映画通信シネマッシモ


映画通信シネマッシモは、2018年4月をもって、終了しました。

ブログ終了にあたり、たくさんのあたたかいコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました。
皆さまの映画ライフに少しでもお役に立てたならこれほど嬉しいことはありません。
長い間のご愛顧に心より感謝いたします。

三谷幸喜

ギャラクシー街道

ギャラクシー街道 Blu-ray スペシャル・エディション
西暦2265年、スペース幹線道路、通称“ギャラクシー街道”は、かつては賑わっていたが、150年がたって老朽化が進んでいた。その街道の脇にたたずむのが、小さなハンバーガーショップ「サンドサンドバーガー・コスモ店」。店主のノア、妻のノエ、パートのハナさんが営むその店には、ワケありの異星人たちが集っていた。ある時、ノアの元恋人のレイや、ノエに思いを寄せるリフォーム業者のメンデスらが店にやってくる…。

ヒットメーカーの三谷幸喜監督が初めて挑んだSFコメディーが「ギャラクシー街道」。豪華キャストの群像劇であることは、いつもと同じだが、今回はずいぶん残念な出来栄えだ。笑えず、泣けず、感動できずで、ファンはがっかりするだろう。三谷幸喜作品といえば、その構成の面白さ、素材のユニークさ、テンポの良さなど、すべてにおいてハイレベル。当然、ファンも大きく期待しているのだ、もちろん私も含めて。そもそもSFにする意味が薄い。あえてCGではなくセットで作った宇宙や時折挿入されるアニメパートなども魅力に乏しい。遠藤憲一扮するリフォーム業者がノエに恋していて、そして彼は“トンデモナイこと”をやるのが一番の驚きだが、ここが本来ならば感動&笑いのポイントになるべきところなのに、大きくスベッてしまった。宇宙が舞台でも、時代劇でもかまわない。登場人物が現代に生きる私たちと共感できる物語であってほしかった。喜劇というジャンルがいかに難しいかが、再確認できる作品かもしれない。三谷幸喜の才能はこんなモンじゃないはずだ。次回作でぜひリベンジしてほしい。
【30点】
(原題「ギャラクシー街道」)
(日本/三谷幸喜監督/香取慎吾、綾瀬はるか、小栗旬、他)
(笑い度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

清須会議

清須会議 Blu-ray スペシャル・エディション(特典DVD付3枚組)
織田信長亡き後の継嗣問題と領地配分を決めた会議の心理戦を描く群像劇「清須会議」。勝家VS秀吉の根回し合戦に抱腹絶倒。

天正10年(1582年)。本能寺の変で命を落とした織田信長亡き後の、織田家の後継者問題と領地配分を協議するため、尾張の清須城で評定(会議のこと)が開かれた。筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が後見に名乗りを上げ、両派の心理戦が始まる。二人があこがれるお市様や信長の息子、弟など、さまざまな立場の人間がそれぞれの思惑で動く中、5日間にわたる清須会議が開かれる…。

三谷幸喜の監督6作目は、自身初の時代劇。ただ自他共に認める歴史好きの三谷監督は、この物語を脚本としてより先に小説として執筆したそうだ。どうりで細部までこだわりが感じられる。物語の基本は、勝家と秀吉の勢力争い。日本の歴史上、初めて会議で歴史が動いたといわれる清須会議は、織田家の跡継ぎを決めるというのに織田一族は蚊帳の外。重臣たち4人によってすべてが決められたのだから、何ともやるせない話だ。群像劇なので、数多くのキャラクターが登場するが、勝家派と秀吉派がそれぞれ押す跡継ぎと、さまざまな事情でどちらかに肩入れする周囲の人々の思惑は、組んず解れつ。それを絶妙の笑いとペーソスで包んだ三谷脚本は、もはや名人芸だ。男衆が涙ぐましい根回し合戦を繰り広げる一方で、注目したいのは女性キャラの冷静で冷徹な動きである。過去の恨みや血筋の継続、さらには純粋な愛情で歴史の中に存在する女性たちこそ、清須会議の陰の功労者ではなかろうか。有名な会議とはいえ、派手なアクションや情熱的なロマンスがあるわけでもない、本作の清須会議は、映画としてはすこぶる地味な題材。それを日本映画が誇る豪華キャストを集めて、抱腹絶倒の歴史エンタテインメントに仕上げてみせた。小さな役まで主役クラスの俳優を使う豪華さだが、中でも、大泉洋演じる秀吉が絶品。チャラチャラしていながらしっかりと天下を見据える野心、敵さえも魅了する人間性が豪華キャストの中でもひときわ光っていた。
【70点】
(原題「清須会議」)
(日本/三谷幸喜監督/役所広司、大泉洋、小日向文世、他)
(豪華キャスト度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

清須会議@ぴあ映画生活

ステキな金縛り

ステキな金縛り Blu-rayスタンダード・エディションステキな金縛り Blu-rayスタンダード・エディション
クチコミを見る
どんなチョイ役にも豪華キャストを配する、贅沢な三谷映画の新作「ステキな金縛り」。法廷ものとしては弱いが、人情劇として楽しめる。

失敗続きで後がない弁護士エミが担当したのは、ある資産家の妻殺しの被告人。だが彼は自分にはアリバイがあると主張する。寂れた宿で一晩中金縛りに遭っていたというのだ。被告の無実を証明できるのは、彼を金縛りにかけていた落武者だけ。宿まで出かけて行ったエミは、421年前に無念の死を遂げた更科六兵衛の幽霊に意図的に遭遇し、法廷で証言してほしいと強引に頼み込む。だがエミの相手である検事の小佐野は、一切の超常現象を信じないカタブツだった…。

法廷で証言するのが落武者の幽霊という、このアイデアだけで笑ってしまう。霊ということになると、見える人と見えない人がいるわけで、そのあたりの混乱の演出がこれまた笑える。加えて、幽霊の側にもいろいろとルールがあり、話はますますややこしい。さすがは構想10年。練られた脚本は笑いのツボを押さえていて、監督5作目となる三谷幸喜の手腕は相変わらず見事だ。だが、練りこんだ方向は緻密な法廷映画ではなかった。被告人である無実の男が「何だか、ないがしろにされてる気がするんですけど…」と思わずボヤくのも無理はなく、事件は落武者の幽霊中心に進んでいく。やがて無念の死を遂げた六兵衛の“歴史秘話”が語られ、登場人物それぞれの心の痛みや悲しみに話が及ぶあたりから、にわかに人情劇の様相を呈していくのだ。笑いから感動へ。三谷映画のセオリー通りである。本来、演劇的な閉じた空間の演出が得意な三谷幸喜が、慣れないカット割を多用し、ロケ撮影も取り入れるなど、演出にぎこちなさはある。だが、それでもここまで娯楽性を高め、感動物語に仕上がっているのは、エミと、著名な人権弁護士だった亡き父との絆が軸になっているからだ。J.スチュワート主演の「スミス都へ行く」が絶妙にからみ、大団円へとなだれ込む。こんな裁判があったら楽しい。…いや、やっぱり混乱の元だろうか。2時間22分と長尺だが、退屈とは無縁だ。
【70点】
(原題「ステキな金縛り ONCE IN A BLUE MOON」)
(日本/三谷幸喜監督/深津絵里、西田敏行、阿部寛、他)
(エンタテインメント度:★★★★★)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ステキな金縛り@ぴあ映画生活

ザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
三谷映画には、虚実の境界にこだわるものが多い。今回のドタバタ劇も、偽者がやがて本物になるいきさつを笑いたっぷりに活写するもの。暗黒街のボスから伝説の殺し屋を探せと命じられた男が、とっさに思いついたのが、三流俳優に演じさせること。ウソが感動を呼ぶというテーマは思えば映画そのもので、爆笑必須のコメディのフリをして、なかなか深い。わざとヘタに演じる佐藤浩市が笑わせるが、数々の名作映画へのオマージュが嬉しかった。
【75点】
(日本/三谷幸喜監督/佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、他)
(映画愛度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ