映画通信シネマッシモ


映画通信シネマッシモは、2018年4月をもって、終了しました。

ブログ終了にあたり、たくさんのあたたかいコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました。
皆さまの映画ライフに少しでもお役に立てたならこれほど嬉しいことはありません。
長い間のご愛顧に心より感謝いたします。

三浦しをん

光 (集英社文庫)
東京の離島・美浜島で暮らす中学生の信之は、付き合っている同級生の美花が森の中で男に乱暴されている姿を目撃し、彼女を守るために男を殺害する。一方、信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けているが、島の誰もが見て見ぬふりをしていた。そんな中、島を大災害が襲い、信之、美花、輔、数人の大人だけが生き残る。そして25年後。島を出てバラバラになっていた彼らは都会で再会を果たすことに。妻子と共に平穏に暮らす信之の前に輔が現れ、過去の秘密をバラすと脅す。封印していた罪が蘇る中、信之は、一切の過去を捨てて華やかな芸能界で貪欲に生きる美花を守ろうとするのだが…。

幼い頃の罪を共有する男女3人が再会し、運命に翻弄される人間ドラマ「光」。原作は直木賞作家・三浦しをんの小説で、監督の大森立嗣は、過去にも「まほろ駅前」シリーズで三浦しをん原作の物語を映画化している。そこでも理不尽な悲劇は描かれていたが、本作でのそれは、比較にならないほど暴力的だ。信之、輔、美花は島で閉塞感を抱えて生きているが、東日本大震災を思わせるような大災害は、彼らの思いや悩み、日々の営み、殺人という罪までも、圧倒的な力でなぎ倒す。25年後に秘密を握って現れた輔によって、3人の男女の中にうごめく暴力性は、歪んだ形で伸びる植物のように、苛烈に成長することになる。

罪を背負いながら生きる3人は、原生林と椿の花に覆われた島の呪縛から逃れることはできない。一つの犯罪がさらなる罪を生むのは容易に想像できるが、単なる犯罪ものではなく、大自然に飲み込まれてしまった人間を原初的な野生動物のように描写したところに、この作品の持ち味がある。俳優たちの名演も見所で、静かで冷酷な信之を演じる井浦新、穏やかな狂気を発散する輔役の瑛太の相性も抜群に良い。映画冒頭、ジェフ・ミルズによる不協和音のようなサウンドが大音量で流れ、度肝を抜かれるが、この不穏な音楽にひっぱられるように物語は突っ走る。そして最後には登場人物や観客もろとも、大地や建物を突き抜けて生い茂る運命の巨木に貫かれてしまうのだ。暴力と欺瞞を描く情け容赦ない映画だが、同時に力強い生命讃歌のようにも思える。
【70点】
(原題「光」)
(日本/大森立嗣監督/井浦新、瑛太、長谷川京子、他)
(不穏度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

まほろ駅前狂騒曲

まほろ駅前狂騒曲 ブルーレイ豪華版 [Blu-ray]
便利屋を営む多田とその相棒の行天が思わぬピンチに遭遇する「まほろ駅前」シリーズ第2弾「まほろ駅前狂騒曲」。エピソードが多く賑やかな展開だがユル〜い雰囲気はしっかり継承。

何かとガラが悪い街・まほろで便利屋を営む多田のところに、中学時代の同級生の行天が転がり込んできてから3年。子守代行、元新興宗教団体の秘密調査などのやっかいな仕事に奔走していた2人は、かねてから地元バス会社の不正を疑う老人グループが起こしたバスジャック事件に巻き込まれてしまう…。

三浦しをん原作の大ヒット小説で、劇響板、TV版と人気を博したシリーズの最新作。今回は、おなじみのやっかいな頼まれごとの他に、行天の過去や多田の恋などが描かれ、少々散文的な作りになった。冒頭、坂道をスーパーの袋を持ってダラダラ歩く男2人の、つかず離れずの距離感が示す通り、ユルいバディ・ムービーのテイストはしっかりと継承されているのが嬉しい。本作の軸は、淡い恋に不器用に踏み出す多田よりも、行天の側にある。行天が会ったこともない遺伝子上の娘はるを預かったり、元・新興宗教団体で自然食品栽培を謳う怪しげな団体の代表・小林と行天とは浅からぬ仲だったり。まほろの街のクセのある住人たちが巻き起こす緊張感のない大ピンチでも、思いがけない形で行天が中心になる。それにしても松田龍平はバディ・ムービーの相棒役にフィットする俳優だ。ひょうひょうとした“受け”の演技がいいのだろう。まほろに住む人々が抱える心の傷みやわだかまりは、いわば人生の中でくっついたり離れたりする疼きのようなもの。行天の不安定な小指にそっくりなのだ。一見不愛想なようで他人を思いやる“奥ゆかしい優しさ”がこのシリーズの最大の魅力である。
【65点】
(原題「まほろ駅前狂騒曲」)
(日本/大森立嗣監督/瑛太、松田龍平、真木よう子、他)
(思いやり度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
まほろ駅前狂騒曲@ぴあ映画生活

映画レビュー「舟を編む」

舟を編む 豪華版(2枚組) 【初回限定生産】 [Blu-ray]
◆プチレビュー◆
辞書作りに携わる人々の静かな情熱を描く「舟を編む」。抑制したタッチが好感度大。 【70点】

 玄武書房に勤務する馬締光也は、卓越した言葉のセンスを買われ、辞書編集部に配属される。携わるのは、略語や若者言葉も取り入れた、今を生きる人のための生きた辞書「大渡海」作り。編集部の個性的な面々と共に、辞書作りに没頭していく馬締は、ある日、大家の孫娘の香具矢に出会いひと目惚れする…。

 原作は、2012年本屋大賞を獲得した三浦しをんの大ベストセラー。個性的なタイトルは、辞書(舟)を編集する(編む)の意味だ。途方もなく地味で長い作業に携わる人々を描くが、仕事に対してはこれみよがしの“頑張り”感はあえて描かない。だからこそ主人公の、恋への“一生懸命”が効いてくる。このバランスの妙が、本作の一番の魅力なのだ。

 馬締(マジメ)は、辞書作りという一生の仕事を見つけ、香具矢(かぐや)という生涯の伴侶を得た、幸福な人間である。そんな彼がさまざまな困難にぶつかりながら、情熱を傾ける辞書「大渡海」は、完成するまでなんと15年。用例採集、見出し語選定、語釈執筆、レイアウト、校正…。映画はそんな辞書作りの工程を丁寧かつユーモラスに描き、決して退屈させない。こつこつとした仕事ぶりは時に美しく、その“行間”には、恋や友情、出会いや別れがある。辞書作りが、次第に壮大なロマンに思えてくる。

 とりわけ、言葉に情熱を傾ける人たちの議論が、実にユーモラスで味わい深い。「右」という言葉の説明から始まり、「恋」の語釈に頭を悩ませ、「ダサい」は実体験に基づく例文がつく。言葉は生きているのだ。

 バラエティに富んだキャスティングは、脇役まで含めて実に味のある役者が揃っている。実は松田龍平を“久しぶりに”「いい俳優だ」と感じた。不器用で変人、親友はネコのトラさんというマジメが、仕事と恋によって成長し、いつしか人ときちんとコミュニケーションをとれる、頼れる編集者になっていくプロセスを、繊細に演じている。才人の石井裕也監督にしては、毒気が足りず、端正すぎるのだが、それが欠点になっていないのがこの作品の力だ。

 調べものはインターネットでサクッと検索が常識の今、この映画は「人によって紡がれる言葉は、人をつなぐ」という役割を再確認させてくれる。主人公は、他者と交わることによって、キラめく言葉の海へと舟をこぎ出していった。淡々としたタッチで途方もない情熱を描く、奥ゆかしい秀作である。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)端正度:★★★★☆

□2013年 日本映画 □原題「舟を編む」
□監督:石井裕也
□出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、他
(宮崎あおいの崎は代用文字。 正しくは“たつさき”)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
舟を編む@ぴあ映画生活

まほろ駅前多田便利軒

まほろ駅前多田便利軒 スタンダード・エディション [DVD]まほろ駅前多田便利軒 スタンダード・エディション [DVD]
心に傷を持つ同士のバディ・ムービー「まほろ駅前多田便利軒」は、力の抜け具合が絶妙だ。ゆるい空気の中にうっすらとにじむ正義感がいい。瑛太と松田龍平のコンビがいい味を出している。

東京郊外の町まほろ市の駅前で便利屋を営む多田のもとへ、ひょんなことから同級生の行天が転がり込む。まじめでしっかり者の多田と、飄々としてつかみどころがない行天は、便利屋にやって来るワケありの客の人生にかかわるうちに、互いの距離を縮めていく。二人の前には、自称コロンビア人娼婦のルルや、あぶないアルバイトに手を染める小学生の由良など、一筋縄ではいかない客たちが、次々に現れる…。

二人の男は、共にバツイチで三十路。世間一般から見ればショボくれた負け組人間に見えるだろう。確かに、ままならない人生をまったりと生きる彼らは勝ち組とは言えないが、そんな人間でも二人になれば不思議なパワーが生まれるから、やっぱり人のつながりとはあなどれないものだ。特に頑固できちょうめんな多田が一歩踏み出せずにいるとき、自分勝手に生きているように見える行天が言う、的を突いた言葉に胸を打たれる。「誰かに必要とされるということは、誰かの希望になるということでしょ」。こう言われては、多田じゃなくても見て見ぬふりなどできないではないか。多田と行天が抱えるそれぞれの心の傷が、無言のうちに共鳴しあった時、結果的にとぼけた人助けにつながっていく。それが説教くさくなく、淡々とした描写なのが心地よい。原作は三浦しをんの人気小説で、映画に描かれた以外にも魅力的なエピソードがたくさんある。もしや続編ができるかも…と、期待している。
【65点】
(原題「まほろ駅前多田便利軒」)
(日本/大森立嗣監督/瑛太、松田龍平、片岡礼子、他)
(名コンビ度:★★★★☆)
チケットぴあ



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
まほろ駅前多田便利軒@ぴあ映画生活

風が強く吹いている

風が強く吹いている [DVD]風が強く吹いている [DVD]
風を感じるさわやかな映画だ。駅伝に賭ける若者たちの絆を、けれん味のない演出で描いて感動を呼ぶ。事件を起こして競技から遠ざかった天才走者カケルと、故障によりエリート・ランナーの道を諦めたハイジ。二人の若者が出会い、彼らの才能に引っ張られる形で、寄せ集めに等しい大学陸上部のメンバーたちが、無謀ともいえる箱根駅伝に挑戦する物語である。

個性的な10人がつなぐタスキは、自分を待つ仲間に手渡した時、確かな“生きる手応え”となる。野球、水泳(飛び込み)、ボクシングと、スポーツ映画の常連になった林遣都がカケルを、生真面目だが熱い思いを胸に秘めるキャラがぴったりの小出恵介がハイジを演じて、キャスティングは適材適所だ。走るというと単調な動きに思えるが、陸上競技を描いた映画には意外にも秀作が多い。「炎のランナー」や「長距離ランナーの孤独」、廣木隆一監督の「800 TWO LAP RUNNERS」も秀作だ。本作では、区間賞や繰り上げスタートなどの駅伝独特のルールを巧みに盛り込み、緊張感が味わえる。走者のモチベーションも、ライバルとの確執や過去の自分との戦い、好きな女の子への思いなどメリハリがあって上手い。さらに、沿道の景色や起伏のあるコースの映像も魅力だ。違うタイプの心の傷を抱えた部員それぞれの長所を活かして戦術を練る様子は、個人ではなくチームで戦う駅伝競技の素晴らしさを伝えてくれる。「長距離選手に必要なもの。それは速さではなく強さだ」という言葉は、この作品を象徴している。伝説のOBである監督の存在感が薄いのは不満だが、共通の夢を目指して成長する青春映画の後味はさわやかだ。冒頭とラストに映る空と、走るシルエットの美しさが忘れられない。
【75点】
(日本/大森寿美男監督/小出恵介、林遣都、中村優一、他)
(さわやか度:★★★★★)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ