代償は大きく、家庭は崩壊、マスコミの餌食のようになった彼は廃人同様になる。この皮肉な設定が効いているのだが、15年間の記憶を失って目覚めた彼が見た世界は、白と黒に分けられた異様な世界だ。制限時間付きの虐殺を容認することによって犯罪率を下げた都知事とその娘ユイは世界征服を狙っている。ユイはスーパーアイドルで、扇情的に歌い踊るゼブラクイーンなのだが、彼女の誕生の秘密と、謎の遠心分離機の存在が、白ゼブラと黒ゼブラの戦いをお膳立てする。宮藤官九郎の脚本と三池崇史監督のアイデアが冴えて、ハチャメチャながらどこか説得力がある世界観が面白い。主人公の敵役は仲里依紗演じるセクシーなゼブラクイーン。これがとことんエロいのだ。カメラワークなど限界ギリギリ。今まで明るくキュートな役柄が多かった仲里依紗の新しい面が見られたが、意外にもドスの効いた声は迫力があり、ただのカワイイ女優ではないことを証明してみせた。再び覚醒したゼブラーマンは、白黒つかないので、驚きの方法で解決してみせるが、これがアホらしくも理にかなっていて笑わせる。地球存亡をかけた大バトルだが本当の敵は自分自身。脱力系の決着は文字通り力が抜けるが、仲里依紗のコスプレを楽しめれば満足度は上がるだろう。
【50点】
(原題「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」)
(日本/三池崇史監督/哀川翔、仲里依紗、井上正大、他)
(セクシー度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ヤッターマン

ヤッターマン “てんこ盛りDVD”ヤッターマン “てんこ盛りDVD”
大人気TVアニメを独特の世界観で遊びたおした実写映画だ。正義のために、犬型巨大ロボット・ヤッターワンを完成させたヤッターマン1号ことガンちゃんと2号のアイちゃんは、伝説のドクロストーンを巡ってドロンジョら泥棒一味と闘うことに。CGやセットなどたっぷり費用をかけてバカをやらかしている。鬼才・三池監督の演出は個性的だが、お決まりのセリフはやはり楽しいもので、70年代当時のアニメを見ていた、往年のファンを喜ばせる作品といえる。キャラは見事に立っていて、ボヤッキーなどは完璧。泥棒3人組のダンスは絶品だ。だが、フカキョンのドロンジョは意見が分かれそう。このアニメにまったく思い入れのない私にも、あのかん高い声はNGに思える。
【60点】
(日本/三池崇史監督/櫻井 翔、福田沙紀、深田恭子、他)
(エロティック度:★★★☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

神様のパズル

神様のパズル [DVD]神様のパズル [DVD]
鬼才三池崇史監督までもが、遂に理科系の物語か!と驚くがノリはむしろ体育会系。落ちこぼれ大学生の基一と飛び級天才少女サラカが“宇宙の作り方”という難題に挑む。サイエンス・アクション・コメディというごった煮的なテイストが楽しい。双子という設定はあまり活きてないが、回想場面の見せ方が面白く笑わせる。関係ないが、サラカの強調された胸元に煩悩丸出しの基一が全く反応しないのが不思議。単なるファン・サービスだったのか?
【60点】
(日本/三池崇史監督/市原隼人、谷村美月、石田ゆり子、他)
(知的格差度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ