映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週末の公開映画から オススメの1本! ◎
英・仏合作映画「パディントン2」

中井貴一

嘘八百

嘘八百
大阪・堺。空振りばかりの古物商・小池則夫が娘を連れてお宝を探しにやってくる。そこで出会ったのは、落ちぶれた陶芸家の野田佐輔。二人はある大御所鑑定士と古美術店主にいっぱい食わされた経緯があり、“幻の利休の茶器”を仕立て上げ、仕返しと一攫千金を目論むことに。やがてそれは、それぞれの家族、仲間、大御所鑑定士だけでなく、文化庁までも巻き込む大騒動に発展していく…。

幻の茶器をめぐって、負け組の男たちが一世一代の詐欺を目論むコメディー「嘘八百」。騙し騙され、そして大掛かりなコン・ゲームへ。この流れは、古くは「スティング」、最近では「ローガン・ラッキー」などがあり、古今東西を問わず人気のジャンルだ。騙したり、詐欺を働くこと自体はもちろん良くない。だが主人公たちが基本的に善人で、腹黒い大物へのリベンジというモチベーションがあれが、観客はいつしか彼らを応援してしまう。大物狙いばかりで空振り続きのしがない古物商・則夫と、腕はいいのに贋作者に成り下がっていた陶芸家の佐輔。千利休を生んだ茶の湯の聖地・堺での、キツネとタヌキの騙し合いは、実力派の中井貴一と佐々木蔵之介、脇を固めるクセモノ役者たちの妙演でテンポ良く進み、軽妙な笑いとペーソスで飽きさせない。

うだつのあがらない中年男の悲哀と頑張りを軸に、さりげなく利休愛を盛り込むかと思えば、脇キャラの背景もしっかりと伝える。細部まで気を配ったこの物語が、オリジナル・ストーリーであることを何より高く評価したい。則夫と佐輔が、本物よりも本物らしい偽物作りに情熱を傾け、思いもよらない結果の果てに、自分たちが行くべき“ホンモノ”の道を見出すラストには、思わずにっこり。出演俳優の平均年齢高めのシニア向けムービー?いやいや、利休が愛したわび茶の味わいにも似た、大人のための渋い骨董コメディーだ。
【70点】
(原題「嘘八百」)
(日本/武正晴監督/中井貴一、佐々木蔵之介、近藤正臣 、他)
(軽妙洒脱度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

グッドモーニングショー

グッドモーニングショー Blu-ray豪華版
朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター澄田真吾は、付き合っていると勝手に勘違いしているアシスタントの小川圭子から生放送中に自分たちの交際を公表しようと迫られアセる。さらにプロデューサーの石山からは番組の打ち切りを告げられ落ち込んでしまう。そんな時、都内のカフェで爆弾を持って人質をとる立てこもり事件が発生。犯人はなぜか澄田を交渉役に指名した。落ち目のキャスターの澄田が、にわかに全国的に注目され、防弾チョッキ姿で犯人に向き合って説得するという前代未聞の生放送が始まった…。

ワイドショー番組のメインキャスターの災難だらけの1日を描くコメディータッチのヒューマン・ドラマ「グッドモーニングショー」。「踊る大捜査線」シリーズなどで脚本を手掛けた君塚良一が監督を務めるが、業界の第一線で活躍してきた人だけに、テレビ局の裏事情をわかりやすい面白さで活写している。時間に追われる生放送、番組構成の優先順位、情報番組と報道番組の上下関係と確執、数字に一喜一憂する視聴率競争に視聴者の生の声などなど、どれも業界人なら「あるある」だろうし、テレビ業界を知らない人なら「へぇ〜」と感心することばかりだ。主人公の澄田は、かつて報道番組のエースキャスターだった過去を持つ。彼が報道番組から遠ざかった理由、澄田家の家庭の問題、根拠のない不倫関係まで、すべてが立てこもり事件とうまく関連付けられていて、飽きさせない。澄田の防弾チョッキに仕込まれたスタッフ手作りの隠しカメラの映像がこれまた面白い。生放送中に社会への不満を持つ人物が事件を起こし、テレビ局の面々が翻弄されつつ巧妙に利用しながら、自らの仕事をこなしていくという展開は、米映画「マネー・モンスター」にそっくりだ。緊張感や社会派ドラマとしてのメッセージ性は遠く及ばないが、本作にはユーモアと人情味があり、エンタメ映画として、いい意味での軽さがある作品に仕上がっている。ワイドショーといえば、時に下世話な内容でネタを追い、大衆におもねるイメージがある。それでも番組作りのスタッフたちは、情熱やプライドを持って取り組んでいるという、テレビ業界人の誇りもチラリ。主演の中井貴一をはじめ、勘違い女子がサマになっている長澤まさみや、生真面目なアシスタント役の志田未来ら、キャストは皆好演。楽しく笑ったその後に、テレビや情報とは、私たちにとっていったい何だろうと、ちょっと考えてみたくなる。
【65点】
(原題「グッドモーニングショー」)
(日本/君塚良一監督/中井貴一、長澤まさみ、志田未来、他)
(エンタメ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
グッドモーニングショー|映画情報のぴあ映画生活

アゲイン 28年目の甲子園

アゲイン 28年目の甲子園 [Blu-ray]
野球を通して苦い過去を乗り越えて再生していく大人たちのドラマ「アゲイン 28年目の甲子園」。マスターズ甲子園の存在を初めて知った。

元高校球児、坂町晴彦、46歳。スポーツ新聞社に勤める彼は、離婚した妻亡き後、一人娘とも絶縁状態だった。そんな坂町のもとを、かつて共に甲子園出場を目指した野球部仲間の娘・美枝が訪ねてくる。美枝の父が27年間出さずにいた年賀状の住所から坂町の存在を知り、自身がボランティアとして参加するマスターズ甲子園への出場を勧める。今更…と一度は断った坂町だが、実は彼らが甲子園出場の夢を断たれたのは美枝の父が起こしたある事件のせいだった。だが“あの夏”に決着をつけて前に進むために、坂町はついに出場を決意する…。

原作は、重松清の同名小説。高校野球のOBたちの夢の舞台「マスターズ甲子園」の存在を、この映画で初めて知ったが、映画は、中年男たちのどこかで人生をあきらめてしまった現在と、白球を追った青春時代の過去を交錯させて描いていく。美枝の父がかつて起こした事件によって夢を断たれた男たちは、心にわだかまりを抱えたまま、年を重ねた。負けたのならまだあきらめはつくが、負けることさえ許されなかったとなれば、いくら自分の心に蓋をしたとしても、決して前に進むことはできない。過去の不祥事事件の真相は意外な形で解き明かされ、その真実が分かったとき、かつての球児たちと同様、観客の胸にも熱いものがこみあげるだろう。印象的なのは「負けるならばきちんと負けてケリをつけたい」との言葉。負けることの意味やそこから何かを学び取る強さは、年齢を重ねた大人だからこそ分かる人生の滋味なのだ。出演者には野球経験者も多くいて、クライマックスの野球シーンは、実際に甲子園球場で撮影されたとのこと。中年オヤジたちが重い腰をあげて野球を始めるまでが少々長すぎるのが難点だが、本作は、数ある野球映画の中でも“大人たちの夢”を形にした点がユニークで新鮮だった。
【60点】
(原題「アゲイン 28年目の甲子園」)
(日本/大森寿美男監督/中井貴一、波瑠、和久井映見、他)
(オヤジ応援度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
アゲイン 28年目の甲子園@ぴあ映画生活

柘榴坂の仇討

柘榴坂の仇討 [Blu-ray]
主君の仇を13年間探し求めた男の生き様を描く本格時代劇「柘榴坂の仇討」。変えてはいけないものとは“ひたむきさ”ということか。

安政7年。彦根藩士・志村金吾は大老・井伊直弼に仕えていたが、登城途中の桜田門外で水戸浪士に襲われ、目の前で主君を失う。主君を守り切れなかったことを悔やむ金吾だが、切腹も許されず、藩から仇を討てとの命が下る。それから13年の月日が経った明治6年。明治政府が仇討を禁止する状況で、金吾はついに最後の仇のひとり・佐橋十兵衛を探し出す。十兵衛は“俥(くるま)引きの直吉”として名を変え生き永らえていた…。

原作は浅田次郎の短編集「五郎治殿御始末」所収の同名短編小説。主君を守り切れなかった金吾が仇を探しながら生きた13年間は、あまりにつらいものだ。だがつらいのは彼だけではない。仇討が成った暁には夫を失い自らも後を追う覚悟の妻セツのけなげな決心もまた察して余りある。さらにはひっそりと生きながらえていた佐橋十兵衛の人生もまた、すさまじく孤独なものだ。そこには、共に武士として己が信じる道を行きながら、時代の荒波の中でもがいた人間の哀しさがある。本作のテーマは、人としての誇りと覚悟を持って生きるということだ。それは、司法省の警部の妻が男たちにぴしゃりと言うセリフや、元武士たちが「助太刀」を宣言する少しコミカルな場面にも、現れている。江戸から明治へと時代が激変しようとも、武士の心を失うまいとする金吾は、雪降る柘榴坂で、十兵衛とついに刃を交わすが、2人には思いがけない運命が待っている。義や正義は時代によって姿・形を変えるものだ。金吾の、周囲や自分自身に犠牲を強いる生き方は、今の時代の価値観からは、あまりにもかけ離れていて、素直に共感することは、難しい。だが、だからこそ、ついに柘榴坂で相対した2人が選ぶ運命に、新しい時代への希望と覚悟を感じてしまうのだ。過去にも浅井作品に出演している中井貴一が、義と情の世界で生きる最後のサムライを堂々と演じている。
【60点】
(原題「柘榴坂の仇討」)
(日本/若松節朗監督/中井貴一、阿部寛、広末涼子、他)
(古風度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
柘榴坂の仇討@ぴあ映画生活

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

RAILWAYS [レイルウェイズ] [DVD]RAILWAYS [レイルウェイズ] [DVD]
インパクトは弱いが、心温まる実話で勇気をもらえる話だ。大手企業で仕事一筋に生きてきた肇は、49歳のとき、友人の死や独り暮らしの母親の病をきっかけに、自らの人生を振り返る。電車の運転手になるという幼い頃の夢を思い出し、思いきって採用試験に応募することに。年齢のハンデを乗り越えて試験に合格した肇は念願の運転手になるのだが…。

舞台は神話の故郷である島根県。その東部を走る一畑電車は通称バタデンと呼ばれ、鉄道ファンの間では絶大な人気だそうだ。映画の中に登場するデハニ50形という日本最古級の電車が、豊かな自然の中、風をきって走る様子は、なるほど絵になる。家族を省みることもなく、同期入社の友人にまでリストラを言い渡す猛烈なビジネスマンは、昭和を生きてきた企業戦士そのもの。都会で一応の成功を収めた主人公が、帰郷したことで故郷の素晴らしさを再発見し、自らの夢を思い出すというセオリー通りの展開だ。人は50歳という節目を前に、人生を見つめなおすものなのか。会社を辞め電車の運転手に転職するという一大決心を妻にさえロクに相談しないのは、いかがなものかと思うが、単身赴任で頑張る主人公の顔には、自分でスタートを切った第二の人生と、精神的な豊かさを自らの手で勝ち取った誇りが。終盤にある事件が起こり、肇は辞表を提出するのだが、そのときに描かれるエピソードには思わずホロリとする。鉄道ファンは昔から多いが、最近は鉄女などという女性ファンも増えてにわかに熱気を帯びている兆し。人間には“大好きなもの”が必要なのだとつくづく思う。社会情勢や、年齢などで諦めず、まずはチャレンジする気持ちを忘れてはいけないと教えてくれる物語だ。
【50点】
(原題「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」)
(日本/錦織良成監督/中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ、他)
(チャレンジ度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

次郎長三国志

次郎長三国志 [DVD]次郎長三国志 [DVD]
正統派だが裏を返せば古臭い時代劇。主演の中井貴一をはじめ役者陣は実力派揃いなのだが。清水の次郎長と妻のお蝶、頼りになる子分たちが織り成す、笑いと涙の人情物語だ。ベタなセリフも含めて、中身は完全に年配の時代劇ファン向け。叔父・マキノ雅弘監督の代表作のリメイクに挑んだマキノ雅彦(津川雅彦)監督の意欲は買うが、自分の娘のドアップを多用するなど、なれあいムードが恥ずかしい。シニア層がターゲットだそうだが、そういう人はオリジナルを見るのでは。宇崎竜童のエンディング・テーマはノリがよく、映画のかったるさをちょっぴり忘れさせてくれた。
【45点】
(日本/マキノ雅彦監督/中井貴一、鈴木京香、岸部一徳、他)
(豪華キャスト度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

鳳凰 わが愛

鳳凰 わが愛 [DVD]鳳凰 わが愛 [DVD]
中井貴一が初めて製作を務めたことでも話題の、日中合作映画。獄中で出会った男女が、結ばれることを信じて激動の時代と多くの苦難に耐える物語だ。この愛の物語は、実話が元だというから驚き。主人公は本当は日本人という設定だが、中国側の審査のせいか、物語上であまり活かされてないのが惜しい。撮影、検閲の苦労は大変なものだったらしいが、映画で日中友好を目指す中井の熱意を感じる。
【65点】
(英語原題「CROSSING OVER」)
(日本・中国/ジヌ・チェヌ監督/中井貴一、ミャオ・プゥ、グォ・タォ、他)
(地味度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が趣味で運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり更新中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
当サイトはリンクフリーです
★相互リンクは設けておりませんが、当サイトはリンクフリーなので自由にリンクしてください。リンクの報告は基本的に不要です。
リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ